2chまとめサイトモバイル

同僚女「信用したいって云うたら嫌いになる?」

前回の記事 同僚女「うちから、ウォリアー取っちゃダメだよ」
Part5


436 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/24(金) 19:18:29.33 ID:lPBcTgUP
――6/5、水曜日 9:00  神楽坂作業室

新人女:カタカタカタ
男:カタカタカタカタカタカタ

新人女「……ダブルスコア」
男「へ?」

新人女:カタカタカタ
男:カタカタカタカタカタカタ

新人女「あっ。いえ……あの」

新人女:カタカタカタ
男:カタカタカタカタカタカタ

新人女「単位時間あたりの仕事の処理速度が、私と女さんだと
 倍以上違うんです。……ダブルスコアです」

男「そっか、そんなにかぁ」

新人女:カタカタカタ
男:カタカタカタカタカタカタ

新人女「お恥ずかしいです」

男「いや、ちがうよ」

439 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/24(金) 19:22:56.98 ID:lPBcTgUP
新人女「はい?」
男「それに気がつくほど、上達したんだ」

新人女:カタカタカタ
男:カタカタカタカタカタカタ

新人女「え?」
男「仕事始めたばっかりの頃は、周りがどれくらいの作業を
 しているかなんて判らなかったでしょ?
 始めて恥ずかしかったときは、圧倒されただけでしょ?
 今は速度の差も、相手が何をやってるかも、
 ぼんやりとでも判るようになったんだね」

新人女「はい……」

新人女:カタカタカタ
男:カタカタカタカタカタカタ

男「もっかい云うよ」

新人女:カタカタカタ
男:カタカタカタカタカタカタ

441 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/24(金) 19:23:56.16 ID:lPBcTgUP
男「『もっと上手になりたい』と思ってれば、
 必ず上手になるよ。もっと早くなりたいと思って、
 自分より早い人を追いかければ、仕事なんて
 誰よりも上手になるよ」

新人女「はい……」

新人女:カタカタカタ
男:カタカタカタカタカタカタ

男「伸びてるもん。すぐだよ」にこっ

とくん

新人女「――あ」

新人女:カタカタ
男:カタカタカタカタカタカタ

新人女「なれるでしょうか、上手に」
男「なれるよ」

新人女「なれるでしょうか、何かに」
男「もちろん」

442 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage_saga]:2009/04/24(金) 19:25:48.00 ID:lPBcTgUP

新人女(なんだろ……これ。
 大事なのに、苦しくて、
 言いたいのに、うまく言えなくて。
 抱えているのはつらいのに、いつまでも取っておきたいような)

新人女:カタカタ

新人女(こんなの知らない。こんなの、持ったことがない。
 全然楽しくないし、焦るような、急かされるような
 心細いような、恥ずかしいような気持ちなのに……。
 なんでこんなに大事にしたいんだろう)

新人女:カタカタ

新人女(これ、なんなんだろう。
 これが『何か』なのかな……。
 なんで私は、こんなに焦ってるんだろう。
 どこかへ急がなきゃいけない気持ちなんだろう)

新人女:カタカタ

新人女(なんで悲しくないのに、
 こんなに泣きたいような気持ちになるんだろう)

443 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/24(金) 19:26:39.78 ID:gmTfuS6o
着実にフラグを構築してるな

445 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/24(金) 19:27:59.99 ID:lPBcTgUP
――6/5、水曜日 12:00  池袋/ドーナツ屋

B男「やぁ、男氏」
男「食べてる?」

B男「食べてるでござるよ。フレンチクルーラー。
 やっぱりドーナツはこれでござるよねーむしゃむしゃ」

男「俺はエンゼルクリーム派だな」
B男「それは女子供の食い物でござるよ」

男「ドーナツ食ってる時点ですでにそうだ」

B男「そんなことはないでござるよ。服部氏も
 ドーナツを食べてたでござるよ」

男「それは服部半蔵じゃなくて忍者ハットリくんだ」

B男「もぎゅもぎゅ」

男「ほおばってごまかしたっ!?」

446 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/24(金) 19:29:12.14 ID:lPBcTgUP
B男「……もぎゅ」
男「どうしたの?」

B男「いや。んー」
男「歯切れ悪いな。珍しい」

B男「拙者の方の案件は進んでいるんでござるが
 別件では多少問題が発生しているでござる」

男「なに?」

B男「M野でござるよ」
男「……」

B男「実は、どうも新しい派遣を取るのが
 難しくなっているらしく」

男「その話は聞いたな。俺らの派遣会社、
 どうも人出すの渋ってるらしいね」

B男「使いつぶす姿勢の出向先なんかに
 送りたくはないでござろう。
 それは理解できるでござる」

男「それで?」

447 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/24(金) 19:30:36.18 ID:lPBcTgUP
B男「それで、どうも。――眼鏡女氏でも仕方なし
 という判断をしたらしいのでござるよ」

男「……は?」

B男「ここ数日、ちょっかいが五月蠅く
 なっているのでござるよ。
 彼女も辞める訳にはいかないので、耐えるしか」

男「正社員餌にしてデートに誘うとか?」

B男「いや、そうではなくて」

男「どういう事?」

B男「彼女が実家暮らしで子供がいるとか、
 生活が厳しいこととか知ってしまったらしいので
 ござるよね。そのせいで、もっと露骨な」

男「セクハラか」

B男「拙者ならそんな軽い言葉は使わないでござるね」

男「……」

B男「眼鏡女氏を神楽坂に移すことは出来ないでござろうか?」

449 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/24(金) 19:34:48.03 ID:lPBcTgUP
男「……」
B男「ダメでござるか」

男「時期が悪い、というかきっかけがないんだよな。
 前回は一人を残して壊滅で、M野がいなかったから
 新人女さんを持ってくることが出来たたけれど」

B男「拙者、見るに堪えかねるでござるよ」

男「酷いんだ」
B男「胸が悪くなるでござる」

男「……」

B男「社内で自分の地位が下がっているのが
 M野にも判るのでござろ。つまり憂さ晴らしでござるよ。
 女好きで、ただただデートがしたいだけなら
 下卑た男でござるが、それはそれで判らなくはないで
 はないのでござる。拙者も男でござるから。
 やはりもてたいでござるよ。……切実に。
 餌をぶら下げるのも嫌いでござるが、
 それを歓迎する女性がいるのも事実でござろう。
 ――しかし、足元を見るのは
 それは別ではないかと思うのでござる」

450 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/24(金) 19:35:49.53 ID:lPBcTgUP
男「助けたい?」
B男「助けたいでござるね」

男「大事なんだ」
B男「そういう関係ではござらん」

男「……」じー

B男「そうではなく」ぷいっ

B男「拙者がM野のにやけた顔に我慢が
 出来ぬと言うだけでござる」

男「……」
B男「ダメでござるか?」

男「大事なのはその眼鏡さんの意見だね」

B男「……抵抗は出来ないと云っているでござる。
 それほど職場が無くなることが怖いのでござる」

男「そうか」
B男「愉快では、ござらんよ」

男「野良だからな」
B男「野良でござるから」

453 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/24(金) 19:40:18.93 ID:lPBcTgUP
男「――判ったよ。案件は前倒そう」
B男「了解でござる」

男「ネゴシエートはこちらで行うよ。
 B男は眼鏡さんともう一度話してみて。
 根性がある人なんでしょ?」

B男「そうでござる」

男「持ってる根性でも、使えなきゃ意味がない。
 使えるようにしてあげて。じゃなければ、意味がない」

B男「トラブルを抱えても?」

男「抱えてもやる気でしょ?」

B男「さようでござるね」

男「現時点から、その眼鏡女さんも神楽坂班だ」

B男「――感謝するでござる」

男「B男が面倒見るんだよ」
B男「判ったでござる」

男「しくじらないでな」
B男「承った、マネジ殿」

454 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/24(金) 19:42:40.13 ID:YPPtO2DO
男になら初めてを奪われても良い

455 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/24(金) 19:44:20.53 ID:lPBcTgUP
もまえら、是が非でも男をホモにしたいんだなwww
でも、やつは相当に黒いぞ。黒すぎだぞ。
と、言い捨てておいてまた書きに戻ります。

457 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/24(金) 19:46:49.69 ID:YPPtO2DO
ナニが黒いんですねwwwwww

458 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/24(金) 20:00:09.65 ID:lPBcTgUP
――6/5、水曜日 14:00 神楽坂作業室

新人女:カタカタカタ
C男:カタカタカタカタ

男「はい……。そうです。……お話は伺っております。
 はい、はい……144番以降すべてですね?」

男「いえ、それには及びません。こちらの現場に複製が
 ありますので。はい、はい……タイムスタンプの確認だけ
 よろしいでしょうか?」

新人女:カタカタカタ
C男:カタカタカタカタ

男「はい、はい……そうです。いえ、とんでもない。
 では、失礼します」

ぴょろりん

C男「メールだ。俺」
男「変な音にしてるのな」

C男「営業。――仕事増えた」

459 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/24(金) 20:01:16.01 ID:lPBcTgUP
男「どうして?」

C男「作業中の春日のやつ。発注忘れだって」ぎりっ

男「……」
C男「営業は捨てよう」

新人女:カタカタカタ
男:カタカタカタカタカタカタカタカタ

男「うん、いいぞ。でも仕事は捨てないで」

C男「……捨てよう」
男「ダメ。試合壊すなよ」

新人女「……」おろおろ

C男「捨てたい」
男「同感」

新人女「……」おろおろ

男「それでも守れ」
C男「同意」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
C男:カタカタカタカタカタカタカタ

461 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/24(金) 20:04:29.17 ID:lPBcTgUP
――6/5、水曜日 19:00 神楽坂作業室

男(――予想より進捗が遅いな)

男:カタカタカタカタカタカタ
C男:カタカタカタカタカタカタ
新人女:カタカタカタ

男(無理もないか……二人とも、デスマなんて初めてだ)

男:カタカタカタカタカタカタ
C男:カタカタカタカタカタカタ
新人女:カタカタカタ

男(……どうする。残すか、帰すか)

男:カタカタカタカタカタカタ
C男:カタカタカタカタカタカタ
新人女:カタカタカタ

男(どうすればいい? どう使えばしのげる?)

465 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/24(金) 20:05:34.10 ID:lPBcTgUP
かたり

新人女「男さん」
男「ん? どうした?」

新人女「あの……わたし。今日は」
男「ん。了解。かえって。ゆっくり休んで」
男(ここが限界か……)

C男:カタカタカタカタカタカタ

新人女「はい。では失礼します。ちょっと急ぎますから」
男「はいはい。おつかれー!」
新人女「お先しますっ」

男「C男はどうする?」
C男「家なんて捨てた」

男「そっか」
C男「いっそ気楽」
男「それも同感、かな」

男:カタカタカタカタカタカタ
C男:カタカタカタカタカタカタ

C男「夜明けまでには、まだ10時間
 ――限界を捨てるにはちょうど良い」

467 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/24(金) 20:09:13.47 ID:lPBcTgUP
――6/5、水曜日 23:40 神楽坂作業室

男「なーんていってから約5時間ですが」
C男「おおっ」

男:カタカタカタカタカタカタ
C男:カタカタカタカタカタカタ

男「限界見えた?」
C男「言葉尻をとらえるマネジは捨てよう」

男:カタカタカタカタカタカタ
C男:カタカタカタカタカタカタ

男「なんか、最近さ。だんだんC男と話せるようになってきたよ」
C男 ぷいっ

男:カタカタカタカタカタカタ
C男:カタカタカタカタカタカタ

男「やっぱ、修羅場を過ごしてみるもんだな」
C男「惰弱なマネジは嫌いだ」

男「すいません」

469 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/24(金) 20:11:17.36 ID:lPBcTgUP
C男「仕事を断れないから下のものが苦しむ」
男「まったくだ」

男:カタカタカタカタカタカタ
C男:カタカタカタカタカタカタ

C男「無能な中間管理職に死を」
男「さすが先輩の弟子だなぁ。容赦がない」

男:カタカタカタカタカタカタ
C男:カタカタカタカタカタカタ

C男「勝たないと許さない」
男「……」

男:カタカタカタカタカタカタ
C男:カタカタカタカタカタカタ

C男「捨てたものより大きな物を拾わないと許さない」
男「……」

C男「一生」
男「一生なのかよっ! 重いよっ!」

471 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/24(金) 20:15:08.28 ID:lPBcTgUP
男:カタカタカタカタカタカタ
C男:カタカタカタカタカタカタ

C男 ぐー
男「腹減ったな」

C男「食欲を捨てよう」
男「いや、食おうよ。身体壊すよ」

男:カタカタカタカタカタカタ
C男:カタカタカタカタカタカタ

C男「そんな時間はない」
男「効率落ちるぞ」

C男「出前?」
男「時間遅いしなぁ」

C男「備蓄をくれ」
男「カロリーメイト? どれがいい? フルーツとチョコ」
C男「フルーツ」

男:カタカタカタカタカタカタ
C男:カタカタカタカタカタカタ

男「了解。ちとまって」ごそごそごそ

かんかんかんかん……がちゃり

478 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/24(金) 20:21:18.83 ID:lPBcTgUP
新人女「新人女ただいま戻りましたっ」

男「え?」 C男:カタ

新人女「家かえってシャワー浴びてきました。着替えも」

男「……だって、さっき帰ったでしょ?」

新人女「はい。準備を整えて再出撃で」

男「こんな時間、泊まりになっちゃうよ?」

新人女「いえ。8時間早く出勤しただけです」

男「――」

新人女「ずるいですよ。二人だけで全部仕事しようだなんて。
 私だって神楽坂班ですし……。解かなきゃならない
 謎だってありますし」

男「……」

新人女「いえ。それは私事ですけど。あ、そうです。
 サンドイッチ買ってきましたよっ。補給物資です」にこっ

483 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/24(金) 20:26:59.17 ID:lPBcTgUP
C男「……ん。もぐ、もぐ」
新人女「……こくん」
男「もぎゅ、もぐ」

C男「新人女」
新人女「はい?」

C男「ナイス」ぐっ
新人女「ありがとうございます。紅茶もどうぞっ」

男「それにしてもこうくるとはね~」

C男「?」
新人女「はい?」

男「いや、なんか可笑しくって」
新人女「そうですか?」

C男「もっぎゅもっぎゅ」

男「うん。なんか悩むのもばからしい気分」

新人女「??」

484 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/24(金) 20:32:35.78 ID:lPBcTgUP
男「『どう使えば』とかバカの言いそうな台詞だよな。
 あははははっ。や、最高だわ」

新人女「はい? はい?」

男「要請無しでも兵站補給に援軍だもんな。ははははっ」

新人女「?」きょとん

男「C男、残りどうだっけ?」

C男「夜明けまで4時間と38分」

男「ブリッツクリークにはちょうど良いか」

C男「中央突破」

男「んじゃ、新人女さんも。無理はしないで」

新人女「女さん程度に自重します」

男「そっか。あはははっ。じゃぁ、4時間。
 いってみようか」

488 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/24(金) 20:38:14.90 ID:lPBcTgUP
――6/6、木曜日 06:30 神楽坂作業室/会議室

新人女「……失礼します」そぉ
男「くぅ……。すぅ……」

新人女「わぁ……。ぼろぼろだ」

男「……んぅ。……すぅ」

新人女「こんなになっちゃうまで、働くんだ。
 男の人って……」

男「……」くてっ

新人女「前髪、ぱさぱさ。身体中ぼろぼろだし」

男「……んぅ」

新人女「全然ステキじゃないんだけどな。お洒落じゃないし。
 きっと音楽とかにも詳しくないし、ドライブなんて
 絶対に連れて行ってくれないし」

男「……すぅ」

新人女「全然違うのに」

491 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/24(金) 20:40:35.80 ID:lPBcTgUP
男「すぅ……」

とくん

新人女 なでなで

男「んぅ……」

新人女(…………っ!?
 触っちゃったっ。
 そんなつもり無かったのに……。
 そ、そうなのか。私やっぱりそうなんだ。
 気持ちがあふれてる。こぼれちゃってる。
 わたしは、やっぱりだったんだ)

男「…………ん」ぼぉっ

新人女「あの、男さん? 時間ですよ」

男「ん。……わかった。10秒待って」むぅっ

新人女「はい……」じぃっ

男「おけ。再起動した。目覚ましさんきゅ」

新人女「はいっ」

493 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/24(金) 20:55:47.26 ID:lPBcTgUP
ほどよいので、ここで一端切りますです。
いや、もうね。おいらダメ人間。
誤爆とかね、死んでわびるべき(T∇T)

んでは、休憩いってきます、またっ。

新人女「まだ私のターンっ!」
いんせくとはが「なん……だと……?」

494 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/24(金) 20:56:55.49 ID:q.B4Wa6o
最高に乙

495 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/24(金) 20:59:33.35 ID:6CW6YsAO
おつ


続きの記事 同僚女「観念してうちを撫でるんやね」