2chまとめサイトモバイル

神様「神様だっ!」 神使「神力ゼロですが・・・」

Part134
794: ◆8YCWQhLlF2 :2019/04/09(火) 22:02:06 ID:MwTzfhf.
ーーー キセキ野教会
神様「あれ? ここって・・・」
神使「キセキ野教会です」
神様「偽シスターのうさーがいるところだよな。 アイツと会うのは何百年ぶりかなぁ〜」
神使「去年お会いしてます」
神様「テヘッ」ペロッ
神使「いいですか神様、ここから先では大人しくしてくださいね。 約束ですよ?」
神様「わーてるって。 迷子の子ウサギみたいにかわゆくプルッてるから」
神使「では、入りましょう」

795: ◆8YCWQhLlF2 :2019/04/09(火) 22:03:14 ID:MwTzfhf.
ギー
神様「レジース エンド ジェントルメン! 皆大好きかわゆい神ちゃんの登場だ! ドドン!!」
うさー「!?」ビクッ
神使「2秒前の約束も覚えていないんですか・・・」ハァ
うさー「げっ、神ちゃん!」
神様「げっ!って何だよ偽シスター」
うさー「本物のシスターだよ! なんで神ちゃんがここに・・・」
神使「申し訳ありません。 神様を巻くのに失敗しまして」ペコリ
うさー「う〜・・・ 終わった・・・」
神様「私を抜かして愉快な仮面舞踏会を開催するそうだな?」
うさー「そんなのしないよ! ここは教会! 修道院!」

796: ◆8YCWQhLlF2 :2019/04/09(火) 22:04:00 ID:MwTzfhf.
神様「あれ? うさーだけか? 修道女ちゃんは?」キョロキョロ
うさー「あ〜 今パチカンの方に行ってて」
神様「パチカン!?」
神使「で、では神様。 温泉付のホテル取りましたから私達はそちらに行きましょうか」
ギー
一同「?」クルッ
少女「はじめまして、パチカンから参りましたウリエルと申します」ペコリ
うさー「は、はじめまして。 ず、随分早かったですね」
少女「遅れてはいけないと思いまして。 少し早すぎましたでしょうか、すみません」ペコリ
うさー「全然大丈夫だよ! 長旅で疲れたでしょう。 お部屋に案内するからこっちへ」スタスタ
神様「ぁ・・・ ぁ・・・」ワナワナ
神使「神様?」
神様「ワイのストライクゾーンにはまりマクリマクリスティー!」ピョーン
少女「キャー!!」

797: ◆8YCWQhLlF2 :2019/04/09(火) 22:05:07 ID:MwTzfhf.
ーーー 数分後
神様「本当にすいませんでした。 ついテンションが・・・ 警察だけは勘弁を」ドゲザ
少女「気にしないでください。 熱烈な歓迎ありがとうございます」ニコッ
神使・うさー(良い子だ)
神使「神様、飛びつかないって約束しましたよね?」
神様「だって! こんな天使のようにかわゆい少女に抱きつかないなんて失礼だろ?」
神使「抱きつく方が失礼です」
神様「じゃぁ剥く? スポーンって」
神使「・・・・・・」ジー
神様「冗談だよ、人を剥くのは私の主義に反するから。 剥くのはこっち側のヤツだけ」
少女「あの〜・・・」

798: ◆8YCWQhLlF2 :2019/04/09(火) 22:05:43 ID:MwTzfhf.
うさー「あっ、ごめんね紹介がまだだったね。 今土下座してるのがーーー」
神様「私は、神宮に籍を置くとってもかわゆい巫女の神ちゃん!」
少女「巫女・・・ 聞いたことあります。 私達で言うところの修道女、シスターうさーと同じですね」ニコッ
うさー「まぁ、そんな感じだね。 いろんな意味で」ハハハ
神様「親しみを込めて皆はかわゆい神ちゃんと呼んでるから、そう呼んでもらって構わない」
少女「はい、かわゆい神ちゃん」ニコッ
神様「あんたが初めてや、そう呼んでくれたのは・・・」グスッ
少女「?」
神使・うさー(良い子だ)

799: ◆8YCWQhLlF2 :2019/04/09(火) 22:06:20 ID:MwTzfhf.
うさー「そ、そしてこちらは神使さん」
神使「初めまして、神宮所属の神使と申します」ペコリ
少女「神使様!? 日本の神の使いですね! 仕える神は違えど私と同じですね」ニコッ
神様「ん?」
うさー「あ〜 彼女はパチカンの天使でウリエルちゃん」
少女「ウリエルと申します。 不束者ですがよろしくおい願いいたします」ペコリ
神様「天使なの?」
少女「はい。 でも、先日天使学校を卒業したばかりの未熟者でして」
神様「あ〜 こっち側なら剥いとく?」
神使「神様?」
神様「うそうそ」

800: ◆8YCWQhLlF2 :2019/04/09(火) 22:06:55 ID:MwTzfhf.
神使「長旅ご苦労様です」
少女「初めての飛行機とても感動しました!」
うさー「さ、ウリエルちゃんお部屋に案内するね」
少女「その前に無事に着くことが出来た感謝を神に」
うさー「そだね、礼拝堂はこっち」スタスタ
少女「はい!」スタスタ
神様「・・・天使ねぇ〜」ボソッ

801: ◆8YCWQhLlF2 :2019/04/09(火) 22:08:52 ID:MwTzfhf.
春だねぇ〜

802: 以下、名無しが深夜にお送りします :2019/04/09(火) 22:24:31 ID:jTwupuZs
神ちゃんまってたよーおかえりー

803: 以下、名無しが深夜にお送りします :2019/04/10(水) 09:28:27 ID:JmkRDRgY
神ちゃんktkr
乙!!!!11!1!!!

804: ◆8YCWQhLlF2 :2019/04/11(木) 21:35:37 ID:7Jf3JPRU
ーーー 教会内・談話室
神様「交換留学?」
うさー「うん。 ウリエルちゃんは日本へ、修道女ちゃんはパチカンで研修」
神使「ウリエルさんはまだお若いのにしっかりされた方ですね」
うさー「さすが天使! とっても良い子だよね!」
神様「でも何でわざわざウリウリは日本へ?」
神使「また変なあだ名を勝手に付けて・・・」
うさー「ウリエルちゃんは将来日本の担当天使になりたいんだって」
神使「そこでウリエルさんの研修先として白羽の矢が立ったのがこのキセキ野教会なんです」
神様「ん〜 でも神宮は関係なくない?」
うさー「この教会は神宮の持ち物でもあるし、勝手にパチカンだけの判断って訳にもいかないみたいで」
神使「パチカンの方から神宮へ協力のお願いもありまして。 神宮としても、その・・・」
神様「めったにないチャンスだから監視したいと」
神使「まぁ、ストレートに言うとそうですね」

805: ◆8YCWQhLlF2 :2019/04/11(木) 21:36:48 ID:7Jf3JPRU
神様「なるほどね〜 それでお守り役として私が選ばれた訳か」フム
神使「私と、うさーさんにです」
神様「どうして私がハブられるんだよ! そこは私だろ! 私が最優先だろ」
うさー「ウリエルちゃんはパチカンで100年ぶりの天使なんだよ? それだけ大切な存在なんだよ」
神使「100年ぶり?」
うさー「これウリエルちゃんの履歴書」スッ
神使「拝見します」
神様「ぱちかーの あんげー・・・」
神使「パチカン法王庁付属天使学校ですね」
神様「お前ヒンズー語読めるの?」
神使「これはラテン語です」

806: ◆8YCWQhLlF2 :2019/04/11(木) 21:37:55 ID:7Jf3JPRU
うさー「天使学校は天使の養成を専門に行う特殊校で、ウリエルちゃんは100年ぶりの卒業生なんだって」
神様「そんなに通うの?」
うさー「違うよ、100年間天使生がいなかったんだよ」
神使「という事は、ウリエルさん一人のための学校という事ですか?」
うさー「うん。 彼女が卒業してまた休校になったみたいだけど」
神様「ふ〜ん。 新米天使ねぇ〜・・・」
神使「何か気になることでも?」
神様「ねぇ、あれ本当に天使なの?」
神使「どういう意味です?」
神様「う〜ん、私にはただの人にしか見えないんだけど」
うさー「あ〜 彼女はまだ正式には天使とは違うんだって」
神様「あ?」
うさー「正式な天使になるには、自ら困難な目標を立ててそれを達成した後に大天使の審査を経ないといけないんだよ」
神様「うわ〜 アチラさんが好きそうな仕組みだな」
うさー「ちゃんとした天使になったら輪っかも羽根も出せるらしいよ」

807: ◆8YCWQhLlF2 :2019/04/11(木) 21:39:14 ID:7Jf3JPRU
神様「で、どこまで面倒見るの?」
うさー「輪っかでるまで」
神様「何その投げっぱなしジャーマン」
神使「私はその間、平穏に過ごせるように万全を期すようにと言われています」
神様「仕方ないな。 ウリウリは私が手塩にかけて立派なエンターテイナーに育て上げる!」
うさー「う〜 それが問題なんだってば〜」
神様「まずは人を引きつけるポーズ芸だな」
神使「神様、今回はお願いですから手を出さないで下さい。 何かあったら洒落になりません」
神様「あ? 私がこんなに面白いオモチャを見つけてそう簡単に諦め付くと思ってんの?」
うさー「諦めて!」
神使「ウリエルさんが日本にいる間、大人しくしていたらコーラ1年間フリーパス券をあげます」
神様「!?」ピクッ
神使「しかも前払いです」」
神様「宣誓! 明日より神ちゃんはひたすらニートになることを誓います! ラーメン」
うさー「神ちゃんの中でコーラの存在ってどれだけ大きいの? あと、アーメンね」

808: ◆8YCWQhLlF2 :2019/04/11(木) 21:40:12 ID:7Jf3JPRU
神様「それより、ウリボーは?」
神使「ウリエルさんです」
うさー「シャワー。 すぐ来ると思うけど」
ガチャ
少女「遅くなりすみません」ホクホク
神様「うひょ〜 やっぱ辛抱たまらん! ウリウリちゃ〜ん」ピョーン
少女「うわっ!?」
神使「ちょっと神様! 約束をいきなり破らないで下さい!」
神様「バーカ、明日からって言ったし〜」
神使「うぐっ!」

809: ◆8YCWQhLlF2 :2019/04/11(木) 21:41:00 ID:7Jf3JPRU
神様「高速スリスリー」スリスリ
少女「くすぐったいですよ神ちゃんさん」ウフフ
神使・うさー(良い子だ)
神様「ふおっっ〜っ!!」スリスリ
うさー「神ちゃんの目が完全にトランス状態なんだけど」
神使「30分もすれば飽きると思いますが・・・」
うさー「う〜 神使君、わたし明日からちょっと不安だよ」

810: 以下、名無しが深夜にお送りします :2019/04/12(金) 04:34:22 ID:KrqanyG6
おつ
嬉しいなぁ

811: ◆8YCWQhLlF2 :2019/04/14(日) 23:28:31 ID:tF6njZkQ
ーーー 翌日
うさー「ふぁ〜」テクテク
少女「おはようございます、シスターうさー」ニコッ
うさー「おふぁよ〜 早いね〜」
少女「朝食の準備しておきましたから一緒に食べましょう」
うさー「ゴメンね、手伝わなくて」
少女「気にしないで下さい。 神ちゃんさんと神使様は?」
うさー「まだ朝の3時だしね。 寝かせておこうよ」
ガチャ
うさー・少女「?」クルッ
神様「ふぁ〜ぁ」ヨロヨロ
少女「神ちゃんさん! こんな早く・・・ もしかして、私達に合わせて・・・」
神様「ん? 私これから寝るところ」

812: ◆8YCWQhLlF2 :2019/04/14(日) 23:29:25 ID:tF6njZkQ
天使「えー!? 今まで起きていたんですか!?」
うさー「もー ダメだよ? あんまり夜更かししちゃ」
神様「エンジェル・ワーにはまっちゃってさぁ〜」
うさー「エンジェル? 何それ?」
少女「!?(まさか神ちゃんさん、私のために天使の勉強を・・・?)」キラキラ
神様「かわゆい天使たちを手込めにして他の宗教を潰していくスマホゲーム」
うさー「それ“ワー”じゃなくて“ウォー”だね・・・」
少女「う〜・・・」ガクッ
うさー「と、取りあえず神ちゃんはお休み〜」
神様「おやふみ〜」トテトテ
うさー「さ、朝ご飯頂こうよ!」アハハ
少女「はい゛」グスン

813: ◆8YCWQhLlF2 :2019/04/14(日) 23:30:27 ID:tF6njZkQ
ーーー 翌日
うさー「今日は良い天気だね〜」
神使「絶好のお掃除日和です」
少女「普段出来ないような細かいところもやってしまいましょう」
うさー「それじゃ、ウリエルちゃんは各お部屋のお掃除をお願い」
少女「はい!」
うさー「これ、お掃除セットね」
神使「あっ、こちらも一緒にお持ち下さい」スッ
少女「このスプレーは何ですか?」
神使「ダニよけ・・・ いえ、聖水です。 人体には無害ですので動かない布団にはそれで対処して頂ければと」
少女「動かない布団?」キョトン

814: ◆8YCWQhLlF2 :2019/04/14(日) 23:31:29 ID:tF6njZkQ
ーーー 神様の部屋
コンコン
 神様「あ〜い」
少女「ウリエルです。 お部屋のお掃除をしに来ました」
 神様「どぞ〜」
ガチャ
少女「失礼しま・・・ す・・・」
神様「ん? どったの?」
少女「どうしたんですかこの惨状は!?」
神様「え?」
少女「こんなに散らかって」

815: ◆8YCWQhLlF2 :2019/04/14(日) 23:33:16 ID:tF6njZkQ
神様「あ〜 私ニート生活中だから」
少女「そ、そうでしたか・・・ で、ではお掃除だけさせてもらいますね」ハハハ
神様「よろ〜」モソモソ
少女「・・・・・・。 あの〜」
神様「?」
少女「お布団を干したいのですが」
神様「いや〜 しばらく干さなくてジメった布団の匂いが好きでさぁ〜」クンクン
少女「・・・・・・」ガクッ
神様「後2週間くらいがベストかな? って、どったの?」
少女「」シュッ シュッ
神様「うわ〜!! 何これ! 染みるー!!」ピョン
少女「・・・・・・」
神様「目が〜 目が〜」タッタッタッ
少女(ダニよけってこういう事ですか?)

816: ◆8YCWQhLlF2 :2019/04/14(日) 23:34:06 ID:tF6njZkQ
ーーー 数日後
神使「おはようございます。 うさーさん、ウリエルさん」
少女「おはようございます神使さん」ニコッ
うさー「おはよう神使君! 神ちゃんの様子はどう?」
神使「ニート生活を満喫しています。 たまにコーラとお菓子を買いに外へ出かけますが」
うさー「よくそんな生活飽きないね・・・」
少女「わ、私は朝の礼拝をしてきますね」ハハハ
うさー「そっか、じゃ私も一緒にーーーー」
 ウリウリー! ウリウリーー!!
うさー「神ちゃん?」
神使「神様の部屋からですね」
少女「神ちゃんさん!?」タッタッタッ

ショートストーリーの人気記事

女「ハローハロー。誰かいませんか?どうぞ」

妹「マニュアルで恋します!」

同僚女「おーい、おとこ。起きろ、起きろー」

魔法使い「メラしか使えない」

彡(゚)(゚)「お、居酒屋やんけ。入ったろ」

新着記事情報

▼2022/11/30更新 気団・鬼女

妊婦の叫び その十五