2chまとめサイトモバイル

神様「神様だっ!」 神使「神力ゼロですが・・・」

Part160
803: ◆8YCWQhLlF2 :2021/05/04(火) 06:19:57 ID:R1.815XA


――― 車内


 ブーン


神様「ふぅ」

長官「すまないね。 少し早く着きすぎたかな?」

神様「あ~ 大丈夫。 丁度良いタイミングだった」

長官「モノノケランドの件に関しては、神宮から切り離して資金援助をする段取りで進めている」

神様「大丈夫そう?」

長官「独立機関の財団を立ち上げるつもりだ。 まずはあの土地の所有を神宮以外にしないとな」

神様「よく分からないけど、神宮がちょっかい出してこなければそれで良いや」


804: ◆8YCWQhLlF2 :2021/05/04(火) 06:20:31 ID:R1.815XA

長官「しかし、大変なことをしてくれたもんだ」ハァ

神様「元に戻しただけだよ」

長官「私が悩んでいるのは神ちゃんの張っていた結界の件だ」

神様「それなぁ~」

長官「全く・・・ 神宮にはどう言い訳するつもりだい?」

神様「・・・・・・」

長官「さっきの少女さんが新しい結界の人柱だって事が神宮に知れたら大変だぞ?」

神様「やっぱ狙ってくるよな」


805: ◆8YCWQhLlF2 :2021/05/04(火) 06:21:12 ID:R1.815XA

長官「当然だろ。 神の存在が公になれば神宮には絶大な崇敬が集まるからな」

神様「金と名誉か・・・」

長官「ちゃんと守ってあげるんだぞ」

神様「当たり前さね。 何人たりとも少女ちゃんには指一本触れさせるつもりはない」

長官「しばらくは根回しでいっぱいになりそうだな」

神様「わーてるよ。 だから小細工までして抜け出したんだろうが」

長官「なら良いが」

神様「まぁ・・・ 落とし前だけはちゃんと付けさせてもらいますよ。 ・・・親友だし」ゴニョゴニョ

長官「そうかい。 K7の神と神宮の役員達が待っているから飛ばすぞ」


 ブーン


806: ◆8YCWQhLlF2 :2021/05/04(火) 06:21:43 ID:R1.815XA

――― 翌日・夕方/神宮


神様「うへ~ じがれだ」バタッ


猫神「神ちゃん、よく頑張ったね~」

狐神「いやいや、会議中暴れまくってただけじゃん・・・」

神使「私は中には入れなかったので詳細は分からないですが、外まで神様の罵声が響いていました・・・」

長官「“お前ら呪うぞ!”って発言は神としてどうなんだい?」

神様「だってアイツらが言うこと聞かないからぁ~」

狐神「呪いってどうやんの? 教えてよ」

神様「しらねーよ。 私がやり方を聞きたいわ」

狐神「あんた、相変わらず適当よね・・・」


807: ◆8YCWQhLlF2 :2021/05/04(火) 06:22:46 ID:R1.815XA

神使「これで無事に事は収まったのでしょうか?」

長官「少女さんの護衛も問題なさそうだしひとまずは安心だな」

猫神「当面は神が持ち回りでお手伝い名目って形で出向するからね~」

神使「それは何よりです」

狐神「最初は私か・・・」ハァ

神様「モノノケランドの維持は問題ないんだよな?」

長官「大丈夫だ。 モノノケ財団の方で全て面倒を見る手はずになっている」

神様「その財団ってそんなに資金力あるの?」

長官「あぁ。 先日とある文書を見つけてな、それを資金源にした」

神様「文書?」


808: ◆8YCWQhLlF2 :2021/05/04(火) 06:23:28 ID:R1.815XA

長官「A子君が隠し・・・ 偶然発見した埋蔵金のありかが記載された文章なんだが」

神様「・・・・・・」

狐神「へぇー 埋蔵金なんて久しぶりに聞いたわね」

長官「どうしたんだい神ちゃん。 顔色が悪いようだが何か気になることでもあるのかい?」

神様「いや・・・ その埋蔵金のお金って・・・」

長官「あぁ、A子君がどこかに振り込み手続きをしようとしていたらしいんだが全て回収した」

神様「!?」

長官「あんな大金、久しぶりに見たよ」ハハハ

神様「えっと・・・ そのお金って、モノノケランドの建設費・・・」


809: ◆8YCWQhLlF2 :2021/05/04(火) 06:24:04 ID:R1.815XA

長官「そういえば、神宮建設から請求書が届いていたから費用は神ちゃんに付けておいたよ」

神様「待って。 それいくらよ」

長官「10億」

神様「・・・・・・」

神使「神様・・・」

狐神「あんた、そんな大金払えるの?」

猫神「神ちゃんお金持ちだねぇ~」

神様「無理無理無理! 無理だってそんな大金!!」

長官「大丈夫だ。 何百年かかるか分からないがコツコツ返済していけば良い」

神様「嫌だ!」


810: ◆8YCWQhLlF2 :2021/05/04(火) 06:24:43 ID:R1.815XA

長官「さて」ガシッ

神様「え? どうしたの? 急に腕掴んで・・・」

長官「分かっているだろ?」ニコッ

神様「・・・・・・。 あの、逃げないのでそんなに強く腕を掴まないで下さい」ジタバタ

長官「じゃあ、なぜジタバタしているんだい?」

神様「・・・・・・」

長官「それじゃ、一緒に行こうか」

神様「どちらへ?」

長官「A子君と狐娘君が先に待っている」

神様「どこででしょうか・・・」


811: ◆8YCWQhLlF2 :2021/05/04(火) 06:25:18 ID:R1.815XA

長官「昨日言っただろ? 折檻室だ」

神様「!? ちょっと待って! あれは私を神宮に戻すためのお芝居じゃ!?」

長官「そんなわけ無いだろ!」

神様「いやーだー」ジタバタ

猫神・狐神「?」

神様「おい! 猫と狐! 助けろー!」

狐神「あんた、また何かしたの?」

神様「してない! してないって!!」


812: ◆8YCWQhLlF2 :2021/05/04(火) 06:25:50 ID:R1.815XA

長官「埋蔵金をネコババしようとしだろ!」

神様「まだ手を付けてないって!」

長官「“まだ”って何だ」

神様「そういう意味じゃなくて! ちょ、離してー!」ズルズル

長官「今回は長期戦だ。 3人で仲良くやるんだぞ」


神様「いーやーだー」ズルズル


猫神・狐神・神使「・・・・・・」


813: ◆8YCWQhLlF2 :2021/05/04(火) 06:26:25 ID:R1.815XA

狐神「折角伊勢に来たんだし、外でお茶でもしない?」

猫神「あっ、いいねぇ~」

狐神「神使君も一緒にどう?」

神使「お供致します」

狐神「よし! 実はここ来るときオシャレなお店見つけてさ。 行こうか」テクテク

猫神「楽しみ~」テクテク



 神様「助けてー!!」ズルズル


神使「まだまだ借金生活から抜けられそうにありませんね」ハァ





神様「神様だ!」 神使「神力ゼロですが・・・」
~ 番外編 『モノノケランド』~
おわり


814: 以下、名無しが深夜にお送りします :2021/05/04(火) 11:31:21 ID:KzYe8Wd.
楽しいありがとう

また読みたい!


815: 以下、名無しが深夜にお送りします :2021/05/06(木) 09:35:12 ID:z29tT3UI
今回もめちゃ面白かったよ
ありがとう