2chまとめサイトモバイル

神様「神様だっ!」 神使「神力ゼロですが・・・」

Part141


91: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/12(木) 23:23:27 ID:epjmLgg6

少女「・・・ん・・・」ポー

神使「あ、少女さん」

狐神「良かった、気がついたようね」

少女「私・・・ ぅっ!」ズキッ

狐神「どうしたの? どこか痛む?」

少女「少しお腹に痛みが走っただけです」

神様「それは昨日食べたキムチが原因。 後で一緒に犬ころをボコしよう」

神使「・・・・・・」

神様「それより少女ちゃん、ちょっと話があるんだけど良い?」

少女「?」

92: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/14(土) 01:51:42 ID:t0iEx3j2

●本殿前

少女「あの、お話しって・・・」

神様「私がおにゅと初めて会った時、あいつは死の寸前にいた」

少女「え?」

神様「悲惨な環境でたった一人・・・」

少女「・・・・・・」

神様「ツノがあるというだけで差別され・・・ おにゅは鬼族最後の一人になってしまった」

少女「おにゅにそんな過去があったんですか・・・」

神様「でも、あいつは決して人を恨んだりしなかった。 それどころか鬼族である自分が悪いんだと」

少女「・・・・・・」

神様「アイツは昔から自分の責任を重く捕らえる悪い癖があるんだよね。 あと、優しすぎる」

少女「私、おにゅはいつも隣に居るのが当たり前だって勝手に思い込んで・・・ それが悔しくて情けなくて・・・」

神様「・・・・・・。 少女ちゃん、おにゅをもう一度救ってくれない?」

少女「え?」

神様「お願いします! おにゅを助けて下さい!」ドゲザ

93: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/14(土) 01:52:33 ID:t0iEx3j2

●社務所

ガラガラ

狐神・神使「?」クルッ

神様「・・・・・・」トテトテ

神使「神様、少女さんは?」

神様「すぐ来る」

狐神「ダメだったか・・・」ハァ

神使「え?」

狐神「神が増えた気配がない」

神使「そんな・・・」

ガラガラ

少女「お待たせしました」スタスタ

神使「少女さん?」

神様「お団子結いも可愛かったけど、私はそっちの方が少女ちゃんに合っていると思う」

94: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/14(土) 01:53:31 ID:t0iEx3j2

狐神「? その頭についてるツノみたいなのは何?」

少女「これは、おにゅと共に生きる私の決意です」

狐神「・・・・・・。 そっか、ありがと」フッ

神様「さて」

狐神「?」

神様「おいコックス、ちょっと手を出せ」

狐神「手?」

神様「早く!」

狐神「?」スッ

神様「少女ちゃんも手を」

少女「はい」スッ

狐神「何? 決起の誓い? 良いわね、私そういうの結構好―――」

神様「秘技! 神力譲渡!!」

95: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/14(土) 01:54:13 ID:t0iEx3j2

ポワポワ

狐神「うギャぎゃぎゃぎゃ!!」

少女(温かい・・・)

ポワポワ

神様「フ~ これでよしっと」

狐神「アンタ・・・ 何したのよ・・・」グタッ

神様「少女ちゃんを神にしたんだけど」

狐神「にゃんで・・・ わだじの神力を゛・・・」ヘナヘナ

神様「だって私は神力ないし~」

狐神「あ~・・・ そういう・・・」

神さま「あと、猫でもないのにニャンとか言うな、狐はコンコンだろ」

狐神「狐は、そんな声・・・ 出さない・・・わ゛」バタッ

神使「狐神様!」

96: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/14(土) 01:54:56 ID:t0iEx3j2

神様「よし! それじゃ早速神勅を出すか!

狐神「待ちなさい。 再神勅を出すとしても、一つ問題があるわ」ヨロッ

神様「あ?」

狐神「残念だけど、私はこれ以上手伝うことが出来ない」

神様「は!? 何でだよ! あんなもんで拗ねるなよ!」

狐神「拗ねてないわよ!」

神様「お前、言い出しっぺだろうが」

狐神「私がここへ招致されたのは、先の取り消された神勅によるもの」

神様「は?」

神使「なるほど・・・ 神殺しの神勅が取り消されたから狐神様もその任は取り消されると」

狐神「そういう事。 たぶん神移しの神勅の方で別の神が来るんじゃない?」

97: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/14(土) 01:56:16 ID:t0iEx3j2

神様「え~ お前がいちばん適任だったんだけど」

狐神「どういう意味?」

神様「お前って人を脅かしたり騙したりするの好きだろ?」

狐神「好きじゃない! 私を何だと思ってるのよ」

神様「だって~ 神罰用のガラクタいっぱい持ってんじゃん」

狐神「うぐっ・・・」ギクッ

神使「ちなみに、次の番の神はどなたなんですか?」

神様「うさーとか頼りないヤツは勘弁な」

狐神「確か~・・・ ふふっ、ある意味私が取り消されて良かったかも」ニヤッ

神様・神使「?」

98: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/17(火) 00:52:52 ID:9mWHxeq2

●翌日・神社

猫神「」ポワポワ

神様「まさか猫神が次の順番だったとは・・・」

狐神「私は猫神ちゃん以外の適任者を知らない」

神使「猫神様は破壊とかそういう野蛮な行為は向かないような気が・・・」

神様「お前は、まだ猫神の本性を知らないからそんな事が言えるんだ」

狐神「うんうん」コクコク


猫神「・・・ふぅ」

神様「あ、神体見終わった?」

猫神「うん」

狐神「猫神の力が必要なのよ」

猫神「少女ちゃ~ん」

少女「?」

猫神「あなたには、私の全てをかけてでも幸せな人生を叶えてあげる~」ギュ

99: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/17(火) 00:53:35 ID:9mWHxeq2

神様「はいはい、百合はそこまで~」

猫神「できるだけ早めに作戦を実行したが良さそうだね~」

狐神「神剣ってどうする? この神社のやつは無いみたいだし」

猫神「わたし自分の持ってきたからこれ使って~」

狐神「うわっ、凄! 高そうな神剣ね・・・」

猫神「私の神力が詰まっているから、刺されてもそれほど痛みはないし~」

神様「え? やっぱ痛みとかあるの? わたし神殺しって経験した事ないから」

猫神「刺されるんだも~ん。 そりゃ痛いよ~」

狐神「・・・・・・。 私、やっぱり外れて良かった・・・」ホッ

神様「よし! それじゃ早速準備に取りかかろう」

猫神「その前に~ 一つ良いこと思いついちゃったんだけど~」

神様「良いこと?」

猫神「狐神ちゃ~ん、出番よ~」

狐神「私?」

100: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/17(火) 00:54:19 ID:9mWHxeq2

●夕方・神社裏

村人A「俺を呼びだしたのはお前か?」

狐神「そうだ」

村人A「アンタ誰だ? この村の者じゃねーな。 それにその格好・・・」

狐神「神」

村人A「はぁ?」

狐神「おにゅと同じ力を持つ者。 いやそれ以上と言えば理解できるか?」

村人A「!?」

狐神「そう怖がるでない。 私はお前の味方だ」ニヤッ

村人A「ど、どういう意味だ」

狐神「預言を授けよう」

村人A「・・・預言?」

狐神「明日、この村に10年前と同じ災厄が訪れる」

村人A「10年前って・・・ まさか!」

狐神「鬼がこの村を焼き尽くす。 誰一人逃げられぬぞ」ククク



101: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/17(火) 00:54:56 ID:9mWHxeq2

村人A「!?」

狐神「だが、助かる方法が一つだけある」

村人A「そ、それは一体・・・」

狐神「お前がこの村を救うのだ」

村人A「何をバカな。 そんな事を信じられるわけ―――」

シュン

村人A「消えた!?」

狐神「後ろだ」ボソッ

村人A「!?」クルッ

狐神「我の言っていることを信じる気になったか?」ニヤッ

村人A「あ・・・ あぁ」ゴクリ

狐神「お前が、鬼を討つのだ。 あの時の少女のように」

村人A「・・・・・・」

狐神「なぁに、難しいことはない。 同じようにすれば良いだけだ」

村人「で、でもどうやって・・・」

102: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/17(火) 00:55:32 ID:9mWHxeq2

狐神「持っているのだろ? その時の剣を」

村人A「何でそれを・・・」

狐神「神に隠し事などできぬぞ?」

村人A「そ・・・ その鬼とやらを、俺がその剣で・・・ いや、無理だろ・・・」

狐神「私には見える。 お前が鬼を討つ姿が」

村人A「・・・・・・」

狐神「そして、村を救った英雄として絶対的な力を手に入れる姿が」

村人A「!?」

狐神「あの剣は特殊でな、鬼は近づくことすら出来ぬほど極端に嫌う」

村人A「そういう事か・・・ それで10年前あんな小さなガキが鬼を退治できた訳か」

狐神「理解が早いな」

村人A「で、でもアンタは何で俺にそんな事を?」

狐神「これでも私は神だ。 鬼の悪行をほおって置けないのでな」

村人A「・・・分かった。 乗るぜ、その計画」

狐神「良い選択だ」ニヤッ

103: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/17(火) 00:56:09 ID:9mWHxeq2

●社務所

狐神「どう? 上手くいったと思うんだけど」スタスタ

神様「お前、結構良い演技するじゃん」

猫神「狐神ちゃんって昔からああいうの上手だよね~」

神使「神の神秘さ、畏れが滲み出ていて感銘しました」

狐神「別に・・・ 神なんてああいうのが仕事みたいなものだし///」モニョモニョ

少女「あの人が、おにゅの神剣を・・・」

猫神「10年前、混乱の中でこっそり持ち去ったみたいだね~」

神様「その神剣を本殿に戻せば、おにゅは帰ってくる」

狐神「少女ちゃん、覚悟は出来た?」

少女「はい。 おにゅに会えるなら何だってします」

猫神「全力でよろしくね~」

少女「今度は、最後まで絶対に役を果たしてみせます」

神様「よし、作戦は明日の朝。 気合い入れて行くぞ!」

一同「オー!」

104: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/17(火) 01:00:15 ID:9mWHxeq2

●翌日・村の中心街

 村人達「キャー 助けてー!」

 村人達「あぁ・・・ 村が・・・ 俺達の村が・・・」

ズドーン メラメラ


猫神「ニャーハハハッ! どうした人間共! 弱い! 弱すぎるぞ!!」

ズドーン ズドーン


猫神「我を止めぬと村が滅んでしまうぞ? まぁ、抵抗しようが時間稼ぎにもならぬがな」ニタァ

猫神「ニャーハハハッ! ほれほれ~っ!」

ズドーン ズドーン


神様「あ、あいつ本当に神かよ・・・ あんなの誰も倒せないだろ・・・」ブルブル

狐神「ね、猫神・・・ 怖い・・・ 怖いよ」ブルブル


猫神「破壊とはなんと愉快なり! 逃げ惑え! 愚かな人間共!!」

猫神「さぁ、最初に喰われたいヤツは誰だ! ニャーハハハッ!!」

105: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/17(火) 01:01:30 ID:9mWHxeq2


神使「・・・・・・」ブルッ

少女「あの・・・ あれって本当に演技なんでしょうか?」ガタガタ

神使「たぶん・・・ 本当の猫神様はとても優しい方だったと思いますので・・・」

少女「でも、予定外の所まで破壊している気がします・・・」

神使「取り壊し予定だった建物なのでは・・・」

神様「お前は本当の猫神の怖さを知らないからそんな事を言えるんだ・・・」ブルブル

狐神「あんなの止めるなんて自殺行為よ・・・」ブルブル

神使「少女さん、ファイトです」

少女「・・・・・・。 私、あの中に入るのはちょっと・・・」

神様「なぁ・・・ 中止して皆でおうち帰らない? あれ無理だって・・・」ブルブル

狐神「怖い・・・ 怖いよ」ブルブル


猫神「ニャーハハハッ!」

ズドーン ズドーン

107: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/18(水) 22:02:04 ID:SPwjGhC.

村人A「まて!」スタッ

猫神「あ?」ギロッ

村人A「!?」ビクッ

猫神「何だ~お前? 喰われたいのかぁ?」ニタァ

村人A「そ、そんな口叩いていられるのも・・・ い、今だけだ」ブルブル

猫神「ニャーハッハッ! 足をガクつせて何を言っているのかなぁ?」

村人A「う、うるさい。 勝負だ!」ブルブル

猫神「ほぉ~ お前が我の相手をすると申すか。 人の分際で我を相手にすると~?」ニャハハハ

村人A「コレを見てもそんな事が言えるのか?」

スッ

猫神「そ、それは!」ピクッ

村人A「形勢逆転ってな」ニヤッ

猫神「何故それを・・・ それは神に選ばれし者しか扱えぬ剣」グヌヌ

村人A(へっ、どうやら本当にあの目狐の言った通りに事が進みそうだな)

108: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/18(水) 22:02:49 ID:SPwjGhC.

ジリジリ

猫神「ま、待て! 望みは何だ! お前が望むなら私の右腕に―――」

村人A「だれが、アンタみたいな化物の仲間になんかなるかよ!」タッタッタッ

猫神「くっ! ここまでか~」

村人A「おら~ くたばりやがれ!!」

猫神「」ニヤッ

スッ

村人A「え?(消えた!?)」

猫神「後ろだよ~」ボソッ

村人A「またかよ!」クルッ

パンッ

村人「ぐあっ!」ズサー

109: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/18(水) 22:03:33 ID:SPwjGhC.

猫神「おめでとう~ 神に選ばれし者よ~」

村人A「痛つつ・・・ 何ビンタなんかしてん―――」

パンッ

村人A「痛っ! てめぇ!」

パンッ

村人A「ふざけやがっ―――」

パンッ

村人A「ぐぁ! いい加減にし―――」

パンッ

村人A「おま―――」

パンッ

村人A「ぐっ!」ドサッ

猫神「倒れるのはまだ早いんじゃないの~? 神の怒りに触れ神罰を受ける者よ」グイッ

村人A「うっ・・・」

パンッ パンッ パンッ パンッ

110: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/18(水) 22:04:06 ID:SPwjGhC.

狐神「うわ・・・ 猫神、完全に切れてるわね」

神使「猫神様・・・」

神様「・・・・・・」


村人A「」ドサッ

猫神「この神剣は返してもらうわね~ あなたのような者が触れて良いものではないから」

村人A「ぅっ・・・」

猫神「今回はこの位で勘弁してあげる~」

村人A「・・・・・・」グッタリ

猫神「ただし~ 二度とこの地を踏むんじゃないぞ。 分かったな?」ギロッ

111: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/18(水) 22:05:04 ID:SPwjGhC.


神使「」ブルッ

狐神「久しぶりに見たわね、猫神の本気」ゴクリ

神様「・・・・・・」

狐神「神ちゃん?」

神様「・・・・・・」

神使「あっ、これ神様失神してますね」

狐神「通りで静かだった訳ね・・・」

神様「」ジュワ~

神使「神様・・・ 洗濯する方の身にもなって下さい」


狐神「少女ちゃん、怖いのは分かるけどそろそろ出番・・・ って」キョロキョロ

神使「あれ? 少女さんがいませんね」

狐神「まぁ、あんなの見せられちゃ無理もないか・・・」ハァ

112: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/18(水) 22:05:46 ID:SPwjGhC.

猫神「さ~て、次は誰が私の相手をしてくれるんだ~い?」


少女「私がお相手いたします」ザッ

猫神「へぇ~ その格好はこの村の巫女さんかなぁ~?」

少女「あなたに名乗る必要はありません」キッ

猫神「ほぉ~ 若くて美味そうだ」ニヤッ

少女(怖い・・・)ゴクリ

113: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/18(水) 22:06:20 ID:SPwjGhC.

狐神「へぇ、やるじゃんあの子」

神使「とても凜々しいですね」


村人「おい、あれは・・・」

村人「まさか、少女ちゃんか?」

村人「少女ちゃーん! また村を守ってくれー!」

村人「そうだー! やっぱり鬼遊神社の巫女さんはこの村の守り神だー!」



狐神「随分と勝手なものよね」

神使「少女さんへあれだけの仕打ちをしておきながら・・・」

狐神「でも、少女ちゃんよく耐えてるわね」

神様「・・・・・・」


村人「そんな鬼なんかその剣で一突きにしてしまえー!」

村人「あの時みたいに格好良く頼むぞー!」

114: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/18(水) 22:07:02 ID:SPwjGhC.


少女「うるさいな・・・」ボソッ


村人達「・・・・・・」


少女「」ジリジリ

狐神「さぁどうした、人の子よ。 怖くて踏み出せぬか?」

少女「・・・・・・」ゲシッ ゲシッ

村人A「お、おい・・・ 何故俺を蹴るんだ・・・ けが人だぞ・・・」

少女「失礼。 そんなところで転がっているのでゴミかと思いました」

村人A「・・・・・・」

115: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/18(水) 22:07:38 ID:SPwjGhC.

狐神「やっぱ少女ちゃんでも怒るよね」

神使「どことなく神様と似た雰囲気がするのは気のせいでしょうか?」

神様「・・・・・・」



少女「」スチャッ

猫神「ほぉ~ 随分と良い剣じゃないか」

少女「あなたへの餞です」

猫神「ニャハハ! その言葉、そのまま返してやろう」

116: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/18(水) 22:08:27 ID:SPwjGhC.


猫神 「さぁ、勝負だ。 その神剣を我に向けよ」
おにゅ『さぁ、勝負だ。 その神剣を我に向けよ』

少女「!?」スチャッ

少女(あの時と同じ・・・ 剣が勝手に・・・)


猫神 「ふははっ! 良いぞ、では参る!」ザッ
おにゅ『ふははっ! 良いぞ、では参る!』ザッ

少女(体が勝手に!?)

タッタッタッ

猫神 「死ねー!」
おにゅ『死ねー!』


グサッ

117: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/18(水) 22:08:59 ID:SPwjGhC.


――
――――


ドサッ

おにゅ「・・・・・・」

少女「お・・・にゅ・・・?」

おにゅ「さすが少女・・・ 素晴らしい立ち振る舞いでした・・・」ウッ

少女「ごめんなさい・・・ ごめんなさい・・・」グスッ

おにゅ「ありがとう」

少女「なんで・・・ なんで謝ったりするの・・・?」

118: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/18(水) 22:09:35 ID:SPwjGhC.

おにゅ「私はずっとこの村を・・・ そして・・・ これからもあなたを見守り続けます」ゴボッ

少女「いや・・・ うそ・・・ いやだ・・・」

おにゅ「辛い思いをさせて・・・ ごめんね」ウッ

少女「いやだ・・・ お願い・・・ 嫌だよ!」グスッ

おにゅ「笑って・・・ 笑顔を見せて・・・ そしたらまた私は・・・・・・」ニコッ

少女「嫌ー!!!」


――――
――


119: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/18(水) 22:10:09 ID:SPwjGhC.

少女「・・・おにゅ」


猫神「とても綺麗な立ち振る舞いでしたよ~」ウッ

少女「猫神様!」ハッ

猫神「頑張って・・・ 少女ちゃん・・・」ゴボッ


村人「・・・勝ったのか?」

村人「やった・・・ やったぞ!!」

村人「これで村が守られたー!!」

120: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/18(水) 22:10:46 ID:SPwjGhC.

少女「うるさい・・・」ボソッ

村人達「?」

少女「うるさい!! 私は今のこの村を守ったんじゃない!!」

村人達「・・・・・・」

少女「私は・・・ 私はおにゅが愛した10年前の村を守ったの! 勘違いしないで!!」グスッ



神使「少女さん・・・」

狐神・神様「・・・・・・」


少女「こんな村、わたし一人なら絶対に守ったりしない・・・」

少女「でも、おにゅが守ったから・・・ おにゅが居てくれれば私は一緒に・・・ もう一度」グッ


村人達「・・・・・・」

121: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/18(水) 22:11:23 ID:SPwjGhC.


少女「神勅! 三度鬼の出でしこの地へ“鬼之神おにゅ”と“おにゅ之神少女”が鎮座し、村の平穏を導く事とする!」

少女「以上! おにゅ之神少女から神勅を申し伝えた!」


狐神「中々様になってるじゃない」

神使「はい。素晴らしい神勅ですね」

神様「・・・・・・」


狐神「ったく、アンタはいつまで気を失ってるのよ」

神様「起きてるよ」

狐神「?」


少女(おにゅ、わたし役目を果たせたかな・・・)

123: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/21(土) 21:42:11 ID:rmse/uQo

●本殿

神様「さてと、んじゃ久しぶりにおにゅとご対面といきましょうか」

狐神「こら、その前に猫神でしょ」

神様「あの悪鬼は永久封印で良いんじゃないか?」

狐神「あんた・・・ 後で猫神に言いつけてやるから」

神使「猫神様にお仕置きしてもらった方が良いかもしれませんね」

神様「!? う、嘘だよ・・・ 嫌だなぁ~」アハハ

狐神「少女ちゃん、猫神の神剣を貸して?」

少女「はい」スッ

神様「どうやって猫神を復活させるの?」

狐神「剣を本殿の祭壇に置いて、って知らないのかよ・・・」

神様「知ってる」

狐神「嘘くさいなぁ・・・」

神様「早くやれよ。 おにゅが待ってる」

124: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/21(土) 21:43:15 ID:rmse/uQo

狐神「分かったわよ」コトッ

シュー

猫神「ハロ~」

神様「なんかあっけないな。 つまんない」

神使「もう少し神秘的な感じを期待していましたが・・・」

猫神「え~ 折角のご対面でそんなこと言わないでよ~」

少女「猫神様・・・ 先程は失礼しました!」ドゲザ

猫神「いやいや、気にしないで~ 私も久しぶりに暴れて楽しかったし~」ツルン

神様「お前、村をあんなに破壊して本当は楽しんでたろ」

猫神「じゃぁ、神ちゃんもやってみる~? 剣で刺されるのって痛いんだよ」ギロッ

神様「!?」ジュワー

神使「神様、一日に何度漏らせば気が済むんですか・・・」

神様「バ、バカ! 一滴だけチビッただけだよ!」

神使「全出しじゃないですか」

125: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/21(土) 21:43:57 ID:rmse/uQo

狐神「はいはい。 それじゃぁ、メインイベントいきましょうかね」

猫神「久しぶりだなぁ~ おにゅちゃんに会うの~」

狐神「少女ちゃん、おにゅの剣を祭壇の上に」

少女「」コクリ

スタスタ

少女「おにゅ・・・」コトッ

ピカピカ

神様「うお~ 猫神の時と全然違う!」

神使「凄い光ですね」

シュー

おにゅ「・・・・・・」バタリ

少女「おにゅ・・・ おにゅ?」

126: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/21(土) 21:44:31 ID:rmse/uQo

神様「おい、アレ大丈夫なのか?」

狐神「長いことコッチと離れていたからね」

猫神「大丈夫。 すぐ覚めるよ~」

おにゅ「う~ん・・・」ムクッ

少女「おにゅ?」

おにゅ「あれ? えぇと・・・」

少女「おにゅ!」ダキッ

おにゅ「うわぁ! あの・・・ どちら様です?」

少女「久しぶりだね・・・ おにゅ」ウルウル

おにゅ「そのツノの飾り・・・ もしかして少女?」

少女「うん・・・ ごめんね、遅くなって」ギュッ

おにゅ「・・・・・・」

127: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/21(土) 21:45:30 ID:rmse/uQo

神様「よっ、久しぶり」

おにゅ「神ちゃん? それと・・・ お猫さんとお狐さんも・・・」

猫神「久しぶり~」

狐神「大丈夫そうね」ホッ

おにゅ「・・・神ちゃん、なんかお股が濡れて―――」

神様「あんま心配させるなよ」

おにゅ「え? あっ、私・・・ そういえば・・・」ハッ

神様「ちょっとゴタゴタがあって神殺しの遂行が遅くなった」

おにゅ「・・・・・・。 どうして」

神様「お前、神殺し発動させるなら少女ちゃんにきちんと話しておけよ」

おにゅ「・・・・・・」

128: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/21(土) 21:46:42 ID:rmse/uQo

狐神「少女ちゃんがあんたを助けてくれたのよ」

おにゅ「少女が?」

少女「私は何もしてない。 神ちゃんさまが」

おにゅ「どうして・・・ 私は消えるつもりで。 それより神ちゃんのお股が凄い事―――」

神様「少女ちゃんがこの10年間どんな思いで過ごしていたのか分かってんのか!」

おにゅ「!?」ビクッ

猫神「神ちゃん・・・」

狐神「おまた」ボソッ

神使「・・・・・・」

神様「少女ちゃんは・・・ 少女ちゃんは!」

少女「私は大丈夫です!」

129: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/21(土) 21:47:28 ID:rmse/uQo

おにゅ「少女・・・ 私、すごく迷惑かけてみたいだね・・・」

少女「悪いことをしたら?」

おにゅ「ごめんなさい」ペコリ

少女「きちんと謝れる子は良い子です」ニコッ

おにゅ「うっ・・・」グスッ

神様「今回の件、きちんと罰は受けてもらうぞ」

おにゅ「・・・はい」

神使「神様・・・」

猫神「今回くらいは良いんじゃないの~?」

神様「ダメだね。 こんだけ迷惑かけて、私たちだけでなく守るべき人にまで迷惑かけたんだから」

狐神「おまた」ボソッ

神様「」イラッ

130: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/21(土) 21:48:12 ID:rmse/uQo

おにゅ「罰・・・ 何でも、何千年でもお受けします」

神様「お前、この地の主神を剥奪な」

少女「!?」

おにゅ「・・・・・・。 はい、承知いたしました」フカブカ

猫神「神ちゃ~ん、それは厳しすぎるよ~」

狐神「そんなにお漏らしの件が気に入らなかったの?」

神様「うるさい、これは最高神判断だ。 口出しするな」

猫神・狐神「・・・・・・」

神様「本日よりこの地の主神は少女。 巫女をおにゅとする」

おにゅ・少女「え!?」

131: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/21(土) 21:48:42 ID:rmse/uQo

神様「明日は主神をおにゅ、巫女は少女」

一同「?」

神様「明後日は主神を少女、巫女を―――」

狐神「ちょ、ちょっとアンタ何言ってんの?」

猫神「なるほど~ それは厳しい罰だねぇ~」

神使「どういう事です?」

猫神「この大きさの神社だと神を二人も配置することが出来ないしね~」

神様「日替わりで主神と巫女を2人で入れ替える。 間違いは即神法違反」

狐神「なるほどね」フッ

おにゅ「それが罰?」キョトン

神様「厳しいだろ? 少女ちゃんは耐えられる?」

少女「はい!」

132: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/21(土) 21:49:15 ID:rmse/uQo

神様「おにゅはどうだ?」

おにゅ「・・・・・・」

神様「無理か?」

おにゅ「いや、その前に少女が神って? あと、神ちゃんのお股が気になって」

神様「少女ちゃんは神籍に入った」

おにゅ「神籍?」

少女「新米だけど///」

おにゅ「えー!?」

少女「神さまのお仕事を色々教えてね、おにゅ」ニコッ

おにゅ「少女・・・」

少女「2人でこの村を守っていこう? ずっと2人で・・・ 協力して」

おにゅ「ありがとう・・・ ありがとう少女」グスッ

133: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/21(土) 21:50:12 ID:rmse/uQo

狐神「アンタにしては良い締め方ね」

猫神「流石神ちゃんだねぇ~ 年期が違うよ」

神様「褒めてないよね、それ」

神使「でも、神様らしいですね」


神様「
こうして、かわゆい神様はその大役を果たしこの地を去った。
おにゅと少女は互いに協力し、村の発展に尽力。
寂れた村は立派な町へ、そして市へ、県庁所在地にまで反映を遂げる。
街の中心には常に助言を与え続けた神ちゃんの功績を称え、立派な神ちゃん像が鎮座。
そして―――



神使「神様? 勝手に変な妄想を垂れ流さないで下さい」

狐神「言っておくけど、今回アンタ大して役に立ってないから。 お股濡らしただけだから」

猫神「どちらかというと~ いちばんの功労者は私じゃないかなぁ~」

神様「うるせーよ! このままの流れじゃヤバいんだよ!」

神使「・・・確かに」

狐神「どういう意味?」

134: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/21(土) 21:51:45 ID:rmse/uQo

長官「こういう意味だ」


神様・神使「!?」ギクッ

長官「おや? 神ちゃん、お股が濡れているようだが」

神様「さっきオロミミンCこぼしたから」

猫神「長官く~ん 久しぶり~」

狐神「態々現地に出張るなんて珍しいわね」

長官「やぁ、久しぶりだね。 おにゅ」

おにゅ「お久しぶりです、長官さん」ペコリ

135: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/21(土) 21:52:22 ID:rmse/uQo

長官「君が神籍に入った少女神だね?」

少女「少女神だなんてそんな・・・ 私なんかまだ・・・///」ゴニョ ゴニョ

長官「後で神籍証を発行するから、これからよろしくね」

少女「・・・はい。 おにゅのように立派な神になれるよう精進いたします」

おにゅ「はぅ・・・///」

長官「期待しているよ」ニコッ

狐神「間違ってもお漏らしするような神にはならないでね?」

猫神「威厳に関わるからね~」

神様「さて、問題も解決したし私たちもお暇しようか」

神使「そ、そうですね神様。 まずは洗濯ですね」

神様「そうね」ハハハ

136: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/21(土) 21:53:07 ID:rmse/uQo

長官「何故、私が来たのかは神ちゃんと神使君なら分かるよね?」

神様・神使「・・・・・・」

長官「分かるよね?」

神様「まぁ・・・ 何となく・・・ いつものような感じでしょうか?」

狐神「あんた達、まーた何か悪さしたんでしょ」ケラケラ

猫神「も~ 神ちゃんは相変わらずだなぁ~」フフフ

長官「猫神君と狐神君にも話がある」

狐神・猫神「?」

長官「狐神君、君は何で今回の件に絡んだのかな?」

狐神「え?」

長官「君は最初の神勅取り消しで派遣を取り消されていると思うんだけど?」ニコッ

狐神「あ・・・ いや・・・ 何というか成り行きで・・・」オロオロ

137: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/21(土) 21:53:47 ID:rmse/uQo

長官「猫神君は、村の破壊が規定の10倍になっているんだけど?」

猫神「・・・・・・」

長官「村が滅茶苦茶なんだけど? 保険金が凄いことになるんだけど?」

猫神「それは~ あの位しないと迫力が~」オロオロ

長官「神ちゃんと神使君は、それら全ての元凶。 つまり首謀者だ」

神様「ちょ、それは間違いだ! 今回私は何の役にも立っていない!」

神使「確かに。 神様は今回オシッコ漏らしていただけのような・・・」

神様「そう! それ!! 皆も証明してくれる」

狐神「まぁ、確かに今回は・・・」

猫神「そうだね~ ほとんど失神してたし~」

長官「と言うことは、首謀者は猫神君と狐神君という事で良いかね?」

猫神・狐神「・・・・・・」

長官「首謀者の分の罰も二人が負担すると?」

神様「すまんね、猫ちゃん。 狐ちゃん」ニタァ

138: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/21(土) 21:54:23 ID:rmse/uQo

狐神・猫神「首謀者は神ちゃんです」

神様「ぇ?」

長官「だそうだ、神ちゃん」

神様「お前らふざけんなよ! 本当に私何もタッチしてないだろ!」

長官「神移しの神勅を出した張本人がそんなこと言っても説得力は無いよ?」

神様「うぐっ!」

長官「神ちゃん! 猫神君! 狐神君! そして神使君! 神宮で説教だ」

神様「ふーんだ! 今回は猫神と狐神が説教担当じゃないし怖くないよーだ」ベー

長官「説教担当は、神宮が誇るダメ巫女A子ちゃんだよ?」

神様「ぇ?」

139: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/21(土) 21:55:00 ID:rmse/uQo

長官「A子ちゃんプレゼンツ、96時間耐久A子の面白い話を聞き続ける会」

神様「ヤダ! ヤダヤダ!!」

狐神「なんか大したことない気がするけど」

神様「お前はA子ちゃんの面白い話が本当に面白いと思っているからそんな事が言えるんだ!」

猫神「? それってつまらないって事~?」

神様「そんな次元じゃない・・・ 私は5分で泡を吹く自信がある!」

神使「それはそれで逆に興味があるのですが・・・」

長官「それは神宮に帰ってのお楽しみだ。 さっ、行こうか」

おにゅ「あの、私は・・・ 私も罰を受ける必要が」

長官「おにゅちゃんも連れて行く予定だったけど、神ちゃんが先に罰を出しちゃったからね」

神様「マジかよ! じゃぁ私たちの罰は牡蠣食べ放題にする! 神ちゃん命令!」

長官「はいはい分かったから、行くぞ。 車を待たしてある」

140: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/21(土) 21:55:36 ID:rmse/uQo

神様「うわ~ん 嫌だよ~ 助けておにゅー! 少女ちゃーん!!」ズルズル

狐神「2人とも頑張ってね」ハハハ

猫神「何かあったら連絡してねぇ~」

神使「お二人のご活躍を願っております。 良い村にして下さい」ニコッ


おにゅ「ありがとう!」ニコッ

少女「皆様、ありがとうございます」フカブカ


おにゅ「あっ! なんか少女ってば落ち着きがあって格好いい」ムスッ

少女「10年の歳月は長かったの。 私、成長したんだから」ボイン

おにゅ「!? 少女が嫌な子に育ってるー」

少女「おにゅってこんなに小さかったっけ~?」ニヤッ

おにゅ「キー! 少女が鬼だ! 鬼畜だ!」ジタバタ

少女「そうよ、私は少女と同じ鬼。 頭にツノだってあるでしょ?」

おにゅ「・・・・・・」

141: ◆8YCWQhLlF2 :2019/12/21(土) 21:56:51 ID:rmse/uQo

少女「おにゅ?」

おにゅ「・・・ありがとう。 それを付けてくれたとき本当に嬉しかった」

少女「当たり前じゃない、これはおにゅと共に歩む私の覚悟・・・ 友情の証なんだから」


おにゅ「少女大好き! 少女に神の加護を!」

少女「おにゅにも神のご加護を」


 神様「その加護、私にも頂戴ー!」ズルズル


少女・おにゅ「ふふっ!」

少女・おにゅ「あはははは!」




神様「神様だ!」 神使「神力ゼロですが・・・」
~ 番外編 2019年冬『おにゅおにゅ神社』~
おわり

142: 以下、名無しが深夜にお送りします :2019/12/22(日) 16:50:44 ID:ZoFTg8Ho
お疲れさま!神ちゃんは仕方ないなぁ…お布施の牡蠣鍋セットを寄贈します!

143: 以下、名無しが深夜にお送りします :2019/12/23(月) 01:47:53 ID:OVmJPVwU
猫神様ってどんだけ厄災なの?w

144: 以下、名無しが深夜にお送りします :2019/12/23(月) 21:26:30 ID:vnSseQk6
おつ
神ちゃん最近お漏らしが酷いな

ショートストーリーの人気記事

女「ハローハロー。誰かいませんか?どうぞ」

妹「マニュアルで恋します!」

同僚女「おーい、おとこ。起きろ、起きろー」

魔法使い「メラしか使えない」

彡(゚)(゚)「お、居酒屋やんけ。入ったろ」

新着記事情報

▼2022/11/30更新 気団・鬼女

妊婦の叫び その十五