2chまとめサイトモバイル
クズの俺が父親になった話
Part6


354 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/:2014/07/15(火) 22:37:52.30 ID:5+fbzMw2O.net
遅くなった。
今からシャワーを浴びたら書きます。

355 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/07/15(火) 22:39:56.29 ID:c0MuULtv0.net
おかえり!
ゆっくり待ってるよー

357 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/07/15(火) 22:42:11.42 ID:u3DjXbVi0.net
おかえりまってるぞー

358 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/07/15(火) 22:50:33.48 ID:AvaTnFhj0.net
おつかれさん
待ってる

359 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/07/15(火) 22:52:05.26 ID:U7MiMMgp0.net
ハルたそ〜

360 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/07/15(火) 22:58:08.06 ID:3hQk8/G30.net
きた!待ってたぜ!

361 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/07/15(火) 23:14:11.01 ID:eVMFLPqS0.net
   ∧_∧
  ミ。・ω・ミ おかえり&お疲れ様!
 〜ミ_uuミ 待ってたよ〜

362 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/:2014/07/15(火) 23:23:31.62 ID:5+fbzMw2O.net
みんなありがとう。
続き
こんな時って眠れないもんなんだな。
体は仕事で疲れてるんだけどさ。
俺さ小学の時はいじめられてたんだよ。
て言っても悪質なやつじゃないんだけどな。
とりあえずクラス全員から嫌われてた。
家が貧乏で母ちゃんがいなかったから。
親父が爺ちゃんぐらいの年ってこともあったんだと思う。

363 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/:2014/07/15(火) 23:24:32.49 ID:5+fbzMw2O.net
それである日、クラスの女子が買ってもらったばかりの手提げカバンがなくなったってなった。
校庭のドブで見つかったんだけど、
クラスの奴等は俺を非難したんだ。
「お前んち貧乏だからだろ?」
「最低ー」
みたいな感じで。

364 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/:2014/07/15(火) 23:25:45.36 ID:5+fbzMw2O.net
誰かが先生にチクって、職員室で説教された。
当然親父も呼び出されたわけだけど。
親父は俺に「お前が本当にやったのか?」
って聞いてきた。
俺「してないよ」
俺の目をしっかり見て、
親父「そんなことうちの息子がやるわけない。
あんたら教師まで疑うのか?
ふざけるな」
っていつも穏やかで温厚な親父が、ムキになって怒りだしたんだ。

365 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/:2014/07/15(火) 23:27:08.85 ID:5+fbzMw2O.net
だからその時、親父が職員室で暴れて警察が来たことは、本当に自分が生きてて申し訳ないって気持ちになった。
子供ながらにな。
帰り道親父が俺の手を引っ張って言ったんだ。
親父「俺!!
父ちゃんはお前のこと信じてるからな。
父ちゃんは絶対にお前がやってないって分かってるんだ。
あんな恥ずかしい姿見せてごめんな」

366 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/:2014/07/15(火) 23:28:47.63 ID:5+fbzMw2O.net
そんな親父を見たの初めてだったよ。
正直驚いた。
でも俺は疑われても仕方なかった。
すぐむかついたら、クラスのやつをぶん殴って泣かしてたし。
クラスで買ってたカメを、勝手に池に逃がしたりしたことがあって、それをクラス全員に責められて暴れたこともあった。
本当に問題児だったんだ。

367 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/:2014/07/15(火) 23:32:09.03 ID:5+fbzMw2O.net
俺「オレ悪いことしてばっかだよ。
みんなに疑われてもしかたないんだ。
何で父ちゃんは俺のこと信じるの?
本当に俺がやってたらどうすんの?」
親父「父親が息子信じなくてどうする!」
いつも強がってた。悪ガキぶって泣いたら負けだと思っていた俺も、さすがに泣いてしまった。
その言葉で十分救われたんだ。
親父は俺の頭をクシャクシャして。

368 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/:2014/07/15(火) 23:33:25.77 ID:5+fbzMw2O.net
親父「泣きたい時は泣けばい。
悔しいだろうけど、悪くないなら悪くないって言い続けろ。悪いことしたらちゃんと謝れ。」
昔の記憶がよみがえる。
俺は眠るハルの髪をクシャクシャしながら、
父親の俺が息子を信じなくてどうすんだって、独り言を呟いた。
朝がきて、俺はハルをおぶって仕事場に向かった。
ハルを置いて仕事に行くのが不安だったからだ。

369 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/:2014/07/15(火) 23:35:19.44 ID:5+fbzMw2O.net
アルバイトが会社に子供を連れてくるなんて、前代未聞なのは分かってる。
社長に事情を説明すると、
現場は駄目だから事務に置いていくならいいと言われた。
理解がある人で本当に助かったよ。

370 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/:2014/07/15(火) 23:36:48.51 ID:5+fbzMw2O.net
事務員さんによろしく言って現場作業に出た。
昼は会社に戻ってハルとコンビニ弁当を食べた。
ハルは嬉しそうに食べてた。
俺もハルのそばにいて安心できた。
お利口にしてたみたいだし。
事務員「この子めちゃくちゃ可愛いね。
将来イケメンだわw」
息子を誉められて悪い気はしないもんだ。
作業が終了すると、社長がみんなでご飯に行こうと誘ってくれたので、その言葉に甘えることにした。

371 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/:2014/07/15(火) 23:39:46.00 ID:5+fbzMw2O.net
社長行き着けの居酒屋に入り「好きなもん食え」と言われた。
ハルは人が多いせいか少しグズっていた。
社長に酒をすすめられたけど、ハルもいるので断った。
帰宅したのは少し遅い時間になった。
ハルは俺の背中でぐっすり眠っている。
ハルを起こさないよう、静かに家に入る。

372 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/07/15(火) 23:40:12.93 ID:abqyMRAO0.net
ゆっくり気長に待ってます

373 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/:2014/07/15(火) 23:40:45.63 ID:5+fbzMw2O.net
リビングに灯りがついていたので、
遅くなりました。とだけ伝え部屋に入った。
ヒロシおじさん「俺くんちょっといいかな?」
戸を少し開けヒロシおじさんが顔を出した。
少し険しい表情に、何かあるなと感じた。

374 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/:2014/07/15(火) 23:42:13.22 ID:5+fbzMw2O.net
リビングのソファーに腰を掛け対面するも少し沈黙が続いた。
何か言い出しにくそうにしていたので、
俺「あの…昨日はすいません。
奥さんの服汚れちゃったみたいで。」
俺から話しをふった。
ヒロシおじさん「いや…いいんだよ。
そんなこと気にしなくても」
相変わらず気まずい雰囲気だ。

375 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/:2014/07/15(火) 23:43:14.83 ID:5+fbzMw2O.net
ヒロシおじさんは仕事用の鞄から、パンフレットのようなものを出してテーブルに置いた。
ヒロシおじさん「これなんだけど…」
俺に見やすいように、そばに近づける。
自立支援相談?
サッと目を通した。

376 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/:2014/07/15(火) 23:45:29.44 ID:5+fbzMw2O.net
俺「すいません。
迷惑かけますがもう少しだけ待って下さい。
すぐ家を探して出ていきますんで。」
思い出したくない過去が脳裏をよぎる。
ヒロシおじさん「いや、そんなつもりで言っているんじゃないよ。
本当に心配なんだ。」
見え見えだ。
早く出ていけ、面倒はごめんだと顔に書いてある。

379 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/:2014/07/15(火) 23:49:43.29 ID:5+fbzMw2O.net
俺「本当に迷惑かけてすいません…」
部屋に戻って先程のパンフレットをもう一度見た。
少し手が震えている。
俺にはトラウマがあった。

380 :名も無き被検体774号+:2014/07/16(水) 00:00:39.93 ID:x97oRdac4
見てるぞ
1もハルも応援してるよ

381 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/:2014/07/15(火) 23:52:36.51 ID:5+fbzMw2O.net
俺がガキの頃、
親父が現場仕事で大怪我をした。
入院した親父と俺に残されたのは借金だけだ。
勿論家賃が払えず今にも追い出されそうな勢い。
毎日借金取りが家に来ていたのは言うまでもない。

382 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/:2014/07/15(火) 23:53:37.18 ID:5+fbzMw2O.net
一人家で留守番状態の俺は、布団を被り嵐(借金取り)が過ぎ去るのをずっと待っていた。
そしてとうとう奴等が来た。
児童相談所の職員だ。
俺はすぐ養護施設に入れられた。
親父が迎えに来るまでの1年間すごく辛かったのを覚えている。
当時6歳だった。

383 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/:2014/07/15(火) 23:59:24.81 ID:5+fbzMw2O.net
あの日ハルを保育園に迎えに行った俺なら、迷わず施設に入れていかもしれない。
育てていく自信なんてなかったからな。
でも今は違うんだ。
父親になるって決意した。
何があってもこいつを守るって決めた。
それはもう揺るがないものになってる。
短い時間だけど、ハルと過ごして沢山何かをもらった。
何かを感じた。
今ハルは、俺にとって掛け替えのない宝物なんだ。
どんなことがあっても手放さない。
どんなことがあっても。。。
俺はパンフレットを丸めてゴミ箱に捨てた。

384 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/:2014/07/16(水) 00:00:24.45 ID:7uhA5R94O.net
次の日、
同じようにハルを連れて仕事に出た。
お金は少しはできたけど十分とは言えない。
とりあえず働かなきゃな。
作業中何度も携帯が鳴った。
気になったので不在着信を確認。
カズエおばさんからだ。
俺はすぐに電話をかけ直した。

385 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/:2014/07/16(水) 00:03:33.88 ID:7uhA5R94O.net
俺「もしもしおばさん。
どうした?」
「あの…
私サキです」
電話に出たのはヒロシおじさんの娘のサキだ。
俺「どうしたんすか?」
サキとは家で顔合わすだけで話したことはなかった。
サキ「おばあちゃん昨日入院したんですけど…」
昨日は遅く帰ったし、ヒロシおじさんから何も言われてないので知らなかった。
サキ「おばあちゃんが俺さんに会いたいって。
今から病院にこれますか?」

386 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/:2014/07/16(水) 00:04:37.09 ID:7uhA5R94O.net
電話を切ると、社長に理由を話し少しの時間抜けさせてもらうように頼んだ。
俺はハルを連れ病院に向かった。
病室に入ると、カズエおばさんと横にはサキが座っている。
俺が会釈すると、
サキ「ハルちゃん。
私が見てます。」
と言ってハルの手を引き病室を出ていった。

387 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/:2014/07/16(水) 00:06:00.97 ID:7uhA5R94O.net
俺「おばさん大丈夫?」
カズエおばさん「大丈夫よw
ただどうも胸が苦しくてねw」
カズエおばさんは思っていたより元気そうだった。
カズエおばさん「わざわざ呼び出してごめんねw
当分家には帰れそうにないんだ。」
俺「うん」

388 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/07/16(水) 00:06:36.80 ID:J3diCumJ0.net
切ない

390 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/:2014/07/16(水) 00:07:07.24 ID:7uhA5R94O.net
カズエおばさん「サキちゃんいい子でしょ?
昔からおばあちゃん子でねw
お見舞いにきてくれるのはあの子だけよ。」
今日電話で話したのが初めてなんだが、想像してたのとは違ったのは確かだ。
世間話を簡単に済ます。

391 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/:2014/07/16(水) 00:08:19.71 ID:7uhA5R94O.net
カズエおばさん「ごめんなさいね。
私のせいでハルちゃんに辛い想いさせて。
俺ちゃんにも心配させた。
どうしても謝りたかったの。」
カズエおばさんは涙を流しながら俺に謝ってきた。
俺に謝ることなんて何一つないのにだ。
とてつもない迷惑かけてる、本当は俺の方が謝らないといけない。

392 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/:2014/07/16(水) 00:10:24.24 ID:7uhA5R94O.net
俺「おばさん。
俺のことは心配しなくていいから。
早く元気になってよ。」
おばさんがありがとうと言いながら枕元から封筒を出した。
カズエおばさん「これ使って。
これで家を借りてハルちゃんと二人で暮らしなさい。
今の状態では何もしてあげられないからね。」
そう言って現金の入った封筒を俺に渡した。
中味は確認してないけど、かなりの金額だった。
俺「おばさんありがとう。
でも俺大丈夫だからw
もう家も見つけたよ。
おばさんのおかげでハルとやっていけそうだ。
だからこれはいらないよ。」
俺はその封筒をおばさんに返した。

393 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/07/16(水) 00:15:06.99 ID:J3diCumJ0.net
強がるなよぉ‥

394 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/07/16(水) 00:15:17.28 ID:L3qKMRuP0.net
すでにスマホが滲んで見える

396 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/:2014/07/16(水) 00:16:52.52 ID:7uhA5R94O.net
嘘をついたけどこれで良かったんだ。
本当に助けてもらってばかりだ。
気持ちだけで十分。胸がいっぱいになった。
これ以上何かしてもらうなんて罰が当たると思った。
病室を出てサキからハルを預かった。
俺「迷惑かけたっすね」
サキ「ハルちゃん本当に可愛いw
弟にしたいw」
俺「ありがとう」

397 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/:2014/07/16(水) 00:17:56.91 ID:7uhA5R94O.net
そう言って帰ろうとすると、
サキ「あの、すいません。
母がごめんなさい」
と言ってきた。
サキ「ハルちゃん悪戯なんてしてませんから。
私知ってるんです。教科書も服も母が自分でやったんです。
本当にごめんなさい。」
教科書は部屋に置いていて、ハルが手に届くはずがない。
服もヨシノおばさんのお気に入りだったらしい。そんなものをハルが悪戯できるような場所に置いているはずがにいと言うことだった。

398 :クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/:2014/07/16(水) 00:19:35.85 ID:7uhA5R94O.net
俺「はい。
こっちも。
受験で大変な時期に迷惑かけて。」
そう言って病院を出た。
何故ヨシノおばさんがそんなことするのか理解に苦しんだ。
まあ俺とハルが邪魔で仕方なかったんだろう。
俺の腹は今にも煮えくり返りそうだった。
俺はその脚でカズエおばさんの家に向かった。
黙って家に入り荷物をまとめた。

TOP お問い合わせ