2chまとめサイトモバイル

同僚女「うちから、ウォリアー取っちゃダメだよ」

前回の記事 同僚女「やっぱり二人っきりになっちゃったね」
Part1
同僚女「お前ら喜べ!」
https://takeshima.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1240261946/
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 06:12:26.94 ID:6A2kSMl0O
続きが来てるぞ!


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 09:55:46.03 ID:lUbUVC+k0
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1224960080/

――5/5、火曜 20:30 神楽坂作業室
――メッセンジャー

男>>状況はどうですか

B>>最悪の一個上でござるね

男>>ふむ

B>>残った一人の女の方から事情は聞いたでござるが、
 仕事は教えないで、ただノルマだけ重くして縛ってた
 みたいでござるね。M野のハーレム計画が無くても、
 作業量でつぶされてたと思うでござる。

男>>神楽坂の半分だよね?

B>>半分でも致死量でござろ
男>>そっか

B>>どこまで手を貸すべきか悩むでござる
男>>それはちょっと様子見をしながら、だね


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 09:59:36.81 ID:lUbUVC+k0
男>>で、どの辺が「マシ」なの?
B>>M野が出社してないでござる

男>>へぇ
B>>さすがに釈明がつらいのか、体調不良だそうでござるよ
男>>ほうほう

B>>太平楽でござるね
男>>……1人残ってるんだよね?
B>>ええ、まぁ、そうでござるね。ちょっと話を聞いてみた
 でござるけど、他の派遣先を待って待機するのもつらい
 という状況だということらしいでござる。

男>>……。
B>>このへんも、派遣の弱みでござろうね。
男>>うん

B>>拙者はしばらくこっちにいることになりそうでござるね
男>>ありがたい
B>>M野がいなければ、十分耐えられるでござるよ

男>>手を抜きながらやって
B>>了解でござる


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:03:43.35 ID:lUbUVC+k0
――5/6、水曜 6:00 神楽坂作業室

かちゃ

新人女「おはよーございます……」そぅっ
男「おはようございます」

新人女「やっぱりやってますね」

男 カタカタカタカタカタカタ

男「たまたま」

新人女「えっと、プリン買ってきましたよ。
 朝ご飯食べましたか? プリン食べませんか?」

男 カタカタカタカタカタカタ

新人女「……前におごってもらったので」
男「そういえばそだね。……いただきます」

ぱきゅ

新人女「いただきます」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:07:45.62 ID:lUbUVC+k0
新人女「えーっと、緊張しますねっ」
男「そう?」

新人女「はぁ。職場で2ショットプリンは」
男「異性慣れしてるかと思った」

新人女「いろいろ向こうから話しかけてきてくれてたので」
男「うわ。さすがリア充」
新人女「ニコニコしてるだけで、なんか間が持ってたんですよ」
男「さすがに言うこと違うな。後光が差して見えるよ」


新人女「男さんは、どうですか?」
男「へ? もぐ」

新人女「彼女さんとか?」
男「こんな生活でいる訳無いじゃないですか」

新人女「そうですか? じゃ奥さんとか」
男「どう思われてるんだ、俺」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:10:31.30 ID:lUbUVC+k0
新人女「落ち着いているので」
男「落ち着いてません」

新人女「場慣れれしているというか」
男「慣れたくて慣れた訳じゃないです」

新人女「えへへ」

男「……会話のリズムに合わせてきましたね」

新人女「もうじき二ヶ月になりますし」
男「慣れてきましたか」

新人女「はい。仕事も、思ったように出来ると、
 気分がよいですね」

男「ん。……思ったようにするのが、難しいんだけどね」
新人女「……」

男「しがらみとか、面倒くさいねー」
新人女「……」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:13:08.99 ID:lUbUVC+k0
新人女「あの」
男「ん?」

新人女「わたしは恩に着ていますので」
男「へ?」

新人女「助けてもらったと思ってますから」
男「大げさだなー」

新人女「勝手に恩に着てますので」
男「……うん」

新人女「……」おろおろ
男「……もぐ」

新人女「……」そわそわ
男「挙動不審だよ」にこっ

新人女「慣れないことをするものじゃないですねっ」
男「あんがとね」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:14:35.61 ID:lUbUVC+k0
――5/8、水曜 13:00 神楽坂作業室

新人女「とうとう憧れの休日出勤デビューですねっ」
女「やったね! これでウォリアーロードを一歩進んだ!」
C男「上るべき男坂」

男「ダメ人間の台詞だ」

新人女「本日は何をしましょうか? 手持ちの分の
 報告書は、昨日全部書きましたよ」
女「どうしよっかね、男ー」

男「んーっと。じゃ、保険屋いってみよか」
新人女「はいっ」

男「C男がやってるマクロをもらって、やり方教えてもらって」
C男「もうちょいで終わる。一人の方が早いけど?」

男「教えてあげて。何でも出来ないとね」
新人女「はい」
C男「了解」

女「うちは?」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:15:40.07 ID:lUbUVC+k0
男「女先輩はー」
女「うんうん」

男「俺とタイプ競争かなー」
女「やるかっ? がちんこかっ!?」

新人女「女さんは、勝負好きですね」ボソボソ
C男「階級別とか性別別という概念を捨ててる」ボソボソ

男「んじゃ、共有の処理待ち案件で、クライアントに
 問い合わせ表を書く勝負ね」
女「やる! 男をいわす!」

男:カタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタ

男「やるな、先輩。界王拳かっ!」
女「ちがうもんね!」

男:カタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタガガガガ!

男「!?」 女「早いっ!!」

女「これがうちの卍解だぁ!」
C男「それは本気で捨てよう」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:16:38.32 ID:lUbUVC+k0
――5/8、水曜 19:00 神楽坂作業室

男「おーし、みんなー」
新人女「はーい」 女「ほい」 C男「ん」

男「進捗報告ー」
新人女「5つめですー」
女「うちと男で19勝、12敗」
C男「あと2時間で区切る」

男「おけー。……ん~。体力残量はどう?」

新人女「まだいけます」
女「うちに聞くべき言葉じゃないぜボーイ」
C男「退路は捨てた」

男「……ふむ。では、夜ご飯。なんかとろう」

女「おお! でた! マネジ48の殺人技の1つ『おごりピザ』!」

新人女「おごり決定なんですか?」
C男 こくこく

女「男が自分で『とろう』なんて言い出すときは、
 おごるつもりがある時だ」
男「くっ。どこまで手の内裸だよ、俺」

新人女「そうなんですか! いいなぁ」
C男「サイトだす。サイトで注文しよう」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:17:36.73 ID:lUbUVC+k0
男「んー。L2枚とサイドメニューで良いかな」
女「うち、チキン」
C男「ワンパターン」

女「チキンを愚弄するな」べちっ
C男「ぐっ。暴力教官」

女「新人女ちゃんなんにする?」
新人女「え」
女「?」

新人女「いえ」おろおろ
男「?」

女「何がいい? BBQガーリックチキン? ラザニアーノ?」
新人女「てへへ。ラザニアーノ美味しそうですね」

C男「ぅー」

女「ほら、C男はどくの。新人女ちゃんにくっつかない」
新人女「え? あ、いえいえいえ。
 ここはC男さんの席じゃないですか」

女「いいのいいの。選ぼう! うっれしいなぁ、ピザピザ!」

男「だからピザる」

女「なんか言うた?」ギロン


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:18:37.07 ID:lUbUVC+k0
女「おーし! 頼んだった! あと45分でくる!」
C男「頼んだのは俺なのに」

男「メシのあとはちょい休憩するか、
 仕上げて解散かその時点で判断するので、
 ピザくるまで45分はスパートかけて。
 タイムアタックのつもりで仕事ねー!」

新人女「はーい」
女「うちはいつでもタイムアタック!」

男「女先輩はなぁ~」
女「なにさっ」

男:カタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタ

C男「ウォリアだってこと」
男「そうそう」

C男:カタカタカタカタカタ
新人女:カタカタカ

女「ご飯がいままさにこっち向かってるかと思うと!
 気合いが乗るのだっ、タッチタイプにっ」
C男「ウォリアじゃなくて食欲魔神だったのかな?」

男「それもまたよし」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:19:37.11 ID:lUbUVC+k0
――5/8、水曜 20:00 神楽坂作業室

女「来たぞー! ほら、場所空けて!」

C男「間に合わなかった。もうちょいで終わったのに」
新人女「でも、もう一息です」

女「仕事はどうでも良いから、ピザ食べよう!」
C男「どの口で言う」

男「ピザって、時たま無性に食いたくなるよな」
新人女「気持ちはわかります」

女「いー匂い!」
C男「遠慮を捨てよう」

女「おお、C男! 良いことを言った!」
男「そうか?」

C男「かぶりつこう。野生の獣のように」

女「おお、食おう、食おう、無料飯だし」
男「いや、ちょと待とうぜ? いまさ……」

女「待ったなし! いっただきまーっす!」
C男「頂きます」 新人女「あの、いただきますねっ」

がちゃり

B男「おぬしら、それは冷たいでござる!」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:20:36.24 ID:lUbUVC+k0
男「お、やっときた」
新人女「あ、お帰りなさいです!」

女「おひゃふりー。なんれいふのぐもぐ?」
C男「忍者を捨てて取り分を増やそう」

B男「ピザとったから、食べに来ないかって男氏に
 誘われたんでござるよ。池袋から駆けつけたでござる」

新人女「あ、これコーラですけど」

B男「ありがとうでござる。やっぱりピザは炭酸飲料で
 ござるよね~」

C男「やっぱりニセ忍者だ」

女「……池袋どう?」がっふがっふ
男「女先輩、チキンスティックの箱を標準装備しなくても」

男「どう? B男」
B男「ダメでござるね。決まりかと」
男「そか……」

新人女「?」
男「しゃぁない」



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:21:41.55 ID:lUbUVC+k0
女「どしたの? もぐもぐ」

男「んー。池袋は絶望的だって話だ」

C男「――」
新人女「えっと」おろおろ
女「そか……」

B男「説明するでござるよ、拙者」
男「あ、俺がする」

C男「……」

男「M野が復帰してな。んでま、部長会議に直訴したんだわ。
 神楽坂班が仕事さぼって池袋をつぶしたって」

女「は?」 C男「捨てる」

男「仕事配分がおかしいと」

新人女「なんで」

女「おかしいよ。そりゃおかしいって、うちら池袋の2倍仕事
 やってるんだよ! 最初からおかしいじゃん」

B男「頭がおかしいという意味ならおかしいでござる」

男「まぁまぁ。んで説明の続きを行く」



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:22:36.65 ID:lUbUVC+k0
男「……と思ったけど、実はないな。会議は紛糾、以上」
女「は?」

男「つまり、紛糾してて結論が出ない。
 池袋班は実質機能停止。――させる気はないけど。
 とにかく、目の前の仕事が増える」

C男「捨てよう」
B男「今回ばかりはC男に賛成でござる」

男「……」

新人女「やっぱり……私も、おかしいと思います」

女「おかしいね。そりゃ、仕事はすべきだよ。
 うちも割り振られた保険屋の仕事はすべきだと思う。
 それだって2倍の量があるんだよ?
 でもさ、M野の後始末する義理はないよ」

男「……そか」

新人女「……」
女「……」
C男「捨てる以外にない」
B男「……」

男「ん。ほいじゃ、うちはうちの仕事を続行で、
 ただ、悪いけれどB男は戻せない」

女「池袋は開店休業でしょ? 戻しても良いんじゃない?」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:23:36.55 ID:lUbUVC+k0
男「そうも行かない。連絡つかない現場1つ作るのは
 さすがにまずい。爆弾がどんどんふくらむのを
 監視なしで放置するのは自殺行為だ」

C男「それは連中の作った爆弾だ」

男「誰が作ったかは関係なく、自分たちが巻き込まれる
 危険があるか無いかの方が重要だと考える」

新人女「……はぅ」おろおろ

女「……くっ」
B男「けたくそは、わるいでござる。ござるけど」

男「あっちは何も知らない素人一人残ってる」

B男「見捨てて放置するのは、寝覚めが悪いでござるよ。
 拙者、残ると思ってござった」

男「野良だから、最後は見捨てるように」

C男「それが捨てすぎだって」いらっ
新人女「……でも」

女「C男も、新人女ちゃんも。……しゃぁないよ。
 いけるところまではそのフォーメーションでつっぱろ」



34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:26:36.53 ID:lUbUVC+k0
――5/13、月曜 15:00 神楽坂作業室

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ

男「――」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ

新人女「……えっと、と」
女「おとこー?」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ

男「――はい」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ

女「新人女ちゃんが、声かけたそうにしてるぞー」
新人女「あの、すいません」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ

男「了解」

男:カタッ

男「なにかな?」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:27:36.47 ID:lUbUVC+k0
新人女「b系列の処理なんですけれど、指示のところまで
 終わりまして……」
男「んじゃ、次はcだね」

新人女「cも手をつけてみました。でも、判らないところが
 あって、それで……」

男「あー。ごめんなさい。……まだ説明してないんだから
 判らなくって当たり前だよね。それは、c用のマクロと
 書式使うんだけど」

新人女「あ。はい。それは共有アーカイブからもらいました」

男「共有アーカイブ、覚えた?」

新人女「いろいろありました」
男「暇なとき……なんて無いけど、見ておくと良いよ」

新人女「がんばります……あの」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ

男「――?」

新人女「c系列、がんばります」

男「よろしくね」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:28:36.40 ID:lUbUVC+k0
――5/13、月曜 23:00 神楽坂作業室

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ

男「――ん」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ

男「――」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ

男「――んんぅー」ごきっ、ごきっ

男「ん、こうかなっ」

男:タタン

女「肩、重そうだね」
男「まぁねぇーって、わぁっ!?」

女「なんやねー!?」
男「いや、近くにいたからびっくりした」



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:29:36.75 ID:lUbUVC+k0
女「いや、いやいや。びっくりされても」

男「あれ? えっと。もう23時じゃん! 女先輩、
 帰んなきゃ!」

女「ん。あー」

女:カタカタカタカタカタカタカタカタ

女「もうちょい、切りの良いとこまで」
男「だって、もうさ」

女:カタカタカタカタカタカタカタカタ

女「まぁまぁ」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタカタカタ

男「――」
女「男さー」
男「はい」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタカタカタ

女「返事せんでも、ええよー」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:30:36.07 ID:lUbUVC+k0
女「男さ、結局、池袋の仕事、一人でかぶってるでしょ」
男「――」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタカタカタ

女「みんなの前では、判りました。なんて頷いておいて
 ホントは全然判ってない意地っ張りでしょ」

男「それは……」
女「だから、返事しないでええって」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタカタカタ

男「――」
女「男、土日も出てたしょ?」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタカタカタ

女「神楽坂の仕事だって、そりゃ相当に厳しいけどさ。
 男の担当分はオンタイム進行でしょ。
 C男とか新人女ちゃんは気づいてないみたいだけどさ
 神楽坂の仕事だけで、男はそんなにぼろぼろになんないよね」



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:31:36.53 ID:lUbUVC+k0
男「――」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタカタカタ

女「うちはいまでも池袋の仕事まで面倒見るの、
 反対だからね。そういうんとは違うんだけどさ」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタカタカタ

女「必要なんだ?」
男「……うん」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタカタカタ

女「んじゃ、うちが男の神楽坂の分は、持つ」
男「それは、無理でしょ。スケジュール的に」
女「いける」
男「無理っ」 どんっ

女:カタカタカタカタカタカタカタカタ

女「うち、ウォリアーやし」

男「もういい加減長いつきあいでしょ。先輩がウォリアーでも
 無理なものは無理っ。キャパシティってもんがあるっ」



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:32:36.56 ID:lUbUVC+k0
女「じゃ、男は神楽坂と池袋と両方抱えていけんの?
 そのキャパシティとやらはさ」
男「……」

女「あんまり周り舐めるのもいい加減にしといたがいいよ?
 まだ3ヶ月の新人女ちゃんでも男の気配が
 変なのにくらい気がついてるって。
 声かけるの躊躇わせるほど黒オーラだしてさ」
男「そか……」

女:カタカタカタカタカタカタカタカタ

女「そだよ」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタカタカタ

男「……」
女「だから、うちが男の神楽坂の分は、持つ」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタカタカタ

男「それはキャパ的に無茶があるって」
女「返事しなくて良いし。むしろ、返事を許した覚えはないし」

男「なんですか、それって」



41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:33:36.67 ID:lUbUVC+k0
女「問答無用ってこと」
男「言葉の使い方間違えてるよ」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタカタカタ

女「これで、いいのっ! うへへ」
男「笑い事じゃなくて」
女「おとこ。うちの云うこと聞くのいや?」
男「いや、嫌とか嫌じゃないとかでなく」

つかつかつか

女「いうこと、聞きなさい」
男「女先輩、論理が曲がって」

女「き・き・な・さ・い」
男「……」

女「一人で行かないでうちにも一緒に走らせなさい」
男「……」

女「ぐーでぶつよ?」

男「もう……。俺、一生女先輩に勝てないのかよ」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 10:34:36.59 ID:lUbUVC+k0
女「偉いぞっ」にこっ
男「偉くない」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタカタカタ

女「?」
男「ちっとも偉くない」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタカタカタ

女「んー? そうかなぁ」
男「あきれ果てる」
女「ま、仕方ないよ」
男「え?」

女「ブラックだしね」
男「そっか」
女「ブラックだもん。そういうことも、あるよ」

男「ブラックだから、か」



51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 11:33:27.06 ID:ZyrkDBLnP
――5/14、火曜 16:00 神楽坂作業室

男:カタカタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタカタカタカタ

新人女「今日は男さんも女さんもすごいですね」
女「そう?」
男「そんなことないっしょ」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタカタカタカタ

新人女「すごい勢いですよ」
C男「遅さを捨ててる」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタカタカタカタ

男「――」
女「おとこ、張り詰めてる」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタカタカタカタ

新人女「?」
男「はいはい。先輩。判ってますよーって」タタン!


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 11:37:19.66 ID:ZyrkDBLnP

C男「……」
女「うちが見張ってるから、平気」
男「――この程度じゃ、つぶれない」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタカタカタカタ

C男「――俺もそこに行く」
新人女「……」

C男:カタカタカタカタカタ
新人女:カタカタカ

男「――」
女「おお♪ 良いリズム! みんな早くなってきたなぁ」
C男「まだだ」
新人女「わたしは一杯一杯です……」

C男:カタカタカタカタカタ
新人女:カタカタカタ

男「無理はしないで」
女「……む」

男「でも、がんばって」

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 11:41:01.97 ID:ZyrkDBLnP
新人女「はいっ」
女「うう。うちも頑張るぞぅ!」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカタカタカタカタ

C男「セット6消去、セット7消去」
男「お。C男やるなぁ」
C男「捨てる。進捗表を捨てる。終わった順から捨てまくる」

女「ウォリアーくさい顔するようになったじゃん」

C男「……」ニカッ
女「いや、あんた笑わないでいいや」

C男:カタカタカタカタカタ
新人女:カタカタカタ

男「風俗貯金ってすごいな。見習うべきかな」
新人女「はい?」

男「いやいやいやいや。何も言ってませんよ?」
新人女「?」

男「何でもありませんよ。ほんと」


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 11:46:00.60 ID:ZyrkDBLnP
――ってなわけで、タイトルコール。
【同僚女「うちから、ウォリアー取っちゃダメだよ」】

//同僚女「おーい、おとこ。起きろ、起きろー」
//同僚女「やっぱり二人っきりになっちゃったね」
http://nanabatu.web.fc2.com/new_genre/douryou_okiro_okiro.html
【あらすじ】
 ブラック系IT企業でデータ変換業務を行なう男は
神楽坂班のプロジェクトマネージャー。
歴戦のウォリアー女先輩(指先から唐揚げを出したい)
陽気な同僚のB男(さすらいの忍者マスター。灰は消失に通じる)
口数少ないC男(捨てることに対する美学をもった職人)
そして新規加入した新人女をくわえた5人パーティー。
 なんだかんだでうだうだ底辺仕事をやってた五人だが
池袋で働いていた同僚パーティーが壊滅したことから
仕事量が急増。不穏な空気が流れ始める。
 萌え成分皆無。現代日本における残酷童話。
 あけてもあけてもまた徹夜なブラック物語。

 モリタポもらって(>_<)蘇生!


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 11:52:08.24 ID:ZyrkDBLnP
――5/17、金曜 20:00 神楽坂作業室

男「――二週間か」
女「うぉぉぉ! か・ら・あ・げ~!」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカ

女「――っ」
男「……」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカ

男「女先輩」
女「からあげ~」

男:カタカタカタカタカタカタカタカタ
女:カタカタカタカタカタカ

男「女先輩っ!」
女「む。おとこ、どうした? メシの時間?」
男「メシはさっき食ったでしょ」
女「じゃ、からあげ?」


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 11:58:58.70 ID:ZyrkDBLnP
男「違います。今日は切り上げて帰りますよ。帰ってください」
女「やだ」

女:カタカタカタカ

男「先輩も、ぼろぼろでしょ」
女「男にゆわれたくないし。男見張らないと暴走するし」

女:カタカタカタカ

男「俺も帰りますから。ってか、今日は全員解散! 明日は休み。
 全員オフで休養日っ。みんな撤収準備で」

C男「……ふっ。勤務を捨てる」ふらっ
新人女「あ、は、はい」ふらぁっ

女「……むぅ」
男「ふくれてもダメですよ。ほら、先輩、帰る支度」

女「はいはい、わかりましたよーっだ。マネジのケチ」
男「ケチで云ってる訳じゃないです」

男「10分くらいで撤収するよー」
新人女「はい、はーい」もたもた

男(新人女さんも、体力限界だよな……)


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 12:06:53.79 ID:ZyrkDBLnP
――女性トイレ

女「……顔、洗わんと」

女「わぁ、うち。かなり死んでる。死んだ魚の目。
 アーカムもびっくり! ……あはは」

女「……あはは」

ばしゃばしゃ

女「はぁ……。ん。呼吸整えて、髪の毛整えて」

かちゃん

新人女「あ」
女「お?」

新人女「あの、そろそろ退出するって、男さんが」
女「おけおけー。ちょいまってね~」

新人女「あの、女さん?」
女「ほい?」


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 12:19:04.85 ID:ZyrkDBLnP
新人女「大丈夫ですか? お顔、真っ青ですよ」
女「美白?」

新人女「そうじゃなくて」
女「室内系おとなし清純娘路線?」

新人女「じゃなくってっ」
女「えへへ」

新人女「……」
女「だいじょうぶ、だいじょうぶ。新人女ちゃんは
 ちょっとびっくりしてるだけ。うちウォリアーだから
 こんなの日常茶飯事。ブレックファーストの前に
 ベビーのハンドをサブミッション」

新人女「でも」
女「唐揚げ食べれば治るよ」

新人女「女さん、私の倍もタイムカード埋まってますよ」
女「大げさな~」

新人女「やっぱり、私、男さんに言って何とかしてもらいます」
女「新人女ちゃん」


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/21(火) 12:27:28.89 ID:ZyrkDBLnP
新人女「――っ」
女「うちから、ウォリアー取っちゃダメだよ」

新人女「……え?」
女「他の何をとっても良いけど、ウォリアーはだめ」

新人女「え? え?」
女「なんちて。えへへ」

新人女「……」

女「そんな顔しないで、だいじょぶだって!
 最近新人女ちゃんも早くなってきたな、ありがたいなーって。
 男とも話してるんだからさ。確かに鬼忙しいけど
 みんなでがんばれば、ぎりぎりしのげるって」

新人女「はい……」
女「いろいろ負けないよ! うちはっ」

新人女「あの」
女「?」

新人女「私もがんばりますので」
女「おうっ♪」