2chまとめサイトモバイル

同僚女「おーい、おとこ。起きろ、起きろー」

Part7
同僚女「おーい、おとこ。起きろ、起きろー」
https://takeshima.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1239097970/
783:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 21:07:42.61 ID:vIdZBssS0
――修羅場6日目、日曜 8:00 神楽坂作業室

男「……すぅ。……んぅ……」
女「――」

男「……くふぅ~。んぅ」

女「――」ちょん

男「……すぅ」

女「――」にこっ

男「すうぅ……。ん……。んぅ……」
女「――」

男「むぅ……」ぼー
女「起きた?」

男「……んぅ」ぼー
女「偉いぞ」ぽむっ「顔洗ってくる」

かちゃん……とてて

男「……」ぼー

789:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 21:12:43.87 ID:vIdZBssS0
男「……んー」

男「寝れちゃったの、か……」

男「絶対無理だと思ってたんだけどな……。そか」

男「良かったような、悪かったような。すげー微妙な
 気持ちになるのが割り切れないというか」

男「起きよ」むくっ

男「お。なんか身体、軽い。かも
 ――よっぽど熟睡できたのかな。うわーかっこわるっ
 人前で寝たりして。気まずい~」

 偉いぞ ぽむっ

男「じゃないでそ」つっこみ

男「エアつっこみっ。キモっ!!」

男「ファイル消去、と」

792:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 21:17:56.93 ID:vIdZBssS0
男「おはようございます」
女「おひゃよーぐもぐ、もぐ」

男「えーっと」
女「さっきコンビニいってきたん。男の分もあるよ?
 パンだけど」

男「ええ、ありがとうございます」
女「いえいえ。今日も頑張ろう~。んぐ、もぎゅ」

 ジャージ+ひっつめ+眼鏡
 食パン+唐揚げ+マヨ

男「……これ相手に安心して寝顔さらしたのか」
女「?」

男「鬱だ」
女「もぐ?」

男「……なんか納得いかねぇぇ」

女「おお! 戦闘力が上がった!
 男くん、燃えてるね!」


795:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 21:22:25.88 ID:vIdZBssS0
――修羅場6日目、日曜 9:00 神楽坂作業室

女「日曜は良いねー。電話も鳴らない。緊急メールも来ない」
男「はかどりますねー」

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

女「毎日こうなら良いのにね」
男「変な突っ込みもなく、無茶注文もなく」

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

女「太陽はさんさんと」
男「風はそよそよと」

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

799:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 21:25:34.80 ID:vIdZBssS0
女「街には家族ずれと恋人達が」
男「手を握りあって映画に行ったりショッピングをしたり」

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

女「たまの休日をゆったりと過ごす」
男「シチューなんかつくっちゃって」

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

女「素晴らしい日曜日」
男「おめでとう祝日」

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

女「呪われてしまえ」
男「まったくです」

802:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 21:29:34.53 ID:vIdZBssS0
女「んー。男~。うちがフィルタ書く? 巣鴨形式の」
男「どうしますかね。見ました?」

女「斜め見してる」
男「どうです」

女「これ、データが相対っぽい作りなの?」
男「ですね」
女「んで、更新を何回やっても、全部履歴残すと。
 更新のデータも全部そのまま移植?」
男「そうです」

女「ものすごくやっかいな作りじゃない?」
男「同意」
女「バグ出ても発見に時間かかりそう」
男「その通り」

女「量にもよるけれど、少なければ人海戦術の方が
 確実で早いかなぁ」
男「んー」




805:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 21:33:44.96 ID:vIdZBssS0
男「そいつはとりあえず放置で。俺がなんか書きますよ」
女「そうする?」
男「お任せあれ」
女「頼んだー」

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

女「代わりにうちからの贈り物ー!」
男「唐揚げですか?」

女「そうそう。こう、指先から無限に唐揚げがね。
 ぽぽぽぽぽ、って出てくるかーっ!」

男「じゃ、なに?」
女「池袋のチームの、報告書とか進捗書類~」
男「あれ? 無かったって言ってなかったっけ?
 本部からはそう聞いてるんだけど」

女「HDDの奥の方に、ころがってた」
男「あー」
女「バックアップじゃないかな」


811:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 21:37:30.22 ID:vIdZBssS0
男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

男「……」
女「~♪」

男 カタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

男「…――」
女「~♪」

女 カタカタカタカタカタカタ

男「――」
女「……男?」
男「はい?」

女「おっかないオーラ出てるよ?」
男「昨日も言ってましたね」

女「まぁね。新人女ちゃんが、マネジは張り詰めた顔してて
 怖いときがあるってゆってた。笑い飛ばしておいたけど
 確かに、怖いオーラ出すようになったねー」

男「自覚ないんだけどな」

814:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 21:41:41.04 ID:vIdZBssS0
女「やっかいなファイルだったね」
男「見たんですよね?」

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

女「うん」
男「やっぱ池袋チームの方が、酷い状況だったんだ」
女「うちらより人数多かったのにね」

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

男「あそこはマネージャー、半年で四回も変わりましたしね」
女「端から見てても時間の問題って言う部分も、
 なきにしもあらずかなー」
男「営業部と、かなりもめてたみたいですね」
女「……うん」

男 カタカタカタカタカタカタ
女 カタカタカタカタカタカタ

男「ものすごい嫌がらせ受けてる」
女「同じ会社なのにね」
男「社員と派遣じゃ、違うんでしょ」
女「……」

815:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 21:47:40.64 ID:vIdZBssS0
――修羅場6日目、日曜 16:00 神楽坂作業室

男 カタカタカタカタ
女 カタカタカタカタ

男「むーん」ぼきぼき
女「うわ、背中なってるよ」
男「鳴りもします」
女「うちもー」ぱきゅ

男「ぷくース。変な音」
女「むー、見てろー」
男「?」

女「いっせーのっ――」

 ベギュッ

男「お、おい、すげぇ音しましたよ先輩?」
女「あ゛」

男「あ?」

女「あ゛あ゛あ゛あ゛っ」
男「だ、大丈夫?」
女「痛い~」

819:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 21:51:10.42 ID:vIdZBssS0
――修羅場6日目、日曜 17:00 神楽坂作業室

女「酷い目にあいましたよ」
男「自業自得だ」
女「むぅ」

男 カタカタカタカタ
女 カタカタカタカタ

女「そっちは今、何作業ー?」
男「指示書。作業指示とか」
女「うち? ってか池袋?」
男「それもあるし、新人女さんの分も」

男 カタカタカタカタ
女 カタカタカタカタ

女「なんでまた。口頭でいいじゃない?」
男「いや、文面指示書も慣れておかんとねー」
女「そうかな。二度手間な気もする」

男「まぁまぁ、無駄じゃないって」

822:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 21:55:06.63 ID:vIdZBssS0
男「明日さー。B男をこっちもらって良い?」
女「こっち、人手いる?」

男「午後からくらいで良いんだけど。
 もちろん、池袋側の作業進捗のめどが立ってれば、
 っていう条件だけどさ。
 なんだかんだで忍者、手は動かすでしょ?」

女「うん、組んで判ったけど。結構仕事できるよね」
男「テンションの上下が激しいのが弱点なんだよ。あいつ」

女「C男もね。伸びたよ」
男「そっか。進捗票は確かに伸びてるけど。
 なんかあったのかな?」

女「んー。わかんない。……そういえば、こないだ飲み会で
 童貞捨てたいとか言ってたよ」

男「風俗資金でも貯めたいのかな?」
女「酔ってたんでうろ覚えだけど。そうかもー」

男「人は見かけによらないなぁ。ふむぅ」
女「最近よく仕事のことで質問される」

男「性欲って人を成長させるんだな」
女「そうだねー。もとから几帳面だったし、
 基礎知識はしみてるからやる気でれば、伸びるのは早いよ」

823:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 21:56:05.95 ID:s3pkuQAT0
男C頑張ってるのに・・・w

824:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 21:57:14.38 ID:VLj+CJpu0
C男は誰狙いなのか・・・・

825:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 21:58:54.23 ID:PJ6qy6Ly0
c男ガンガレ

828:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 22:01:57.96 ID:vIdZBssS0
男「と、なると後は新人女さんなんだけどね」
女「んー。もしかしてコンバート?」

男「それも考え中」

女「そうなん? 結構きっちり育ててるから、手元で可愛がる
 のかと思ってたよ」

男「直属のマネジの下でしか戦えないのって、戦闘技術訓練
 としては三流だ」
女「あー」

男「どこでも実力出せるようにしてあげないとね」
女「……」

男「なので、次はしばらく女先輩に預かってもらおうかと」
女「ん。いいよ。預かる。なに教えればいい?」

男「とりあえず、適当に仕事振ってみて。
 で、本人が躓いたり、興味を持った仕事を。
 無いとは思うけど、つまづいて立ち止まったり泣き出すようなら
 送り返して。反省房で生まれてきたことを後悔させてやるから」

女「優しいのかきついのか、よぉ判らん」
男「優しくもきつくもないよ。マネジの仕事だよ」

女「――そか」


830:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 22:06:44.92 ID:vIdZBssS0
――修羅場7日目、月曜 12:00 神楽坂作業室

B男「おはよーござるー!」
男「おっす、お疲れさん。濡れた?」

B男「ああ、結構降ってるでござるよ~」
男「そか。悪いな、移動」

B男「いえいえ、地下鉄でござるし。C男は
 女先輩と2ショットできるとか感謝してたし」
男「あいつマゾなのか? そんなにスパルタ教育されたいの?」

B男「マゾ……ああ。マゾでござるね、たぶん」

男「マゾで風俗貯金か。
 ……ヤツが偉大な男に見えてきたぜ」
B男「……?」

男「いや、いいんだ。俺はこの件は心に秘めるぜ」
B男「新人女さんは?」
男「昼休憩」
B男「ああ」

男「久しぶりにその言葉を聞いた、みたいな顔するな」
B男「久しぶりに聞いたでござる」

831:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 22:06:48.70 ID:VLj+CJpu0
この男マネージメントすげーよ。

ある意味女もきっちり操ってるだろ

832:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 22:07:25.60 ID:U0WGHoROO
しぇんしぇん

839:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 22:11:59.41 ID:vIdZBssS0
B男「で、拙者は何をするでござるか?」
男「まずはくつろいで……」

B男「おお。くつろぐでござるか。仕事の少ない優雅な
 午後でござるね」
男「この報告書の山全部目を通して」
B男「ひぎぇっ」

男「まぁ、小手調べで」
B男「うううう。拙者書類仕事は苦手でござるのに」
男「書類仕事じゃなく、概要把握ね」
B男「……?」

男「今こっちで受けてた、最初から俺たち全員でやってた仕事。
 そろそろ掃討戦の段階なんだわ」

B男「早いでござるなぁ! 四人がかりでやったペースと
 さしてかわらないでござるね」
男「休日に飛ばしたからね」

ペラッペラッ

B男「最初の方は拙者が書いた報告書とかもあるので
 これなら、あんまり時間をかけずに把握できると思うでござる」
男「把握したら、例外処理で跳ねておいたデータを
 プリントして、全部確認依頼書つくって」
B男「了解でござる」


841:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 22:16:37.01 ID:VLj+CJpu0
なんか男辞める準備に入ってるような・・・・

842:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 22:16:59.27 ID:vIdZBssS0
男 カタカタカタカタカタカタ

B男「……男氏~」
男「どした」

B男「先週木曜のこれは?」
男「たぶんそれは0894-5613が正解。でも、確認して。
 そのケースはメールで直接問い合わせでいいや」
B男「了解」

男 カタカタカタカタカタカタ

B男「……男氏~」
男「どした」

B男「こっちはどうするでござる? 破棄でござるか?」
男「うーん。破棄でいいや。でも、破棄専用のフォルダつくって
 そっちにまとめておいて。なんかあると怖い」
B男「了解でござる」

男 カタカタカタカタカタカタ


847:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 22:20:59.26 ID:vIdZBssS0
B男「……男氏~」
男「はいはい。今度はなに?」
B男「あそこ」
男「?」

B男「エレベータホールの下の街路樹で捕まってるの」
男「?」

B男「新人女氏ではござらんかなぁ」
男「え?」

   新人女「――」
   正社員「――――」

B男「そうでござろ?」

   正社員「――――」
   新人女「――」
   正社員「――――」
   新人女「――」に、にこっ

男「だなぁ」


854:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 22:25:05.86 ID:vIdZBssS0
   正社員「――――」
   新人女「――」ぺこっ
   正社員「――――」
   新人女「――」ぺこぺこっ

B男「なんの話でござろね」
男「さぁ」

   新人女「――――」
   正社員「――?」
   新人女「――」

B男「あれは営業の人でござるね。拙者……」
男「?」

B男「愉快な気分ではござらん」
男「押さえろよなー。忍びだろ」
B男「刃の下の心でござるか」

   正社員「――? ――?」
   新人女「――」ぺこっ

がらがら

男「新人女さーん!」


857:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 22:29:17.98 ID:vIdZBssS0
   新人女「あ、はいっ! 男さんっ」

男「マクロの置換処理、止まってますよー」

   新人女「はい? ……あ、はいっ! すみませんっ」
   正社員「――」
   新人女「――」ぺこっ
   たたたたっ

B男「マネジャー氏」
男「ん?」

B男「考えてみたら、拙者、昼食抜きでござった。
 コンビニ行ってきたりするでござるけど、
 何か入り用でござるか?」

男「ああ……。プリン?」
B男「高いのでござるか?」
男「そうだね」

B男「行ってくるでござる」

がちゃり

新人女「遅れてすいませんでしたっ」

869:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 22:33:01.80 ID:vIdZBssS0
新人女「あの、遅れてすいませんでした」
男「いや、気にしないで。そんなに焦らなくてもさ」

新人女「は、い」びくびく

男「……午後も続きね。精度あがってるから、仕事が
 粗くならないようにだんだん速度を上げていってね」

新人女「はい、あの」

男 カタカタカタカタカタカタ

新人女「あの」おどおど

男 カタカタカタカタカタカタ

新人女「あの、ですね」

男「……うん」
新人女「エレベーターの下で、営業のM野さんに声を
 かけられまして」

男「うん、見えた」



879:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 22:36:50.20 ID:vIdZBssS0
新人女「それで、あの……」
男「ごめんね」
新人女「え?」

男「いや、余計な声をかけた可能性が低くない」
新人女「そんな、とんでもないです。助かりました」

男「そうかな」
新人女「え――」

男「派遣でいたい派遣の人ってあんまりいないよ。
 だから余計なお節介かもしれないのは本当」

新人女「……あの」
男「?」

新人女「判りますか……」
男「うん」

新人女「どうしてですか……」
男「M野さんはそう言う人だから」


885:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 22:40:06.10 ID:ZmBam2j40
残り100ちょい
支援もほどほどにしないと完結前に埋まる予感

890:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 22:41:55.12 ID:vIdZBssS0
>>885
や、ごめんなさい。まじごめんなさい。
全然無理です(T∇T)ノ デヘヘ
おわらねぇよこれー

>>880
お、おわりゃないにょー!? すれおわりゅのに
いっぱいどくどくとみゃらにゃいー

891:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 22:42:02.19 ID:8lA8L1CY0
>>885
新スレ立てればいいのさ

897:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 22:45:33.55 ID:vIdZBssS0
新人女「……」
男「……」

新人女「あの……」おどおど
男「なに?」

新人女「いえ……」びくっ

男「――――」くるっ
新人女「っ」

男「んっと、ここ座ってください」
新人女「はい……」

男「本来は柄じゃないんだけどね。
 余計なお世話かもしれないし。
 だから何度も言わないし、面倒くさかったら
 聞き流しておいてね」

新人女「……」

男「まずね、俺たちは、野良です」
新人女「野良……」


902:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 22:49:17.87 ID:vIdZBssS0
男「野良だから、自分の餌は自分でとらないといけません。
 野良だから自分の身は自分で守らないといけません。
 派遣会社に登録して、労務相談とかあるから
 何かに所属して守ってもらえるような錯覚があるけれど、
 それは全部嘘。
 派遣会社は野良の道具です。
 野良の飼い主じゃありません」

新人女「……」

男「でも、本当は派遣社員だから野良って訳じゃないです。
 IT系は全部野良。サラリーマンなんて本当はいない。
 みんな一時的にプロジェクトで集まってる、会社に所属
 してる気分になってる。それだけの業界なんです。
 本質は全員、野良なの。
 もっと言ってしまえば、今のご時世、公務員か
 一部の保守的企業に勤めている人間以外は、
 どこかしら野良な部分を抱えて生きて行かなきゃならない。
 そういう時代だし、そういう場所です。東京って」

新人女「……」



907:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 22:52:41.11 ID:vIdZBssS0
男「今やってる仕事はね、
 スキルなんて本当はほとんどいらない。
 そりゃ企業側は、スキルがある人間を欲しがるよ。
 でも、座学で覚えたスキルなんて、現場じゃほとんど役に
 立たないです。まったくかもしれない。
 スキルは、現場で修羅場くぐれば、大抵3ヶ月で覚えます。
 それがたとえ難解な言語であってもね。
 でも。
 野良の生き方は、そうはいかない。
 ずっと覚えられない人も、います」

新人女「……ぁ」

男「だから……」
新人女「……」

男「自分で餌をとるのも、野良の仕事だから。
 もし、取るのなら、邪魔はしないですし。
 邪魔をしてしまったのなら、申し訳ない。
 派遣の引き抜きは違法だなんて野暮な事は言いません。
 正社員に誘われたでしょうに」

新人女「……あの」
男「言わなくて良いです。あんまり愉快な話でもないでしょ?」
新人女「……」

男「M野さんが人事に顔が利くのは本当ですし」

915:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 22:58:06.37 ID:vIdZBssS0
男「野良だから。マネジなんてあてにならないですよ」
新人女「――」

男「いざというとき、マネージャーなんて絶対に自分を
 守ってくれないからね? 自分を守れるのは、自分だけ
 だからね?」
新人女「……はい」

男「でも、まだ神楽坂班だから」
新人女「はい」

男「今はまだ神楽坂班なので、仕事をしてください」
新人女「はい」

男「神楽坂班でいる限り、野良の生き方を教えるから」
新人女「え?」

男「こんな仕事で身につくスキルなんかしれてるけれど
 野良の生き方はどこでも通用するから」
新人女「……はいっ」

がちゃり
B男「買ってきたでござる~♪」

男「お話、お仕舞いっ。
 まずは、手近なところで、あの餌でもとるとしよー」

922:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 23:02:10.46 ID:vIdZBssS0
――修羅場7日目、月曜 21:00 神楽坂作業室
――電話

男「ごめん、また予定変更」
女「おー。どないなってるん?」

男「新人女さんだけど、そっちいかせられなくなった」

女「――あらら。むむ。やっぱあれか?
 可愛くなったのかなー? 慕ってくれる後輩が
 しくしく泣いちゃってるのかなー。
 ま、まさか揉んだ!? 揉んだのかっ!?」

男「や、ないない」
女「……そか」

男「M野がくっついてさ」
女「あ……ぅ」

男「そっちに送っても面倒くさくなるだけだ」
女「それは……。うん。だね」



931:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 23:05:43.53 ID:vIdZBssS0
男「女先輩にゃM野は近づけさせられないからなっ」
女「ほんと、ごめん」

男「気にするな。ウォリアー的に」
女「お、おう。ウォリアー的に」

男「……」
女「んっと、新人女さんは?」
男「あー。よく判らん」
女「判らないの?」

男「うん、なんだか畏まってもぐもぐ言ってた」
女「うーん」

男「個人的には、余計なお世話かもなぁ、と思う。
 M野は、とりあえず女の子には甘いじゃない?
 それで正社員にはなれるわけだしさ。
 それはそれで、まぁ処世術かなぁと思うんだよね。
 結婚できれば永久就職じゃん」

女「新人女さんは、そっちは行かない気がするな……」
男「そうなん?」



947:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 23:11:30.56 ID:vIdZBssS0
女「まーねー」
男「でも、スイーツ系って言ってたじゃん」

女「本当にスイーツなら、こんな派遣くるかなー」
男「そういうもん?」

女「あははは。もう実家に顔出せないような
 親不孝な私と違ってさ-。親元な訳でしょ」
男「らしいね」

女「根性見せちゃうんじゃないのかな」
男「見せちゃうのか」
女「見せちゃうでしょ」
男「そか」

女「……」
男「……」

女「やっぱ、ドンパチやることになるのかね」
男「仕方ないね。処理班はうち一個なんだし
 開戦も時間の問題だったともうよ。このままじゃ、
 受注が出来ないんだもん。きっかけ程度だよ」

――そして翌週、デスマーチが始まった。


959:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 23:16:23.71 ID:U0WGHoROO
デスマーチ…だと…?


いまだにパー速の見かたを知らないんだぜ
誰か教えてくだしあ

960:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 23:16:39.32 ID:g1O6YebKO
うわあはあー
デスマーチきた……

961:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 23:16:40.17 ID:vIdZBssS0
うお、すまねぇ(T∇T)おわんなかった
レスできないのもごめん。猿制限のせいで、
一個レスすると一個書き込みできなくなる(T∇T)
パー速は、じつはまだ落ちてないスレがあったりして
秘密基地状態なので(>_<)

まぁ、今日のところはさくっと落とす感じで! ひとつ。
ママレードで。ご容赦を。

余力があれば、近日中に建ててみたりするin Vip。
保守してくれた人、ありがとうございました!
いずみスーパーおばちゃん特製のシュウマイ(´∇`)やる!


987:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 23:22:44.51 ID:psvw1ZgZO
次立てる時のスレタイ決めれ

988:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 23:22:45.47 ID:+WnRSQaf0
だな。
スレタイだけでも教えてくれ

989:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 23:22:50.32 ID:vIdZBssS0
>>973
うぃむしゅ、そうです。
すいません、ごめんなさい。がたがた。

次タイトルは
同僚女「やっぱり二人っきりになっちゃったね」
で行こうかと思います。

もちろん萌え成分は皆無の内容で。

993:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 23:23:39.51 ID:fBQkilJw0
いちおつ
楽しかったぜ

1000:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/08(水) 23:24:08.17 ID:rv60zxx3P
>>1000なら即再開

続きの記事 同僚女「やっぱり二人っきりになっちゃったね」