2chまとめサイトモバイル

女騎士「くっ!殺せっ!」キラキラ

Part1
1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/25(土) 09:55:26.72 ID:aT6XxdbE0
オーク「……」

女騎士「まさか、お前の様な魔物に敗れるとはなっ!」キラキラ

オーク「……」

女騎士「さあ殺せっ!生き恥を晒すつもりはない!」キラキラ

オーク「……おい」

女騎士「それともあれか、犯す気なのかっ!?くっ、ち○ぽなんかに負けないっ!」キラキラ

オーク「おい」

女騎士「ん?」キラキラ



オーク「何でそんな満面の笑み浮かべてんの、お前」

2 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/25(土) 10:03:54.33 ID:aT6XxdbE0
女騎士「騎士として全力を尽くして敗れた!悔いはない!」キラキラ

オーク「全力ってお前、俺見た瞬間『うおおおお!』って突撃してきて」

女騎士「ああ!直後に景色が回って、頭に痛みが走ったと思ったら、気が付いた時には鎧や剣が外されていた!」

女騎士「流石は魔王軍の端くれ、あの一瞬で私を無力化するとはな!」キラキラ

オーク「(勝手にすっ転んで気絶しただけだけどな、こいつ。危ないから武器などは没収したが)」

4 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/25(土) 10:11:52.35 ID:aT6XxdbE0
オーク「ていうか質問に答えろよ。何で死ぬか生きるかの瀬戸際で笑顔なんだよ」

女騎士「力及ばず魔物に敗れ、陵辱の限りを尽くされる!これも騎士の務めだからだ!」キラキラ

オーク「俺が言うのも何だが!何言ってんのお前!?」

女騎士「?私の知っている騎士の中にも、お前たち魔物の餌食になった者が」

オーク「……成程?それでお前も、俺たちに犯されたがってk」




女騎士「何を言う!誰が魔物などに初めてを捧げたい物か!」キラキラ

オーク「さっきと言ってること違う!?後そのキラキラした目を止めろ!」

5 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/25(土) 10:19:42.68 ID:aT6XxdbE0
女騎士「しかし正々堂々、一騎打ちで負けたからな!どの様な仕打ちでも受け入れるつもりだ!」キラキラ

女騎士「それが騎士という物なのだからな!」キラキラ

オーク「お前の中の騎士像がわかんねえよ!?お前の思う『騎士』って何!?」

女騎士「一つ!身命を賭して国に仕える! 一つ!騎士道に則り、戦うときは1対1! 一つ!負けたら全てを相手に委ねる!」

オーク「…………」

女騎士「以上だ!」キラキラ

オーク「異常だな、うん」

6 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/25(土) 10:28:13.51 ID:aT6XxdbE0
オーク「まさかとは思うけど、お前一人でこの森に来たのか?」

女騎士「ああ!お前たちオークの集落が、森の奥に作られているという情報を聞いてな!」

女騎士「とりあえず騎士として見過ごせないから、一人で乗り込んできたのだ!」キラキラ

オーク「……まじでか」

女騎士「オークや魔物が大漁に潜む森に、あえて一人で真っ向から挑む!これも騎士の誉れだな!」キラキラ

女騎士「それにお前も、他にいた仲間を下がらせて、私の一騎打ちに応じてくれたではないか!ありがとう!」 キラキラ

オーク「(完全武装した騎士がいきなり奇声上げて走ってきたから、人間どもが軍勢で攻めてきたと思ったわ)」

7 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/25(土) 10:36:29.66 ID:aT6XxdbE0
オーク「何だよ……てっきり戦争でも始まるのかと思ったら……」

女騎士「だが、それとこれとは話が別だ!―――さあ、殺すなり犯すなり好きにしろ!」キラキラ

オーク「……はあ。とりあえず手を出せ、縛るから」

女騎士「おのれ、この女騎士に縄打ち縛りあげようというのか!魔物の分際で!」キラキラ スッ

オーク「(言葉と裏腹に両手を自ら背中に回してる……)」ギュゥッ

女騎士「ぐ……まさか、魔物共の捕虜になろうとはっ!」キラキラ

オーク「はいはいわかった、とりあえず歩け。俺らの集落まで戻るから」

女騎士「離せ、離せぇ!」キラキラ

8 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/25(土) 10:43:02.26 ID:aT6XxdbE0
―――森の奥にある集落

オーク「おーい、帰ったぞー」

オーク2「オーク!無事だったのか、よかった!」

オーク3「ん?……そいつは」



女騎士「くそっ、まさかこれだけの数のオークが!私は絶対に屈しないぞ!」キラキラ キョロキョロ



オーク「物珍しそうに見渡すな、田舎から都会に出てきたお上りさんかお前は」

女騎士「な、何故私が元々地方出身だとわかった!?」キラキラ

オーク「本当にお上りかよ!後だからその目を止めろって言ってんだろ!」


オーク2「」
オーク3

10 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/25(土) 10:52:14.70 ID:aT6XxdbE0
女騎士「―――というわけだ!さあ、好きにしろっ!」キラキラ

オーク2「あー、うん……とりあえず、全面戦争にはならないわけか」

オーク「……すまん、さっきは焦ってお前らに『俺が足止めする!お前たちは早く皆に伝えろ!』などと」

オーク3「いや、それはいいんだけどさ。……あいつが嘘をついてる可能性は?」

女騎士「嘘だと!?この女騎士が、他者を欺く偽りの言葉を吐くとでも思ったか!魔物め!」キラキラ

オーク3「ないな」

オーク「だよな」

オーク2「同じく」




オーク「じゃ、そういう事で。皆には俺から謝っておくから」

オーク2「おー」

オーク3「後でなー」

女騎士「くっ、今度は何処へ連れていく気だ!」キラキラ

11 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/25(土) 11:01:26.37 ID:aT6XxdbE0
―――オークキングの住まい

オーク王「ふむ、これは中々の上物だな……」

オーク「ははっ。どうぞ、我らが王に献上したく」

女騎士「オークキングだと!よもや、肉奴隷としてこいつに売り渡すつもりか!」キラキラ

オーク王「ほほぅ、何とも美しい……我が財の一つとして、受け取っておこう」

オーク「ははーっ!」

女騎士「くっ……!」キラキラドキドキワクワク



オーク「よし、次行くぞー」

女騎士「えっ」

オーク王「流石は王都騎士団の鎧、素晴らしい光沢だ」

女騎士「えっ」

14 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/25(土) 11:08:35.99 ID:aT6XxdbE0
オーク「そら、ボロ小屋だが我慢しろ」

女騎士「何だこの小屋は……はっ!そうか、ここで私を犯すのだな!」キラキラ

オーク「今からお前の処遇について話し合って来る。両手を縛られてるとはいえ、大人しくしてろよ」

女騎士「何を言う!ここは扉や壁を『出せ!ここから出せ!』と蹴りまくるのが騎士という物だろう!」キラキラ

オーク「……もういいわそれで。怪我すんなよ?それじゃ」ガチャッ




<出せー!ここから出せ、オーク共!くそぅ、鍵がかかっている!


オーク「……はあ……」スタスタ

15 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/25(土) 11:20:43.70 ID:aT6XxdbE0
―――オーク集落・集会所


オーク王「―――では次に、オークが連れてきたあの女騎士についてだが」


オーク2「殺せって言ってんなら殺せばいいんじゃね?」

オーク「王都の騎士をか?そんな事をすれば今度こそ人間と戦争だぞ」

オーク3「かと言ってこのまま返してしまえば、この集落の位置がバレてしまう恐れもある……」


オーク4「なら肉奴隷にしようぜ!ひひっ、最近溜まってんだよなぁ……!」

オーク2「俺たちの性欲を、人間一人で受け止めきれるのか?心を壊してしまえば、殺したのと変わらんだろう」

オーク4「だったら俺にくれ!一晩で俺のち○ぽの事しか考えられないようにしてやる!」

オーク's「(軍が攻めてくると聞いた途端、自分の巣穴で震えていたくせに……)」

16 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/25(土) 11:29:07.18 ID:aT6XxdbE0
オーク5「……いや、恐らく軍は動かないだろう」

オーク「ん?どういう事だオーク5」

オーク5「我らが王の見立てでは、彼女が身に着けていたのは紛れもなく王都騎士団の鎧と剣」

オーク5「そして王都騎士団と言えば、近隣の魔物たちにも恐れられる人間共の軍勢だ」

オーク5「その騎士団の一員が単身、この森にやって来れると思うか?」

オーク's「……?」

オーク5「可能性は2つ。あの『女』」が、何かの形で騎士団の鎧と剣を手に入れたか―――」







17 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/25(土) 11:34:51.28 ID:aT6XxdbE0
―――ボロ小屋

女騎士「出せ!ここから出せ、汚らわしい魔物め!(ガンガン!)」キラキラ

女騎士「私を誰だと思っている!王都騎士団の一人、女騎士だぞ!お前ら如きに捕まるなどあってたまるか!」キラキラ

女騎士「私は、私は騎士だ!……騎士、なんだ……だから……(ガン、ガン……)」キラ、キラ

女騎士「……だから……」



ポタッ



女騎士「……殺すなり、犯すなり……早くしてくれっ……!」ポタポタ








オーク5「―――騎士団を抜けた、あるいは追放されたかのどちらかだと思う」

26 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/25(土) 12:39:02.50 ID:aT6XxdbE0
―――王都、騎士団詰所

モブ騎士1「(バタン!)騎士団長、騎士副団長!」

副団長「何事だ、騒々しい!」

団長「どうした、モブ騎士1!」

モブ騎士1「女騎士殿が!『魔物討伐に行ってくる』という文を私に託し、一人で北の森に!」

副団長「なっ、単身あの森に入ったというのか!?」

団長「これは一大事!今すぐオーク共の集落に攻め入るぞ、兵を纏めろ!」

モブ騎士1「はっ!」タッタッタッ……!




団長「……女騎士……どうか……」

副団長「…………」

27 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/25(土) 12:43:39.90 ID:aT6XxdbE0
―――オーク集落

オーク「結局処遇が決まらず、俺が面倒を見る羽目になった……」

オーク「我らが王は『気に入ったのなら手籠めにしても構わん』と仰ったが」

オーク「俺はもうちょっと肉付きのいい雌が……ん?何の音だ、これ?」



<ひぎいいい!裂ける、裂けるっ!止めろ、抜け!今すぐ抜けえええええ!!


オーク「」

28 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/25(土) 12:51:34.14 ID:aT6XxdbE0
オーク「……ちっ、どこのどいつだ先走りやがって!」タタタッ!

<痛い、痛いっ……あ、あ……私の純血が……!

オーク「(やっぱり女騎士の声!くそ、せめて見張りだけでもつけるべきだったか!)」

オーク「(小屋についた!扉は閉まって……ん?)」ガチャガチャ

小屋<う、うあああ!動くな、止めろ!止めろっ!

オーク「…………」ガチャ、ガチャ……スッ 

小屋<な、何を……ひっ!奥に、熱い物が……いやあああああ!

オーク「…………」カチャカチャ、カチッ……ガチャ



女騎士「あああ……オークの、子種が……」キラキラ

オーク「何してんの、お前」

30 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/25(土) 13:01:51.28 ID:aT6XxdbE0
女騎士「ん?……お、おのれオーク!私に何の用だ!」キラキラ

オーク「何の用だ、じゃねえよ!何で『オークに犯され中出しされた』演技してんのお前!?」

オーク「てっきりオーク4辺りに襲われてるかと思ったわ!扉にもしっかり鍵かかってるし!」

女騎士「肉奴隷となった時のために、軽く発声練習をしていた所だ!騎士として!」キラキラ

オーク「だからお前の中の騎士像どうなってんだよ!?」

女騎士「一つ!身命を賭してk」

オーク「わかった!わかったよ!聞いた俺が馬鹿だったよ!」

女騎士「うむ、自らの過ちを認められるのは素晴らしい事だな!流石は私を一騎打ちで倒した魔物だ!」キラキラ

オーク「お前は騎士として致命的な部分で間違ってるけどな」

31 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/25(土) 13:12:38.85 ID:aT6XxdbE0
女騎士「それで、私はどうなるのだ?処刑か、それとも肉奴隷か?」キラキラ

オーク「……どういうわけか、俺が身柄を預かる羽目になった、本当にどういうわけか」

女騎士「成程、私はお前の戦利品代わりというわけだな!さあ好きにしろ!」キラキラ

女騎士「嬲るがいい、犯すがいい、辱めるがいい!だが覚悟しろ、どれだけ身体を弄ばれたとて……心までは売り渡さんぞっ!」ドキドキワクワク


オーク「期待に満ちた目を止めろ!もし俺が『よし、首を刎ねてやる』と言う気だったらどうする」

女騎士「首を刎ねるがいい、心の臓を抉るがいい、頭を潰すがいい!だが覚悟しろ、どの様な死にざまを遂げようと……心までは屈さないぞ!」

オーク「いや本当に強いわ、色んな意味で」

ショートストーリーの人気記事

神様「神様だっ!」 神使「神力ゼロですが・・・」

神様の秘密とは?神様が叶えたかったこととは?笑いあり、涙ありの神ss。日常系アニメが好きな方におすすめ!

女「ハローハロー。誰かいませんか?どうぞ」

妹「マニュアルで恋します!」

同僚女「おーい、おとこ。起きろ、起きろー」

魔法使い「メラしか使えない」

新着記事情報

▼2022/11/30更新 気団・鬼女

妊婦の叫び その十五