家出したらお姉さんに拾われた
Part6


438 :名も無き被検体774号+:2013/03/20(水) 01:32:23.85 ID:x60gR+VC0
「ごちそうさまでした」
「お粗末でしたー」
洗い物を手伝いながらふと思う
こんな風に生活できるのも、もう暫くはないんだと
三年
少なくとも三年は遠いところに居続けることになる
たまに会えてもそれだけだろう
なによりお姉さんは本当に俺を待っていてくれるんだろうか?
不安が顔に出ていたのか、お姉さんが後ろから乗っかかってきた
「な」
「はい」
「うち、好きな人できてん」
「はあ」
「気のない返事やな。告白されとんねんで?」
「……嬉しいですよ」
「こっち向きや」
「はい」
触れるかどうかの小さなキス
「ほんまに、好きやで」
お姉さんと初めて会った頃のように
俺はまた動けなくなった
この人はどれだけ俺の知らないことを知っているんだろう

446 :名も無き被検体774号+:2013/03/20(水) 01:37:56.68 ID:x60gR+VC0
別々にお風呂に入ってゆったりとした時間を過ごす
何度でも挑戦するがやっぱりコーヒー
「さああ飲めるでしょうか!」
お姉さんはノリノリだ
因みにまだ飲めたことはない
ごくり、と喉を通す
あれ?
「これ、飲めます」
「やったやん!」
「というかこれ、いつもと苦味が違います」
「うん、それについては謝らなかん」
「?」
「うちよう考えたら濃い目が好きでな。君が飲んどったんめっちゃ濃かってん。やから普通のお店レベルに薄めてみた」
「……はあ」
「ま、まあええやん、飲めたんやし。ほら、最初にきっついのん経験しとくとあとが楽やん? な? はは……怒った?」
「別に怒りませんよ。ちょっと、肩透かしな気分です」
「よかった」
時間は過ぎる
お姉さんといられる、短い夜
「ほな」
寝よか
聞きたくない言葉は当たり前にやってきた

448 :名も無き被検体774号+:2013/03/20(水) 01:39:09.61 ID:AUt0IESy0
このスレ読んでたら忘れていた切ない気持ちを思い出した
あの頃と今のギャップが酷すぎて生きていくのが辛い
生まれ変わってシャチになりたい

450 :名も無き被検体774号+:2013/03/20(水) 01:42:00.80 ID:x60gR+VC0
お姉さんは奥
俺は手前
七日間続いたお伽話も今日で終わる
明日、目が覚めたら
お姉さんが仕事に行くついでに俺は帰る
嫌だ
帰りたくない
ずっとここにいたい
そう考えても意味がない
言えない気持ち
言ってもお姉さんが困るだけだ
撫でる髪は今日も柔らかい
お姉さんの綺麗な髪は今日もいい匂いがする
ずっと撫でていたい
ずっと傍にいたい
どうして俺は十五歳なんだろうなんて
どうしようもないことに苛立った
お姉さん、お姉さん
「なあ」
答えられなかった
今口にしたら、なにかを言葉にしたら
一緒に涙まで出てしまう
「この前の続き、しよか」

451 :名も無き被検体774号+:2013/03/20(水) 01:42:55.79 ID:UQjJ1AMm0
うぉおおおおおーーー

452 :名も無き被検体774号+:2013/03/20(水) 01:43:48.24 ID:/P+EFkjn0
待っとったで

454 :名も無き被検体774号+:2013/03/20(水) 01:46:10.07 ID:T104CexX0
待ってた甲斐があった

455 :名も無き被検体774号+:2013/03/20(水) 01:47:09.00 ID:x60gR+VC0
「目、つぶってや」
言われたままに目をつぶる
布団が浮いて、冷たい空気が入り込んできた
ぱさり、と
絹擦れの音が聞こえた
「ええよ、開けて」
カーテンの隙間から通る傾いた月の光がお姉さんを照らしていた
それはとても幻想的で
物語の中だけでしか見られない存在に思えた
肌が白く輝いて
髪が淡く煌めいて
「綺麗です」
「ありがと」
「うちな、この前みたいなんも好きやけど、今日は普通にしたいかな」
「はい」
「やから、今日は君が頑張ってな」
「はい」
「ははっ」
「ええこやな」
キス

456 :名も無き被検体774号+:2013/03/20(水) 01:47:37.59 ID:u5cl0fUlP
こんなに切なくなるエッチ導入部は初めてだ。
2時に寝るのは諦めるか…

457 :名も無き被検体774号+:2013/03/20(水) 01:48:55.63 ID:XSn6lXQD0
熱くなった銀のメタリックハートパンツ

459 :名も無き被検体774号+:2013/03/20(水) 01:49:03.91 ID:b9nBtt+/0
切ないな

466 :名も無き被検体774号+:2013/03/20(水) 01:52:26.55 ID:x60gR+VC0
お姉さんが上でこそあれ
重ねるだけの普通のキスをして
お姉さんは横になった
俺は興奮の中で混乱することなく
きっとそれはお姉さんのお陰なんだけど
自分からお姉さんにキスをする
感情をいっぱい込めてキスをする
好きという気持ちが伝わるように
伝えるようにキスをする
舌を入れて
お姉さんがしてくれたみたいに舐めあげていく
乱雑にすることなく
ゆっくりと
愛でるように
全ては愛でるために
たまに、お姉さんが息を漏らす
たまに、お姉さんが体を震わす
舌と舌がもつれあい
唾液がお姉さんと行き交って
一つに溶けていく
「好きです」
離れて囁くと
意外にもお姉さんは呆気にとられて
恥ずかしそうに顔を背けた
「知っとるわ、アホ」
本当に、俺は心からお姉さんが好きだ

467 :名も無き被検体774号+:2013/03/20(水) 01:53:04.74 ID:NC4u4Q0WP BE:3817267788-2BP(7)
1っ、切なくてもーだめ。・°・(>_<)・°°

468 :名も無き被検体774号+:2013/03/20(水) 01:53:47.46 ID:b8BatodPi
めっちゃ切ないやんか

469 :名も無き被検体774号+:2013/03/20(水) 01:54:17.38 ID:jj29KRDR0
脱いだパンツで涙を拭った

470 :名も無き被検体774号+:2013/03/20(水) 01:55:16.24 ID:Ie8ey+zM0
>>469
きたないな…

471 :名も無き被検体774号+:2013/03/20(水) 01:55:38.95 ID:AUt0IESy0
>>469
顔洗ってきなさい

472 :名も無き被検体774号+:2013/03/20(水) 01:56:48.34 ID:ffjyGLF50
>>469
くっそ こんなので

473 :名も無き被検体774号+:2013/03/20(水) 01:58:05.12 ID:x60gR+VC0
お姉さんの胸に手を伸ばす
触れるのは二度目
それでも喜びは尽きない
男の喜びが詰まっているようだった
でもなによりも
お姉さんの胸だからこんなにも嬉しいんだろうと思った
触れると、それが丁度性感帯に当たったのか
「んっ」
お姉さんが喘ぐ
既に乳首は固くなっているように思えた
その判断がつかない辺り童貞だけど
そんな気のする固さだった
口を近づけていって、舌先で舐める
お姉さんがぴくりと跳ねた
嫌がられることがないと知って、気が軽くなる
突起を口に含んで小さく吸う
お姉さんの体が小さく喜ぶ
口の中で転がすように遊んだ
どうしてそうしたくなるのかわからなかったけど、すぐにわかった
「んぅ」
お姉さんが喘ぐ
それはきっと感じてくれているからだ
俺はお姉さんが喜ぶことをしたい
もっと、お姉さんを感じさせたい

481 :名も無き被検体774号+:2013/03/20(水) 02:04:06.79 ID:x60gR+VC0
胸を触りながら、そこに意識する
全く未経験の、そこ
もっと下にある未知の領域
触っていいのだろうかと考えて、振り払う
ここまでしてくれていて、いけないはずがない
それをお姉さんに聞くのはきっといいことじゃない
右手をお姉さんの太ももにあてた
それだけで感じ取ってくれたのか、少しだけ
本当に少しだけど、お姉さんは足を開く
緊張する
この上なく緊張する
色んな意味で爆発しそうだ
けれど理性で必死に抑えつけた
欲望のままに暴走したら、お姉さんを喜ばせられない気がした
けど、お姉さんはそんな俺はお見通しだと言うように
両手で俺の顔を引き寄せて、耳にキスをした後
「さわってええよ」
細く囁いた
いっそのこと一気に結合してしまいたくなったが
それを止めたのは理性というよりも
多分、愛情だった
太ももからなぞるように手を持っていき
そこに触れる
それだけでお姉さんが震えて
既に溢れた液に導かれるまま
俺はゆっくりと指を入れていく
お姉さんの声が次第に膨らんでいく
声を殺すのも、億劫なほどに

485 :名も無き被検体774号+:2013/03/20(水) 02:07:26.93 ID:3JppHkkR0
スターゲイザーを聴きながら見てるぞ

487 :名も無き被検体774号+:2013/03/20(水) 02:08:08.95 ID:W+UG6x1g0
遠く〜遠く〜は〜てしなく続く

488 :名も無き被検体774号+:2013/03/20(水) 02:08:14.04 ID:0ji7AIuZ0
全俺が濡れた

494 :名も無き被検体774号+:2013/03/20(水) 02:09:35.41 ID:x60gR+VC0
指を埋めた肉厚のはずなのに
指に埋もれた肉厚と考えてしまうのは
それだけ女性器の中が神秘だからなのか
どこをどうすればお姉さんが感じてくれるのかわからず
ひとしきり指を動かしてみる
たまに、だけど
ちょうどいいところなのか
一際お姉さんが喜び震える場所があった
それを幾度も試して
どこなのか突き止めて
ようやく場所がわかって
押し上げる
お姉さんの腰が浮く
明らかに違った声色が響く
気持ちよさのあまり綺麗から遠ざかった声を漏らす
だけど、俺にはやっぱり綺麗だった
とてもとても綺麗だった
綺麗という言葉しか思いつかないことが申し訳なるくらい
もう一本指を入れて
お姉さんが一番悦ぶところを押し上げる
救い上げるように
引っ張り出すように
「だ、めっ」
お姉さんが発した言葉は
あの日俺が発した意味と同じなのだと知って
ああ、そうだね、お姉さんと俺は納得した
これはやめられない

499 :名も無き被検体774号+:2013/03/20(水) 02:13:22.81 ID:nGltGpd10
ちんこから涙が…

500 :名も無き被検体774号+:2013/03/20(水) 02:15:12.17 ID:DzIYyZ+n0
>>499
節子…それ…

504 :名も無き被検体774号+:2013/03/20(水) 02:16:52.66 ID:x60gR+VC0
あの時のお姉さんの気持ちがわかる
遅れて共感できたことが嬉しかった
お姉さんはこんな気持ちで俺を攻めていたのだろう
どこか嗜虐的な、歪んだ気持ちで
だけど
だけどきっと
今の俺と同じような気持ちだったと信じたい
もっと、もっと、喜んでほしいと願う心があったのだろうと
掻き回す指に連鎖してお姉さんが声を出す
偽りのない性的な声に興奮も高まっていく
気づけば汗でぐっしょりと湿っていた
指を動かす度に淫らな音が響き渡る
自分の行いで快楽に身悶えるお姉さんが愛らしい
もっと、もっと愛でていたい
好きという気持ちに際限がないように
ずっとこのままでいたいと思う
強く、抱きしめて
「もうっ」
荒く、かき乱して
優しく、囁いて
「好きです」
「んんっ――」
糸切れた人形のようにお姉さんが固まる
腰を中に浮かせたまま、電気信号のように身体が跳ねた
くて、と横たわったお姉さんは顔を腕で隠して息を荒くしていた
「ははっ」
荒げた息の間でお姉さんは
「イカされてもたわ」
少女のように、照れていた

TOP お問い合わせ