2chまとめサイトモバイル
未解決事件で眠れなくなろうぜ
Part1

未解決事件で眠れなくなろうぜ
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1422783432/

1 :名無しさん@おーぷん:2015/02/01(日)18:37:13 ID:QpI
メインは日本の事件でいく

2 :名無しさん@おーぷん :2015/02/01(日)18:37:46 ID:COC
こい!

3 :名無しさん@おーぷん :2015/02/01(日)18:37:51 ID:aIF
期待

6 :名無しさん@おーぷん :2015/02/01(日)18:41:08 ID:QpI
岡山 洞窟 行方不明(事件名無)
[写真を見る]
2008年1月5日午後6時10分ごろ、岡山県新見市豊永赤馬の「日め坂鐘乳穴で四国の社会人と学生の探検グループから「洞窟(どうくつ)に調査に入った同僚の高知大学3年生の男子学生(21)が池に入ったまま出て来ない」と110番通報があった。
県警などによると、同グループ13人のうち5人が日め坂鐘乳穴に入り午後2時半ごろから洞窟内(奥行き約1600メートル)の奥にある地底湖(深さ約32メー
トル)で遊泳していた
県警新見署員ら約30人が 捜索を続けたが、男子学生は見つかっていないという。
同署や新見市消防本部などの調べでは、学生は大学の洞窟(どうくつ)探検サークル
に入っており、学生や社会人など近県から集まった計13人で新見市を訪れていた。
不明の男子学生は、計5人で午前11時半ごろから洞穴に入り、午後2時半ごろ、
着衣のまま遊泳している最中、行方がわからなくなったという。
新見市教育委員会によると、この洞穴は県の天然記念物に指定されており、洞穴に
入るには同市教委への届け出が必要なのに、学生らは届け出ていなかったという。

7 :名無しさん@おーぷん :2015/02/01(日)18:42:35 ID:QpI
続き
この事件の責任者=探検部部長が白米美帆。
記者会見などから逃げ回り、全ての責任から逃れる。なぜかマスコミも深く追求せず。
そして、探検部のページから「部長 白米美帆」「副部長 伊藤智子」の名前を真っ先に削除。
捜索が行われている中で、被害者が本名で登録していたMixiの日記などを何者かが削除。←重要
死体が見つからないまま捜索は打ち切り。
そして、人形劇団京芸というところに同姓同名で洞窟が趣味という女が発見される。
http://www.kyougei.com/members.php?itemid=735
上はまだ見られる。
事件のことをν速民が管理人に突っ込むと、

45 名前: ダイバー(北海道)[sage] 投稿日:2010/08/18(水) 00:21:41.65 ID:WDmOKaa00
ttp://www.kyougei.com/members.php?itemid=735
>そして洞窟が好き。洞窟話をさせたら止まらない。
 
これは一体・・

460 名前: タンメン(京都府)[sage] 投稿日:2010/08/18(水) 23:47:07.56 ID:OXMs+iL00
劇団サイト管理人です。
申し訳ありませんが、コメントは削除させて頂きます…。

597 名前: タンドリーチキン(京都府)[sage] 投稿日:2010/08/19(木) 04:53:48.58 ID:ymbKb8qd0
劇団サイト管理人です。
再び、申し訳ありませんが、5時過ぎを目処にコメントは削除させて頂きます。記事自体はそのまま残しておく予定です。
また、当面の間、劇団サイトのコメント欄等は閉鎖いたします。ご了承下さい。

693 :本当にあった怖い名無し:2010/11/19(金) 10:48:37 ID:jq5bI7MX0
ちなみに写真にカーソルを合わせると
「ふふ、洞窟はいいですよ」
とでてくる
 
これは・・・大切な仲間を失った洞窟でこの発言はどういう神経・・・

8 :名無しさん@おーぷん :2015/02/01(日)18:43:20 ID:QpI
続き
事件のまとめ
・入洞届を提出してない
・5人いたのに地底湖で泳いだ(泳がされた)のは被害者の1人だけ
・溺れるところを誰も目撃してない
・溺れた時の状況説明がニュースソースによってコロコロ変わる
・「タッチした」という声は聞こえたのに、助けを求める声などは一切聞こえなかった
・救助活動を行わず現場に誰も残さないまま全員帰ってきた
・「探検に必要な装備は備わっていた」と強調
・遭難事故では隊長が記者会見するのが普通だが、逃げ回って記者会見をしない
・探検部のページから「部長 白米美帆」「副部長 伊藤智子」の名前を真っ先に削除
・探検部は女性が多く(男15:女10)、部内で恋愛やトラブルが起きやすい状況
・いつもは行き過ぎた報道合戦を行うマスコミが今回は部員に全く取材を行わない
・被害者の知人を名乗る人物が高知大学のリモートホストから2ちゃんに削除依頼
・被害者のmixiに勝手にログインしてプロフィールを改竄し両親にとって大切な思い出となるはずの日記を全て削除

9 :名無しさん@おーぷん :2015/02/01(日)18:44:44 ID:QpI
俺にはこの事件苦手、人間不信になりそう

10 :名無しさん@おーぷん :2015/02/01(日)18:46:18 ID:Qzg
>>8
ゲーム的要素を含んだ自殺かもね
昔は被害者に同情していたけど

11 :名無しさん@おーぷん :2015/02/01(日)18:50:23 ID:QpI
お次は三重小2女児失踪事件

12 :名無しさん@おーぷん :2015/02/01(日)18:51:00 ID:QpI
失踪当日14時頃、女児は友達と別れて自宅に向かった。
14時半頃、パート先の母親が帰宅が遅くなる旨の電話を自宅にかけ、学校から帰宅した女児の声を聞いた。
15時半すぎに姉が帰宅した時には、自宅にはすでに女児の姿はなかった。
姉の帰宅時、テーブルの上にはまだ温かい飲みかけのココア、ピンクのジャンパーと愛用の自転車が家に残されたままだった。
16時半前、父親起床。女児はいなかったが、遊びに出かけてると思い、帰宅した長女と入れ違いで出勤。その後、母親が帰宅。
夜になっても帰ってこないので、20時、心配になった母親が警察に捜索願を出した。

13 :名無しさん@おーぷん :2015/02/01(日)18:52:08 ID:QpI
続き
【疑問】大好きなココアが残されていること。
外出時、いつも愛用していたピンク色のジャンパーと、いつも乗って出かけていた自転車が自宅に残されたままであったこと。
いつも下校時には友人と遊ぶ約束をするはずなのに、その日に限って「別の約束があるから遊べない」と断っていること。

14 :名無しさん@おーぷん :2015/02/01(日)18:54:53 ID:QpI
[写真を見る]

16 :名無しさん@おーぷん :2015/02/01(日)18:55:31 ID:QpI
これは失踪から3年後自宅に届いた怪文書である

15 :名無しさん@おーぷん :2015/02/01(日)18:55:23 ID:Q6g
失踪事件はやるせなくなるよな。
親は悔やみきれないと思う

18 :名無しさん@おーぷん :2015/02/01(日)18:57:14 ID:QpI
>>15だよな。俺が親だったら死ぬまで鬱だわ

20 :名無しさん@おーぷん :2015/02/01(日)18:57:52 ID:QpI
続き
怪文書は、漢字・平仮名・片仮名が入り混じり、数々の暗喩が使用された難解かつ不気味なもので、
「トミダノ股割レ」なる人物が犯人であると告発する内容だったが、怪文書の執筆者や送り主は不明。

22 :名無しさん@おーぷん :2015/02/01(日)19:00:41 ID:QpI
手紙は三枚綴りだった。以下がその内容だが、平仮名、片仮名が混ざり、どこか暗号のようになっている
「ミゆキサンにツイテ
 ミユキ カアイソウ カアイソウ
 おっカアモカアイソウ お父もカアイソウ
 コンナコとヲシタノハ トミダノ股割レ トオモイマス
 股ワレハ 富田デ生レテ 学こうヲデテ シュンガノオモテノハンタイノ、パーラポウ ニツトめた
 イつノ日か世帯ヲ持チ、ナンネンカシテ 裏口ニ立ツヨウニナッタ
 イま(ゑ)ハー ケータショーノチカクデ 四ツアシヲアヤツツテイル
 ツギニ
 スズカケのケヲ蹴落シテ、荷の向側のトコロ
 アヤメ一ッパイノ部ヤデ コーヒーヲ飲ミナガラ、ユキチヲニギラセタ、ニギッタノハ アサヤントオもう。
 ヒル間カラ テルホニハイッテ 股を大きくワッテ 家ノ裏口ヲ忘レテ シガミツイタ。
 モウ股割レハ人ヲコえて、一匹のメスにナッテイタ。
 感激ノアマリアサヤンノイフトオリニ動いタ。ソレガ大きな事件トハシラズニ、
 又カムチャッカノハクセツノ冷タサモシラズニ、ケッカハ ミユキヲハッカンジゴクニオトシタノデアル
 モウ春、三回迎エタコトニナル
 サカイノ クスリヤの居たトコロデハナイカ トオモウ
 
 ダッタン海キョウヲ、テフがコエタ、コンナ 平和希求トハチガウ
 ミユキノハハガカ弱イハネヲバタバタ ヒラヒラ サシテ ワガ子ヲサガシテ、
 広いダッタンノ海ヲワタッテイルノデアル
 股割れは平気なそぶり
 時ニハ駅のタテカンバンニ眼ヲナガス コトモアル、
 一片の良心ガアル、罪悪ヲカンズルニヂカイナイ
 ソレヲ忘レタイタメニ股を割ってクレルオスヲ探しツヅケルマイニチ
 股ワレワ ダレカ、ソレハ富田デ生レタコトハマチガイナイ
 確証ヲ?ムマデ捜査機官に言フナ
 キナガニ、トオマワシニカンサツスルコト
 事件ガ大キイノデ、決シテイソグテバナイトオモウ。
 ヤツザキニモシテヤリタイ 股割レ。ダ。ミユキガカアイソウ
 我ガ股ヲ割ルトキハ命ガケ コレガ人ダ コノトキガ女ノ一番 トホトイトキダ」

23 :名無しさん@おーぷん :2015/02/01(日)19:02:36 ID:Q6g
>>18
親が目を離したたった40秒間に消えた徳島男児失踪事件とかな。
意味わかんなすぎてこわいし

24 :名無しさん@おーぷん :2015/02/01(日)19:05:43 ID:QpI
>>23徳島男児失踪事件
【事件概要】
 1989年3月7日、徳島県貞光町の親戚宅にやって来ていた松岡伸矢くん(当時4歳)が親の目の離した40秒の間に忽然と姿を消した・・・。

25 :名無しさん@おーぷん :2015/02/01(日)19:08:11 ID:QpI
続き
【40秒の間に】
 松岡伸矢くんの一家は茨城県牛久市に住んでいた。家族構成は父・正伸さんと妻・圭子さん、子供が長女、伸矢くん、次男(当時2歳)の5人暮らしだった。
正伸さんはソフトウェア技術者として国産の電算機関関連会社に勤めていたが、牛久で家を買い、1989年はじめには外資系のコンピュータ会社に転職した。
それまでは深夜残業・休日出勤ばかりで子供達と遊ぶ時間がままならなかったからだ。
 この年の3月5日、圭子さんの実母が急死し、6日に一家は徳島県小松島市で営まれた葬儀に参列した。
そのあと一家は車で1時間ほど離れた貞光町の圭子さんの親戚宅を訪れ、この日はここに泊まった。
 翌7日午前8時頃、正伸さんは3人の兄弟と従兄弟の子供を連れて近所に散歩に出かけた。
このあたりは標高200mほどの山間部の林道の終点近くにあり、公道から山の斜面に私道が延びて、その斜面に親戚宅は建てられていた。
まわりに家はない。
 正伸さんは朝食前だったので10分ほどで散歩を切り上げている。子供達ははしゃぎながら、正伸さんについてきていた。
家の玄関までの10メートルほどの石段を登った玄関先まで伸矢くんがついてきていたことを正伸さんは記憶している。
伸矢くんはこの時、もっと散歩したそうだったため、正伸さんは抱いていた次男を家の中にいた圭子さんに手渡し、玄関先に戻ってみると、伸矢くんの姿はなかった。この間、40秒ほどである。
 伸矢くんの姿がみえないことに気づいた正伸さんは、すぐに周辺を捜したが、伸矢くんを見つけることが出来なかった。
それから、家族・親類が近所を捜し回り、地元の消防団もこれに加わったが見つけることが出来ず、午前10時に警察に通報した。
 
 当初は山で迷子になっているのではないかと思われ、この日のうちに山間部で大捜索が行われた。
貞光署からは全署員30名の半数が駆けつけ、県警機動隊、消防署員、地元消防団員に一般市民を加えた100人近くの人を動員、
翌8日には200人を動員、その後3ヶ月捜索を続けたが、ついに伸矢くんを見つけることはできなかった。
 ちなみに伸矢 くんは4歳とは思えないくらい、しっかりしていた。自宅の住所も電話番号も年齢も家族の名前もみんな言えた。
・現場は町道の終点付近で外部からの出入りはほとんどない
・失踪時、100m離れた畑で農作業をしていた人は車を見かけなかった。
・松岡さん一家が親戚宅に到着したことや、伸矢くんがいたことは外部に知られていない
・周辺に交通事故の痕跡はない。
 貞光署ではそれでも以上の理由から「事件にまきこまれたケースは考えにくい」と徹底した周辺捜索を行った。

28 :名無しさん@おーぷん :2015/02/01(日)19:23:01 ID:Q6g
未解決事件は怖いけどたくさん読みたい。
どんどんください!

29 :名無しさん@おーぷん :2015/02/01(日)19:24:49 ID:QpI
>>28夜中までのジャブいきますか
事件名不明
事件は昭和40年7月3日午後4時ごろ。
静岡県伊東市宇佐美区に住む俊之君(当時7歳)が自宅から
「遊びに行く」と言って出たまま行方不明になった。
通報を受けた警察は、すぐに捜索隊を結成。
それから2日後、奇妙な電話がそれぞれ別の場所で3回かかる。
まず昼12時30分ごろ、俊之君が住んでいるアパートから200メートル離れたホテルに電話がかかった。
留守番の女性が出ると、「お宅の近所で子供が居なくなったそうですが本当ですか。
それに間違いありませんね。」という女の声がした。
そして午後1時ごろ、俊之君の近所の親戚宅に電話がかかり、これも女の声で
「子供が居なくなったのは本当ですか?」と言われ、 親戚が「はい」と答えた。
すると「ボクが誘拐した。今日3時ごろまでに熱海駅1番ホームで…」と女が言いかけたところ、驚いた親戚は受話器を投げ、捜索隊に伝えた。
再び受話器に出ると切れていた。
さらにほぼ同時刻、俊之君の父親の勤め先の旅館に
「Tくんの父親(このとき名前で呼んだ)はいませんか?」とやはり女の声がした。
これらの「怪電話」の報告を受けた伊東署は捜査本部を設置。すぐに親戚宅とホテルの電話機にテープレコーダーを設置した。
その後、俊之君の母親は熱海駅へ署員2人と向かったが、怪しい人物はいなかった。
7月6日、捜索隊は子供たちの案内で俊之君が向かったという山を捜索していた。(虫を入れる小箱をかかえて山へ向かった、と目撃情報があったため)
この日、Tくんの近所の鮮魚店に電話がかかる。その家の4才の男の子が電話に出ると、
「なーに?トシちゃん?」と聞き返していた。すぐに男の子の祖母が電話をとって応答したところ、切れてしまった。

30 :名無しさん@おーぷん :2015/02/01(日)19:29:08 ID:QpI
【1974/03/19 甲山事件】
兵庫県西宮市の、擁護施設「甲山(かぶとやま)学園」で、行方不明だった施設の園児2名が、浄化槽から遺体で発見され、
同施設の保母を園児殺害の容疑で逮捕する。
保母は、一度は容疑を認めるが、翌日撤回、その後20数年にわたり無実を主張し続けた。
事件から25年後の1999年大阪高検が上告断念を正式に発表、無罪が確定となる。未だに園児達の死亡原因は解っていない。

34 :名無しさん@おーぷん :2015/02/01(日)19:39:57 ID:QpI
世田谷一家殺害事件
21世紀を目前に控えた2000年12月30日午後11時ごろから翌31日の未明にかけて、
東京都世田谷区上祖師谷3丁目の会社員宅で、父親(当時44歳)・母親(当時41歳)・長女(当時8歳)・長男(当時6歳)の4人が惨殺された。
隣に住む母親の実母が31日の午前10時55分ごろ発見、事件が発覚した。
この事件は、20世紀最後の日に発覚した、大晦日に差し掛かろうとする年の瀬の犯行だったことや、
犯人の指紋や血痕など個人を特定可能なもの、靴の跡(足跡)の他、数多くの遺留品を残している点、子どももめった刺しにする残忍な犯行、
殺害後に翌朝まで10時間以上に渡って現場に留まり、パソコンを触ったりアイスクリームを食べるなど犯人の異常な行動、
これらの多くの事柄が明らかになっていながら、犯人の特定に至っていないことでも注目される未解決事件である。
また、年の瀬に発生した殺人事件という時期柄もあって、一年を振り返る区切りとなる年末近くになると、マスコミが話題に取り上げることが多い事件である。

TOP お問い合わせ