2chまとめサイトモバイル
未解決事件で眠れなくなろうぜ
Part3


64 :名無しさん@おーぷん :2015/02/01(日)21:29:54 ID:Q6g
売春島を取材していて行方不明になったっていうのは事実なのか噂なのか。
伊勢市女性記者行方不明事件(いせしじょせいきしゃゆくえふめいじけん)は、1998年11月に三重県伊勢市で発生した失踪事件。
別名「三重女性記者失踪事件」。
事件の夜。紀子さんが遅くまで会社に残っているのを見かけた同社社長が「もう遅いから帰りなさい」と声をかけると、
しばらくして「お先に失礼します」と退社したという。社長の証言によれば、彼女が会社を出たのは午後11時過ぎ。
伊勢警察署から紀子さんの自宅に電話があったのは、日も落ちかけた夕方過ぎ。
紀子さんの勤務先から数百メートルほど離れた損害保険会社の駐車場に、彼女の愛車・日産マーチが長時間停められている、という知らせだった。
車にはいくつか不審な点があった。まず、駐車ラインを無視して斜めに停車していたこと。
次に、ドアがロックされていたにもかかわらず、所持品がすべてなくなっていること。
灰皿にタバコの吸い殻が1本残されていたこと(紀子さんは喫煙者ではない)、
車の座席が下がっていたこと(紀子さんのサイズに合わない)、
カーステレオのスイッチが切られていたこと(普段はつけっぱなし)
警察が調べをはじめると失踪当日に4回も紀子さんに電話をかけている男がいた。
その男は同年春ごろ、紀子さんの取材を通じて同業者として出会ったが、
「取材に関するやりとりで行き違いがあり、直接謝りたかったので呼び出した。
(発見現場の)駐車場で落ち合い、自分の車に乗せて1〜2時間話をした。
その後、駐車場から少し離れた県道沿いで降ろしたが、別れてからの彼女の行動は何も知らない」と供述している。
この男には当日のアリバイがなかったため、捜査関係者も事件解決に期待を膨らませたが、目撃者や物的証拠が一切なく、逮捕には至らなかった。
それどころか、99年2月に東京都港区の女性を監禁したとして、"別件逮捕"(東京で起きた事件にもかかわらず三重県警が拘留)されたが、裁判では無罪。
逆に警察が訴えられる始末となり、それ以降は所轄が手出しできない状況になっているのだ。

65 :名無しさん@おーぷん :2015/02/01(日)21:42:44 ID:QpI
>>64犯人はコイツなのに捕まえられないもどかしさ
警察ってどいつもこいつも無能なのか?そうじゃないと行ってくれ

66 :名無しさん@おーぷん :2015/02/01(日)22:13:08 ID:Q6g
>>65
組織だから色々あるんだろうとは思うよ。相棒を見た感想だけどさ。
でもはじめの一ヶ月は家出扱いだったっていうから
ちゃんとしてくれと思うよな

68 :名無しさん@おーぷん :2015/02/02(月)02:13:26 ID:cnf
不気味過ぎる【青ゲット殺人事件】
この事件とは、明治39年(1906)2月11日の午後9時頃のことであった。
 吹雪の中をO町Fにある回船問屋、橋田時助商店に一人の男が訪れ、同店の番頭、高木昭一(当時30歳)に面会を求めてきた。
家人の取次ぎで昭一が玄関に出てみると、その男は、「私は、T村の高木さんの親戚から使いとしてきた者ですが
『親戚のおばあさんが急病で倒れたので、すぐ来て欲しい』とのことなので、迎えに来ました」といって昭一を同店から連れ出していった。
それから大体2時間ほど経った後、今度はO町Kにある昭一の自宅にも、30歳くらいの男が青ゲット(毛布)を頭からすっぽりかぶって訪れ
「私は使いの者ですが、T村の親戚のおばあさんが重い病気に罹(かか)り
『是非とも、O町のおっ母さんに会いたい』といっているので迎えに来ました」といって、昭一の母ツネ(当時50歳)を連れ出した
その後、1時間程してまた先ほどの男が昭一方にきて、母ツネを呼び出したと同様の方法で、昭一の妻リョウ(当時25歳)を連れだしたのである。
更に40分ほど後に、昭一の子供(当時2歳の女の子)まで連れ出そうとして同家に来た時は、隣の家の長井貞治氏の妻タエが留守番をしていて
入口の青ゲットをかぶって立っている男に不審をいだき、その求めに応じなかったため危なく難を逃れたのであった。
なお隣家の長井タエは昭一の妻リョウが出ていくとき、留守番を頼まれて高木宅に来ていたものである。
また、肝心のT村の親戚には、誰も病人が無く、使いの者を頼んだ事実もないことから、青ゲットをかぶった男が嘘を言って、昭一ら3人を連れ出したことが判明した。
問題の青ゲットの男は、目撃者の話によると、年齢30歳くらいと思われるが、人相については、手拭いをほおかむりにして頭からすっぽりかぶっていたので、はっきりとわからなかったとのことであった。
続きあり

69 :名無しさん@おーぷん :2015/02/02(月)02:14:22 ID:cnf
>>68続き
明治39年(1906)2月12日午前5時頃、N川河口にかかるT橋(当時は木橋)は、昨夜来の吹雪によって新雪で覆われていた。
寒中とはいえ、朝起きの早いT村の大工が、対岸のO町で建設中の仕事を片づけるため、まだ誰も通っていない新雪を踏みしめながら、いつもの通り急ぎ足でT橋を渡り始めた。
約500メートルもある長い木造の橋の丁度中ほどまできた時、大工は目の前の異様な状態に思わず立ちすくんでしまった。
そこには、あたり一面白い雪がまっ赤に染まり、おびただしい血痕が散らばっていたからである。
更に、その脇にある欄干の一部は、斧でバッサリ切り落とされたように無くなっており、
死体もろともN川に投げ込まれたような形跡であった。大工はとっさに誰かがここで殺されたと直感した。
と同時に急に背筋が寒くなり、急を知らせようとする足取りも雪の上を滑ってなかなか進まなかったという。
それから間もなくO警察署にこの事件の第一報が入り、死体なき殺人事件として、血まなこの捜査が行われたのである。

70 :名無しさん@おーぷん :2015/02/02(月)02:24:34 ID:cnf
これもヤバい【歯科助手挙式直前失踪事件】
まずは動画を見ないと始まらない。おまいらなりに考察しながら見てくれ。事件についてのインタビューが怪しかったな。
http://youtu.be/N9otSAFHisA
挙式を直前に控えて寿退職した21歳の女性が車で帰宅途中にこつぜんと姿を消したまま
現在も行方不明に、後日、自宅の近くで昨日勤め先の歯科医院で退職の
お祝いに贈られた生花の花束を助手席に乗せたままの 不明女性の車が発見される。
失踪から1年後不明女性の自宅に謎の電話。
「もしもし、私お姉ちゃんだよ」という内容だが声は明らかに中年女性のもので
問いただすとすぐ電話は切れた。

71 :名無しさん@おーぷん :2015/02/02(月)02:28:29 ID:cnf
これは情報が少なすぎて恐い
【安達 俊之さん失踪事件】
失踪当日、車で母親を歯医者に送りそのまま出勤。午後6時頃、同僚の女性とともに友人宅を訪れるが、友人は不在で家人が対応。その後午後7時〜7時半の間、別の友人が白山町交差点で助手席に女性を乗せている俊之さんの車とすれ違ったのが最後の目撃情報。
その日は帰ってこなかったが、それまでも2〜3日家を留守にすることがあったので両親も特段気にとめなかったが、22日か23日に勤務先から無断欠勤しているという連絡があって失踪に気づいた。
通帳も印鑑も持たず、まとまった金銭も持っていない。自動車も見つかっていない。28日夕方、自宅に電話があり、「俊之つかまっているよ」との内容。幼い女の子のようなたどたどしい言葉だった。その10分後にも無言電話があった。

72 :名無しさん@おーぷん :2015/02/02(月)02:33:46 ID:cnf
これは胸糞な事件
【四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件】
四日市市のジャスコ四日市尾平店(現:イオン四日市尾平店)にあるATMコーナーで、子ども連れの若い女に泥棒扱いされた無実の68歳の男性が、店員や買い物客ら3人に取り押さえられ、居合わせた四日市南警察署の警察官の拘束後に死亡した。
男性の死因は「高度のストレスによる高血圧性心不全と不整脈」と発表されたが、この「ストレス」は逮捕・制圧の際の精神的・肉体的苦痛によるものと推測される。
店員や買い物客が男性を制圧している隙に女は逃走しており、三重県警察は虚偽告訴罪の被疑者として捜査を続けていたが、2011年(平成23年)2月17日午前0時に窃盗未遂事件としては公訴時効となった。
※以下、防犯カメラに写った女の画像
[写真を見る]

75 :名無しさん@おーぷん :2015/02/02(月)02:42:44 ID:o7L
熊取町7人連続怪死事件
-経緯-
平成4年4月25日、大阪府泉南郡熊取町の板金工Aさん(当時17歳)が池に転落して死亡した。
この事故死を発端に僅か4万5000人弱の町でしかも半径600m以内で6人(1人は町内)の若者が連続して死亡した(警察の発表では、シンナー吸引後に死亡した2人は事故死。5人は自殺と断定)。

76 :名無しさん@おーぷん :2015/02/02(月)02:44:02 ID:o7L
事故死したAさんとBさんは、自殺と断定されたCさん、Dさん、Eさん達と同じ暴走族の仲間だった。
事故死の2人を除いて、Cさんらに共通しているのは、自殺するほどの動機が無く、尚且つ遺書が無いことだった(Cさんは、借金を返してほしいと書いたメモを残している)。
特に、Dさんは結婚間近で婚約者が妊娠しており出産を楽しみにしていた。
不審な点は、Dさんは生前に親や仲間に、「白い車に追われている」と言っていた。
FさんとG子さんは互いに面識は無い。勿論、Cさんらの暴走族仲間とも面識が無い。
そして、この2人にも自殺する動機は無かった。
Fさんは、岸和田市のゴミ清掃員で勤務態度は真面目。陸上サークルに所属して健康的な青年だっった。
G子さんは、同町にある女子体育大学の1年生で、部活は陸上部に所属。亡くなる前日、部活が終わると、ドラマを録画してほしいと親に電話連絡をしている。そんなごくありふれた日の翌日午前8時、グラウンドの裏でナイフを刺して死亡していた。
G子さんは、生前「黒いクラウンにつけられた」と友人に話していたという。また、死亡する直前に「違う、違う・・・」とうわ言のように言ったようだが、一体なにが違うと言いたかったのだろうか?

77 :名無しさん@おーぷん :2015/02/02(月)02:45:14 ID:o7L
-水曜か木曜日-
この狭い町で、7人が事故死あるいは自殺が起きた。それも、水曜日か木曜日。
全てではないが、初七日かもしくはその前後に亡くなっている。
警察では、仲間が死んだことによる孤独感が一種の虚脱につながり連鎖自殺したのではないかと指摘しているが、それにしても不審な点が多い事件である。

80 :名無しさん@おーぷん :2015/02/02(月)03:29:31 ID:cnf
【王将社長射殺事件】
王将社長射殺事件とは、2013年12月19日に王将フードサービスの当時の社長である大東隆行が射殺された事件。
容疑者は2014年6月現在でも逮捕されておらず、未解決事件となっている。
2013年12月19日早朝、京都市山科区の王将本社前にて大東が自身で運転していた自動車付近に倒れているところを通報されて病院へ搬送されたが、死亡が確認された。
死因は拳銃による銃殺だと見られている。大東は午前5時半頃に自宅を出て車で10分の距離に存在する本社に通勤していたことから、警察は5時45分頃に現場付近で何者かに銃撃されたと見ている。
犯行に使われたのは小型の25口径の自動式拳銃であり、至近距離から撃たれたと考えられている。
4発の銃弾が撃たれ、全てが急所に命中していた。
犯人は逃走にバイクを使用したとみられており、捜査本部などへの情報提供は300件を超えているが、未だ有力な情報は得られていない。

81 :名無しさん@おーぷん :2015/02/02(月)04:06:03 ID:CDZ
未解決事件かどうか知らんが
能登半島沖不審船事件
1999年(平成11年)3月23日に発生した、数隻の不審船による日本領海侵犯事件とその逃走時
に生起した海上自衛隊および海上保安庁による追跡行の一連の騒動を指す
不審船、警告射撃や対戦爆弾投下、イージス艦の主砲での威嚇にもひるまず
猛スピードで逃走を続けた。
が、エンジンの不調か突然停船したため、政府は初の海上警備行動を発令
追跡を行っていたイージス艇「みょうこう」に立ち入り検査を命じたが、当時の世界の海軍には立ち入り検査はあまり浸透しておらず。
また立ち入り検査隊もできて間もないころだったため訓練を一回も行ったなかったうえ
選ばれた隊員たちは自分が立ち入り検査隊員であることを知らない隊員がほとんどであった。
隊員たちは一回も訓練したことが何のに撃ったこともない拳銃を持たされ
ボディーアーマーがないため分厚い雑誌などをぐるぐる巻きにして隊員たちは覚悟を決め立ち入り検査に臨んだ。
北朝鮮の不審船はもうだめだという時は自爆を行いうため。隊員たちが生還できる確率はほとんどなかった。
だが不審船は立ち入り検査直前に動き始め立ち入り検査は行われなかった。
その後数時間の追跡の末不審船は北朝鮮の領海内に逃げてしまった。
不審船には、数名の拉致被害者が乗っていたと思われており
それが誰なのかは不明である。
またこの事件を教訓に海上自衛隊では特殊部隊「特別警備隊」が編成された

82 :名無しさん@おーぷん :2015/02/02(月)04:11:18 ID:cnf
>>81悔しいな。日本人にとっては最後の希望だったろうに

83 :名無しさん@おーぷん :2015/02/02(月)04:13:21 ID:cnf
おまいら徹夜した?

84 :名無しさん@おーぷん :2015/02/02(月)04:28:02 ID:Wo3
>>83
寝れなくなっちゃった

90 :名無しさん@おーぷん :2015/02/02(月)05:33:46 ID:cvk
こっちの方が胸糞だけどな
これも地元で起きた殺人事件
犯人は現職の警察官。金借りてた老夫婦を殺して放火。事件後も普通に生活してたが逮捕され、最初は容疑を認めたがその後、容疑を否認し証拠不十分で釈放、不起訴。警察官は県外へ。地元のニュースで最後は言葉濁してた。
「自分はやってないかもしれない。だからもう追わないでくれ」と。

91 :名無しさん@おーぷん :2015/02/02(月)05:36:42 ID:cnf
>>90腐りすぎだろ、警察を取り締まる組織ってないのかよ

92 :名無しさん@おーぷん :2015/02/02(月)05:37:20 ID:cnf
未解決事件ではないけど胸糞だった

93 :名無しさん@おーぷん :2015/02/02(月)05:40:12 ID:DyE
警察の闇を追及する人は消される

94 :名無しさん@おーぷん :2015/02/02(月)05:43:19 ID:cvk
>>92
犯人はまだ捕まってないけど、警察官は多分マークはされてるだろうな
当時県警のトップが謝罪してたけど不起訴とか意味不明すぎた

96 :名無しさん@おーぷん :2015/02/02(月)06:02:48 ID:cnf
>>94なんだよそれ意味わからん。しかもwiki消されてね?闇が深いな

103 :名無しさん@おーぷん :2015/02/02(月)21:10:36 ID:dpL
これは闇が深い【悪魔の詩訳者殺人事件】
1991年7月11日、筑波大学助教授の五十嵐一が大学のエレベーターホールで刺殺され、翌日7月12日に発見された。
現場からO型の血痕(被害者の血液型ではないため、犯人の血液型とされた)や犯人が残したとみられる中国製カンフーシューズの足跡(サイズ27.5cm)が見つかった。
五十嵐助教授は1990年にサルマン・ラシュディの小説『悪魔の詩』を日本語に翻訳している。
1989年2月にイランの最高指導者のアーヤトッラー・ホメイニーは反イスラーム的を理由に「悪魔の詩」の発行に関わった者などに対する死刑宣告を行っていたため、事件直後からイラン革命政府との関係が取り沙汰されていた

105 :◆2u6a8AgQtUey :2015/02/02(月)21:18:50 ID:dpL
【京都東山身元不明女児殺人死体遺棄事件】
1970年3月15日朝、京都市東山区の山中で、
死後一週間の四歳くらいの女の子の死体が見つかった。
現場に背負い帯が落ちており、クツだけをはいていないことなどから、
現場以外の場所で殺されて捨てられたものと思われる。
女児は胸を強打していた。

108 :◆2u6a8AgQtUey :2015/02/02(月)21:23:05 ID:dpL
胸糞注意【沼田女子高生殺人事件】
1974年5月18日早朝、群馬県沼田市で通学途中の女子高生、
吉野良子さん(当時16)が乱暴されたうえ殺害された。
 良子さんは18日朝、自宅を出て学校に向かったが登校せず、
心配した家族が警察に届け出て付近を捜索。
翌19日午後4時半すぎ、父親が、自宅から約300メートル離れた、
良子さんの通学路にあたる林道のがけのふちに人が滑り落ちたような跡を見つけ、
急斜面を下りて約7メートルの所で良子さんの手提げ袋を発見した。
さらに約20メートル下の岩陰で、良子さんの遺体を発見した。
 良子さんは制服にスカート姿だったが、靴は片方しかはいておらず、下着を奪われていた。
右胸から心臓にかけて鋭利な刃物で刺されており、傷は心臓まで達していて即死状態だった。
犯人の体液も残されていたが、血液型の判明はできなかった。

115 :◆2u6a8AgQtUey :2015/02/02(月)21:35:49 ID:dpL
これは個人的に切なかったやつ
【1975/09/21事件名不明】
北海道で中1女子(12)が行方不明に。翌日千歳市役所に
「一人誘拐した。三千万円用意しろ。もう一人誘拐する。」
という不審電話がかかる。
※この少女は19年前に遺骨が発見されています。
以下、北海道新聞 平成6(1994)年10月13日付夕刊より。
千歳で発見の頭がい骨 19年前の不明少女と断定歯と復元法で一致
当時、誘拐の疑いで捜査 千歳署
【千歳】七月に千歳市内の雑木林で見つかった女性の頭がい骨の身元を調べていた
千歳署は13日、1975年9月21日から行方不明の千歳市内の女子中学生(当時)のものと断定した。
この中学生は誘拐事件に巻き込まれた疑いもあったが、手掛かりがないまま、
捜査は打ち切られていた。二人暮らしだった父親は交通事故で死亡しており、
行方不明から19年たって見つかった遺骨を、同署は遺族を捜して引き渡す。
頭がい骨は7月28日、千歳市中央の国道337号から東に約850Mの雑木林で、
一部が土の中に埋まった状態で、胆辰管内、早来町内の造材業者が見つけた。
下あごの部分がなく、外傷もなかった。
尚、記事によると彼女のお父さんは89年4月、兵庫県明石市で
交通事故で亡くなっていたそうです。

116 :◆2u6a8AgQtUey :2015/02/02(月)21:53:37 ID:dpL
【歌舞伎町ラブホテル殺人事件】
 歌舞伎町のラブホテルを舞台にした、3つの未解決事件がある。1981年のことである。
 まず3月20日午前10時頃、新宿駅に近いラブホテル「ニューエルスカイ」で、女性が首を絞められて殺されているのが発見される。ホテルの部屋に残された名刺から歌舞伎町のホステスA子さん(自称33歳)と判明する。
勤め先のキャバレーの履歴書が調べられると、大阪府此花区出身と書かれていた。
 つづいて同年4月25日、歌舞伎町2丁目の「コカパレス」2階の客室で身元不明の若い女性B子さんが殺された。彼女の身元はついにわからなかった。
 同年6月14日(日曜日)午後7時50分、ラブホテル「東丘」で埼玉県川口市の工員C子さん(17歳)が犠牲となった。
 この3女性それぞれの同伴者は、A子さんは若い男、B子さんは3、40代のサラリーマン風の男、C子さんは30〜35歳くらいの丸顔に黒ぶちメガネのサラリーマン風の男だった。
 1996年3月から6月にかけて、いずれの事件も時効が成立している。
 
歌舞伎町関連おまけ
【赤い車と二人の少女】
 ラブホテルではないが、歌舞伎町を舞台にした未解決事件がある。一連の事件の1年後、1982年6月の事件である。
 6月6日、家出中だった品川区白金台の女子中学生・M子さん(14歳)と茨城県在住の友人X子さん(当時14歳)の2人は、新宿・歌舞伎町のディスコ「ワンプラスワン」で午前4時ごろまで踊っていたが、閉店後、近くのゲームセンターで声をかけてきた若い男と出会った。
男と少女たちはファーストフード店でお茶を飲み、そのうちにドライブに誘われた。
 男の赤いスポーツカーは千葉方面に向かっていた。M子さんが助手席、X子さんは後部座席に乗っていたが、X子さんは遊び疲れたのか、いつのまにか眠ってしまった。
 
 X子さんが目を覚ますと、車は山中に停められており、2人はいなかった。
そこに男が戻ってきて、X子さんに「散歩しよう」と言ってきて歩き始めたところ、突然顔を殴られ、後ろから首を絞められて失神した。
 2人が連れて来られたのは千葉市横戸町の花見川サイクリングコースだった。
 X子さんが意識を取り戻した時、M子さんはすでに殺害されていた。X子さんは泣きじゃくりながら歩いているところを近くの人に保護された。
 M子さんは押し倒されており、顔は全面紫色、両足のアキレス腱と首の頸動脈が切られていた。乱暴しようとして抵抗されたので殺害したように見られたという。
その後、現場近くで2人の首を絞めたと見られるゴムホースと、果物ナイフが見つかっている。
 M子さんは前年12月初め、茨城県古河市から品川区に引越し、区立高松中学校に通っていた。
両親は早くに離婚しており、ずっと茨城の祖母に育てられていたが、東京の母親と暮らすようになったからである。
ところが5月末に家出をして、X子さんに会いに古河市まで行き、2人で一緒に家出した。
 X子さんが目撃した男は25歳前後、身長170cmぐらい。小豆色の大型のスポーツカー(品川ナンバー)に乗っており、髪は首まで伸びたパーマ(当時流行のいわゆる「俊ちゃんパーマ」)、ツートンカラーのポロシャツ、そしてサングラスをかけていた。
「俺は大学生」「姉と2人暮らし」と話していた。X子さんはこの男に対して「陰気」という印象を持ったという。
モンタージュ写真が作成されたが、、手がかりすら浮かばず。結果的には1997年6月6日に時効を迎えた。
 犯人は大学生を自称し、品川ナンバーの車を乗り回していた。実家住まいで、裕福な家庭の息子、という想像ができる。今頃は普通のサラリーマンという顔をして街を歩いているのかもしれない。

117 :名無しさん@おーぷん :2015/02/02(月)21:57:22 ID:bLT
日本の未解決事件で一番怖いのはやはりプチエンジェル事件だな。
日本の闇の深さを如実に表していると思うよ
次いで妊婦切り裂き事件だなふ文章を読んでるだけで鳥肌が立つもの

118 :◆2u6a8AgQtUey :2015/02/02(月)22:01:40 ID:dpL
>>117俺もプチエンジェル事件には抗いようのない恐怖を感じる
妊婦腹裂き事件は手際の良さといい普通じゃないし、殺め方も映画や漫画より残忍だよな

119 :名無しさん@おーぷん :2015/02/02(月)22:11:33 ID:8W2
>>118 プチエンジェルは終結(仮)までのテンポが気味悪いくらい良いよな
警察の捜査は曖昧に終わり 事件を追っていたフリーライターが海に浮き、メディアも事件を一切報道しなくなる。裏が無いという方がおかしい程だ
今現在でさえも報道されないのも怖い

TOP お問い合わせ