2chまとめサイトモバイル

2chまとめサイトモバイル 掲示板
歪世界トレイン
[8] -25 -50 

1: ◆e.A1wZTEY.:2017/4/30(日) 20:25:16 ID:4iSJ1d7xp2

乗客Yx1

戸野 千織(トノ チオリ)

目が覚めたらそこは、走る列車の中だった



609: ◆e.A1wZTEY.:2020/11/1(日) 21:11:02 ID:aDFiMekXc6

千織「・・・!?」

部下4「大丈夫か」

千織「え・・・!?」

帽子を目深にかぶった部下4が、千織をかばうように立っている

部下5「なんだ貴様!!」バッ

バキッ!

部下5「がはっ」

部下4の拳を腹に受け、倒れ込む

610: ◆e.A1wZTEY.:2020/11/1(日) 21:13:49 ID:aDFiMekXc6

千織「車掌さん・・・!!」

風貌は警官だが、声は紛れもなく車掌だ

準隊長「はっ、部下に化けるなんて芸達者じゃないの!」

準隊長が銃をかまえ、発砲した

バンッ

千織「!」

車掌「っ・・・」

部下4の帽子が舞い、車掌の顔があらわになった

準隊長「・・・あは、まさか避けたの?今のを?」

611: ◆e.A1wZTEY.:2020/11/1(日) 21:15:59 ID:aDFiMekXc6

車掌「・・・」

車掌「・・・悪いが、今は千織を渡せない。退いてくれないか」

準隊長「は・・・?あなた、さっきは納得していたわよね」

準隊長「まさか今更になって人間の女の子を手元におきたくなっちゃった?」

車掌「・・・」

やや眉をしかめるが、問いには答えない

そのまま千織の身体を寄せ、腰を抱いた

千織「ひゃっ」

地を蹴り、ふわりと宙を舞う

612: ◆e.A1wZTEY.:2020/11/1(日) 21:21:19 ID:aDFiMekXc6

準隊長「!」

部下6「ぎゃひっ」

部下7「んげっ!!」

部下たちの顔を足台にしながら、列車に向かって飛んでいく

準隊長「ちっ」

バンッ バンッ バンッ

1発が車掌の腕をかすめたが、速度は落ちない

準隊長「くっ・・・」

顔をしかめたときには、車掌と千織は列車に到達していた

613: ◆e.A1wZTEY.:2020/11/1(日) 21:25:38 ID:aDFiMekXc6

車掌「発車だ」

ブリアン「まだ社内に警官が残ってるみたいだよー?」

横からブリアンの声がきこえた

車掌「かまわない。精力の手で追い出しておく」

準隊長「待ちなさい!!」

準隊長「こ、このまま逃げられると思っているの?列車なんてすぐに追跡できる、時間と労力の無駄よ!!」

車掌「・・・」

ブリアン「うるさいオバサンだなあ。さよなら!」

ぷしゅーっと音を立て、列車が走り出した

614: ◆e.A1wZTEY.:2020/12/23(水) 01:26:05 ID:GnFfdiuz6c
SS板が無くなってる…だと…
びっくりしましたがスレが残っていて良かったです
近日更新します

615: ◆e.A1wZTEY.:2020/12/27(日) 22:51:41 ID:v/MKOnGQpQ

千織「・・・」

へなへなと座り込み、震える瞳で車掌を見つめる

千織「車掌さん、あの人たちは・・・」

車掌「異界警察というらしい。千織を探していたようだ」

千織「っ・・・ほ、ほんとうに、警察なんですか?」

車掌「・・・わからない。私も初めて聞いた組織だ」

車掌「だが、沖恭太のことは知っていた。彼は無事だと言っていた」

千織「・・・はい・・・」

616: ◆e.A1wZTEY.:2020/12/27(日) 22:52:56 ID:v/MKOnGQpQ

車掌「・・・すまない。お前をあのまま異界警察に託したほうがよいのではないかと、私も考えた。だが・・・」

車掌「100%信用できたわけではないし、なにより・・・」

千織「・・・なにより?」

車掌「いや・・・」

車掌「・・・私にも、わからないんだ。今回の決断が正しかったのか・・・」

ブリアン「正しかったよ」

ブリアン「僕は車掌や千織と離れ離れになりたくないよ。2人だってそうだろう?」

ブリアン「車掌は、千織をあのまま手放したくないと思ったんだよ。その気持ちを尊重しようじゃないか」


617: ◆e.A1wZTEY.:2020/12/27(日) 22:55:12 ID:v/MKOnGQpQ

千織「車掌さんが・・・」

車掌「・・・」

車掌「・・・すまない。少し、休ませてくれ」

頭を押さえながら、小さく呟く

車掌「ブリアン。運転はするから、乗客の説得と誘導は頼む」

ブリアン「うん」

車掌「千織も無理に働かなくていい。奴らもすぐには追ってこれないだろうから」


618: ◆e.A1wZTEY.:2020/12/27(日) 22:58:19 ID:v/MKOnGQpQ

千織「あ、あの、車掌さん!」

千織「私は、助けてくれて嬉しかったです・・・!あのままお別れになるなんて、嫌でしたから」

千織「結果として、また迷惑かけてしまうことになると思いますけど・・・」

車掌「・・・」

車掌「千織のことは危険にさらさない。それだけは・・・約束する」

千織「・・・!」

車掌「私のことは気にするな。既に重罪のようだし、いつ捕まっても同じことだ」

千織「でも・・・!」

車掌「また、後で話そう」

帽子を被りなおすと、背を向け、運転室へ向かっていった

241.50 KBytes

名前:
sage:


[1] 1- [2] [3]最10

[4]最25 [5]最50 [6]最75

[*]前20 [0]戻る [#]次20

うpろだ
スレ機能】【顔文字






information
QRコード
友達に教える
お問い合わせ
TOP

(C)2009 llike.net/2ch/