2chまとめサイトモバイル

2chまとめサイトモバイル 掲示板
【初心者】ヘタッピSS道場【歓迎】
[8] -25 -50 

1:名無しさん@読者の声:2013/7/1(月) 22:41:24 ID:i9LVyGoa8Y
・ルール
参加希望者は1〜5レスを目処にSSを自由に作成して下さい。お題が欲しい場合は各自で希望して下さい。お題の提案や作品の感想は随時受け付けとします。覆面先生(SS作者)からのアドバイスも絶賛受け付け中とします。



400:名無しさん@読者の声:2015/4/18(土) 19:20:15 ID:lkRJvKZ7lE
女「コートの下……なにも着てない…?」パチクリ

老紳士「」ニコッ

女「」クスッ

女「まだ露出するには肌寒い時期ですよ?」

老紳士「野暮を言うでない?これだけが老後のささやかな楽しみなんじゃ?」

女「口ではなんとでも言えますけど…しわくちゃの金〇マが縮こまってますよ?」

老紳士「おやおや、寄る年波には勝てんな」シコシコ

キャーッ 不審者よー カツアゲよー

老紳士「やれやれ、この国も住みにくくなったわい。メキシコにでも移住しようかの」

いたずらな風「ひゅーっ」

女「きゃっ」ピラッ

老紳士「おほっ!パンチラ…むむ?お嬢さん…!も、もしやノーパ……むぐっ!」モガモガ

女「しーっ?」ウインク

老紳士「……!」ドピュッ

女「さよなら!」タタタッ

老紳士「……ほほほ!ゆとりもまだまだ捨てたもんじゃないのう?」

パトカー「」ピーポーパーポー

老紳士「さて、わしも行くとするかの。ルーラ!」ビュンッ

簡潔に完結
401:ヘタッピ:2015/4/26(日) 20:18:42 ID:/TQzeYtu9w
>>397-400さん、ご利用ありがとうございます。

ヘタッピ「先輩はどこへ、……はて」

ヒヨッコ「ヘタッピさん、お久しぶりです。お元気でしたか?」

ヘタッピ「はぁ、ヒヨッコさん。お久しぶりです。それなりに元気です。」ササッ

ヒヨッコ「新しい作品ですね。どれどれ」ササッ

ヘタッピ「(えっ、隠したはずの原稿がなぜそこに)」

ヒヨッコ「いわゆる変態系ですね。不条理系に近いですが、下品さに重点を置いた作品のようですね。」

ヘタッピ「バッサリいきますね。」

ヒヨッコ「老紳士の変態度が『女』に負けているのが残念ですね。最後の逃走手段がルーラというのは弱い気がします。ふんどし一枚になって馬に…」

ヘタッピ「と、ここまでということで、それではよろしければまたのご利用をお願い致します。」
402:名無しさん@読者の声:2015/6/9(火) 13:17:09 ID:upTuv45HKU
今日は10年目の結婚記念日だ。
そう、もう10年経つのだ。毎年大したことをしてこなかったが、今年は10年目という節目の年だ。これからも夫婦をやっていくつもりだし、よろしくという意味も込めて、数日前から準備をしていた。

プレゼントには安物だが、シンプルなリングを買った。帰りに赤い薔薇10本とケーキも買った。久々に愛してる、なんて言葉にしてみようとも思っている。

妻は喜んでくれるだろうか。なんて考えて思わず口許が緩んだ。ドアを開けて、ただいまと声を掛ける。いつもより明るい声が出た。
妻からの返事はない。聞こえなかったのかもしれない。リビングのドアを開くと、妻がテーブルに俯いて座っていた。

ただいま、ともう一度声を掛けると妻が漸くこちらを向いた。表情が暗い。気分でも悪いのだろうか。

おかえりなさい、と呟くように言うとまた下を向いてしまった。

「どうした。具合でも悪いのか?」
向かいの席に座って、妻の顔を覗き込む。
「……いいえ」
妻はゆっくりと首を振り、左手をテーブルの上に差し出した。左手の下には薄い紙がある。緑色の文字と枠――離婚届だ。

え、と声を上げ、妻を見る。
「別れて、下さい」
絞るように、妻が言う。
「何、で」
言いたいことは山ほどあるのに、纏められなくて漸く言葉になったのは、それだけだった。

妻は顔を上げ、俺の方を見る。薔薇とケーキの箱を見て、顔を歪めた。そしてまた俯く。
「……もう、無理です」
声が、震えている。
無理って、何が。何が、無理だって、言うんだ。
何か言いたくて、口を口を開くがたくさんの言葉が出ようとして胸が詰まる。結局口をパクパクと開閉しただけだった。

「もう、耐えられないんです」
耐えられないって、……
「私は、あなたの何ですか。妻ではないんですか」
そんなの、妻に決まっている。
「私は、貴方の召し使いでは、ありません」
顔を少し上げ、俺の目を見て、強く言った。
「ま、待ってくれ。俺はそんなこと思ったことはない」
一度だって、思ったことはない。
誤解されているのなら、何とかして解かねば。俺は妻を、愛している。別れるなんて、今の俺には考えられない。
「自覚がないのなら、尚更一緒にはいられません」
ピシャリ、と強い口調で言う。
俺に押し付けるように、離婚届を手前に置かれた。

妻の左手には、指輪が無かった。今日の朝まではしていたはずだ。
「……もう、今更よ」
チラリと薔薇とケーキの箱を見て、妻が呟く。

もう、駄目なのか。
離婚届の横に転がっていたボールペンを手に取った。
403:ヘタッピ:2015/6/15(月) 00:39:33 ID:ZBJqsNEYbc
>>402さん、ご利用ありがとうございます。

カタリ「バラとケーキに召し使い、昭和の香りがしますね」

ヘタッピ「はぁ」

カタリ「30才で結婚したとして40才。言葉の言い回しからするともう少し上に感じますね。あるいは熟年結婚した夫婦だったのでしょうか」

ヘタッピ「……。」

カタリ「俺さんに自覚はあったのでしょうか。原因がわからないままに離婚届けに手を伸ばすのは違和感を覚えますね。」

ヘタッピ「はぁ」

カタリ「せっかくの小道具です。バラは散らばるためにあり、ケーキは踏みにじられるためにあるとは思いませんか。」

ヘタッピ「はぁ、いやちょっと、それは……」

カタリ「楽しい気分から一転のどん底へ、その流れを演出するためにはそのくらいのインパクトがないと腑に落ちないものです」

ヘタッピ「はぁ」

カタリ「では、よろしければ、またのご利用をお願い致します。」

ヘタッピ「……」

ヒヨッコ「どうでしたか?」

ヘタッピ「何か違いますね。先輩のまねというなら、あっ先輩……」

カタリ「……」
404:シバ:2015/7/8(水) 23:37:01 ID:G5i1iW8iP2
タイトル:犬「ハッハッ(カナちゃん!)」カナ「何こいつ」


母「カナ〜、おいで!いいもの見せてあげるー」

カナ「なあに〜?おかあさん」

母はカナの前に段ボールを置くと、小学生のカナはしゃがみこんだ。重ねられ少し隙間のあいた段ボール箱からは懐かしい臭いがした。母はカナの笑顔が見れると期待しながら、その段ボール箱を開ける。

犬「ワン!」
(カナちゃん!カナちゃん!こんにちは!)

カナ「何こいつ…」
(こいつ、ちょくせつ脳内に!?)

段ボールの中には、赤毛と白の体毛をもつ、白い優しげな眉まろの可愛らしい柴犬の仔が、カナを見つめていた。

――――――――――――――

犬「わんわんにゃうー」
(カナちゃん、あそぼう!)
カナ「こっちくんな!」

カナは不思議と犬の言葉がわかり、犬も人の言葉がわかるようだった。
シバと名付けられたその子犬は、家にやってきてからカナの後ろをついて歩いた。シバはカナが起きる頃に起き、カナが眠る頃に寝る。カナになついていたにも関わらず、カナは一度もシバに笑いかけることはない。いつもいつも冷たくあしらっていた。

犬「じゃあ近付かなかったら、いい?」
カナ「いや。ちかづくな!しゃべるな!」
犬「うんわかった!カナちゃんの言うとおりにするね」


犬(カナの少し離れた周りをウロウロ)
カナ「…ここからうごかないこと!」

ピッとカナに指差された通り、シバはペットシーツの上に座る。

カナ「じゃわたしエリカちゃん家いくから」
(そういえばおかあさんにシバのお水たのまれてたっけ……)

振り返るとシバは変わらず動かず、寂しそうにこちらを見ている。その様子にカナの胸は波立つ。怒りに任せ、乱暴に扉を開けてカナは家をでた。蝉の声がうるさかった。


405:シバ:2015/7/8(水) 23:37:25 ID:rSw8LPzr8U

カナ「ただいまー」
母「カナ!」
犬(おかえり!カナちゃん!)

日が暮れた頃、カナが家に帰ると、肩を怒らせた母と、まだ成長しきっておらず、真っ直ぐな尻尾をご機嫌に揺らしたシバが玄関前で待っていた。

カナ「なに?おかあさん」
母「……あんた、シバに水あげなかったでしょう」

母の声は少し震えていて、その声を聞いたカナは唇を噛んだ。

母「母さんが早く帰ってきたから良かったけど、この真夏に、閉めきった部屋で水無しで、子犬のシバを放っておくなんて――」

犬「ワンワン!」
(違うんだおかあさん!ボクがカナちゃんにきらわれちゃうようなことしたから!)

今度は母が唇を噛んだ。まるでシバの言葉をわかっているように、母は謝りながらシバを撫でた。


母「シバ、あそこから動かずにこの部屋でずっと待ってたの。」
カナ「……ずっとあそこで?」

ちらりとカナがシバの方を見ると、シバは爛々と目を輝かせて尻尾をふる。それが遊びにさそうポーズだと、カナは知っていた。尻尾をああやってふるのは嬉しいときだと、カナは知っていた。ずっと前から。ずっとずっと前から。


カナ「なんでおかあさんは平気なの!?ユキがかわいそうでしょ!?」

ハスキー犬のユキは、カナと一緒に育ってきた。カナが起きる頃に起き、眠る頃に眠る。ユキがいない日はカナにとって無かった。だが、一年前の夏の日、ユキと散歩していたカナに車が突っ込んできたのだ。カナはユキにリードを引っ張られ直撃することはなかったが、直撃したユキは老いていたこともあり、治療を施しても治ることはなかった。
ずっとユキと一緒にいたのに、いなくなった途端新しい犬を飼ったら……

カナ「お前なんか……お前なんか要らない!!」

シバがくわえていた傷だらけの古い、青いボールが落ちる音でカナは我にかえった。そのボールには見覚えがある。ユキが遊んでいて、無くしてしまったボール。どれだけ探しても見つからなかったボールだ。
カナの脳裏にユキと遊んだ記憶が鮮明に蘇る。子犬の頃からボールで遊んだり、じゃれあったり、散歩したり。

カナ(楽しかった思い出は、消えるわけないのに…わたしシバに……)

犬「カナちゃんの大切なボール、ボク探したんだ…おかあさんからカナちゃんが悲しんでるって聞いて、それで……」

カナはシバの目の前の地面に膝をついた。ゆっくり手を伸ばし、触れた柔らかな赤毛は温かくて。


カナ「ごめんなさい!ごめんなさい!シバ!」

シバ「カナちゃん、くすぐったいよ」


それから青いボールで遊ぶ柴犬と仲の良い女の子はずっと一緒にいられました。おわり。


406:ヘタッピ:2015/7/18(土) 22:25:37 ID:6UGW8OnpRs
>>404-405さん、ご利用ありがとうございます。


ヘタッピ「投稿に気が付かなくて遅れました。すみません。」

カタリ「久しぶりの投稿、ありがとうございます。」

ヘタッピ「動物モノですね。しかも声が聞こえる系です。」

カタリ「なるほど……」

ヘタッピ「先輩……、何か」

カタリ「いえ、ヘタッピ君が分類したようにすでに存在するジャンルなんですね、と思いまして。」

ヘタッピ「はぁ」

カタリ「四コマ漫画で連載中のこちらは商業紙に長く連載されています。それだけ、評価される可能性のあるネタと言えます。」

ヘタッピ「はぁ(コンビニでよく見かけるアレですからね)。えーと、先輩的に404さんはどのような評価ですか」


カタリ「評価というと硬いですが、残念な作品に感じます。」

ヘタッピ「と言いますと」

カタリ「声が聞こえるという設定が必要のないところですね。あるいはお母さんだけが不思議な力を持っていて、声が分かるように振る舞っている、からの今回の物語の最後に主人公の成長の証として声が聞こえるようになるという展開はいかがでしょうか。」

ヘタッピ「はぁ」

カタリ「ではよろしければまたのご利用をお願い致します。」

ヘタッピ「あっ、ヒヨッコさん」

ヒヨッコ「一足、遅かったようですね。出直します」チッ

ヘタッピ「へっ?」(; ̄Д ̄)?ナゼニシタウチ
407:涙雨:2015/8/19(水) 16:04:31 ID:migeQ6z61M
 じりじりと陽の光が照りつける中、僕は風呂敷包みを一つ抱え、三里先の質へと向かう。
 中身は結婚を翌月に控えた姉さんの振袖。祖母から母、そして姉へと受け継がれたそれは、金に姿を変え、後に嫁入り道具に化ける。
 婚家への持参金を工面させる為とはいえ、忍びない。
 朱色の布地に金色の飾り糸で彩られた蓮の花が咲き、魅せられたのは今は昔。手放すのは惜しい一品だが、背に腹は変えられない。手ぶらで嫁ぐのは先方にあまりにも失礼だ。

「どうせ……はした金になるなら、欲しがっている人に着てもらいたい」
「あら、わたくしが着ましょうか?」

「はい?」

 不意に声をかけられ振り向くと、田舎道には不釣り合いな白無垢の女性が立っていた。
 絹のように美しい黒髪、透き通った白い肌、紅よりも鮮やかで艶やかな唇。どれを取っても浮世離れした美しく、そして妖艶な人がそこにいた。

「どうせ質に持って行っても二束三文。わたくしが着るわ」

「振袖は未婚の女性が着るもの。どう見ても貴女は……」

 二歩、三歩と後ろに下がり、上から下まで眺める。どこをどう贔屓目に見ても、その身に包んでいるものは白無垢にしか見えない。

「平気よ、わたくしは結婚しないもの。これはあくまでも趣味で着ていますの」と胸を張ってきっぱりと言った。
 妙な流れに僕は人知れず頭を抱えた。言葉が通じない相手にどうして切り抜けようというのか……。

「まあ……立ち話もあれですし、移動しましょう。直に雨も降るわ」

「雨?」

 言葉に釣られて空を見上げたものの、相変わらず陽の光は照りつけ、清々しい青が広がっていて雨の気配は感じられない。
 今日も良く晴れそうだ。暑さにはうんざりする。

「涙雨、半刻で止むわ。濡れたくないのなら……ほら早く移動しましょう」

 背中を押され、半ば強引に木の下に移動させられる。道端にポツンと直立していたケヤキ。木陰の岩が、お誂えの椅子になっている。
 直後に青空が涙ぐむ。ポツリポツリと雨が降り始めた。

「狐の嫁入り」

僕の呟きに「何ですのそれは?」と顔をずいっと寄せ、女性は問いかける。仕方ないので説明してやった。

「晴れた日に降る雨のことですよ」

「ふふっ教えていただきありがとうございます。ではこちらを」

 口元に笑みを浮かべ、ずっしりと重みのある小袋を手渡してきた。上質な絹で作られていて、素人の目でも高価なものと分かった。

「これは?」

「貴方が一番欲しい物。お礼は後ほどいただくわ」

 そう言い残すと、くるりと身を翻しどこかへ行ってしまう。あまりに突然の出来事に思考が一瞬吹き飛ぶ。
 見知らぬ方からいただけませんと突き返そうとしたが、一瞬だけ透けて見えたある物に僕は声もなく笑った。

408:涙雨:2015/8/19(水) 16:05:24 ID:migeQ6z61M

 月明かりが優しく降り注ぐ頃、僕は家を抜け出す。
 昼間の風呂敷包みと、とっておきの物を抱えて。

「あらあれでは足りなかったのかしら?」

「むしろ余りましたよ。一体何のつもりですか『土地神様』」

「ささやかな御祝いですわ。それより『人間』……先程から抱えているそれは?」

 好奇心の固まりとなった土地神様に苦笑いし、僕は風呂敷を差し出す。

「ふふ大事にしますわね。それといくら忙しくとも供物を忘れぬように、半年も姿を見せなくて心配で……嵐を呼ぶところでしたわ」

 満面の笑みで振袖を抱えてはしゃぐ土地神様を横目に、僕は人知れずため息をついた。 退屈しのぎに嵐を呼ばれたらたまらない。これからは忘れずに供物を届けなければ……。
 月明かりが土地神様と僕を照らす。明日も良く晴れそうだ。
409:理屈:2015/10/14(水) 07:40:12 ID:C5Lai5gE8w
苦しんでいる人がいた。
その人は遠い昔、ある田舎道に倒れていた。
息が出来ないと、声にもならない声でその場にいた人に助けを求めた。

男の子はそれを見ると助けを呼びに全速力で駆け出した。暫くすると男の子は息を切らしながら大勢の大人を連れて戻ってきた。

大人達は倒れている人と自分達との、“色”の違いを指摘した。「他国の者なんて放っておけばいい」

そうして男の子の手を引いて倒れていた違う人をそのままにした。


もう一人、苦しんでいる人がいた。
家なきその人は都心の道路に倒れていた。
息が出来ないと声にもならない声で、周りの人々に助けを求めた。

それに気付いた女の子は先を歩く母親の足を止めた。
母親は振り返ると「二度と目を合わせるんじゃない」と言って女の子の手を引き、足早にその場を離れた。


結局は時代を越えて、苦しんでいた二人は誰にも救われることはなかった。


助けられない“理屈”なんて一生わからなければいいのに。
275.75 KBytes

名前:
sage:


[1] 1- [2] [3]最10

[4]最25 [5]最50 [6]最75

[*]前20 [0]戻る [#]次20

うpろだ
スレ機能】【顔文字






information
QRコード
友達に教える
お問い合わせ
TOP

(C)2009 llike.net/2ch/