2chまとめサイトモバイル

2chまとめサイトモバイル 掲示板
カロル「ボクが世界を変えてみせる」【完結編その2】
[8] -25 -50 

1: ◆WEmWDvOgzo:2015/8/1(土) 00:00:58 ID:/WYEXwH6vk
http://llike-2ch.sakura.ne.jp/bbs/test/mread.cgi/2ch5/1356265301/1-10

1スレ(少年「ボクが世界を変えてみせる」)

http://llike-2ch.sakura.ne.jp/bbs/test/mread.cgi/2ch5/1385288769/1-10

2スレ(カロル「ボクが世界を変えてみせる」)

http://llike-2ch.sakura.ne.jp/bbss/test/mread.cgi/ryu/1416136192/1-10

3スレ(カロル「ボクが世界を変えてみせる」【完結編】)

あらすじはそれぞれの1参照(考えるのがめんどくかったんです。ごめんなさい)

>>2から本編になります!


11: ◆WEmWDvOgzo:2015/8/1(土) 00:20:50 ID:Uy/w6CDiOE
祖父「どちらにせよ、お前たちの間に産まれれば良い子であるのは間違いなさそうだな?」

フィズス「そ、そんなぁ…」テレッ

マリー「あ、でもあなたに似たら少し頼りないかも…?」

フィズス「え?そ、そうかな?」オロオロ

マリー「えぇ、いつもヘラヘラしてるし身長は高いのに体は細いし…言葉遣いもナヨナヨしてるもの?」

フィズス「うっ…」グサッ

祖父「はっはっ…君も父親となる以上、お腹の子とマリーを守れるようにならなくてはな?」

フィズス「ど、努力します…!」

祖父「まずはその口調から直してみたらどうだ?"ぼく"というのを"俺"にしてみるとか…」

フィズス「は、はい!お、おれ…俺が二人を守ってみせます!」キリッ

マリー「ぷっ…あはははは!全然合ってないじゃない!」ケラケラ

フィズス「えぇ〜…」ガーン

祖父「ま、まぁ…続ければ馴染むだろうさ…ぷぷ!」プルプル

フィズス「お、お義父さんも笑ってませんか!?」

マリー「きゃはははは!」ケラケラ

祖父「はっはっ…」クスクス

フィズス「な、なんで二人とも笑うのさ!俺って言っただけなのに!?」アタフタ

アハハハハハハ!

……………………
12:名無しさん@読者の声:2015/8/6(木) 19:11:33 ID:27huhh/BmI
マリーさんマジ天使
CCCCCCCC
13: ◆WEmWDvOgzo:2015/8/7(金) 22:20:00 ID:MjrjC5RLn.
>>12
なんてもったいないお言葉!ありがとうございます!
自分のキャラに愛着を持っていただけるのはとても嬉しいです!
支援ありがとうございました!
14:名無しさん@読者の声:2015/8/8(土) 01:12:12 ID:pmvdmKrZIQ
私ファルージャが好きだわ…あの傲慢さに見え隠れする哀しさが何とも言えない
15: ◆WEmWDvOgzo:2015/8/8(土) 18:48:09 ID:YUaqlqK50k
>>14
おぉ!まさかのファルージャですか!
美人でエロい女帝といういかにもありがちなキャラなので自信が無かったですが気に入っていただけてありがたいです!
前スレでは出番が少なかったですが今回こそは活躍させたいですねw
本当に嬉しいです!ありがとうございました!
16:遅くなってすみません! ◆WEmWDvOgzo:2015/8/10(月) 01:12:44 ID:jOOK1VnbDQ
〜〜〜昼〜〜〜

―――ミラルドの町(市場)―――

母(マリー)「(……また、思い出しちゃった。けれど、もう辛くない)」

母「(あれから色々な出来事に見舞われてはきたけど…今はこうして最愛の息子と新しい場所で静かに暮らしてるんだもの)」スタスタ

孤児1「ママー!あれも買おうよ?」グイグイ

孤児2「ぼくもほしいー!」

母「ダメよ?お夕飯の食材を買いに来たんだから?」メッ

母「(それに血は繋がってないけど大勢の賑やかな家族も出来て穏やかな生活を続けられてるわ……)」シミジミ
17: ◆WEmWDvOgzo:2015/8/10(月) 01:15:01 ID:ghswXoejkk
―――ミラルドの町(孤児院)―――

母「帰りましたよー…あら?」

スッスッ パサッ

ナラ「あ、おかえりなさい」セッセッ

母「まぁナラちゃん!お洗濯してくれたの?」ビックリ

ナラ「きょうはミシングさんもいないし、マリーおばさんだけだと…たいへんだから」

母「ありがとう!とっても助かるわ?」ニコッ

ナラ「えへへ…どういたしまして?」テレッ

母「ナラお姉ちゃんはしっかり者ねー?二人も見習いましょうねー?」ニコニコ

孤児1「うん。ねーちゃん、えらーい!」

孤児2「ぼくもてつだう!」

ナラ「あ、じゃあ…たたむの、おねがいしていい?」

孤児1「いいよー!」

孤児2「やるー!」

母「(普段はおとなしくて控えめな子だけど気立てが良くて頼りになる子…。
ナラちゃんはきっと将来、いいお嫁さんになるわ?)」ニコニコ

母「さてと…お風呂の準備して、ご飯作っちゃいましょ」スタスタ
18: ◆WEmWDvOgzo:2015/8/10(月) 01:16:50 ID:ghswXoejkk
〜〜〜夕方〜〜〜

ガチャッ

ルーボイ「帰ったぜー!」ポイッ

ドサッドサッ

カロル「ただいまー!」スタスタ

マルク「わんっわんっ!」ハッハッ

ナラ「おかえり…あ、ルーボイ!ちらかしたらダメ!」

ルーボイ「うるせーな!後で片付けるっつの!」

ナラ「あとじゃなくて、いま!」

ルーボイ「うっ…な、なんだよ!疲れてんのに!?」

ナラ「あそんでただけでしょ!」

ルーボイ「そ、そうだけどよ…」マゴマゴ

カロル「いいよ。ボクが部屋に戻しておくね?」ヒョイッ

ルーボイ「お!サンキュー!」

ナラ「じ、じぶんでやらせないとダメだよ…?」オロオロ

ルーボイ「いいじゃん!こいつがやりてーっつーんだから!な?」

カロル「うん、そうだよ?」ニコッ

ナラ「うー…あ、あんまり…あまやかさないで?」モジモジ

ラム「そうそう。ただでさえ、だらしないんだから少しは自分でやってもらわないとね?」ヒョコッ

ルーボイ「うわあ!?いつからいたんだよ、おまえ!?」ピョンッ

ラム「今、帰ってきたとこ」スタスタ
19: ◆WEmWDvOgzo:2015/8/10(月) 01:19:17 ID:ghswXoejkk
ラム「あー疲れた。もうご飯出来てるの?」

ナラ「まだ、だよ。きょうはおしごとだったの?」

ラム「まぁね。仕事っていうか手伝いだけど」

カロル「お疲れさま!荷物重たいでしょ?部屋に戻してくるよ?」スッ

ラム「ありがとう?僕は自分でやるから平気だよ?自分でね?」チラッ

ルーボイ「うっ…」

カロル「そう?じゃあルーボイくんのだけ2階に片付けちゃうね!」タッタッ

ラム「」ジーッ

ナラ「」ジーッ

ルーボイ「な、なんだよっ!?」

孤児1「いーけないんだ、いけないんだー!」

孤児2「おしおきオバケに言っちゃーお!」

ルーボイ「や、やめろっ!またケツひっぱたかれんだろ!?」アセアセ
20: ◆WEmWDvOgzo:2015/8/10(月) 01:21:23 ID:ghswXoejkk
母「あら、3人とも帰ってきてたの?」

カロル「うん!ルーボイくんと町外れの川で釣りしてきたの!」

ルーボイ「ぜんぜん釣れなかったけどなー。やっぱパンの耳じゃ食わねーのかな?」

母「そ、そう…楽しそうでよかったわねぇ?(パンの耳……)」ヒクヒク

カロル「ボクはお魚さん見ながらのんびりしてるだけで楽しかったよ?ねー、マルク?」ナデナデ

マルク「クゥーン!」スリスリ

ルーボイ「釣れなくて何が楽しいんだっつの。変なやつ…」

母「うふふ…」ニコニコ

母「(ルーボイくんは坊やが初めて一緒に遊んだお友達だったっけ…。
ちょっぴり乱暴でわがままだけど…わんぱくで友達思いのいい子だわ?)」

ルーボイ「明日はチビ達も連れてって森で虫取りしよーぜ!」

カロル「うんっ!」パァァ

母「(面倒見もよくて毎日、坊やと遊んでくれて…親としてはこういう子が一番ありがたいのよね。
まぁ自分が遊びたいのもあるんでしょうけど?)」クスッ
21: ◆WEmWDvOgzo:2015/8/10(月) 01:23:12 ID:ghswXoejkk
母「ラムくんは図書館でお手伝いしてきたんでしょう?どうだったの?」クスッ

ラム「え?あ、えっと…普通です…。
まだ何もさせてもらってないし…掃除とか本の整理とか…雑用ばっかりですから」モジモジ

母「そんなことないわよ?雑用も立派なお仕事ですもの?」

ラム「…そうですね」

母「あなたはとても利口だから、ちゃんと続ければみんなに分かってもらえるわ?」ニコッ

ラム「……う、うん。ありがとう…ございます」ドギマギ

母「(この子はまだあたしに慣れてくれてないみたい…。それもそうよね。
友達の母親なんて関係上は割と縁遠い立場だし他人行儀になっちゃうのかも)」シュン

『ラム……いい子で待っててね。すぐ…迎えに行くから』

ラム「かあ…さん…」ズキンッ

母「え?」

ラム「あ、違います!なんでもないです?」アタフタ

母「そう…?」キョトン

ラム「(カロルくんのお母さんだって分かってるけど…なんか……)」ハァッ
22: ◆WEmWDvOgzo:2015/8/10(月) 01:24:43 ID:ghswXoejkk
母「さ、みんな先お風呂に入っちゃって?もうすぐご飯も出来上がりますからね?」グツグツ

カロル「はーい!」

ルーボイ「俺は後でいいや」

ナラ「わたし、はいってこようかな。いい?」スクッ

カロル「いいよ!」ニコニコ

ナラ「じゃあ…さきにはいっちゃうね」スタスタ

ガチャッ バタンッ

ラム「ナラが上がったら入ろうかな…。二人も洗ってあげるから入ろうね?」

孤児1「えー?いつもミシング姉ちゃんが洗ってくれるんだよー?」キョトン

ラム「ミシング姉さんは遅くまで帰ってこないから今日は僕と入ろう?」

孤児2「じゃあママはー?」

ラム「…か、カロルくんのお母さんはご飯の支度してるから」

孤児1「カロル兄ちゃんのじゃないもーん!みんなのママだもーん!」プンプン

孤児2「そうだ、そうだ!」プンプン

ラム「」チラッ

ルーボイ「げっ!お前の母ちゃんが作ってんのかよ?本当に大丈夫か…?」ビクビク

カロル「どうして?お母さまのご飯、おいしいじゃない?ね、マルク?」

マルク「わ、ゎんっ…」モゴモゴ

ラム「(カロルくんは気にしてないみたいだけど…いいのかな)」

孤児1「ママとはいるー!」ジタバタ

孤児2「ぼくもママがいいー!」

ラム「……」
23: ◆WEmWDvOgzo:2015/8/10(月) 01:26:20 ID:ghswXoejkk
ワイワイキャッキャッ

パクパク モグモグ

母「どう?ちょっとお塩入れすぎちゃったかしら?」

カロル「ちょうどいいよ!」パクッ

ルーボイ「(何がどう丁度いいんだよ…?)」ズーン

ラム「(塩の量とか関係ない…)」ブルブル

ナラ「(カロル…おいしそうにたべてる)」ヒクヒク

孤児1「うえー!まずーい!」ペッペッ

孤児2「コゲコゲだよー!」

ルーボイ&ナラ&ラム「」ビクビクゥゥッ

カロル&母「え…?」ピタッ

孤児1「ぼくたべなーい!ヘタクソだもん?」プイッ

孤児2「ぼくも!ミシング姉ちゃんに作ってもらうからいらなーい!」コトッ

ラム「ふ、二人ともなに言ってるんだよ!」オロオロ

孤児1「だ、だってまずいもん」ムスッ

カロル「そ、そんなことないよ。おいしいじゃない?」アセアセ

ナラ「そ、そう!おいしい!」パクッ

ナラ「うっ…」クラッ

孤児2「やっぱりまずいんじゃん!」

ナラ「お、おいしい…よ。うぷっ…」プルプル

ルーボイ「む、無理すんなよ……あっ」ハッ

母「無理…させちゃってたの?」

ルーボイ「ち、ちちちちげーし!してねーし!」アタフタ

ナラ「うっ…んぅ……」プルプル

母「……」
24: ◆WEmWDvOgzo:2015/8/10(月) 01:28:41 ID:jOOK1VnbDQ
ラム「作ってくれた物に文句言ったらダメだよ!」

孤児1「な、なんでよ!本当にまず……」

ラム「まずいって言うなら何も食べなくていい!ミシング姉さんにもそう言うから!」カッ

孤児1「じゃあラム兄ちゃんは食べれるの!?」

ラム「え?た、食べれるよ!当然だろ!」

孤児1「じゃあ食べてよ!ぼくのもあげる!」ササッ

孤児2「ぼくもあげるー」ススッ

ラム「え…ちょっと待っ」

ズラァァァァ

孤児1「食べれるんでしょ!」

孤児2「全部食べてよ!」

ラム「た、食べるよ…。食べるけど…食べれるかって聞かれたら…食べれるんだけど…食べるの?これ全部…?」ブツブツ

ルーボイ「ら、ラム!気持ちは分かるけど落ち着け!」アセアセ

ナラ「わ、わたしたちも…っ…て、てつだうから」ヨロッ

母「いいのよ。みんな?何か出来合いの物を買ってくるわね?」ニコッ

ラム「えっ」

ルーボイ「おばさん…?」

ナラ「だ、だいじょうぶ…だよ?」

母「ううん、いいの!自分でも味付け間違えちゃったかなーって気付いてたのよね!
食材、無駄にしちゃってミシングさんには申し訳ないわ!後で謝らないと…」スクッ

ラム&ナラ&ルーボイ「………」

母「お皿、一回全部洗い場によけちゃうわね…」サッサッ

孤児1「お腹すいたー!」

孤児2「ぼくも!」

母「あ、ごめんなさい、もう遅いものね?先にご飯買ってきましょ!」ダッ

ガチャッ バタンッ
25: ◆WEmWDvOgzo:2015/8/10(月) 01:31:14 ID:ghswXoejkk
ラム「はぁ…なんであんなこと言ったの?」ジロッ

孤児1「本当だもん!」

孤児2「そうだよ!」

ルーボイ「お前らぁ!?」ガタッ

孤児1「」ビクッ

孤児2「」ウルッ

ルーボイ「まずいとか言ったら、おばさん落ち込むに決まってんだろ!なんでそんな事も分かんねーんだよ!?」プンスカ

孤児1「びえーん!」ブワァッ

孤児2「ルーボイ兄ちゃんが怒ったー!」ブワァッ

ルーボイ「泣いてりゃなんでも許されると思ってんじゃねーぞ!?」ブチィッ

カロル「…いいよ。怒らないで?」

ルーボイ「え?」

カロル「二人は悪くないよ。好き嫌いってあるもんね?」ニコッ

ルーボイ「はぁ?こいつら、お前の母ちゃんにひでーこと言ったじゃんかよ!?」

カロル「しょうがないよ。苦手なのに我慢して食べるのってツラいじゃない?」

ルーボイ「だ、だからってまずいとか言うことねぇじゃねーか!」

ラム「そうだよ。ルーボイにしては珍しく正しい事を言ってると思うけど」

ルーボイ「"しては"ってなんだ!"しては"って!?」
26: ◆WEmWDvOgzo:2015/8/10(月) 01:32:31 ID:jOOK1VnbDQ
カロル「そういうの、まだ難しいよ。それにボクもちっちゃい頃は好き嫌いあったもの」

ナラ「カロルが…?」ビックリ

カロル「うん…。お母さまとお祖父さまと三人で旅してた時ね、あんまり食べる物がなかったんだ」

カロル「だから葉っぱと水だけとか…芋虫に蛙に栗鼠…木の幹をかじったりもしたよ」

ルーボイ「げぇっ…!そ、そんなのどうやって食うんだよ…!?」オエッ

ナラ「い、いもむし…カエル…リス…!?」ヒィー

ラム「あ、分かるなぁ。僕も人間に無理やりキリギリスとかカラスの死骸なんかを食べさせられたりしたよ」

ルーボイ&ナラ「!?」ギョギョッ

カロル「…ボクも喜んで食べてた訳じゃないから、お母さまにひどい言葉を言っちゃったりもしたんだ」

ルーボイ「そ、そりゃそんなモン食える訳ねーじゃん」

カロル「この子たちにとってはお母さまの作ったご飯がそうだったんだよ。たまたま?」

ルーボイ「(いや、正直、俺達だって食いたくねぇけど…)」

孤児1「ひっ…うえ…」グズグズ

孤児2「うわーん…」グシグシ

カロル「泣かなくていいよ。大丈夫。みんな怒ってないからね?」ヨシヨシ

孤児1「ぁぁあああん!!」バシッ

カロル「えっ?」ビクッ

孤児2「やぁぁだぁぁぁ!!!」ゴロゴロ

カロル「」アセアセ

ルーボイ「もうほっとけよ。どうせ何言ってもずっと泣いてっから?」

ラム「そうそう。こういう時はミシング姉さんか宣教師様が宥めるんだ。
どうしたって僕たちじゃ悪化させるだけだからね」

ナラ「…なきつかれたら、おとなしくなるよ?」

カロル「そうなんだ…」
27: ◆WEmWDvOgzo:2015/8/10(月) 01:35:34 ID:ghswXoejkk
〜〜〜夜〜〜〜

ミシング「はー…クッタクター……」ガチャッ

母「おかえりなさい。お疲れ様でした?」パタンッ

ミシング「あれれ?お母さん、まだ起きてたんですか?」

母「えぇ、ミシングさんが外で頑張ってらっしゃるのにあたしが先に寝てしまうのは申し訳なくて…」ウトウト

ミシング「そんなー!気にしないでいいんですって!
ここは三食昼寝付き、就労時間はご自由にがモットーなんですから!」

母「ふふふ…そういえば今日は遅かったんですね?」

ミシング「ホビットの二人の移住先が決まったんで役場で住民登録の解除手続きと移住許可証の発行をしてもらったんですよー。
その後、大聖堂まで送ってー…向こうに待機してもらってー…って感じで?
いやーこんなに遅くなるなんて思わないから…もうみんな寝ちゃってるかなーなんて!」ヌギッ

母「あぁ、前に話してましたわね…。二人は大聖堂に待機したまま帰ってこないんですか?」

ミシング「先に出発の準備だけ済ませてあったんで他の移住者と交流しながら迎えの馬車を待つみたい?
馬車は1週間くらいでこっちに着く見込みだけど…送別会とかしたかったにゃー」

母「いいじゃありませんか!是非しましょうよ?」

ミシング「…断られちゃったんですよねー」

母「まぁ?どうして?」

ミシング「『思い出はたくさんもらったから、これ以上、増やしちゃったら前に進めなくなる』って……」

母「…でしたら、ここに残る選択肢も……」

ミシング「あたしはそうしてくれて構わないんだけどー…。
二人は二人でいっぱい悩んだだろうし、それでも一人立ちしたいって決めたんならね…?
短い間だけど保護者だった身としては見送ってあげるべきなのかも?」

母「あたし達がお邪魔して…気まずくさせちゃったのかしら」シュン

ミシング「あはは!違いますよ、全然?マリーさん達が来る前から、ちょくちょく相談されてたから?」
28: ◆WEmWDvOgzo:2015/8/10(月) 01:39:08 ID:jOOK1VnbDQ
ミシング「まぁー…あの二人、ああ見えてあたしより年上だったんですよねー。びっくり!
だからか知らないけど、いろいろ考えてて…なんだかんだ自分たちで生活していくのを望んだのかにゃ?」

母「そうですか…。寂しくなりますわね?」

ミシング「うん、そうなんだけど…寂しいのはお互い様ですもんね。
あんまり名残惜しくしちゃうとホビットの二人も辛くなりますよ、やっぱり?」

母「そうですね…。子供たちもいつそういう選択をするとも限りませんし…。
そうなった時、何も言わず背中を押してあげるのが保護者の役目なのかもしれないわ…」

ミシング「そうそう。お別れを悲しむより祝福して見届けなくちゃ?」ニコッ

母「(……坊やにもいつかそんな日が来るのかしら)」

ミシング「…マリーさん?」

母「あ、すみません!ちょっとボーッとしちゃって?」ハッ

ミシング「もうこんな時間ですもんね。あたしは湯浴みして日誌書いてから寝るんで遠慮せず寝ちゃってください」

母「は、はい…。じゃあお言葉に甘えて…」

ドタバタ ガタンッ

母「あら…?二階から…?」

ミシング「んもー!あの子たちったらー…お仕置きオバケの出番かにゃ!」

タタタッ

ナラ「ま、マリーおばさん!ミシングさん!」アセアセ

ミシング「あ、ちょっと待って!まだ変身してない!」ヌギヌギ

母「こんな真夜中に慌ててどうしたの?」

ナラ「カロルが…!」

ミシング「んー?ケンカしてるの?」

ナラ「ケンカ…っていうより」マゴマゴ

ダンッダンッ ガタンッ

ミシング「…とりあえず近所迷惑だから止めなきゃだねー」

母「ぼ、坊やったら…何したのかしら?」アセアセ

ナラ「は、はやく!」
29: ◆WEmWDvOgzo:2015/8/10(月) 01:44:20 ID:ghswXoejkk
―――孤児院(共用部屋)―――

ルーボイ「だぁぁもう!やめろっつってんだろ!?」ガシッ

孤児1「やーだー!やだやだ、やーだー!!」ジタバタ

孤児2「うわーん!!」ブンッ

ガンッ

ラム「積み木なんか投げたらダメじゃないか!当たったらケガするんだよ!?」ガシッ

カロル「……」シュン

ナラ「ミシングさんたち、よんできたよ!」タタタッ

ミシング「なにやってんのー!消灯過ぎてるでしょー?」スタスタ

母「いったいどうしたって言うの?」スタスタ

孤児1「ママー!うわぁぁあああん!!」ダキッ

孤児2「兄ちゃんたちがいじめるのー!?」ダキッ

母「え…?」

ミシング「あー散らかしちゃって、もう?お掃除大魔王ミシングちゃんの腕の見せどころじゃないのよ?」キョロキョロ
30: ◆WEmWDvOgzo:2015/8/10(月) 01:46:45 ID:ghswXoejkk
ルーボイ「いじめてなんかねーよ!こいつらが勝手に……」

孤児1「うわぁぁぁんあんあん!!」バタバタ

ルーボイ「あーうるせぇ!泣くな!」

母「坊や…何があったの?」

カロル「……」

母「ちゃんと説明してちょうだい。お母さん、怒ってないから?」

ラム「あの…」

母「?」

ラム「二人が急に…カロルくんに怒り出したんです」

母「…そうなの?」

ラム「カロルくんがマリーさんの話をしてて…それを聞いたら、いきなり」

母「それだけで…?」

ラム「…『ママはぼくたちのママだ』って」

母「え…?」ジッ

孤児1「えぅ…ひっく」ウルウル

孤児2「だって…そうだもん」ウルウル

母「み、みんなで仲良くしましょ?ね?」アセアセ

孤児1「やだっ!ぼくのママがいい!!」ジーッ

孤児2「ぼくも!?」ジーッ

母「そ、そんなこと言われても…」

ミシング「マリーさんを困らせないの!めっ!」

孤児1「こまらせてない!」ガァーッ

ミシング「は、反抗期…!?」ガーン

孤児2「ぼくたちの…ママになってくれたもん…!」グスッ

母「(思ってくれていいとは言ったけど…)」オロオロ
973.18 KBytes

名前:
sage:


[1] 1- [2] [3]最10

[4]最25 [5]最50 [6]最75

[*]前20 [0]戻る [#]次20

うpろだ
スレ機能】【顔文字






information
QRコード
友達に教える
お問い合わせ
TOP

(C)2009 llike.net/2ch/