2chまとめサイトモバイル

(*^○^*) 賭博黙示録ポイジ

Part9

684: 名無しさん@おーぷん:15/11/16(月)23:10:07 ID:GUH
 
─── 次の日

モブA「よーし今日こそ作業を終わらせるぞー」

(*^○^*)「ういー」

モブA「よし、それじゃあポイジは土をあそこに運んでくれ」

(*^○^*)「その前におしっこー」 タタタ

モブA「……」 プルプル…


(*^○^*)「えーとキョロキョロ」

モブB「…」 テクテク

(*^○^*)「あっ、Bくーん!」 タタタ

モブB「ん? 何だ?」

(*^○^*)「お金貸してー」

モブB「は!? な、何言ってんだよ! 俺は勝負に負けて、給料前借りの身で…」

(*^○^*)「ちょっとでいいんだ! 10倍にして返すんだ!」

モブB「う、胡散くさ! 信用できない!」

(*^○^*)「再来週のはんちょーとの勝負に使うんだ。 資金が欲しいんだ。 貸してーお願い」

モブB「再来週の勝負?」

(*^○^*)「うん。再来週の賭場で、はんちょーをボッコボコにするんだ。 なるべく大金で勝負したいんだ」

(*^○^*)「勿論、勝ったらその分上乗せして返すんだ。 そっちにも美味しい話なんだ」

(*^○^*)「ねえ、Bくんもはんちょーにボッコボコにされてお金巻き上げられたんだ? 仇を取るんだ!」

モブB「……」

モブB「ほらよ、少ないが」 パサッ

(*^○^*)「ありがとー」 タタタ
 
685: 名無しさん@おーぷん:15/11/16(月)23:10:52 ID:GUH
 

 
モブC「はあ? 金貸せ?」

(*^○^*)「Cくん、はんちょーにお金巻き上げられたことない?」

モブC「……」

(*^○^*)「ね? 取り返すチャンスなんだ! お金貸してーねーおねがーい」


(*^○^*)「毎度ー」

(*^○^*)「ねえねえDくーん」

(*^○^*)「Eくーん」

(*^○^*)「(ry

 ・
 ・
 ・
 ・

(*^○^*)「いっぱいお金集めたんだ!」

三好「わ、凄い……こんなに……」

(*^○^*)「ふっふっふー、色んな人にお金借りたんだ。 これで大勝負できるんだ!」

三好「はあ、でも、わざわざこんなに借りる意味あるんですか?」

(*^○^*)「まーまー、お金はあるに越したことは無いんだ。 それに、お金だけが目的じゃないんだ」

三好「お金だけじゃない?」

(*^○^*)「まあ、エビングハウス先生が正しけりゃ上手く行くんだ」

三好「??」

(*^○^*)「それにしても……お金がいっぱい……」 ジー

(*^Q^*) ジュル…

三好「だ、駄目ですよ! これ使っちゃダメです! 貴重な資金なんですから!」
 
686: 名無しさん@おーぷん:15/11/16(月)23:10:54 ID:Yja
モブBイケメンすぎィ!

687: 名無しさん@おーぷん:15/11/16(月)23:11:46 ID:ScI
サイコパスの特徴としてカリスマ性がある事が挙げられるからな

688: 名無しさん@おーぷん:15/11/16(月)23:11:57 ID:GUH
 
(*^○^*)「ちょっとぐらい…」

三好「ダメですってば! もう! お金は僕と前田さんで管理しますから!」

(*^○^*)「ぶえー」

(*^○^*)「あ、そういえば、三好くんも班長に巻き上げられたことあるんだ?」

三好「うーん……無いですねぇ。 僕はまだ入ったばっかりですし、そんなに賭場も経験してないですから」

(*^○^*)「はえ^~。 じゃあそんな悪い思い出無いんだ?」

三好「そうですねぇ。 逆にビールおごってもらったことあるぐらい…」

(*^○^*)「それじゃあ恩があるんだ。 裏切る形になるけど大丈夫なんだ?」

三好「そんなの全然裏切りじゃないですよ! だって、班長はイカサマしてる悪人じゃないですか!」

(*^○^*)「……」

(*^○^*)「そうだ。 やっぱり絶対勝たなきゃいけないんだ。 これは正義の戦いなんだ!」

三好「そうですよ! 絶対、絶対勝ちましょう!」 グッ

(*^○^*) グッ
 
689: 名無しさん@おーぷん:15/11/16(月)23:11:57 ID:hiA
モブBとかいうぐう聖

690: 名無しさん@おーぷん:15/11/16(月)23:13:00 ID:ZTZ
盛り上がってきた

691: 名無しさん@おーぷん:15/11/16(月)23:13:21 ID:0nR
エビングハウスてぼーきゃくきょくせんのひと?

692: 名無しさん@おーぷん:15/11/16(月)23:14:12 ID:rj4
ヘルマン・エビングハウス(Hermann Ebbinghaus、1850年1月24日 - 1909年2月26日)は、ドイツの心理学者である。1898年からブレスラウ大学で心理学の教授を務めた。

フェヒナーの精神物理学から影響を受け、記憶の忘却の研究を行った。

あっ…

698: 名無しさん@おーぷん:15/11/16(月)23:19:05 ID:oTs
エビングハウス錯視ってのもあったけど、こっちじゃないっぽいなあ

701: 名無しさん@おーぷん:15/11/16(月)23:20:20 ID:GUH
 
 ポイジは手当たり次第に金を借りた……
 その度に、班長との勝負の為だと相手に告げて回った……
 当然、班長たちの耳に入ることとなる……!

沼川「ポイジたちが……何やら良からぬことを企んでいるとか…」

班長「ああ……そうらしいな」

石和「どうします? 奴らは色んな人間から金を借りて、大勝負に出るようです。 賭場はもう来週に迫っていますが…」

班長「ふむ……」

班長「まあ、奴らが如何に勝負を仕掛けてこようと……コイツで殺せばいい」 ジャラ…

石和「…」 ゴクリ

石和(確かに……四五六サイを使えば……まず負けは無い……! 最強のイカサイだ…!)

班長「しかし…ん~……」 ポリポリ

班長「どうにも、キナ臭い」 ジッ…

沼川「……ええ、奴ら、何かを仕掛けてくる気じゃ……」

石和「そんな、考え過ぎだろ」

班長「………」

班長「…揺さぶりを掛けてみる、か」
 
702: ↓名無しさん@おーぷん:15/11/16(月)23:20:28 ID:lTD
エビングハウスを知ってるポイジに草生えるww
外見と中身のギャップが怖すぎ

703: 名無しさん@おーぷん:15/11/16(月)23:21:27 ID:oTs
ポイジは今まで相手の裏を掻いて来たけど
今回はさらに進化してしまうのか

704: 名無しさん@おーぷん:15/11/16(月)23:22:29 ID:Ohl
そらベイスの負けを忘れないとポジられへんからな

705: 名無しさん@おーぷん:15/11/16(月)23:30:12 ID:Joc
三好あたりが班長にバラしそう。
でもそれもポイジの想定の範囲内みたいな。

706: 名無しさん@おーぷん:15/11/16(月)23:34:10 ID:GUH
 
─── 次の日

(*^○^*)「ふいー、慣れると冷水シャワーでもスッキリするんだ。 ごはんごはん~」

三好「今日のメニューは何でしょうねー」

前田「味噌汁に油揚げが入ってたら当たりなんだが…」

石和「おいっ、何だお前ら!」

(*^○^*)「ポイジなんだ!」

石和「そうじゃないっ…! お前ら、それでもシャワー浴びたのか!? 臭いぞ!! もういっぺん浴びて来い!」

三好「そんな……」 ブツブツ

前田「めんどくせぇな…」 ブツブツ

 ジャバー ジャバジャバ

前田「おい、浴びてきたぞ……」

前田「ん?」

三好「あ、あれ?」

前田「お、俺たちの飯が無いっ…!」

三好「どうして……」

石和「ああ、お前たちは指定時間内に着席しなかった…… そういう者には食事は提供できない決まりだ」

三好「なっ…!?」

石和「団体生活だからな。 諦めてくれ」

前田「てめ…っ……」 ガタッ

三好「ま、前田さんっ!」 ガシッ

前田「ぐ、ぬ……」

三好「でも……ごはんが貰えないと……お腹すいた……」 シュン

:(ヽ*゙○゙*):

三好「そんなに!?」
 
709: 名無しさん@おーぷん:15/11/16(月)23:43:21 ID:SSM
絶対ペリカ返さんやろwww

710: 名無しさん@おーぷん:15/11/16(月)23:50:43 ID:tJ1
ポイジなら出前取りそう

713: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)00:03:22 ID:Tkk
 
班長「おいおい、どうした。 何かあったのか」

石和「あ、班長…いえ、こいつらが時間に遅れてきまして……」

班長「なるほど…… それはいかんともしがたいな…規則だからな…」 ウーム

班長「そうだ、こういうのはどうだろう。 ワシらの食事を分けるというのは」

 班長たちのテーブルの上には、他の者の貧相な食事と違って豪勢な食事が並んでいた。
 ステーキ…サラダ…ビール……!

石和「俺たちの食事、ですか」

班長「ああ、これはワシらが金で買っている食事……帝愛の縛りの外だ」

班長「だから、ワシらがポイジ君たちに分け与える分には問題無かろう?」

石和「そうですね……」


モブA「……上手いな、班長」 ヒソヒソ

モブB「ああ…ああやって贅沢させて、向こうの団結に揺さぶりを掛ける気だ」 ヒソヒソ

モブC「あの班長、そういう人心掌握は天才的だからな……!」

モブD「タイミングとか、やり口とか、とにかく上手いんだよな」 ヒソヒソ

 
714: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)00:04:04 ID:Tkk
 

班長「さあ、さあ……君たち、こっちへ来て座りなさい」

班長「ビールでも飲みながら、お互いの矛を収めようじゃないか…!」 トク、トクトク…

三好「っ……」 ゴクッ…

前田「お、俺はいらねぇ!! 食わねェぞ! そんな、見え見えのエサ…」

(* ○ *)「……」

三好「ポイジさん?」

(*@Q@*)「食べていいんだ!?」

班長「え? あ、ああ……」

(*^○^*)「わーい! ステーキ! お肉! ビール!」 ガツガツムシャムシャバクバク

三好「え……ポイジさん……?」

前田「はぁ……なんか、力が抜けちまうよ……」 ポリポリ

(*^○^*)「ほら! ビール! おかわり!」 ドン!

班長「え? あ、ああ…… あれ?」 トクトクトク…

(*^○^*) ガツガツムシャムシャバクバクモグモグむっちゃむっちゃモシャモシャパクパク

(*^○^*) ゴキュゴキュゴキュゴクゴクゴク

(*^○^*) ぷは
 
715: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)00:04:32 ID:Tkk
 
(*^○^*)「あっ」

(*^○^*)「シャワーの嫌がらせの分忘れてたんだ」 ヌギヌギ

三好「ポイジさん!?」

前田「な、何で下を脱いでるんだ!?」

(*^○^*)「えいっ! ポイジスプラッシュ!!」 ジョババババ!

班長「わぷっ!!?!」 バシャッ!

 ジョボボ バシャバシャ バチャジョボボボンジョビジョボボ

石和「こ、こいつ!! 何を……!」

 突如、小便を班長の顔面にブッかけたポイジ!
 班長はもんどりをうって倒れた!

班長「ぎゃっ!? ペッ、ペッ!?」

(*^○^*)「……」 チョロッ

(*^○^*) ブルッ

(*^○^*)「シャワーの嫌がらせしたお返しなんだ! ばーかばーか」
 
班長「~~~~~ っ」

 ズズズズ……ゴゴゴゴゴ……

三好「ひっ……」

石和「お前らっ……!」

沼川「くっ……囲めっ!」

  ざっ…!

 班長の息のかかった人間……他班も含め、総勢18人が立つ……!

前田「くっ……」

三好「や、やばい……!」
 

716: ↓名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)00:04:39 ID:eWZ
ポイジの頭に遠慮って言葉はなさそう

721: ↓名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)00:06:39 ID:ej9
ポイジスプラッシュわろたwwwwww

725: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)00:09:23 ID:Tkk
 
石和「さあ、班長……気の済むまで制裁を……!」

班長「……」

班長「~~~~~ っ」

 悩む……! 葛藤……! 大槻班長……!


班長「何を言うか……制裁なぞとんでもない」

石和「は……?」

班長「……」 ニコニコ

班長「ふふふ……ここは食堂……公共の場……監視カメラで本部にも見られている」

班長「そんな場所で暴力沙汰なぞ起こせるわけがないだろう」 ニコニコ

石和「はっ…」

班長「恐らく……ポイジくんは空腹の余り、一時的に精神が混乱しておるのだ」

班長「でなければ、こんな大それたことを出来る訳がない。 そうだろう?」 ニコニコ

(*^○^*)「いや素だけど」

三好「ポイジさんンン!!!!」

班長「だから……許してやろうじゃないか…… 寛容な精神で……!」

前田「……」

前田(顔に小便かけられて許す班長って……すげェ……!)

 割と皆、本気で班長を尊敬した。

 しかしその後、班長による怒涛の嫌がらせが始まった……!


三好「うう……キツい現場に回された……」

前田「残業が増えた…… 勝負まで数日だからって、急ピッチで嫌がらせしてやがる…」

(*^○^*)「おしっこー」 タタタ

モブA「逃げるな!!!」
 
726: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)00:09:31 ID:QMF
しっかり食ってから仕返しする人間の屑

727: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)00:11:03 ID:MBA
頭の切れる屑って怖いと思います(小並感)

728: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)00:17:32 ID:uvT
何だお前ら!→ポイジなんだ!のキレすき
ほら!ビールおかわり!の無遠慮もっとすき
ポイジスプラッシュ傍から見る分にはくるおしいほどすき

しかしこの頻尿も何か使いそうだな…血尿でピンゾロ作ってるのか?

729: ↓名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)00:19:56 ID:i0Z
頻尿は怪しいよな

730: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)00:24:35 ID:Tkk
 
─── キッチン

(*゙○゙*)「ぶえー、生ゴミの処理なんてやってらんないんだ」

三好「ポイジさん、あと数日です。 がんばりましょう」 ガサゴソ

(*^○^*)「分別なんてテキトーでいいんだ。ちょっとぐらいサボったって分かりゃしないんだ」

三好「でも、やっぱりやったことは事実として残りますから…」 ガサゴソ

(*^○^*)「事実なんかどうだっていいんだ、事実っぽく見えさえすればそれでいいんだ」

三好「そんな……」

(*^○^*)「誰も真実なんか気にしちゃいないんだ。真実っぽく見えりゃそれを信じるんだ」

三好「でもやっぱり、バレたら班長に怒られて怖いですよ…ちゃんと分別しないと…」 ガサゴソ

(*^○^*)「ぶえー、飽きたんだ。 ぼくちょっとあっち行って来るんだ」 タタタ

三好「あっ、ポイジさん! もう……しょうがないなぁ」



三好「ふう……終わった… 一人で終わらせた…」 グッタリ

三好「あれ、そういやポイジさんどこ行ったんだろう」 キョロキョロ

三好「あっちに行くとか言ってたような…」 テクテク
 
731: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)00:25:17 ID:Tkk
 
 カチャカチャ

三好「? 倉庫から音が聞こえる…」


(*^○^*)「…」 カチャカチャ

三好「あれ……何やってるんだろう……」

(*^○^*)「…」 カチャカチャ

三好「あれは……班長たちの食事を運ぶ台車だ…!」

(*^○^*)「…」 ガチャガチャ

三好「ドライバーで車輪をイジってる…? 何してるんだろう…」

(*^○^*)「…」 カチャカチャ ガチ

三好「まあいいや……もうほっとこ……」 テクテク


班長「沼川! 食事はまだか!」

沼川「そ、それが……台車の車輪が一個動かなくなってて…運べないんです」

班長「何っ!?」

三好「………」

三好(地味な嫌がらせしてるゥー!) ガビーン
 
(*^○^*)「~♪」 パクパクモグモグ
 
734: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)00:30:23 ID:i8C


735: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)00:32:06 ID:5fy
こいつwwwwwwww

740: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)00:37:38 ID:Tkk
 
───
 
  今日は賭博日……! 決戦の日……!

 ざわ・・・ ざわ・・・

  そして、ある噂が駆け巡っていた……1

  ざわ・・・ ざわ・・・


   噛み付くであろう…と……!

 
 ついに実現するっ……! 

    班長組 VS ポイジ組 っ……!




黒崎「……」 カラン…

黒崎「さて……見せてもらおうか……」

黒崎「ポイジくん、君の戦いを…」




班長「……」

石和「……」

沼川「……」


(*^○^*) どーん


 両者、邂逅……!
 
 ポイジの後ろには、既にヨンゴー組がスタンバイ……!

三好「……」

前田「……」

ヨンゴーABC「……」

759: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)00:52:38 ID:Tkk
 
 まさに勝負の火蓋が切って落とされんとした、その時……!


 「何なに!? もう始まってんの!?」
  「まだだ! まだ始まってないぞ!」 「良かった~!」
 「これは見逃せねぇよなぁ!」 「おい! 詰めろよ!」


前田「!? 何だぁ!?」

三好「ひ、人がいっぱい!」

 噂を聞き付け、娯楽に飢えた大衆が押し寄せる!
 
 ざわ・・・ ざわ・・・
   どよっ どよっ

 大挙っ……! ポイジたちを十重二十重に取り囲む……!

 
(*^○^*)「……」

班長「…やれやれ……こうも注目されるとはな。 ポイジくん、君も一躍時の人、というわけだ」

(*^○^*)「……」

(*^○^*)「もう一度、確認したいんんだ」

班長「ほう?」

(*^○^*)「今日は大勝負の日。 青天井ルールで受けてもらあうんだ」

(*^○^*)「そして、今日は班長……最初、貴方に親をやっtてもらうんだ」

(*^○^*)「だって!! 僕が倒したいんのは!! 廻りの腰巾着じゃなく!! 暴利を貪るタヌキ…」

(*^○^*)「アンタなんだ!!」

班長「っ……」

 「うおおおっ!」「いいぞっ!」「宣戦布告だっ!」
  「盛り上がってきたな……!」 「どう出る!?」
 
766: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)01:02:23 ID:Tkk
 
班長「……」

班長(どうする…… 受ければ、間違いなく勝つ……勝つ勝負……!)

班長(落ちている金を拾うような勝負……!)

班長(しかし、奴らの狙いと武器は一体……)

班長(まさか……気付いているのか……? イカサマに……!)

(*^○^*)「何だなんだなんんだ。 怖気づいてるんだ?」

(*^○^*)「散々今まで博打がどーたら痛い発言してたクセに、雲行きが怪しくなったら急に尻尾撒いて逃げるんだ?」

班長「っ……」

(*^○^*)「そんなあんだから顔面に小便かけられるんだ。 そんなんじゃハンチョーじゃなくてベンジョーなんだ」

(*^○^*)「大槻班長じゃなくてホラ吹きベンジョーなんだ、バーカバーカ」

班長「っ…っ…っ~~~~っ……」 プル…プル…



班長(  殺 し た い っ …… !! ) ググ…


班長(今すぐコイツをブチ殺したいっ……!) ブル…ブル…

班長(この……このイカサイ…四五六サイでブチ殺したいっ……) ググ…

班長(いやしかし、奴がこのイカサマに気付いている可能性もある…! それなら、使うのは危険…! 余りにも危険……!)

班長(もしもイカサマがバレたら……恐らく…弁済…これまでの勝負の勝ちを……全て弁済しなくてはならなくなるっ……!) ゾクッ

班長(それだけは……それだけは避けなければならん……!) ギリ…

班長(しかし…しかし……! こいつが憎らし過ぎるっ……!)

(*^○^*) どーん

班長(勝負を逃げたと噂が立つのも癪だが……それ以上に…こいつを潰したい……!) ググ…
 
767: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)01:02:53 ID:Zdr
ポジがタヌキと煽ってて草

774: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)01:06:39 ID:Tkk
 
班長(そうだ……ワシのイカサイは完璧だ……バレる訳がないっ……バレる訳が……) スッ

班長(コイツで……完膚無きまでに……) ニヤ…

 グッ

班長「っ…」

沼川「班長っ……」 ヒソ…

班長「沼川……」

沼川「……」 フルフル

沼川「危険です……!」 ヒソ…

班長「っ……」

沼川「……確認しましょう」

班長「確認?」

沼川「ここは、本当の負けを見誤っちゃダメです……賭けに負けることは、本当の負けじゃありません…」 ヒソ

班長「賭けの負けは、負けじゃない……?」

沼川「はい。 本当の負けは、イカサマを暴かれることです……!」

沼川「それに比べたら、賭けに負けることなぞ…むしろ勝ち! ポイジたちの負けです!」

班長「……確かに……」 ゴシ…
 
沼川「どうか、早まらないでください……」 ヒソ…

班長(確かにそうだな……)

班長(確認だ、まずは……確認……! 勝負には負けても良い! それよりも…)

班長(イカサマに気付いているかどうかの確認っ……!) ギラ

班長「……分かったっ……勝負を受けようっ……!」

(*^○^*)「!」

三好「!」

 「うおおおおおっ!」「さすが大槻班長っ!!」 「やった!!」
  「いいぞーっ!!」 「班長! 班長! 班長!」
 
775: ↓名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)01:06:55 ID:14F
班長が悪人っぷりで既に負けとる……

781: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)01:19:24 ID:Tkk
 
班長「それで……いくら賭けるんだ? ポイジっ……」

(*^○^*)「……かき集めたお金……全部なんnだっ!」

   バサッ!バサッ!
     ドサッ

   50万7千ペリカ……!!

班長「!」

 「ご、50万!?」 「50万ペリカの勝負だっ!」
  「大勝負だ!」  「これは伝説になるぞ……!」


班長「では……ワシからだ……」 ジャラ…ジャラ…

(*^○^*)「……」

三好「……」 ゴク…

前田「……」 ゴク…


班長(最初はイカサイは使わぬ……! 通常サイで勝負っ……!) ジャラジャラジャラジャラ

班長(そして……奴らの反応を見る……!) ギンッ

沼川(そうです……班長…… もし、奴らがイカサマに気付いているなら…我々がそれを察してしまえば、それでこっちの勝ちです…!)

班長「かぁッ!!」 バッ

 カランッ カランッ カランッ!

三好「…」 ピクッ

班長「っ……!」

班長(こいつ……今ピクリと……動いた……?)

班長(イカサイなら、すぐ確保しようと……準備している……?) タラ…


三好(もし、ポイジさんがイカサイを拾えなかったら……)

三好(僕が確保しなきゃ……!)

 図星っ……!  

782: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)01:21:35 ID:uvT
沼川出来るな 原作でもこんなサポートしてた?

783: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)01:30:37 ID:Tkk
 
班長「……」 ジッ…

 カラン…カラン…
  チンチロリン…


 「目は!?」 「目はどうなったんだ!?」
  「見せろ見せろっ!」 「押すなっ!」
   「目は……」


  1 - 2 - 4

    目無しっ……! だが、それ以上に……!


三好「なっ……!?」

前田「っ……!?」 ガタッ

ヨンゴーABC「っ!?」

三好(1や2が出てるってことは……)

三好(イカサイじゃないぞっ……!?)

 広がる動揺っ……!

 破綻する作戦……!

前田(ど、どうする……!?)

 暗雲が立ち込める……!!

三好「あ、あぁ…あぁああぁ……」

前田「ぐっ……うぅぅぅ……」

班長(……確信した……  こいつらは……イカサマを知っている……!) ギン!

班長(これは…勝負に負けても、絶対にイカサイを出してはいけないということ……!) カッ
 
784: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)01:30:45 ID:lPz
カイジが丼ごとイカサイを取ろうとしたらその前に取ろうとした
しかも指示なしで自分の判断

まあ実際は神の時間に手を突っ込んだカイジに先んじられたが

785: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)01:33:50 ID:kXy
あーあーはやくもっとポイジを
ポイジハーブがなくて震えが止まらないですわw

786: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)01:35:04 ID:8fZ
班長はイカサマ出来ないなw

788: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)01:42:13 ID:Tkk
 
沼川(……ふぅ……危ない危ない……) ゴシ…

沼川(もし、イカサイを使っていたらトンでもないことに……) タラ…

(*^○^*)「…」 スッ

三好「え……?」

前田「待て、ポイジ、それは…」

班長「な……?」

(*^○^*)「…」 ガシッ

 ポイジ、サイコロを拾う……しかし、それは……

三好(それは…普通のサイコロです……! 拾っても意味が……!)

(*^○^*) あーん

(*^○^*) ポイッ

  サイコロを…口の中に放り込むっ……!

(*^~^*) ボリボリバリボリバリボリ

三好「!!?」

前田「っ!?!!」
 
789: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)01:42:36 ID:pal
ファッ!?

790: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)01:42:39 ID:8fZ
まwさwかwww

791: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)01:42:48 ID:Tkk
 
(*^◇^*) ペッ

 ボチャッ ゴトッ

 吐き出した残骸……! その中には……!

  コロ… コロ…

 鉄球……! 小さい鉄の玉が3つ……!


班長「な゙っ!!?!」

三好「えっ……」

前田「は……?」


(*^○^*)「……」 ス~~~~~ッ


(*゚○゚*)「イイィィィィカサァァマだぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」 ビリビリビリビリッ


三好「……はっ!」

~~~~~

(*^○^*)「そして、僕がイカサマを暴いたら、皆で『イカサマだ!イカサマだ!』って騒いでほしいんだ」

~~~~~

三好「イ……」

三好「イカサマだぁー!」

前田「イ、イカサマだっ!」

ヨンゴーABC「イ…イカサマだ…!」


 ざわ・・・ ざわ・・・

  「お、おい…イカサマだと?」 「あのサイコロ……イカサイか!」
 「鉄球が入ってたぞ!」 「班長め……あのサイコロで……!」


班長「ま、ま、待て!!待ってくれ!!」
 
792: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)01:42:54 ID:0bT
食ったw

793: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)01:44:01 ID:yRd
真実っぽく見えりゃそれを信じるんだ!って言ってたけどこういうことか

794: ↓名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)01:44:05 ID:1Xw
ファッ!?

800: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)01:48:01 ID:Tkk
 
(*^○^*)「ヒドいんだ!! 許せないんだ!!」

(*^○^*)「人が真剣勝負しようとしてるのに!!! こんなモノで勝負しようなんて!!」

(*^○^*)「きっと今までの勝負もインチキしてきたんだ!!」

(*^○^*)「外道!! 鬼!! 悪魔!! 人でなし!!」

班長「ち、違……ワ、ワシ、は……」 ブル…ブル…

班長(こいつ……こいつ……っ!!)

班長(ハナっから……ハナっから、賭け勝負も……四五六サイも……眼中に無かった……!)

班長(こいつ……最初から……)

班長(ワシに冤罪をっ……!!) ゾ ク ッ


(*^○^*)「これは許せないんだ! 正義の味方として許しちゃおけないんだ!」 ワーワー

三好(ポ、ポイジさん……ずっと口の中に鉄球を入れてて…… それで、サイコロを砕いて、一緒に吐き出したんだ!)

三好(で、でも……あの鉄の玉……どこで……)


~~~~

(*^○^*)「…」 カチャカチャ…

~~~~


三好「!!!」

三好(そ、そうだ! 台車の車輪!! あれを分解して、ベアリングの玉を取り出したんだ!)

三好(ただの嫌がらせじゃなく……この為に……!)
 
801: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)01:48:20 ID:uvT
なんだこれはたまげたなぁ……しかし実際真実っぽい

802: 名無し:15/11/17(火)01:48:54 ID:xvh
ポイジ強えなあ
しかしこれを思いつくイッチって一体…

803: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)01:49:14 ID:pal
完全に嫌がらせだと思ってました

804: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)01:49:21 ID:p3H
ああ、それでずっとポイジの滑舌悪かったのか
イッチが眠いのかと

805: ↓名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)01:50:15 ID:RBS
班長かわいそ杉内

806: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)01:51:24 ID:kXy
ここからのポイジ様の外道ぶりと言ったら誰も寄せ付けませんわよ

807: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)01:51:44 ID:rUC
相変わらずの畜生っぷりで安心したわ

808: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)01:52:20 ID:Zdr
サイコロ噛み砕く顎の強さはどこで習得したのか

809: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)01:52:59 ID:v5q
>>804
それでセリフにtとかnとかノイズまじってたんかwwww
すげーわ、掲示板でよくあるミスという盲点を突いた伏線ッ…!!

810: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)01:53:23 ID:uvT
>>804
確かに滑舌悪くなってるやんけ…タイプミスだと勘違いするこっちを逆手に取られたな
>>808
真実っぽく見えればええんや 今噛んだっぽい風に事前に砕いておけばええ

811::15/11/17(火)01:54:10 ID:XzU
>>808
ワイ噛み砕いたことあるけどサイコロ程度なら割と簡単に砕けるで

812: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)01:54:23 ID:yRd
ぶっちゃけサイコロぐらいならなんとかなるやろ

813: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)01:54:28 ID:pal
>>808
そらもうみかん氷よ

814: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)01:54:35 ID:ej9
イッチ天才すぎて嫉妬

815: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)01:54:35 ID:X58
おんj民猛虎弁忘れたり草生やしたり素に戻ってるぞ

816: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)01:55:04 ID:Zdr
サンガツ
サイコロくらいは噛み砕けるんやな…

825: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)02:17:20 ID:Tkk
 
(*^○^*)「ねー皆!! 僕は皆から借りたお金で勝負しようとしたんだ!」

(*^○^*)「でも、班長はイカサマでそれを巻き上げようとしたんだ!」

(*^○^*)「ねー!?  班長は 皆 の お 金 を イカサマで巻き上げようとしたんだ!」

 「何だと…!?」 「そういえば…俺、ポイジに貸したんだ!」
  「俺も……」 「班長め……」 「これは、ポイジたちだけの問題じゃないぞ! 俺たちの問題だ!」
 「俺の金を…!」  「大槻め! よくも俺の金をっ……!」
 
班長「っ……!?」

班長(違うっ……! よく考えろ! これはワシとポイジ達の問題だろう! お前たちの問題じゃない……!)

  「俺の金……」 「俺の金を……」
      「よくも……」

班長(ポイジめ……大衆に……"当事者意識"を植え付けおったな……!) ギリ…

班長(ま、まずは……誤解を解かねば……!)

班長「み、皆の衆……! 聞いてくれ……! ワシは……」

(*^○^*)「!」

(*^○^*)「あ~~! これは大変なことやと思うよ。 今まで負けた人たちにもお金が返ってくるかもしれないんだ!」


 「…!」 「……!!」 
   「っ…!」


班長「み、皆……」


  「おいィ─── っ! どういうことだよこれェ!」 「イカサマなんてしやがってよォ!!」
   「責任取れよ!!」 「大槻ィ!! 分かってんだろうなぁ!!」

 飛ぶ怒号! 乱れ飛ぶ空き缶!

   ガンッ カーンッ

班長「ひッ……ひィ……」
 
826: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)02:20:06 ID:kXy
ポイジ班長爆誕
横浜ファン創設の巣窟へ

827: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)02:20:19 ID:kk4
怖すぎィ!でもそれがいい!抱いて!

828::15/11/17(火)02:21:34 ID:XzU
なるほどなあ、原作だと回りの雰囲気を見方につけるっていうんがご都合主義っぽいが、当事者にしたらもっていきやすいわな

829: ↓名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)02:22:44 ID:1Xw
誤解を解かせる隙も与えないド畜生

831: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)02:24:07 ID:Tkk
 
班長(理……理が通じないっ……!)

班長(ポイジの奴……奴らに"エサ"をブラ下げたっ……!)

班長(そうなれば…もう……もう"理"は通じないっ…… 奴らは…もう……)

 「金……」 「金が戻ってくる……」 
  「そういやあいつに巻き上げられたんだ……!」 「負けた分を……!」
 「取り返せるっ……!」

班長(金の亡者っ……! 理を捻じ曲げてもワシの糾弾してくるっ……) ゾク…

 「先月…」 「取られ…」 「負け…」
  「俺も…」 「2万…」

───

黒崎「ふむ……」 カラン…

黒崎「妙だな。 皆が、大槻に賭けで負けた時の記憶を思い出しているが……全員が逡巡も無くスムーズに口にしている」

黒崎「のう。 ポイジ君は…事前に彼らに何か働きかけていたか?」

側近「はっ……ええと…特に働きかけ、とは思いませんでしたが…」

黒崎「話せ」

側近「その……ポイジは借金して回る時に、いちいち大槻に負けた時のエピソードを聞いていましたが……それが何か?」

黒崎「……ふむ、なるほど、合点が行った。 『記憶の強化』だ」

側近「は……?」

黒崎「人は、一度忘れた物事を『思い出す』ことで、強力に記憶を固定化してしまうのだよ。 忘却曲線が緩やかになり、な…」

側近「はあ……」

黒崎「しかし……これでは、ポイジ君に旨味があるとも思えん展開だ……」 カランッ

黒崎「さあ……どう出る?」
 
832: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)02:24:19 ID:yRd
この人心掌握術はどこで学んだんですかね…

845: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)02:35:43 ID:Tkk
 
班長(避けねばならん……遡っての弁済だけは……遡っての弁済だけはァァ!!)

(*^○^*)「これはもう、遡っての弁済しかないんだ」

班長「~~~~っ…」 グ…ググ…

班長(こいつはっ……  人が嫌がることをっ……ピンポイントで突いてくるっ……!) ググギギグ…

(*^○^*)「ねえ! ここにいる皆もそう思うんだ!?」

 「そうだー!!」 「いいぞー!」
  「そうだそうだ!」 「いいぞポイジ!」

(*^○^*)「ほら!! これが地下の全員の総意なんだ!!」

班長「ぐ……ぐ……っ!」 ワナ…ワナ…

(*^○^*)「さあ! このままゴネたら帝愛全体に迷惑かけるんだ! いい加減腹を括るんだ!」

班長「あ……ぁあぁぁあ……」 ボロ…ボロ…

───

黒崎「ふむ、上手いな」

側近「と、言いますと……」

黒崎「ポイジ君は、主語の膨らませ方が上手い、と言ったんだ」

黒崎「最初は、『ここにいる皆』。 次のセリフでは、いつの間にか主語は『地下の全員』になっていた」

黒崎「最後は『帝愛全体』だ。 いつの間にか、気付かないうちに大槻は帝愛と戦わされている」

側近「……」

黒崎「気付いた時には遅い。 奴はもう……」



班長「……」 ボタ…ボタ…

(*^○^*)「ね、皆にお金払わなくちゃね、金庫のとこまで連れてってくれる? ねえ」



黒崎「心を折られている」
 
846: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)02:37:36 ID:uvT
ロイヤルウィとかいう恐ろしい論法

847: ↓名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)02:38:44 ID:LHE
ポジ・・・ポジ・・・

848: ↓名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)02:39:38 ID:4dW
ポイジが横浜にいれば優勝出来たんやろなぁ

849::15/11/17(火)02:39:55 ID:XzU
親は二回、あっ……(察し)

850: ↓名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)02:40:58 ID:4dW
>>849
さ、サイコロが無いから…

851: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)02:41:25 ID:bkt
ノーカンッ!ノーカンッ!

858: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)02:48:35 ID:Tkk
 
 ヒタ… ヒタ…


  ヒタ… 

     ヒタ…


班長「……」


 ヒタ…

   ヒタ…
         ヒタ…



(*^○^*)「ねーどこまで歩くんだー? どこ? もうすぐ?」 トテテテテテテ
 



 ヒタ… ヒタ…
  
   トテテテテー

 ヒタ…  トテテテテー

 


班長「……」 ガシャ…

(*^○^*)「おおー、これなんだ?」

 パカッ

(*^○^*)「わーい、お札がギッシリなんだ。 二千万弱はあるかな?」

班長「……」

(*^○^*)「ねえ」

班長「……?」

(*^○^*)「助けてあげよっか?」

班長「っ!」 ガタッ 

870: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)03:05:21 ID:Tkk
 
───

 ガチャ…

 「おっ、戻ってきたぞ」「金庫はあったのかな」
  「いくら持ってんのかな」

 ざわ・・・ ざわ・・・



(*^○^*)「お待たせーなんだー」

班長「……」


三好「あっ、ポイジさん! 金庫は! 金庫はどうでした!?」

(*^○^*)「金庫あったよー お金もたっぷりだったんだ!」

三好「おお!」

前田「やった!」

三好「そ、それで……金庫は?」

(*^○^*)「え? 持って来てないんだ」

三好「え……?」

(*^○^*)「必要ないから」

三好「え……」

前田「え…?」
 
871: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)03:05:32 ID:Tkk
 
(*^○^*)「あーあー、皆さん、重大なお知らせがありますなんだ」

 「なんだなんだ」 「一体…?」
  「金はどうなったんだ?」

 ざわ・・・ ざわ・・・


(*^○^*)「班長はイカサマをしてなかったんだ」

三好「っ!?」

前田「!!?」

 「っ!?」 「何っ!?」 「い、一体何言ってんだ!?」
  ざわ・・・ ざわ・・・

(*^○^*)「あの鉄球はね、歯の詰め物が取れただけだったんだ。 3個ほど奥歯に埋め込んでたの忘れてたんだ。ゴメンチ」

三好「な、何言ってるんですかポイジさん!!?」

前田「あんな詰め物あるわけないだろ!!?」
 
872: ↓名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)03:06:47 ID:4dW
さてどんな策なのか

873: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)03:06:49 ID:Tkk
 
(*^○^*)「だからね、あれイカサマじゃなかったんだ。 早とちりしちゃったんだ。 ね、班長?」

班長「……」 コクコク

三好「!!? ポイジさん!? 嘘でしょ!?」

(*^○^*)「あ、それと、班長から人事発表があるんだ」

班長「……えー…本日より、ポイジくんは…班長補佐をすることになった……」

三好「班長補佐!?」

前田「ま、待て!! そんな役職聞いたことないぞ!! 何をやるんだよ!!」

班長「ええと…… 仕入れの管理と…売り上げの管理と…班の運営への介入……だ、そうだ……」

三好「……………」

三好(裏切った──── ッ!!) ズゴーン

前田「は、班長側に寝返ったってことかよ!」

(*;Q;*)「グスッ……僕は人の上に立つ人間じゃないけど…命令だから…グスッ…がんばります」

前田「舌出てんぞコラァ!!!」
 
班長「ちなみに……グッ……事前給料として……千五百万ペリカを支払……うぅぅうぐぅっ…」 ブワッ ボタ…ボタ…

三好(なぜか班長に同情してしまう…)
 
874: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)03:07:01 ID:BcU
力業すぎィ!

875: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)03:07:55 ID:Zdr
うーんこの畜生

876: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)03:08:10 ID:6jN
気になって眠れないじゃないか!(歓喜)

885: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)03:28:04 ID:Tkk
 
班長「うぅぅっ、ぐ……うぅぅううっ……」 ボロ…ボロ…

~~~~~

(*^○^*)「助けてあげるんだ。 僕が『あれはイカサマではなかった』と嘘の証言をすれば、貴方の罪は不問になるんだ」

班長「ま、待て…そもそも冤罪だから…嘘の証言も何も真実…」
  _, ,_  
(*^○^*)「あァん?」

班長「何でもないです」

(*^○^*)「ね、だから、お金と地位をちょーだい。 ね、一文無しになって班員からリンチされて地下で一生イジメ抜かれて暮らすのとどっちがイイ? ねえ」

班長「………ぐっ……ぐううぅぅっ……」 ガク…

班長(選択肢なんか……無いっ…… 全て……こいつの…こいつの筋書き通り…動くしかないっ……) ボロ…ボロ…

~~~~~

班長「……」

(*^○^*)「まあそんなこんなでこれから宜しくお願いします」

 「そ、そんな……」 「な、なあ? 急にイカサマじゃないとか言われても…」
  「でも、証拠も無いし…」 「金、帰ってくると思ったのに……」


三好「ッッ!!」

 その時、三好に電流走る──!!

三好「ま、待ったッ!!」

(*^○^*)「!」

班長「!?」

前田「!?」

三好「証拠なら……あるっ!!」
 
886: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)03:28:40 ID:Tkk
 
前田「何だとっ!?」

班長「証拠……?」

 「証拠……?」 「証拠って、イカサマの証拠か?」


三好「ちょ、ちょっと待ってて……!」 ゴソゴソ…

 ヨンゴー組の共同スペースを漁る三好……!

三好「これだ! この手帳!!」 バッ!

(*^○^*)「!」

三好「僕は……ずっと、賭場の出目をメモしてきたんです……!」

三好「記録ってのは冷静で客観的……露なもの……!」

三好「これを見れば、班長のイカサマは明らか……」 パラッ

三好「……」

前田「お、おい! どうした!? 見せろ!」

前田「ああぁっ……!?」

前田「き……」


前田「消えているっ……! 班長の……記録だけ……綺麗に……消されている……」

前田「お、おい……これ……!」

三好「……」 

三好「思い……出した……」 ボソ

前田「え……?」
 
888: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)03:29:00 ID:Tkk
 
三好「ずっと……ずっと違和感があったんです……」

三好「何で…あの時……」

~~~~~

三好「すみません、鉛筆で走り書きなんで、見辛いですけど…」

(*^○^*)「ううん、十分十分…というより…」

三好「へ?」

(*^○^*)「……」 ジッ

~~~~~


三好「…『というより』って言葉……その……不自然さ……」

三好「…『というより、何』……だったのか……何という言葉を飲み込んだのか……今なら、分かる……」

  「すみません、鉛筆で走り書きなんで、見辛いですけど…」

          「ううん、十分十分…というより…  好都合 」


三好「……あの時から……ポイジさんには…全部……」

三好「全部、見えていたんだ…… この絵が……!」 ボロ…ボロ…

三好「僕は……僕は……見えた…見えていた、はずなのに……」

三好「見ようとしなかった……」

~~~~~

三好「ポイジさん、ですね。 よろしく」

三好(ニコニコしてていい人そうだな……)

~~~~~

三好「自分に都合の良い理想を信じたくて……都合の悪い現実を見たくなくて……」

三好「真実を、見ようとしなかったんだっ……!」 ボロ…ボロ…
 
889: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)03:29:27 ID:Tkk
ほな、また…

890: 名無しさん@おーぷん:15/11/17(火)03:29:51 ID:HlG
おつやで