知り合いの男の子が、男の子じゃなかった話
Part2


70 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)18:43:31 ID:dD2nKuVFd
夏休み当日、私はおばちゃんの家にお引越し?しました。
まあ、持つものと言えば勉強道具と服と小物ぐらいでした。
おばちゃんは、迷惑そうなそぶりを全く見せず、寧ろ嬉しそうに歓迎してくれました。
しかも私の部屋として、使わない部屋をあてがってくれました。
部屋の片づけが終わると、ゆきの家に行って挨拶をしました。

71 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)18:44:10 ID:dD2nKuVFd
お婆ちゃんは、久々の再開に号泣w
それとなくゆきの事を聞いてみると、なんと部活に行ってるのだそう。
1「将棋部とかですかww」
お婆ちゃん「いんにゃ、バスケよ」
1「!!!?wwww!?」
ゆきがwwあのゆきがバスケwwあまりにも意外な組み合わせでしたww

72 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)18:44:34 ID:dD2nKuVFd
お婆ちゃんの話によれば、ゆきは近くの高校に通い、成績優秀で部活もがんばってるそう。
ただ、唯一の悩みが「女っ気がない」ということらしく。
中学、高校と全く色気がなかったようでした。これには何となく、納得。

74 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)19:06:10 ID:ntGt7ocdS
何となく納得って、いつ女って気づいたんだ?

75 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)19:21:24 ID:dD2nKuVFd
>>74
ああ、すみません。書き方が悪かったですね。
恋愛の気配がなかった、ということです! ゆきは生物学上は男ですよww

76 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)19:26:04 ID:ntGt7ocdS
キマシと思いきや、ゆきは単なる男の娘かよww
とにかく続き
バン はよ
(∩`・ω・) バン はよ
/ ミつ / ̄ ̄ ̄/
 ̄\/___/

77 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)19:35:32 ID:JcebeillP
見てるよ、つづき気になる

78 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)19:36:10 ID:1EJKsCxdN
はよせいや!

79 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)19:36:52 ID:JcebeillP
まぁまぁw

80 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)19:38:39 ID:dD2nKuVFd
せ夕方まで色々世間話をしていると、ゆきが帰ってくる音がしました。
思わず緊張し、ガチガチになってしまいました。正座のまま、居間にいると
ゆきがひょこっ、と戸から顔を出してきました。

81 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)19:39:07 ID:dD2nKuVFd
ゆき「え」
お婆ちゃん「ニヤニヤ」
お婆ちゃん「ゆき、1ちゃんよwwww」
1「ド、ドモ…」
ゆきは、大絶叫していましたww

82 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)19:39:35 ID:dD2nKuVFd
ゆきは顔を真っ赤にしてあたふたし、「1ちゃん!?1ちゃんだよね!!」と絶叫し続けました。
あまりのテンションの高さにびびっていると
ゆきは興奮した様子で、「大きくなったね!」 「髪のびた!?」 「眼鏡になってるぅうう」
とまくしたててきましたw

83 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)19:40:00 ID:dD2nKuVFd
ちょっと落ち着け、とお婆ちゃんにたしなめられて、やっと座りましたw
テーブルを挟んで向かい合わせになったのですが、深呼吸の鼻息がうるさかったw
私も落ち着いて、彼をよくよく見てみました。
背は、伸びていて、体も少し筋肉質になっていました(それでも、スポーツをやっている人間にしては、ヒョロかったようなw)
問題は顔でした。誰だこのイケメソはwwwwww
もう、ビックリするほど綺麗な顔立ちになっていらっしゃいました。
幼い頃から目が私よりも大きく、顔も小さかったのですが、全く劣化していませんでした。
肩身が狭いwwwうはwww

84 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)19:42:02 ID:JcebeillP
>>1はこの後ユキを好きになっちゃうのかな!?

85 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)19:42:45 ID:1EJKsCxdN
興奮するぜ!続きはよ

86 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)20:06:37 ID:dD2nKuVFd
もうとにかく久しぶりすぎて、何も言えない私。
しかしゆきのマイペースっぷりは全く変わっていなかったw
私が緊張しているのを気にせず、ベラベラと喋る喋る。
(ゆきは昔から、興奮すると早口でまくしたてるクセがあったのでw)

87 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)20:06:56 ID:dD2nKuVFd
ゆき「中学校くらいのときだよね?最後に話したの!」
1「ハ、ハヒ」
ゆき「俺、中学校に入ってから、色々頑張ったんだよw運動とかも始めたし、勉強も頑張ったしw」
1「ソ、ソデシュカ」
ゆき「いやー懐かしいなー、そういえば1ちゃんは部活何やってるの?」
1「ビ、ビジュツ」
ゆき「ええええ、すっげぇええ!絵、見せて!描いて描いて!」
1「」
正直、苦手なノリでしたww

88 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)20:07:23 ID:dD2nKuVFd
ゆきの奴は、バスケという青春スポーツを通して立派なリア充へとメガ進化していましたw
ゆきからの口撃をコミュ障な返事でボソボソと返していると、何時の間にか夜に。
その日は、ここで夕ご飯をご馳走になりました。
帰るとき、ゆきが送ってくれました。
かえるや、虫の音が懐かしかった。暗いあぜ道を二人で並んで歩きました。

89 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)20:07:50 ID:dD2nKuVFd
おばちゃん家に帰ると、おばちゃんがスイカを用意していて、ゆきを家に引きずり込みました。
二人でテレビを見ながらスイカを食べていると、ゆきが「部屋を見たい」と言い出しました。
別に断る理由もないか…。と思い、案内すると、何故かゆきは「すげーw」を連発していました。
今思えば、緊張してぶっきらぼうになっていた私を、解そうとしていてくれたのかもw
ゆきは一通り机やポスターなんかを見た後、本棚に目をつけました。

90 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)20:08:38 ID:dD2nKuVFd
ゆき「あ、これ俺も好きな漫画だー」
ゆき「1ってこんな難しい小説も読むんだーすげー」
勝手に漁っていくゆき。
その手が、ファッション雑誌の前で止まりました。
すると、今まで口を挟む隙もなく話していた声が、ぴたりと止みました。
ゆきはおもむろに一冊雑誌を抜き、興味深そうにしげしげと見つめました。

91 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)20:09:21 ID:dD2nKuVFd
ゆきはしばらく雑誌を読んで
ゆき「…すげー、都会の子ってこんな派手な格好してるんだねw」
1「いやいや、ここの女の子もこんな感じじゃないかな…」
ゆき「いやー、多分違うと思うw町には、こんな子いっぱいいる?」
1「うん。皆引くほどおしゃれ」

92 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)20:09:46 ID:dD2nKuVFd
1「うん。皆引くほどおしゃれ」
ゆき「…1も、こんな格好する?」
ゆきが見せてきたのは、花柄やピンク、レースといったいかにも女の子っぽい服のページ。
1「まあ、ここまで派手じゃないけど…」
ゆき「へー。すげー」
な  に  が  ?  馬鹿にしてるのか?

93 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)20:10:15 ID:dD2nKuVFd
少しイラっとしていると、ゆきは本棚の前に座り込んで、本格的に読みふけりはじめました。
20分くらい、私をほったらかしにして、ゆきは雑誌を読み続けました。
その横顔は、どことなく嬉しそうな、楽しそうなかんじがしました。
雰囲気に圧倒されて、何も言えないでいると、おばちゃんから声をかけられました。
ゆきは、ビクっとして、慌てて本棚に雑誌を戻しました。

94 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)20:10:37 ID:dD2nKuVFd
1「可愛い子でもいたの?w」
少し冗談めかして聞くと、ゆきは何故か眉間に皺を寄せ、「うーん?」と言っていました。
結局、ゆきはそのまま、そそくさと帰ってしまいました。

95 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)20:11:02 ID:CZtLpogHl
やべぇよ
興奮するよ

96 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)20:13:18 ID:JcebeillP
興奮シテキタ

97 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)20:19:16 ID:Jqbr5pjM5
wktk

98 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)20:24:06 ID:dD2nKuVFd
それから暫く、平和な田舎の時間が過ぎていきました。
ゆきは朝から昼は部活に行き、昼ご飯のころには帰ってきました。
昔みたいに一緒にご飯を食べ、漫画なんかを読んだりしていくうちに、緊張も解けていきました。
ゆきは驚くほど頭がよく、勉強なんかも見てもらいました。
男の子とこんな夏休みを過ごしたことはなかったので、毎日が新鮮でしたw

99 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)20:24:41 ID:dD2nKuVFd
そんなある日、私はお婆ちゃんの提案で、ゆきの部活風景を冷やかしに行きました。
体育館の外から、ちらっとゆきを見てみると、彼は少し細い体を揺らしながら、一生懸命プレーしていました。
もう、なんというか、かなり格好よかったw
悔しいですが、喪女は簡単に乙女心にwwww
しかし、あれです。ゆきは格好よく、頭もよく、人当たりも良い。
どうせライバルなんて山のようにいるのだろうと思うと、なんか、恋に落ちる寸前で自制がかかりました。

100 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)20:28:07 ID:M0DIrP9Aw
あー中身が女の子だったの?

101 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)20:38:19 ID:dD2nKuVFd
ゆきに対して、どうにも煮え切らない思いを抱えたまま、日々は過ぎていきました。
ある日、割と近くで夏祭りがあるのだとおばちゃんが言ってきました。
おば「ゆき君と二人で行ってこんねwwwww」
1「」
おば「浴衣貸してあげるからwwwww」
君のように、勘のいいおばちゃんは嫌いだよ…。

102 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)20:38:39 ID:dD2nKuVFd
そわそわしつつ、ゆきに話題を振ってみました。
1「あのさー」
ゆき「んー?」
1「××で夏祭りあるみたい」
ゆき「あー、知ってるよ。行こうか」
1「」
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
喪女、初めて男子に夏祭りのお誘いを受けるwwwwwwwwww

103 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)20:39:04 ID:dD2nKuVFd
しかし、ここは冷静にと思い、さらりと
1「あ、じゃー行こう」
という全く可愛げのない言葉で返してしまいましたw
夏祭り当日、私は約束どおりおばちゃんに浴衣を借りました。
白地にピンクの花があるやつで、すごく綺麗で高そうでした。喪女にはモッタイネ。
おばちゃんは張り切って、似た生地の巾着も用意してくれました。
さらにさらに、どこで学んだのか、あのうなじが見える色っぽいお団子まで結ってくれましたw
おばちゃん、結婚してくれ…。

104 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)20:46:25 ID:Gna9DuPBr
青春すぐるwwwww

105 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)20:50:23 ID:dD2nKuVFd
ゆきの家に行くと、ゆきはあった瞬間、大きく目を見開きました。
恥ずかしくて恥ずかしくて、消えたかったw
ゆきはポカンとしたまま、じろじろと上から下まで見つめてきました。
1「いや、見すぎです」
ゆき「すげー、1ちゃんじゃないみたいww誰w」
1「…」
そりゃ、おばちゃんのお節介で人生初のお化粧までしてますし。

106 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)20:50:58 ID:dD2nKuVFd
ゆきは一通りすげー、を繰り返しました。いたたまれなくなって、さっさとバス停へ引張っていきました。
夏祭りの間、ゆきはちらちらと髪を見てきたり、下駄を見てきたり…。
まさか。
いやいやいや、まさかって何だwwww

107 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)20:51:16 ID:dD2nKuVFd
もう本当に、本当にチラっとだけ、ゆきは私に見とれているんじゃないかと勘違いしましたw
もう、死ぬほどドキドキしましたw柄にもなくww
ゆきにたこ焼きやら、カキ氷やら勧められても、全く喉を通らないほどでしたw
あああ、思い出しても恥ずかしいですw

108 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)21:06:30 ID:JcebeillP
うわぁ・・・青春

113 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)21:40:53 ID:dD2nKuVFd
そんなこんなで小規模のお祭りを堪能し、私とゆきは帰ってきました。
気になったのは、ゆきが、ずっと私を見ていること。
たまにゆきの方に顔を向けると、パッと顔をそらすのですが、視線は痛いほど刺さってきました。
ドギマギしながら、おばちゃんの家へ帰ろうとすると、ゆきが申し訳なさそうに言いました。
ゆき「なぁ、1ちゃんまだ時間大丈夫?」

114 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)21:41:23 ID:dD2nKuVFd
1「え、なんでw」
ゆき「いやぁ…。ちょっと家こない?」
1「何で?」
ゆき「いや…」
どうも歯切れが悪いゆき。確かに予定はないので、私はのこのこ付いていきました。
家にはお婆ちゃんがいましたし。

115 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)21:42:37 ID:dD2nKuVFd
ゆきは、自分の部屋に私を入れました。いきなり後ろに回って、ドアを閉め、カーテンも全部閉めました。
何だ、何だと焦っていると、ゆきはいきなり部屋の真ん中に正座しました。
1「え、どうしたw」
ゆき「…ちょっと大事な話ある」
ゆきは何時になく深刻な顔をして、唇を噛んでいました。
無言のまま、何分か経ちました。

116 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)21:43:01 ID:dD2nKuVFd
いきなりゆきが、立ち上がりました。思わず何かされるのか(すみません)と身構えましたが、
ゆきは私をスルーして、たんすへ。しばらくゴソゴソと中をかき混ぜて
ゆき「…1ちゃんさぁ、覚えてる?」
1「何を」
ゆき「引越しのときさぁ、俺、1ちゃんに服貰ったよね」
ゆきは恥ずかしそうに俯いたまま言いました。

117 :名無しさん@おーぷん :2014/06/21(土)21:43:44 ID:dD2nKuVFd
私はすぐ、ゆきにあげたスカートを思い出しました。
1「覚えてるよ。いらないからスカート押し付けたね」
ゆき「うん…」
1「だから何?」
ゆきの動きがぴたっと止まりました。それからゆっくり深呼吸を繰り返しました。
ゆきはおもむろに、たんすからビニール袋を出してきました。
小さなスカートでした。私が10歳の頃にはいていた、ゆきにあげたものでした。
1「まだ持ってたの?」
ゆきはぎこちなく頷きました。スカートは皺一つなく、綺麗なままでした。

TOP お問い合わせ