2chまとめサイトモバイル

バス停で泣き出した女の子を好きになった

Part4
82 :名無しさん@おーぷん :2016/01/12(火)20:49:21 ID:KD6
ジブリw
進展してほしい!けど変にプレッシャー与えてたらすまん。
イッチのペースでゆっくりドキドキを楽しんでほしいな。
初詣の話の続きも楽しみに待ってるよ。

83 :◆H3mLWPGv9Y :2016/01/12(火)23:23:04 ID:dL2
>>82 ドキドキを楽しんでるよ!ゆいちゃんと出会ってなら気持ちが変わったのか、仕事も前より楽しめてる。
支援本当にありがとう!
ちょっとレスのつけ方練習させてもらいましたw
では、今回で一気に初詣の日を終わらそうと長く書いたので、今から投下します。

84 :◆H3mLWPGv9Y :2016/01/12(火)23:23:31 ID:dL2
とにかく話題は尽きず、次々と話題が変わりながら時間が過ぎる。
ゴリさんはサーフィンやフットサル、釣りにアウトドアなど多趣味で、気の合った仲間と「ゴリ会(仮)」という集まりをよくしてるらしい。
メンバーの半分はゴリさん世代(30代後半〜40代)で、その奥さんやお子さんなど、その時ごとに参加人数は変わるけど、様々な楽しい事をやる為に月1くらいで集まるとの事。
ゆいちゃんも最近は行ける時に参加してるって聞いて、いいなぁと思ってたら、俺くんも良ければ来ない?と誘って頂けた。
ゆいちゃんとの出会いも嬉しかったけど、この何時間かで俺はすっかりゴリさん夫婦の虜でもあった。

85 :◆H3mLWPGv9Y :2016/01/12(火)23:24:08 ID:dL2
次のゴリ会はなんと明後日の3日。
帰省組がほとんどであまり人数は来れないけど、ゴリさんの自宅にて餅をついて食す会という新年会を開催するらしい。すごい楽しそう!
俺はじゃあ是非とも参加させて頂きます!と即答えた。
ちなみに俺の仕事初めは5日から。
実家から3日にちょうど帰るつもりだけど、ゴリさんの家だと一人暮らしの家からの方が近い。
その話を聞いてゆいちゃんは「じゃあしばらくは会えないね」と残念そうに言ってくれた。
でも俺の一人暮らしの場所の説明をしたら「なんだ!だったら私の勤め先とほとんど変わらないよ」って喜んでくれた。
そんなちょっとした反応が、俺にとっては本当に嬉しい。

86 :◆H3mLWPGv9Y :2016/01/12(火)23:25:01 ID:dL2
ゴリさんと互いの連絡先を交換して、細かい家の場所の説明とか受けてたら、ゆいちゃんがちょっと考えてから話に入ってきた。
「私、その日は高校の同級生達と◯◯(今回行ったのとは逆方向だけど同じく電車で行ける距離にある有名な神社)の初詣行こうってなってるんですけど、ゴリ会も行きたいから、午後から参加しようかな」
「そうしろよ!餅は大量に作るつもりだし」
とゴリさんも喜んで答える。
「友達も一緒でいいですか?◯◯と◯◯なんだけど」
どうやらその同級生と面識があるらしいゴリさん夫婦は、可愛くて若い娘はいくらでも来てかまわん!女手助かる!だってどうせ男共は片付けやらないもんと2人で歓迎。
またすぐにゆいちゃんと会える!!!ゴリさん達と話せる!こんな楽しい正月休みがまだまだ続くなんて!!
昨日からの流れで本当に色々あったけど、こんな素敵な出会いが産まれるなんて、人生何があるかわからないもんだよね。
ゴリさんに俺くんも誰か連れてきてもいいよと言われたので、2日に会う予定の小学校からの幼馴染2人(親友)に聞いてみますと伝えた。
そうなればさらに、俺も一人参加より緊張しないし。友達達もゴリさんみたいな人となら、絶対に楽しめるだろう。
「お前ら2人して、3対3って合コンかよっ!」
とゴリさんに突っ込まれて、ゆいちゃんが◯◯(友達の一人)は彼氏いるしwwwとか返してた。
「私には◯君がいる」って言われなくて、ちょっと俺はほっとした。
でも、こうやって楽しくしてると忘れちゃうけど、ゆいちゃんの心の中には◯君がいるんだよな…っとか考えると、少しだけ寂しくもなった。
話しすぎて初日の出の瞬間を見逃したw
でも、海から顔だしてから僅かの朝日は拝めた。
残念ながら窓際の席には移動出来なかったけど、店内の全員が日の出に見とれてて、小さな歓声も上がって、すごいいい雰囲気だった。
隣にいるゆいちゃんと一緒にそれを見れて、俺は勝手に今年はいい年になるって思った。
ほんと、そうなりたい。

87 :◆H3mLWPGv9Y :2016/01/12(火)23:25:48 ID:dL2
しばらくしてからファミレスを出て、また徒歩で駅へ。
全員かなりの時間起きてるのに、元気だった。
ゴリさん夫婦はこのまま電車を乗り継いで帰るので、途中の駅で俺とゆいちゃんが降りる形でお別れに。
前にも言ったけど、俺達は最寄り駅が違ってて、本当は俺はゴリさん達と別れた駅から歩いても帰れるのだが、ダメ元でゆいちゃんの家まで送ってからバスで帰る提案をしてみた。
「まわり道になるから」とちょっとだけ遠慮されたけど、思ったよりあっさりと「じゃあお言葉に甘えて送って貰おう」と言われ、まだ少し一緒にいれると俺は心の中で小躍りした。
「不思議だね、全然眠くないw」
「俺もwwってか、ゴリさんもみかさんも超いい人だよね!」
「うん、ゴリさんみかさん夫婦大好き!第二のお兄ちゃんと、お姉ちゃんみたいな存在だもん。
前の会社ブラックで本当きつかったけど、ゴリさんと出会えたのだけは良かった!」
ゴリさん夫婦絡みの話で盛り上がりながらゆいちゃんの最寄り駅へ到着。
初詣の為かそこそこ人のいる駅前からの通りを歩いてたら、ゆいちゃんが脇道にあるコンビニで飲み物買って、その横の公園でちょっと休憩しない?と言ってきた。
もちろん俺は即OK!各自飲み物を買って公園のベンチに腰掛ける。

88 :◆H3mLWPGv9Y :2016/01/12(火)23:26:46 ID:dL2
一息ついてしばし朝の公園の空気を楽しんだ。
「俺くん、今日も本当にありがとう」
「俺は何も礼を言われる事してないよw」
「でも、ありがとう」
こういう、理由はあやふやでもお礼を言いたい気持ち、なんかわかる。
「うん、でも俺もありがとう。本当にこんな楽しいお正月って久々、というか、こんな楽しい時間を過ごしたの久しぶりかも」
「私も、最近本当◯君との事で家もギクシャクしてたし、自分もいっぱいいっぱいだったから」
「うん…」
「なんかね、いざこうして◯君との事から離れて、違う事してたら、なんていうか…少し気が楽っていうか…。
◯君と連絡取ってる時は、何かしなきゃ、伝えなきゃ、考えなきゃってなんとなく急かされてるみたいな、勝手にそんな風になってる自分がいたの。
好きだから早く会いたいって焦ってたんだろうけど。なんか必死になってた。
そう考えると、今日ゴリさんが言ってた事合ってるなって」
ゆいちゃんがちょっとずつ語りだす。
「ゴリさんが言う通り、恋に恋しちゃってる感じで、◯君が好きだから、周りがなんと言おうと私たちの邪魔させないって気負いすぎて、その事しか考えてないみたいな状態に自分からしてたのかなって思ったりする。
◯君が好きって思ってる自分に酔ってたっていうか…好きになってる状況に浸ってたかったっていうか」
「うん」
また相槌を打つしか出来なくなる俺。

89 :◆H3mLWPGv9Y :2016/01/12(火)23:28:26 ID:dL2
「会ってないから頭で相手を美化してるってのは、確かにそうなのかもとも分かるんだ。
実は『ちょっと嫌だな』って部分も見ない様にしてたのはある。
私がそういうのを指摘したら、◯君に嫌われないかって事ばっかり気になってて。
自分では◯君の事を理解して好きになってるって思ってたけど、なるべく良い部分だけ見ようとしてたのかも…」
「そういうのって誰でもあると思うよ」
「そうなのかな、そうかもね。恋は盲目って言うしね。
◯君と色々と話して、分かり合ってるつもりでいたけど、たまに相手の反応とか不安になる事もあったんだ。
向こうも私の考えとか、状況が分からなくて、ちょっと怒ったり、呆れたりしてた。
通話してて喧嘩するの怖くて、いつも気になった事はLINEで打ってた。
その文字のやり取りで喧嘩して、それでも仲直りしてるし、さらに絆が深くなった、みたいに考えててた。
男の人と喧嘩とかした事あんまないし、なんとなく怖かったんだ。
でも、こうやって俺くんみたいに直接会って話て、一緒にいるって事の方が早く相手を知れるよね…だから言葉にしないで文字で伝えてたのは間違ってたんだって思う」
俺も頑張って自分を知ってもらおうって色々話してたから、一緒にいた時間で、ゆいちゃんに少しでも自分の事が伝わって、知ってもらえてるって思えて嬉しかった。

90 :◆H3mLWPGv9Y :2016/01/12(火)23:31:16 ID:dL2
「半年もやり取りしてて合わなかったのもね、ちょっと最初は怖くて、私が会うのに逃げ腰だったからなんだ。お互いの予定が合わないのもあったんだけどね。
それがそのうち、◯君は会えなくてもこんなに理解してくれる、だから合っても大丈夫、絶対上手く行くし、想像通りのいい人なんだって変わっていって、会う決心して、約束もしたんだけど。
勢いで家出して、スマホ無くてすぐに誰かと繋がれない状況になったら、駅まで行ったのに不安ばっかり押し寄せて帰って来ちゃったし…。
そんな私の行動で、あんなに迷惑かけちゃって、家族には本当に悪い事したって思ってる。
昨日、俺くんが来る前に、久しぶりに心からごめんなさいって言えたんだ」
「ご両親とはすぐ元の状態に戻るよ、一番近い親と子だしね。
帰って来ちゃったのはしょうがないよ、好きとはいえ、会った事ない人間の、しかも男の人の家にゆいちゃんが簡単に行ける人じゃないってのは、知り合って間もない俺でも分かるよ。
それに、親だけじゃなくて、ゴリさんとか友達とか大切な人を本気で悲しませられる人じゃないのも分かる。
でも、恋してる時に好きな人に会いたいし、その人の事で頭がいっぱいになって判断出来なくなる気持ちも、やっぱり同じように分かるよ」
「うん。◯君もちゃんと顔合わせて話せば不安は消えるってよく言ってた『俺達はこんだけ長くやり取りして、理解して、絆深めたんだから、何を不安に思うの?』って。
でも、親との喧嘩の話してても『ちょっと親ヤバくない?家出れば?』とか言われると、そんな簡単に言わないでって悲しい気持ちもあったんだよね」
ゆいちゃんがそろそろ歩こうかと立ち上がったので、飲み物片手にのんびりとまた歩き出す。

91 :◆H3mLWPGv9Y :2016/01/12(火)23:32:39 ID:dL2
歩きながらもゆいちゃんの話は続いた。
「このままの勢いで、変な話しもしちゃうけど、◯君は私が男の人に慣れてないって部分に興味があるのかな?ってたまに思ったりもしたの。
LINE繋がってちょっとした頃から、お互いの好みとか恋愛の話になって、私が女子校上がりで男友達とかいないし、今まであんまりお付き合いもしてないって事言ったら、ちょっと下ネタ的にからかってきたりが増えて…」
うーん…男としてはちょっと理解して出来るけど、まだ親しくもなく、会った事のない子にそれはダメじゃないかな、◯君…と思ったけど、それは口には出さないでおく。
「初めは『そういうの苦手』って言ってたけど、◯君の事を好きかもって思った頃から、向こうも意識してるからこういう話題ふってくるのかもって考えちゃって、なるべく冗談っぽく返してた。
でも…そういう話題を意識させつつ、面白がってたというか…うーん、なんていうのかな」
「うん、言いたい事はなんとなくわかる」
「うん…なんか、私にそういう事を意識させる様にもってってたのかもなとか。そこまで考えてないのかもだけど。
よく身体目的とかいうけど、誤解しないでね、◯君はそういう人ではないとは思う。
ただ、ちょっとした会話の中で「ゆいは男慣れしてない」って見られてるってのは感じてた」
「まぁ、同じ男としては、女の子が自分の言った事に好意的に嫌がって「もう!」みたいな反応を見たいって気持ちもちょっと分かるよ、内容によりけりだろうけどw」
なんでかちょこっと◯君をフォローしてしまうような発言をしてしまう俺。
なんというか、俺は否定してないよと、君の良き相談相手だよと思われたいというか…こういうところが多分、俺のダメなところなんだろうな。
「そうなのかな。んー…そういう軽いつもりだったのかもだけど…。
やっぱ私、そういうのに慣れてないから、反応に困るんだよね、上手くかわせなくて。
なんか、本当に変な事まで聞かせちゃってごめんね。
今まで好きな所ばかり考えてたから、こうやって少しずつ、モヤモヤしてた事もこの休みの間に考えてみようとは思うんだ。
あ…2人になると◯君の話ばっかでごめん。今更だけど嫌だったら言って」
「いやいや、大丈夫。嫌ならちゃんと言うよ」
思い返してこうして書いてると、本当に俺は表面的にいい人ぶる…反省…。

92 :◆H3mLWPGv9Y :2016/01/12(火)23:33:56 ID:dL2
ゆっくりと歩いたつもりだったけど、あっという間にゆいちゃんの自宅の近くに着いた。
関係ないけど、ゆいちゃんは見た目とは違って、結構早足でサクサクと歩くタイプ。
俺もサクサク派だから、ゆいちゃんと歩く時は少しペース落とすにしても、じれったく思うほどの遅さじゃない。
よくいるのんびりゆっくりな歩き方の子とは違う感じ。俺的にはそういうところも好き。
ご飯の食べ方や、座り方、立ち振る舞いはやっぱり育ちが良いからなのか綺麗だし、品があるなって何回か関心した。
お店での注文の仕方とか、食器の扱いとか、食べる時にちゃんと髪を結わくのとか、そういう小さな事だけど。
笑い方とか、ちょっとした仕草にも可愛さと素直さはあるけど、変に女子女子してなくて、媚が感じられなくて好感が持てる。
この感じ、わかるかなw
少し家を通り越して一緒にバス停まで来てくれたゆいちゃんと時刻表を見る。
なんとなく話足りなそうな感じのゆいちゃんが、バスすぐ来るねって言うのを見て、俺もさよならするのが名残惜しい気持ちになる。
「俺も今日は予定何もないし、まだゆいちゃんが体力的に大丈夫なら、あとちょっとだけ話す?」
と言ってみたらすごい嬉しそうに「うん!」と答えてくれた。

93 :◆H3mLWPGv9Y :2016/01/12(火)23:34:55 ID:dL2
ゆいちゃんの自宅の近くに、なぜか小さなベンチだけある場所があると言うので、そこに移動。
ああいう場所ってたまーに見かけるよね。小さなスペースにベンチがちょこんとあるやつ。
なんであるのか不明だったけど、こういう時便利だね。
そっからは◯君の話は出ず、ゆいちゃんが今親に取られてる通信機器の話とかした。
「ほんと不便だから、タブレットとパソコン後回しでいいけど、スマホだけでもすぐに返して欲しい!」
と不満を言ってたゆいちゃんが、ふっと俺に聞いてきた。
「そういえば俺くんってLINEやってる?」
「あー…やってないわ」
「skypeも?」
「skypeはアカウントあるはずだけど、もう何年も使ってないw」
「そっかー、じゃあスマホ返してもらったら、メールだね」
つまりはスマホが戻ったら俺とアドレス交換してくれるということかっ!!!嬉しい!!!

94 :◆H3mLWPGv9Y :2016/01/12(火)23:35:40 ID:dL2
「LINEって良く知らなくってさ。周りで使ってる奴はいるけど、なんか既読スルーとかの話だけ聞いてると面倒で…。
勝手にどんどん知り合い登録されるってのも聞いたから、会社の人とかと繋がるの嫌だなって抵抗あるんだよね」
「そういうの設定すれば大丈夫だよ、自分が繋がりたい人とだけ繋がる様に出来るから、あと無料通話もあるし、私は便利だと思うけど。
既読スルーなんて社会人だとお互い様だと思うよ、私も手が離せない時は返さないし、友達でもそれで怒る人とかいないし。
でも嫌いな人もいるよね、ゴリさんは嫌だってLINEは使ってないよ、skypeは仕事で連絡用に使ってるけど。
ねぇ、もしLINE入れるなら私が分かる事なら教えてあげれるよ」
そこからゆいちゃんが言うままにLINEをダウンロードして色々と設定して、抵抗あって今まで拒否してたLINEユーザーに早々となる俺wwww
好きな子の提案を強く否定できませんw

95 :◆H3mLWPGv9Y :2016/01/12(火)23:37:16 ID:dL2
ゆいちゃんは今は◯君との連絡用に仮のアカウントを作ってはいるけど、それはあくまでも仮なので削除するつもりらしい。
自分のスマホが戻ってきたらまたちゃんとしたLINEアカウントを作り直すから(ごめん、ここらへんあやふやです)そしたら俺のIDを検索してお友達として繋がるとの事。
その時にメアドと携帯の番号も教えてくれるとの話に、俺は心の中で大喜びした。
「◯君とはね、◯君のID聞いて繋がったから、私から繋がないともう繋がれないの。
私は◯君の携帯番号も住所も聞いてるけど、私は住所とか自宅の事は会ってからにしようって思って伝えてないんだ。
でも、携帯の番号は前に通話したのに、◯君が番号見つからないとか言ってて…ちょっとムカついたから改めて教えてはないの。
誕生日プレゼントも定形外で送って、私の住所記載してないんだ。
もしスマホ戻って、次にアカウント作り直しても、自分の答えが出るまでは◯君とは繋がらないつもり、ここで一度ちゃんと考えるって決めたから」
そんなゆいちゃんの決心を聞いて、俺はまたうんうんってしか言えなかった。

96 :◆H3mLWPGv9Y :2016/01/12(火)23:38:02 ID:dL2
流石にお昼近い時間になったので、俺は帰る事に。
ゆいちゃんも見送るからって一緒にまたバス停へ。
「じゃあ次は3日のゴリ会でね!それまでにスマホ戻ってきたら連絡するから」
「3日楽しみにしてる!スマホの件でまたご両親と喧嘩しちゃダメだよ。
じゃあ、昨日からほんと色々楽しかった、ご両親にもありがとうございました、ご飯本当に美味しかったですって伝えてね」
「うん、伝えるね。また家にも遊び来てね」
そんな素晴らしい言葉を言って貰って、ゆいちゃんに見送られながら俺は帰路に着いた。
笑顔でバスに手を振るゆいちゃんに、俺も後部座席から見えなくなるまで手を振った。
こんな感じで奇跡的な出会いからの初詣が終わりました。
ほんと、ちょっとした事で人って繋がってくし、こんな短時間で色々な事が起こる、なんて嬉しさと驚きで胸がいっぱいのまま帰宅した俺は夕飯の時間まで爆睡しました。

97 :◆H3mLWPGv9Y :2016/01/12(火)23:40:09 ID:dL2
切り方とか改行下手で読みずらかったらごめん。
次は簡単に2日を書いたら、3日の餅会に流れる予定です。
読んでくれてる人、本当にありがとう。
もしも質問とかあったら言ってね。(ないかw

98 :名無しさん@おーぷん :2016/01/12(火)23:46:49 ID:u4M


99 :◆H3mLWPGv9Y :2016/01/12(火)23:51:00 ID:dL2
さっそく支援ありがとう!そしてまた出てきてごめん!
恋する男、イッチです。
今テレビ見てて気づいたんだけど、ゆいちゃんちょっと夏菜さんって女優さん?タレントさんに似てるかも。
目元のハッキリした感じとか。小顔っぷりとか、華奢な感じがね。
でも夏菜さんはちょっと小麦肌のショートの元気な印象かな。
ゆいちゃんは色白で、髪は肩くらいまでで、もう少し控えめに見えるかも。
俺は今日から好みのタイプ聞かれたら夏菜って言う!!

100 :げすたん :2016/01/13(水)00:39:19 ID:q2F
なんだとー( ; ゜Д゜) 可愛いぞゆいちゃん
ホント ちょっとしたきっかけからいろんなこと起きるからね 頑張れ主さん

101 :名無しさん@おーぷん :2016/01/13(水)01:02:50 ID:cpZ
瑛太と夏菜か!美男美女だな!w
イッチのワクワク話でこっちも気持ちが楽しくなるよ。

102 :◆H3mLWPGv9Y :2016/01/13(水)08:52:02 ID:ZCR
おはよう、そして反応ありがとう!
>>100 目元があんな感じ!とっても目が大きく印象的で、二重くっきりなんだよ。
本当にきっかけとか出会いって不思議だよね。
俺のペースで頑張るよ!
>>101 ごめんなwwwおれは瑛太とは程遠いwwwww
一重まぶたの、量産型みたいな顔した地味メンだww
よく「似てる人みた」って周りから言われるけど、多分痩せ気味のメガネ=俺って認識なんだと思うwwww
あと、お気付きの人もいるだろうが、俺はこの日にゆいちゃんのマフラー返し忘れたよww
クリーニング出すか悩んだけど、やりすぎると良くないと思って、ファブリーズ史上最強のヤツを買ってくまなくファブったww
今日は寒いけど晴れてて気持ちいい!皆さんもお仕事頑張ろう!

103 :名無しさん@おーぷん :2016/01/13(水)12:56:22 ID:9C9
ファブリーズMEN?
効きそうなので家にもあるよw

104 :名無しさん@おーぷん :2016/01/13(水)14:59:27 ID:1s7
イッチ、瑛太演じる上田一で再生したよ。
消臭は太陽の光に当てるのが一番。
ってもうファブったのか。。。イッチの香り=ファブになるぞ!

105 :◆H3mLWPGv9Y :2016/01/13(水)21:58:24 ID:ZCR
ただいまです!
お風呂上がったら投下します。
また長くなったから餅会も分割するよ。
>>103 黒いファブでしょ?最強の売り文句はちゃんと効くのか!良かった!
余ってるから布団とかスーツとかにファブりまくってるw
>>104 太陽すげぇ、今後はそれやるわ。
俺の香り=最強のファブww
ファブの香り付きにいっそ「男の色気」とか出たらいいのになw
瑛太は土下座で謝ります、すみません( TДT)
本当に顔はパーツの数と位置しか似てないからねww
あのキャラクターは上田一っていうのか。
でもあいつは中身が瑛太の時点で勝ち組のオーラがあるよ…。

恋愛系の人気記事

幼なじみが春から大阪の大学に行くらしい

ずっと小さい頃から一緒にいた幼馴染み(♀)が1ヶ月後に大阪の大学に行ってしまうと情報を得た>>1(♂)。高校にはいってからあまり会わなくなり、このままだと成人式まで会えないのでは…と感じて思いで作りのために行動をするためスレを立てて安価から始める。そして……感動青春物語です。

アメリカ人の友達ができた結果wwwww

アメリカに留学した>>1、そこで彼が出会った国籍の違う友人達。そんな中、>>1はとあるアメリカ人と仲良くなり…?家族愛に溢れる大長編アットホームストーリー、オススメです!

幼なじみとセクロスしたいんだが

1◆2XbomQws8Iと相手のMさんは近所の幼馴染の高校生。学校も一緒らしい。毎日Mさんに安価メールを送ってる割には保守気味。1はセクロスだけできれば良いという。しかし、体だけの関係を求める事が許さない良心派VIPPERが1とMさんを付き合わせようと作戦を考え中。1とVIPPERの攻防にご期待あれ。

ガチでエロゲっぽい状況になった。

この物語は>>1の元に親戚の女の子が家に訪ねてくるシーンから始まる、sneg?女の子慣れしていない>>1は住民のヌクモリティを受け実況プレイをして各所でフラグ回収しつつ複数ルートも発見しながら着々と進んでいく。弟が仕掛けるバッドエンド回避して無事トゥルーエンドへ辿り着けるか…

俺のしょうもない思い出を話そうと思う。誰か聞いて

30近くのおっさんの俺の前に現れた超絶かわいい少女しかしそれは俺と同じで曰く付き物件だった。たがその子に恋をしてしまった中二オタ霊能者の運命は…笑いあり涙ありラップ音ありの最恐恋愛コメディ!