2chまとめサイトモバイル

とんでもない彼女は強盗

Part13


172 名前:1 ◆hxOL7r2r.Y:2008/04/17(木) 16:20:20.47 ID:3RrAOIYo
【特別編 俺の父VS華の母】
俺と華が淀川の河川敷で一緒に住む約束をしてから1年。
それなりに色々なことがたった。
それはいつか機会があれば・・・。
それからというもの俺と華は頻繁に実家を訪ずれた。
会うたびに俺の両親は、華に愛着を持つようになり
華はそんな両親に心を開いていった。
特に父親は華を可愛がり訪れる前日には
繁華街に繰り出しはマカダミアンナッツを買って
華に食べさせた。
昔父親が言っていたこんな言葉を思い出す。
俺達が兄弟喧嘩をしていた時の事
「お前ら男の子やから元気なんはええけど、父さんは優しい
女の子も欲しかったわ・・・ハァー・・・」
華の訪問はそんな父のささやかな夢が
遅まきながらに叶ったことを意味しているのかもしれない。
(兄嫁はいるが両方子供というよりは大人の人であった)

173 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/17(木) 16:26:18.68 ID:fRxIpyYo
マカダミアンナッツに思い入れでもあるのかwwwwその父はww

174 名前:1 ◆hxOL7r2r.Y:2008/04/17(木) 16:27:14.76 ID:3RrAOIYo
一般的な女子中学生はどうか知らないが華は心を開いた
人間にはとても素直な女の子だった。
おいしいものを食べると感激し
嬉しいことがあると満面の笑顔で大喜びする。
そんな華を見ていると俺すら可愛く思うのである
俺よりずっと年上の両親はさらに華を可愛く思って当然かもしれない。
まぁ。その裏の顔は14歳で窃盗・強盗・傷害を起こしていたのも事実だが・・・。
華が中学の卒業を迎える前日
俺の実家でささやかな卒業パーティーを開いた。
酒が入りご機嫌な父親は華にこう言った。
「華ちゃん。おっちゃんはなぁ。華ちゃんを自分の娘やと思ってる。
だから華ちゃんもおっちゃんのことを自分の父親やと思って
なんでも相談していいんやで」
華は驚いた表情を浮かべ目を丸くした。そして・・・。
「ぅち・・・ほんまはずっとぉ父さん欲しかったねん・・・。しぁわせやぁ・・・」
そういって恥ずかしそうに頬を赤くした。
華は5歳の時に父親を亡くした。
はっきりとした記憶こそないが面影は残っているそうだ。
その面影はいつも華を肩車し、とても優しい父親だったそうな。

175 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/17(木) 16:33:38.74 ID:fRxIpyYo
マカダミアンの優しさに泣いた

176 名前:1 ◆hxOL7r2r.Y:2008/04/17(木) 16:33:58.53 ID:3RrAOIYo
その日は遅くなった事もあり2人で実家に泊まることにした。
アイスを食べながら風呂の順番について話していた。
明日華は卒業式だ。
早く家を出なければならない。
華を1番に入れ寝かし、それから残り3人が入ることにした。
しかし華は
「ぅちぉばちゃんと一緒に入るから。ぉっちゃんと1先に入って」
ケロッとした顔でそういってアイスをパクパク食べている。
母親の方が驚いた表情を浮かべている。
母親は笑いながら
「それじゃ華ちゃんと一緒に入ろうかなぁ。背中ながしてね〜」
「ぅん♪ぇぇよぉ」
華は心を開いた人間に対してはこの様に全力で開く子だった。

177 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/17(木) 16:36:36.12 ID:PpO8KR6o
華ちゃんいい子やなぁ(´つω;`)

178 名前:1 ◆hxOL7r2r.Y:2008/04/17(木) 16:38:01.55 ID:3RrAOIYo
華は卒業式の翌日、長かった髪をバッサリと切った。
(切ってからの華は前に書いてもらったイメージ画に近いですね)
その一週間後、華の母親に許可を貰い一緒に住む計画を立てた。
俺は父親にそれを告げた。父親はこういった。
「お前は華ちゃんが卒業するまで待った。あとは自己責任や。父さんはなにも言わん」
しかし父親は一つだけ条件を出してきた。
「華ちゃんのお母さんの挨拶には、お父さんも立ち会う。それが条件や」
最初俺はその申し出を断った。
「俺も大人やし自分でちゃんというから。親父はええよ・・・」
しかし父親は断固として自分も立ち会う姿勢は崩さなかった。
「お前は何歳になってもお父さんの子供や。子供が社会的に大きな責任を決断する
時、お父さんはお前が何歳であろうが立ち会う。」
俺は諦めた。華の母親への挨拶は父親も立ち会うこととなった。

182 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/17(木) 16:42:59.62 ID:Jrx1w.Ao
良い親父じゃネーか

184 名前:1 ◆hxOL7r2r.Y:2008/04/17(木) 16:46:20.66 ID:3RrAOIYo
華の母親と再び対面。
前回のことが頭をよぎる・・・。
正直華の母親とは会いたくなかった。
しかしまだ15歳の華・・・。
同居するに母親の許可は当然必要だ。
まずは父親と合流した。父親も俺もスーツ姿だった。
2人で華の自宅の最寄駅へ。
そこで華と合流。華の自宅へ向かう。
華は不安気な表情だった。
「ぉっちゃん・・・。華のぉかぁちゃんな・・・。
変な人やけど・・・びっくりせんとってなぁ・・・」
そりゃ不安だろう。あの母親じゃ・・・。
俺も不安だった。
マジメで堅物な父親はあの手の人間と接したことがあるのか?
腰を抜かしてしまわないだろうか・・・?

185 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/17(木) 16:46:31.59 ID:4VBZ62oo
これはいいママダミア&パパダミア

186 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/17(木) 16:47:40.73 ID:PpO8KR6o
親父さんに萌えそうなヨカン dkdk(* ゚д゚ *)

187 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/17(木) 16:48:18.75 ID:B6aHgtQo
もちろん手土産はマカダミアンナッツなんだろうねwwwwww

189 名前:1 ◆hxOL7r2r.Y:2008/04/17(木) 16:54:04.99 ID:3RrAOIYo
華の自宅へ着いた。
華がガラガラと玄関の扉を開ける。
家の中は静まり帰っていた。
「ぁがって・・・」華に促され俺と父親は家へ入る・・・。
ドキドキする。この奥にはあの恐怖のアル中母がいる。
俺はあの大乱闘を思い出していた・・・。
母親はボーっとTVを見ていた。
あの時と同じだ。
顔色は極端に悪く髪はボサボサ
死んだ魚の様な目・・・そしてテーブルにはビール缶。
何も変わっていない。
とりあえず俺達3人は華の母親の前に座った。
親父が手土産を差し出す。
「はじめまして。1の父です。つまらないものですがどうぞ!」

190 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/17(木) 16:58:48.90 ID:B6aHgtQo
つまらないものはマカダミアンナッツ!?

191 名前:1 ◆hxOL7r2r.Y:2008/04/17(木) 17:00:51.93 ID:3RrAOIYo
母親はジロッとその箱を見ると。
「なんや?これ?」と言った。
直球・・・・。
父親は冷静に「羊羹です」と答えた。
母親はその羊羹の箱を手で払うと
「人から食いもん恵んでもらうほど落ちぶれとるかぁー!」
と怒鳴った。
華がすかさず「コラ!クソババ・・・・」っと言いか掛けて言葉を飲み込んだ。
俺の父親がいるので必死に堪える。
俺は言う。
「華さんと2年近くお付き合いさせて頂きました。
そしてこの度華さんが中学を卒業しました。
これを機会に華さんと一緒に生活をしたく考え、今回お母さんの許可を頂きに
参った次第です。」

192 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/17(木) 17:01:19.85 ID:PpO8KR6o
前に1を連れてった時と比べて、華ちんの不安さが増えてんね
実家のおかげかなぁ

193 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/17(木) 17:02:38.35 ID:B6aHgtQo
羊羹!?
そうじゃない・・・そうじゃないだろ!?な!?_ノ乙(、ン、)_

194 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/17(木) 17:05:13.37 ID:r3.26EDO
父ちゃんが男すぎる

195 名前:1 ◆hxOL7r2r.Y:2008/04/17(木) 17:08:26.63 ID:3RrAOIYo
華も続けて
「ぉかぁちゃん・・・。ぅち家出てこの人と暮らすで・・・」
華の母親は無視してTVを観ている。
「○○(弟)のことはぉねがぃやで・・・ぉかぁちゃん・・・」
華も華なりに弟は心配のようだ。
母親はビールを一口飲んでこう言った。
「はよいんでくれ(早く行ってくれ)口減らしが出来てせいせいするわ(笑」
一同唖然・・・・。
さらに母親は言い放った。
「せやせや。ついでにお兄さん。○○も引き取ってくれへんか?」

196 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/17(木) 17:10:04.79 ID:FC30nmoo
ここから父親のターンですね?
期待していますww

197 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/17(木) 17:10:11.36 ID:B6aHgtQo
( ゚д゚ )

198 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/17(木) 17:10:38.75 ID:fRxIpyYo
腐ってますね

199 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/17(木) 17:11:29.39 ID:cmZoZcSO
アル中ならこんなもんだ

200 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/17(木) 17:11:57.61 ID:PpO8KR6o
母ちゃん寂しいな
最後のは強がりなんじゃないかなぁ と。

201 名前:1 ◆hxOL7r2r.Y:2008/04/17(木) 17:12:07.01 ID:3RrAOIYo
ドーーーーーーーーーーーーン!!!!!!!!
その瞬間テーブルを叩く音がした。
ビールを飲む手を止めた母親。
目を丸くして驚く華。
そして俺が1番驚いた。父親が・・・父親が・・・。
キレた!!!!
父親が怒鳴った
「お前に母親を名乗る資格なんて無いっ!!!」

202 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/17(木) 17:13:01.05 ID:B6aHgtQo
親父キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
かっちょよす!テラかっちょよす!!

203 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/17(木) 17:14:01.38 ID:FC30nmoo
父「お前に食わせるタンメンはねぇ!!」
どうしても言いたかった_ノ乙(、ン、)_

206 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/17(木) 17:14:58.02 ID:PpO8KR6o
>>203
ばかwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwっうぇえwwwwwwww

207 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/17(木) 17:16:06.49 ID:B6aHgtQo
>>203
かっけ〜〜〜〜〜wwwwwwwwwwwwwwwwww

204 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/17(木) 17:14:44.97 ID:j4jmCSYo
俺もこういうお父さんになるぞっ
うん。

205 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/17(木) 17:14:46.17 ID:eqif.2AO
親父かっこよすぎる…

208 名前:1 ◆hxOL7r2r.Y:2008/04/17(木) 17:19:09.36 ID:3RrAOIYo
父親は怒りで震えている。
俺はこんな父親を初めて見た。
父親は怒鳴った!
「華ちゃんは私と嫁と1で預からせてもらう。
これは許可でも報告でも、ましてやお願いでも無い!
保護や!児童虐待に対する保護や!!」
果たして中学を卒業した華が児童にあたるかどうかは知らないが
俺はとにかくびっくりした。
華の母親も切れた!
「出ていけー!!お前らここから全員出て行けー!!」
父親は華を見て言う
「華ちゃん。すぐに出る用意をしなさい。1の家がまだ片付いていない
なら私の家に来なさい。今すぐここから出よう!」

210 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/17(木) 17:19:46.15 ID:fRxIpyYo
すげえカッコイイおやz
いやおじ様だな

211 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/17(木) 17:20:31.17 ID:Cll1Dmwo
マカダミアンかっけー!

214 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/17(木) 17:22:53.40 ID:p.6zkGgo
父を見て育った1だからこそ、華ともやっていけるようになったんだな。
尊敬するぜ

215 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/17(木) 17:26:19.48 ID:B6aHgtQo
>>214
すると・・・親父もロリコンですか?( ゚д゚ )

216 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/17(木) 17:26:49.53 ID:DhV.YZIo
>>215
そっちかい( ゚д゚ )

219 名前:1 ◆hxOL7r2r.Y:2008/04/17(木) 17:29:40.57 ID:3RrAOIYo
華はびっくりして目を丸くしている。
「ぅち・・・ぅち・・・」と言っている。
父親はすかさず
「大丈夫や。おっちゃんが全て責任持ったる。大丈夫や」
華は奥の部屋へと走り出すと
鞄に最低限必要な物を詰め込む!
母親は狂ったように何か喚いている。
用意を済ませた華を待って玄関を飛び出した。
これ以上いたら危害を加えられかねない。
やはり華の母親には常識など通用しなかった。
3人で駅に向かう・・・。
俺と父親の後を華は悲しそうにトボトボと歩いていた。
全員無言だった・・・。
すると華がタッタッと走って近づいてきた。
「・・・ぉっちゃん・・・」
と言って父親の袖をツンツンと引っ張った。
そして・・・。
「ぉっちゃんぁりがとぅ。ぅちのために怒ってくれて・・。
ぅち・・・。ぅれしかったで・・・」
華はそう言って照れくさそうに微笑んだ。
特別編終了です!

220 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/17(木) 17:30:56.10 ID:FC30nmoo
>>219
何でもいいからもっと聞きたい・・・
とりあえず乙でした!!
泣ける・゚・(ノД`)・゚・

224 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/17(木) 17:32:53.01 ID:9rCZt.DO
ぅおおお お父さんをください!

225 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/17(木) 17:33:21.98 ID:PpO8KR6o
。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
乙でし

226 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/17(木) 17:33:56.94 ID:3Zq2Quwo
弟が気になる…

227 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/17(木) 17:34:31.08 ID:B6aHgtQo
>>226
(´・ω・`)ネー

228 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/17(木) 17:34:50.86 ID:p.6zkGgo
その後華母とは全く接触無し?
放っておくと後で面倒なことになりそうな。
結婚を聞きつけて金の無心にくるとか。
弟は保護されてないのか・・・

230 名前:1 ◆hxOL7r2r.Y:2008/04/17(木) 17:36:23.84 ID:3RrAOIYo
まぁ特別編を書くとは思っていませんでした。
これが華の母親に対する許可?の話です。
前スレでも随分話題に上がっていたので・・・。
今から外出をしなければなりませんが。
>>152
の質問とニコ動に対する僕の意見だけは
近いうちに話したいと思います。
わざわざ特別編にまで付き合ってくれた皆さん
ありがとう!
とりあえずオチますね。ノシ

232 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/17(木) 17:37:13.46 ID:DhV.YZIo
>>230
またねーノシ

252 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/17(木) 23:31:41.19 ID:6F0snzUo
吉野に裏切られたとか
親友として信用されなかったんだな

253 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/17(木) 23:45:04.98 ID:WxnmvcEo
敢えて言おう。
       『  吉  村  』  
                        だ。
それと、オヤジもロリとか池沼かコノヤロウ。

257 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/18(金) 00:41:00.97 ID:FjTftfoo
>>252
前にもあったが、酒の席で軽く口を滑らしてしまって、ばつが悪くなった
という可能性もあるからあんまりせめてやるなよ

258 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/18(金) 01:25:27.54 ID:BkACA2DO
>>257
それでも何年にも及ぶ付き合いしてんのにあっさりだからな
悲しくなるぜ

259 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/18(金) 01:28:45.03 ID:T6YVZzAo
>>257
とはいえ、その後に謝ることもなかったんだから故意に漏らしたとしか思えんわな

260 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします:2008/04/18(金) 07:57:49.43 ID:hg0rUAAO
俺も理由はわからんが漏らしたのは故意だと思う。
うっかりで金捕られたまでは話さんだろ