未解決じゃなく、解決した不気味な事件教えて
Part2


37 :名無しさん@おーぷん :2015/04/04(土)06:15:23 ID:qOa
解決したけど不気味な余韻を残す事件も多い一方
何もかも合理的な説明がつくのに、その説明が欠けたせいで
怪事件みたいに思われているのもあるよな
メアリーセレスト号事件みたいに
あと、事件自体は普通だけど生理的にくるやつとか。
たとえば手首ラーメン事件。
1978年、暴力団内部の抗争(組長代行のポスト、屋台ラーメンの縄張り争い)で
東京都中野区の暴力団員とその子分たちが、兄貴分の組員を殺害。
死体はバラバラにして、兵庫と岡山の山中に埋めた。
その後警察が掘り起こし、頭部と胴体と両腕両脚は回収したものの
何故か両手首だけが発見できなかった。
捜査本部が「両手首はどこにやったんだこの野郎」と犯人を締め上げたところ
「指紋から身元が判明するといけないと思って持ち帰った。でも始末に困ったので
 屋台ラーメンのダシに使用して、残った骨は粉々に砕いて捨てちゃった」と供述。
勿論、都内は大パニックに陥った。
「あの夜、俺が食べた屋台ラーメン、あれってもしかして……!」
と、警察に問い合わせが殺到。ラーメン業界も、売り上げが3割も減って悲鳴をあげた。
一応、所轄の赤坂署では
「9時間屋台を引いたけどチャルメラの笛は吹かなかったし、客が来ても品切れと言って断った」
という犯人の自供を公表したが、合同捜査していた警視庁捜査4課が
「いや〜、9時間も屋台を引いて一杯も売れないってこと信じられる?」みたいな
空気読まないコメントをしたせいで再び大荒れに。
結局、捜査4課は「あのコメントは嘘。本当に売れませんでした。本当ですよ」と言わざるを得なくなった。
本当だよ、本当に売れてないんだよ、人間の手首でダシを取ったラーメンを食べた人なんていないんだよ……
ということに、しておこう。
でもやっぱり気持ち悪いので、この事件は後々都市伝説化することになる。

38 :名無しさん@おーぷん :2015/04/05(日)02:24:52 ID:sXO
そそww
机9文字事件は素敵な例だと思う。
そもそも拘束された警備員も人気が無くなってので脱出したとあるので、大した拘束ではなかったんだろうね。
逮捕前→目的不明、カルトか ?深夜に忽然と現れた人間技とは思えない完璧な9。何かの予告か?
逮捕後→ただのいたずらでした。デザイン学部のメンバーの監修のもと、小さな灯りを頼りに3時間かけてせっせと机を並べました。逆さまに見られて6に思われないようにピリオドもつけました。あっ、後、机の中にあった私物は椅子の上に置いておきましたからっ!
センセーショナルな不気味な事件は、誰も傷つかず何も盗まれなかったカワイイ事件に変貌したwww
自己顕示欲で殺人犯す人間は、9文字事件を見習うべきだ

59 :名無しさん@おーぷん :2015/04/10(金)06:27:19 ID:RuT
>>38
まあ警備員さんは「洒落になんねーよ!」と思うだろうけどなwww

40 :名無しさん@おーぷん :2015/04/05(日)08:57:46 ID:TxL
フリッツ・ハールマンの事件を思い出した
彼のせいで90年経った今でもハノーバー地方ではベジタリアンが多いと聞く
まあ、そりゃそうなるよなという気もするが
個人的に怖かったのは横浜バラバラ殺人事件。
普通バラバラ殺人てのは遺体を隠蔽・運搬しやすくするためのもので
思ったほどの猟奇性はないものだけど
これは思いっきり面白がって、生きている人間を切り刻んでるからなあ
裁判員裁判初の死刑判決だったやつね

70 :名無しさん@おーぷん :2015/04/16(木)01:24:33 ID:lQn
横浜バラバラ強盗殺人事件
2009年。麻雀店経営トラブルをめぐり前経営者から殺害を委託された事件。生きたままチェーンソーで2名を殺害した
これ只のコピペだと思ってたけど、少なくとも被害者のセリフは実際の供述内容だったみたいね
「家族に電話させてほしい」「せめて先に殺してから切ってほしい」「動いちゃダメだろ切れないじゃないか」
二人目はもっとグロイので省略
動機:ヤクザのみぞ知る仁義なき世界、というか
ちょっと脱線するけどISの広報は何を思いながら生きた人間の首を切るのだろう。多分罪悪感はないんだろうね。
ISとこの事件の主犯、上で書いた家族で殺しあった北九州事件、犯行時の心理的には一緒なのかもと思った
一度殺人を犯しタガの外れた人間にとって、二人目を殺す事にあまり怨恨などの強烈な動機は必要ないのかな
殺すという結果のみが目的であり、生きたまま殺すとか、北九州事件なら家族を殺す&その遺体を処理するなどの残虐性に満ちた過程と事後にはもはや何の倫理的意味も存在しないってとこだろうか

71 :名無しさん@おーぷん :2015/04/16(木)03:29:15 ID:jrE
>>40>>70
横浜の事件は、何か検察側の言い分を聞いた限りでは
覚醒剤密輸組織の中で重要なポジションを占めたいばかりに
「俺、簡単に人を殺せるんだぜ!」「俺って歯止めがきかない狂人なんだぜ!」
とアピールしようとしていた節がある感じがする
我々レベルで言うと、自分をサイコパスだと宣言するタイプの
間違った自己顕示欲を持つ人間?
(一般的な意味での)中二病こじらせたというか?
ただ、口でそう言うのと実際にやっちゃうのとでは天と地ほどの差があるので
やっぱり宣言通りのキ○ガイとみても問題ないかもしれないけど。
吉田兼好のいうところの
「狂人の真似とて大路を走らば、即ち狂人なり。悪人の真似とて人を殺さば、悪人なり」
つまり
「狂人の真似だよー、と言って全裸で大通りをヒャッハー言いながら走り回れば
 それはもう本物の狂人です。
 悪人の真似するよーと言って人を殺せば、もはや悪人です」みたいな。

43 :名無しさん@おーぷん :2015/04/06(月)03:07:12 ID:9oU
あった。子供の頃の殺人の件で、被害者の幽霊が出たという噂。
以下コピペ。
これは本当にあった話です。
古い話なので多少間違ってるところがあるかもしれません。
昭和55年、高校生たちがとあるアパートの一室で麻雀をしていました。
1人が何気なく窓の外を見たら、女の人が長い髪を振り乱して踊っていました。
「えっ」と思ったそうです。
その部屋はアパートの二階、座った状態で見える窓の外は空中のはずです。
そう、女の人は空中で踊っていたのです。
みんな大騒ぎになりました。
次の瞬間、躍っていた女の人が飛んできて、その部屋の窓ガラスにへばり付きました。
それは血だらけの幽霊でした。
部屋の中の人たちはパニック状態に、
その頃、隣の部屋の住人は、隣が騒がしいので、
シンナーでもやって騒いでるんだろうと思い、その部屋に怒鳴り込んでいきました。
隣の部屋の住人がドアを開けぱっなしにして入ったため、幽霊が入ってきました。
何人かは窓から飛び降りて逃げました。
隣の住人は腰が抜けて動けません。
そして、その幽霊がダレなのかすぐに分かりました。
その幽霊は、数年前にその部屋で小学五年生の男の子に刺し殺された人でした。
以上コピペ。
踊っているように見えたのは、必死の抵抗か、切られて苦しむ姿の再現だったんだろうな
ただ、幽霊よりも犯人の方がよっぽど怖いけど

46 :名無しさん@おーぷん :2015/04/06(月)19:38:15 ID:cHu
>>43
これって新聞記事にもなってたね

47 :名無しさん@おーぷん :2015/04/06(月)20:47:38 ID:Hwt
うちの県で最年少殺人とかいう噂の澤田か。
「窓の外」系オカは色んなバリエーションあるので澤田の話なのかどうかわからんけど
あと↓ちょろっと検索しただけなので、全部信じていいかは各自の判断で
うちの県の有名地方紙をソースにしてるっぽい、やたら内容詳しい&劇的表現なので貼ってみる
ttp://hachinohe-konjaku.blogspot.jp/2007/09/blog-post.html
以下↑コピペ「以外」のサイトから抜粋した内容
1973年、小学3年。火遊びで住宅3棟全焼
1975年、小学5年。叔母のアパートに遊びに来て同アパートに住む女性(29)の部屋に侵入
机の上にあった5万円を盗もうとしたところ見つかり台所の包丁で数回刺し逃亡しようとしたが
負傷した女性はそれでも澤田を捕まえようとしたため
台所の別の包丁を用いて更に刺した
切り傷、刺し傷の合計は20か所におよび、女性の死因は頸動脈を切られた為とされている
澤田は翌日空腹で帰宅したところ捕まった
偽装工作として「知らない人に殴られ気を失った」と自分の腕をビニール紐で縛っていた
2007年、43歳。後は>>26のおっしゃるとおりでござる
なんかこの事件、調べようとしてもあんまり詳しく出てこないんだよね
なんでだろ
あとなんか包丁が被害者宅の物とか途中で変えるってのが、世田谷一家を思い出させるよね
この内容が本当ならば澤田は怨恨が無くても、金銭目的で世田谷と同様の手段で20か所もメッタ刺しにした訳だ
倫理観が足りない少年時代とはいえ
知れべてて怖くなった
いつできたのか知らんけど、少年法いらなくね?

49 :名無しさん@おーぷん :2015/04/07(火)02:41:46 ID:V5Z
まあ少年法の趣旨からして個人が
(警察・マスコミ、近所の知人は仕方ないけど)
第三者に特定されないようにされちゃうから
ぼやけた情報しか出てこないのは仕方ない
大人になってからの事件も
大概の場合、警察や大手マスコミは前科には触れない。
どうしても事件を語る上で必要になれば話は別だけど
基本的には前科者全体への風評被害を防ぐためだと思われる。
ただ週刊誌なんかはそういう縛りがないので、わりとストレートに報道するけど
澤田の場合は少なくとも高校は普通の学校に通っていたから
その前には施設を出てるわけだよな
あと、その事件から半年ぐらい後の2008年1月9日夜、同じ青森県八戸市で
18歳の長男が寝ていた母親と弟と妹を殺した挙句
母親の腹を裂いて中に人形突っ込んでアパートに放火した事件があった
今にして思うと、ちょっとこじらせた感じの少年だったみたいだけど
その事件の狭間で、中年の息子が老父を馬鹿でかいハンマーで殴殺して逃亡する事件があったけど
ものすごく影が薄い。家族殺害には違いないのに。
あのころの八戸市には一体何があったんだろ……

50 :名無しさん@おーぷん :2015/04/07(火)17:46:47 ID:tZB
>>49
なにそれこわい
少年なんだ・・しかも母親って
未解決で有名な名古屋の受話器入れられた妊婦の事件を思い出した
そういえばどっかの八戸在住の人の個人ブログで
「澤田がいなくなっても放火が止まらない、八戸どうなってる」みたいなのを見かけたわ
武富士、秋葉原ぐらいかと思ってたけど青森凶悪犯罪者大杉
青森県民なのにほとんど知らないのは俺が無知なのか
それとも県自体が、少年だろうとなかろうと、凶悪犯罪の報道は自粛傾向なのか
それにしても>>49は詳しいな、県内の記者か何か?
知らない事件ばっかりで勉強になります

56 :名無しさん@おーぷん :2015/04/08(水)03:45:30 ID:mrq
犯人のキャラが立ち過ぎていて強烈な印象を残す不気味な事件。
2003年3月30日午後7時50分ごろ、看護師の女性(22)と友人が自転車で路上を走っていると
真っ赤な自転車に真っ赤な服の中年女が「ニシオオゾネはどこですか?」と声をかけてきた。
看護師女性が「道を聞きたいのかな?」と立ち止まったところ
赤い女はいきなり包丁を取り出して看護師女性の腹を刺した。
立ちすくんだ友人は、女が自分にも襲ってきそうだったので自分の自転車を女に向けて倒して抵抗。
赤い女は散らばった友人の鞄(財布やケータイ入り)を奪って逃走する際
「また刺してやるからな!」と不気味な捨て台詞を吐いたという。
↑この台詞は後に誤報であることが発覚した。
看護師女性は自力で家まで逃げ帰ったが、翌日、多臓器不全で死亡した。
病院で働きながら、いつか青年海外協力隊に参加して世界の人々の助けになりたいと願う
立派な女性であったという。
その看護師女性が死亡していた頃、この女は包丁と赤い自転車を携えて再び出没。
今度は通りかかった別の女性からシャネルのバッグを奪って逃走した。この女性は全治一か月の重傷。
この女は、8月28日午前2時15分ごろ、今度は白いヒラヒラのワンピにハイヒール姿で窃盗を働き
近所の人の通報で駆け付けた警察に現行犯逮捕された。
その近所では庭に切り刻まれたリカちゃんだのバービーだの使用済みの生理用品だの赤いハイヒールだの
はらわたが飛び出た縫いぐるみだの、とにかく気色悪いものが捨てられる事件が相次いでおり
後にこれも、この女の仕業であることが判明。
女の家を家宅捜索したところ、奪われたシャネルのバッグや血のついた包丁などが出てきたため
一連の事件の犯人であることも分かった。(続く)

57 :名無しさん@おーぷん :2015/04/08(水)03:45:52 ID:mrq
この女・伊田知世容疑者(逮捕当時38)は、幼い頃の極貧生活や両親の離婚などから、金銭への執着と幸せな人への憎悪が激しく
取り調べにおいても
自分のイライラした気持ちがすっきりすると思った。相手が自分より幸せそうなら誰でもよかった」
(Wikiより)と供述している。
一応は美人でお洒落に気を使うタイプだったが
派手でメルヘンな服をきて赤い自転車を乗り回していることから
近所では「ひらひらさん」という謎の怪人扱いであった。
色々と人生の荒波を経験し、仕送りをしてくれる実父に甘えたかったのだが
(実父は離婚後、霊能者として一旗あげて裕福になっていたようだ)
実父の愛人と折り合いがあわず、2002年、愛人の衣服を燃やすという暴挙に出たため
実父から、仕送り額を30万円に増額する代わりにそれ以外の一切の縁を切られてしまった。
以前、風俗で働いていた頃に出会った男からも毎月17万円の援助を受けていたので
働いていないにも関わらず生活自体は裕福だったと思われる。
この頃、何気なく読んだ死体や解剖の本に興味を惹かれ、死体映像のビデオなどを集めるようになる。
また人形を破壊するようになった。
やがて、幸せそうな「苦労知らずのお嬢様っぽい女の子」を殺害したいという思いに耐えかね第一の犯行に及ぶ。
しかし包丁で刺した際の手ごたえがあまりなかったので物足りなさを感じ、
もう一度女性を襲ったのである。今度はすっきりしたと述懐している。
その後、窃盗を働き逮捕されたのは前述のとおり。
当然、裁判では伊田被告の責任能力が争われたが
(その過程で、飼い猫の世話が元でこの女が弁護士を解任したり、色々あった)
精神鑑定の結果、人格障害はあるが責任能力は問題ないということになり
2006年2月24日、名古屋地裁で無期懲役の判決が下った。検察側・弁護側双方控訴しなかった。
この事件、当時は結構な騒ぎになったと記憶している。
絵に描いたような「責任能力はあるけどアレな人」で
「金持ち憎い」「苦労知らずの幸せな若い女の子憎い」とドロドロで凄く怖かった記憶。

58 :名無しさん@おーぷん :2015/04/08(水)03:49:31 ID:CBY
ひえっ
ひらひらさんって都市伝説じゃなかったのね
間違いなくいい夢みそうだわw

60 :名無しさん@おーぷん :2015/04/13(月)18:37:16 ID:5zO
殺人事件までいかなくて只の変質者が妙なことをしただけの事件でも
その行為がシュールすぎて妙に不気味なことってあるよね

61 :名無しさん@おーぷん :2015/04/13(月)21:24:15 ID:CIA
>>60
こういうのか
 
大阪、ブラジャーでひったくり
被害女性「こんなひったくりは初めて」
自転車で帰宅途中だった女性が、前かごに入れていた現金9千円入りの手提げかばんを、黒い原付きバイクに乗った男に追い抜きざまにひったくられた
女性が署に説明した男の特徴は、30〜35歳くらい。茶髪のスポーツ刈りで、ガッチリした体形で
衣服はまとわず、ピンク色のブラジャーだけを身につけていたという
 
神奈川、自転車のサドルを200個盗んだ男を逮捕
男は調べに対し「皮の材質や匂いが好きで舐めたり匂いを嗅いだりした」と供述
神奈川じゃないけど俺も中学生の時、塾の前に止めた自転車のサドルだけ盗まれた事がある
確かに女子生徒が多い塾だったが、まさか俺のサドルも・・・!

69 :名無しさん@おーぷん :2015/04/16(木)00:22:09 ID:lQn
たまには真面目にスレタイ回帰
有名どころの凶悪犯罪の動機みたいなものを考えてみる
凶悪犯罪ずっと調べてると具合悪くなるんだよね・・
 
名古屋アベック殺人事件
1988年。大半が未成年の6人のグループによる強盗殺人・集団強姦事件
コンクリ事件並に胸糞悪い
動機:金品強奪目的だったが集団暴行、強姦にエスカレート。事件の発覚を恐れ殺害
 
北九州監禁殺人事件
2002年。被害者が加害者でもある事件。7名死亡。
弱みに付け込み監禁し金を巻き上げ、拷問と虐待によってマインドコントロール下に置き被害者(≒加害者)同士を虐待させることで相互不信を起こさせ、用済みになると自らの手を汚さずに被害者(≒加害者)に殺害させ、ミキサーと鍋を用いて死体処理をさせた
これらの殺害及び死体処理を行わされた被害者(≒加害者)に未成年者を含む事、家族同士が殺しあうという事件の残虐性から報道が自粛された
複雑すぎて数行で書けないので知らない人はwikiって欲しい、こんな解決した不気味な事件はないと思う
動機:
被害者(≒加害者)の動機としては戦場心理のような、やらなければやられる
主犯の男の動機は、俺の理解を超えてるので分からない
独裁者にでもなりたかったのかな、金銭目的ってよりは支配欲だよね、かなり特殊な
 
江東区OL神隠し事件
2008年。マンションエントランスの監視カメラの映像から外出した痕跡がない女性失踪事件。女性宅の2つ隣に住む男性が逮捕された。
男は性奴隷獲得目的に(単なる強姦目的ではない)女性を拉致。被害者と同居していた被害者の姉が室内の異変に気づき警察に通報、犯人宅へ警察が事情聴取に訪れた
事情聴取後、男は事件の発覚を恐れ被害者女性を殺害。警察が神隠しを2部屋隣で捜索している中、遺体をバラバラにし2週間かけて遺体をトイレに流したり、出勤時堂々とゴミ出しするなどして遺棄した
遺棄の2週間の間、警察は男の部屋に任意の家宅捜索を行ったが遺体の一部が入っている冷蔵庫や段ボールを見逃してしまっていた
動機:性的目的から、(皮肉にも姉の通報によって)事件発覚を恐れ殺害

72 :名無しさん@おーぷん :2015/04/16(木)10:07:10 ID:lQn
女子高生コンクリート殺人事件
1988年、東京。未成年者4名による集団暴行・強姦・殺人・死体遺棄事件
詳細はご存知かと思うので省略。41日間に及ぶ暴行の末に被害者は死亡、遺体をドラム缶に入れコンクリート詰めにして遺棄した
鬼畜の所業といえる暴行内容、監禁場所となった加害者宅の両親が監禁を認知していた事、これほどの残虐性を持ちながら裁判においては未必の故意が争点になった事、刑が軽い事、何もかも胸糞
実際に懲役5年以上10年以下の判決を受けた加害者の一人は仮出所後、2004年に監禁致傷事件を起こし懲役4年が確定した(たった4年かよ胸糞)
主犯格の少年は懲役20年の判決を受け服役中だったが、この事件の影響で、模範囚として仮出所の予定が取り消しとなった(は?模範囚?仮出所?胸糞)
ちなみにこの主犯格の男は2013年、振り込め詐欺の受け子として再び逮捕されている
少年法で実名報道が禁止されているが事件当時、週刊文集が実名報道した。週刊文集は理由として「事件があまりに凶悪であるため」、
「野獣に人権は無い」と説明した(胸熱)
動機:強姦目的から集団暴行にエスカレート。名古屋アベック事件とは異なり発覚を恐れての殺害ではなく、長期にわたる暴行の末に死亡。
集団心理(匿名性、被暗示性、自己抑制の喪失など)

TOP お問い合わせ