2chまとめサイトモバイル

2chまとめサイトモバイル 掲示板
カロル「ボクが世界を変えてみせる」【完結編その2】
[8] -25 -50 

1: ◆WEmWDvOgzo:2015/8/1(土) 00:00:58 ID:/WYEXwH6vk
http://llike-2ch.sakura.ne.jp/bbs/test/mread.cgi/2ch5/1356265301/1-10

1スレ(少年「ボクが世界を変えてみせる」)

http://llike-2ch.sakura.ne.jp/bbs/test/mread.cgi/2ch5/1385288769/1-10

2スレ(カロル「ボクが世界を変えてみせる」)

http://llike-2ch.sakura.ne.jp/bbss/test/mread.cgi/ryu/1416136192/1-10

3スレ(カロル「ボクが世界を変えてみせる」【完結編】)

あらすじはそれぞれの1参照(考えるのがめんどくかったんです。ごめんなさい)

>>2から本編になります!


920: ◆WEmWDvOgzo:2017/3/12(日) 22:08:02 ID:XiUVsR3VT.
カロル「おねがい…。ボクをみんなのいる所に戻して」

まだ希望を棄てないのですか…
今を乗り越えられたとしても、あなたが生き続ける限り不幸は終わりませんよ

カロル「…みんなもそうだよ」

…………?

カロル「幸せと不幸せを繰り返して生きてる」

カロル「ボクやアピシナさまだけじゃなくて、みんな」

あなたは……怖くないのですか?

カロル「怖いよ。でも怖がるだけじゃダメ」

カロル「ボクがみんなを失うのが怖いみたいに……きっとみんなもボクを必要だと思ってくれてる」

カロル「怖くても、やるせなくても一人じゃないから」

カロル「だから一緒に生きていきたいの」

カロル「それがボクの幸せなんだ」ニコッ

……仲間に必要とされたまま過ごせると本気で信じていますか?
自分を嫌い、自分に好意を向ける人たちを不安に思っていたあなたが

カロル「」コクッ

……どうしてそう強く言い切れるのです?
しつこいようですが、この先も幾度となく……

カロル「…たくさんのことがあったよ。ツラいことも嬉しいことも」

カロル「でもそのたびにともだちができたんだ。ツラいのなんて忘れちゃうくらいステキなみんな!」パァァ

…………

カロル「みんなのおかげでボクもやっと自分を好きになれそうなの」ニコッ
921: ◆WEmWDvOgzo:2017/3/12(日) 22:09:46 ID:sL1tEWAnpc
ふふ………

カロル「……?」

あなたのお友達も似たような答えを出していましたよ

カロル「え?」

挫けない訳です
こんなに前向きなんですもの
あなたも……あなたのそばにいる方々も

カロル「アピシナさま…」

試すような真似をしてごめんなさい、カロルくん
あなたにわたしの言葉など要らなかったでしょう

カロル「…ううん、大事なこと、たくさん思い出したよ。ありがとう。アピシナさま!」ペコッ

……わたしの方こそお礼を言わせてください
夢を見させてくれてありがとう
あなたの軌跡はわたしに希望を思い出させてくれました

カロル「……」ニコッ

人とホビット、異なる種族の生きる道は限りなく照らされた
思い残しはありません
これでもう……わたしの役目は本当に終わり

カロル「終わりって…?」

さようなら。癒しの力を継ぐ少年
たとえ世界は変わらなくても、あなたの見る世界が満ち足りたものでありますように

カロル「待ってよ!消えちゃうの!ねぇ!」

さぁ……お戻りなさい
あなたを待つ方々のもとへ

カロル「アピシナさま…?アピシナさま!」

シュワァァァァァァァァァアアアン………
922: ◆WEmWDvOgzo:2017/3/12(日) 22:31:06 ID:sL1tEWAnpc
長らく放置して本当に申し訳ありません…
支援してくださった方々、保守してくださった皆様、ありがとうございます!
すごく嬉しかったですし本当に勇気づけられました!

支援スレの283さんのレスを見て笑い転げると同時にとても感動しました!
1スレ目からのエピソードやほとんど出番のないキャラの名前など深く読み込んでいただけてるのが伝わって、言葉にできないくらい嬉しかったです!
かれこれ30回は読み返して、もはや暗記するレベルにまで達してしまいました!
おかげさまで改めて自分のSSを1から読み返す機会にもなり、原点回帰できた気がします!
本当にありがとうございました!

>>911
すみません、かなり間が空いてしまいました…。
更新する更新すると口ばかりで長引かせて、謝るのもこれで何度目かと…
再三、優しさに甘えてしまう形となって本当に申し訳ありません…
こんなとろい自分を励ましてくださってありがとうございます!
今度こそ口ばかりで終わらないように更新を頑張ります!
923: ◆WEmWDvOgzo:2017/4/12(水) 22:02:07 ID:u8oh19UNDM
―――西の国(地下迷宮)―――

魔導師「ずいぶん散らかしたものだねぇ。後処理が大変だ…」ジロジロ

ファルージャ「腐らせておけばよい…。死なば、ただの肉塊よ。いずれ地の底へ還るわさ」

魔導師「地の底か…自分も、いずれはそこに堕ちるのかね」

ファルージャ「恐ろしいのかえ…?」

魔導師「…そりゃあね」

ファルージャ「案ずるな。そなたの見た目ほど恐ろしいものはなかろうよ」クスッ

魔導師「……」

ファルージャ「惑わされるでない。妾とそなたは確かな愛で結ばれておる?」サスッ

魔導師「この命は女王に預けてある。だから…その時が来ても躊躇いはしないよ」

ファルージャ「良い子じゃ?」ニヤリ
924: ◆WEmWDvOgzo:2017/4/12(水) 22:02:39 ID:u8oh19UNDM
ズォォオオオン………

カロル「」グッタリ

宣教師「」グッタリ

ラム「」ベチャア

団長「」グッタリ

フィクサー「マ、ダだ……!」ググッ

魔導師「おや…まだ生きてるのかい?そろそろ時間切れだろうけど」

フィクサー「王ノ首……!奪ワナケレバ勝利ではナイ…!!」ミキミキィッ

ファルージャ「王……あぁ」チラッ

ヒメ「」グッタリ

魔導師「だとさ、どうする?」

ファルージャ「好きにせよ。そやつの首になど関心ない」クスッ

フィクサー「ヴグフ…ヴフファァア…!!」ザッ

ヒメ「……」パチッ

フィクサー「ガァアアアアハハハハァ!!!」ジャキッ

ドスッ!

フィクサー「ヴムグっ!?」ガクッ

ヒメ「誰の首を取るっ…て!?」ズボッ

フィクサー「アァグッ!!」ブシュッ

ファルージャ「ンゥ…?」
925: 容量と残りレス数が心配 ◆WEmWDvOgzo:2017/4/12(水) 22:05:24 ID:u8oh19UNDM
魔導師「うわ…痛そう。脛ザックリ刺された」ドンビキ

フィクサー「グ、オェォ…!ギザマァ…!!」ダラダラ

ヒメ「(ファルージャ…!?)」ハッ

ファルージャ「息のある者が残っていたか。なんたるしぶとさよ」

ヒメ「(気絶してた間に癒されたのか…。身体が軽い…。けど、なぜみんなが倒れてる?)」チラッ

ファルージャ「ほとほと呆れるわ…。そなたらは何度、妾の前に立ちはだかろうというのか」フー

ヒメ「(状況が読めない…。だが確実に悪い予感がする…!)」ギロッ

ファルージャ「フィクサー!」

フィクサー「」ビクッ

ファルージャ「誰が膝を付けと申した?」

フィクサー「ウッ……ゥウグ」ググッ

ファルージャ「もたつくな。情けない男は好かぬぞ」

ヒメ「(フィクサー…そうだ、あいつにやられて、そこから記憶が……)」
926: ◆WEmWDvOgzo:2017/4/12(水) 22:05:47 ID:u8oh19UNDM
ファルージャ「…そなたで最後となろうか」ジッ

ヒメ「……!?」ジャキッ

ファルージャ「ふむ。青いが、瑞々しい」クスッ

ヒメ「仲間に何をした…!」カッ

ファルージャ「熟した実の肉々しい甘味も良い…。なれど未熟さもまた味よ」

ヒメ「質問に答えろ!」ズイッ

ファルージャ「クスス…その反抗的な眼差し。噛みごたえのありそうな?」フッ

ヒメ「……!」ゾワッ

ファルージャ「ちょうど三銃士も欠けておること。そなたに一席預けてもよいぞ」

ヒメ「なに…!?」

ファルージャ「妾に忠誠を誓ってもよいと…そう申しておるのじゃ」ニタァァァ

ヒメ「ふざけるな!誰が……」

ファルージャ「ならばそこに転がる仲間と運命を共にするか?」

ヒメ「なっ…!」

ファルージャ「なぁに。難しいものでもない。生きるか死ぬか、ただそれだけのこと」ニヤニヤ

ヒメ「お、おまえ…!」

ファルージャ「…女の誘いには黙って頷け。それが男の甲斐性というものぞ?」ニヤニヤ

ヒメ「〜〜〜!」ギリッ

ファルージャ「返事は…?」ニヤニヤ

ヒメ「死んでも断る!!」キッ

ファルージャ「……馬鹿な男」ボソッ

フィクサー「ウゴォアアアア!!!」バウンッ

ヒメ「くっ…!?」サッ

バゴォォン!

フィクサー「ヴゥグルルル…!!」ガラッ

ヒメ「(っ…石床がひび割れた!?なんて怪力だ…!)」チャッ
927: ◆WEmWDvOgzo:2017/4/12(水) 22:06:32 ID:u8oh19UNDM
フィクサー「ハァグアアァア!!!」バウンッ

ヒメ「!?」ピョンッ

ゴシャアッ!!

ヒメ「あっ…つ…!」ゴロゴロ

魔導師「」ヒュッ

ヒメ「うっ…!」バサッ

ビシャッ

魔導師「咄嗟にマントで防いだかぁ…。素早い判断だねぇ」ゴソッ トプンッ

ヒメ「…起きろカロル!!なにやってるんだ!?」ムクッ

カロル「」クタァァ

ヒメ「おまえが倒れたら誰が仲間を助けるんだ!?癒しの力はおまえにしかないんだぞ!?」

魔導師「ムダムダ。呼び掛けたって聞こえやしないよ」

ヒメ「諦めないのがおまえの取り柄だろ!?諦めたらおまえに何が残るんだ!?」

カロル「……」

ヒメ「家族や仲間を失う前に自分を失ってどうする!?」

ヒメ「おまえが守ろうとした絆は…おまえ自身にも繋がってるんだぞ!!」

カロル「」ピクッ

ヒメ「起きろ!起きて救え!仲間も自分自身も!!」

フィクサー「グラァアアッ!!」ブゥンッ

ヒメ「うっ…!」ササッ

ガァァンッ!!

ヒメ「(防いでも吹き飛ばされかねない剣圧だっ…!こいつ、いったい…!?)」サッ
928: ◆WEmWDvOgzo:2017/4/12(水) 22:11:32 ID:7TPSqG30CI
ファルージャ「フゥ〜…無意味よな。声を枯らしたとて死人には響くまいに」

魔導師「叫ぶしかないのさ。絶望に立たされたら…」

ファルージャ「それで何が変わると言うのじゃ?」

魔導師「何も……ただ虚しいだけ」

ファルージャ「つまりは無意味ではないか」

魔導師「…そう。無意味だよ。助けを求めるなんて……」

ファルージャ「フゥン。往生際の悪いこと……パカラゥロ」

魔導師「ん?」

ファルージャ「出し惜しみせずともよい。一思いに始末なさいな」ニヤッ

魔導師「……」

ファルージャ「ン…?いかがした?」

魔導師「いやぁ……うん、分かったよ。危険だから女王は避難してて」

ファルージャ「…なんぞ気掛かりかえ?」

魔導師「別に…あんなのに使うのはもったいないと思っただけさ」

ファルージャ「あやつは妾を侮辱した。そこらに転がる仲間も……捨て置く訳にはいかぬ…。
女として、魔性の異名を取る妾の誇りがあやつらの存在を許せぬのよ」

魔導師「そうかい…。それは良くないねぇ」

ファルージャ「…この世界は無情なるモノ。一つの輝きを得る為にはいくつもの代償を払わねばならぬ。
妾の魅力は虜となる有象無象がいて初めて成り立つのよ」

ファルージャ「なれば…その価値を認めぬ輩は排除せねばなるまい?」

魔導師「……」

ファルージャ「妾の為…頼んだぞ?愛しき従者よ?」ナデリ

魔導師「」コクッ

ファルージャ「では地上で待っておるぞ?」ヒタヒタ

魔導師「うん、すぐ行くよ…。待っていておくれ」

ヒタヒタ ヒタヒタ………

魔導師「………」
929: ◆WEmWDvOgzo:2017/4/12(水) 22:13:11 ID:u8oh19UNDM
ドゴォッ!

ヒメ「くそっ!どうなってる…!急にこんな怪力……」

フィクサー「グッ!ブフゥウ!!ムゴハッ!!」ゴホゴホ

ヒメ「(吐血…?)」

フィクサー「バァオ゛…!グフゥゥ…!」ゼェゼェ

ヒメ「(苦痛に呻いてる。突然の豹変と何か関係があるのか…?)」

魔導師「やれやれ」ザッ

ヒメ「!」ピクッ

魔導師「いつだってそうさ。自分らは玩具。気まぐれに翻弄されて、飽きられたら棄てられる」ボソボソ

ヒメ「(まずいな。一人でも手一杯なのに…カロルたちも目を覚まさないままだし)」アセアセ

魔導師「だけどそれでいいんだ。遊ぶのも棄てるのも満たされた上での特権。自由を楽しんだ証拠」ゴソッ

ヒメ「(また何か容器を取り出した…。液体じゃなさそうだが……)」

魔導師「この世は彼女の楽園さ。全ての喜びは彼女に恵まれる。だから美しいんだ。恵まれた彼女は」カパッ

ヒメ「(仮面を外した…?)」ピクッ

魔導師「ふぅ」スッ

ヒメ「……女!?」ギョギョッ

魔導師「自分も一緒になんて浅ましかった。楽園に住めるのはただ一人……」キュッ

シュコォォォ

ヒメ「!」ハッ

魔導師「う゛っ!!ぐえ゛っ!!」ギュウウ

ヒメ「(こ、れは…猛毒の霧、か!?)」ゴボッ

魔導師「さぁ、君も自分も糧となろう。彼女を楽園に導くんだ…っ」サァァ

ヒメ「おまえっ…っ!」クラッ
930: ◆WEmWDvOgzo:2017/4/12(水) 22:14:06 ID:u8oh19UNDM
フィクサー「グモォッ…ムグッ!ヴゥガァアアア!!!」ジタバタ

ヒメ「う゛……お゛ぅえ」バタッ

魔導師「うぶ…ふぅえ…!」クラッ

魔導師「(くるしい…。こんなに……自分で作ったとは…おもえないなぁ)」ケホッ

魔導師「(ま、それもそうか…試したことなんてないし)」ガクガク

魔導師「あぐぅ…!」ガシッ

魔導師「(息がまるで、大量の砂を飲まされてるみたいだ。喉に…空気が通らない…!)」ガクッ

魔導師「(この苦しみも……女王の喜び……あぁ…)」ウツラウツラ

魔導師「(死……死……死が……女王の…ため…死……死!)」フッ

魔導師「(死…!!)」ゾワァッ

魔導師「〜〜〜!」ゾクゾク

魔導師「ひ、ひぃ。ひぃぃ…」ズルズル

魔導師「うぇっぐ!ごふ……」コヒューコヒュー

魔導師「う……」ギュッ

魔導師「(女王……)」ウルッ

魔導師「(…じょ、お…う!)」ボロッ

パァァァァアアアア!!!
931: ◆WEmWDvOgzo:2017/4/12(水) 22:16:58 ID:7TPSqG30CI
シーン………

ヒメ「な、なんだ…なにが、起きた?」パチクリ

カロル「う…ん」ムクッ

ヒメ「カロル…!」

カロル「あ、ヒメくん…」ムニャッ

ヒメ「お、おまえがやったのか……今の…」

カロル「今の…?」キョトン

ヒメ「突然、ヤツが撒いた毒の霧が晴れたんだ!おまえじゃないのか?」

カロル「あ……」

ヒメ「え?」

カロル「アピシナさま…」ホワンホワン

ヒメ「アピシナ…?大樹を育てた伝説の…?」

カロル「…少し夢を見てたみたい」ニコッ

ヒメ「夢…?」

カロル「あんまり覚えてないけど、いい夢だったよ」ニコニコ

ヒメ「はぁ?」チンプンカンプン

カロル「ヒメくん」ジッ

ヒメ「? な、なんだよ?」タジッ

カロル「みんなで帰ろう!」

ヒメ「!」

カロル「約束だよ?」ウインク

ヒメ「あぁ、当然だ!!」グッ

カロル「ふふ、なんだろ。ふしぎな気分」クスクス

ヒメ「?」

カロル「こういう気持ちになれるから頑張ろうって思えるんだろうね」ニコニコ

ヒメ「そうかもな…」ニコッ
932: ◆WEmWDvOgzo:2017/4/12(水) 22:18:53 ID:u8oh19UNDM
魔導師「そうか…そんなことも出来るのか」ジャリッ

カロル「?」

ヒメ「!」ハッ

魔導師「完敗だよ。成す術もない…。やっぱり本物は違うなぁ。君は特別だ」ボソボソ

ヒメ「……?」

魔導師「は、はは…は……」ブルッ

カロル「パカラーロさん、もう…」

魔導師「…偽物」ガリッ

カロル「!?」

魔導師「偽物だ、こんな……化け物のふりも、散々だ」ボリボリ

ヒメ「(か、顔を掻きむしってる…?)」

魔導師「醜さが、醜さが欲しい。女王が愛してくれた、醜さが」バリバリ

カロル「やめなよ!血が出てる!」パシッ

魔導師「触れるなぁ!!」バチンッ

カロル「っ……」ゴクリ

魔導師「血が乾かない…。息苦しさがない…。腹の底から冷えきった、あの感覚がない…」ボリボリ

カロル「パカラーロさん!」アセアセ

魔導師「……触れるだけで傷も、毒も、苦痛も、歪みも……」ブルブル

カロル「パカラーロ…さん?」

魔導師「自分から"特別"がごっそり消滅した…」

カロル「とくべつ…?」

魔導師「怖い力だよ。黒魔術なんかより、よっぽど恐ろしい。まるで過去を無かったことにされたみたいだ…」

魔導師「仰々しく覆うローブも目深に被ったフードも素顔を秘めるマスクもまやかしだ…」ブツブツ

魔導師「…もう、誤魔化しきれない」キュッ

ヒメ「…事情がよく飲み込めないが要は利用されてるだけじゃないか。なんでファルージャに固執するんだ?」

魔導師「……」ピタッ
933: ◆WEmWDvOgzo:2017/4/12(水) 22:22:24 ID:7TPSqG30CI
魔導師「ん、ふふ……ふふふ」プルプル

ヒメ「な、なんだよ。いきなり笑いだして?」

魔導師「なにも分かっちゃない…」

ヒメ「……?」

魔導師「献身と享受。それが愛だ。自分らなんかは献身、女王はもちろん享受。利害なんて求めてない」

ヒメ「あ、愛…?」

魔導師「自分は昔、思い知った。ある国から連れ去られて…何年もこの地下に閉じ込められてから」

ヒメ「連れ去られた…?」ピクッ

魔導師「可笑しくなるくらい不運だった…。どれだけ待ちわびても幸運の兆しなんて訪れなかった…。呪ったよ。不運を。その裏側にある真実も」

魔導師「故郷、家族、友達、覚えてる限りの絆……当たり前に信じてた繋がりは全部、全部まやかしだったのさ」

ヒメ「おまえ、まさか……」ハッ

魔導師「……愛されてなかった。だから自分には不運しか訪れなかった」

魔導師「だけど彼女は違う。愛された。幸運に満ちてた。自分の不運を感謝したいくらい、美しかった」

魔導師「全てを捧げる喜びが自分を生かしてる…。女王との間にあるのは至純の愛だけさ」

ヒメ「共依存関係だ…。そんなの愛とは呼べない」

魔導師「ん、ふふ…子供には早すぎたかなぁ。その内知るよ。自分らの愛がどれだけ空っぽでちっぽけな物か」

ヒメ「おまえは知らないだろうけど…ブルードル陛下は……東の国はおまえたちを見捨ててなんかいないぞ」

魔導師「!」

ヒメ「あの方はずっとおまえたちの身を案じてた。いつか必ず助け出そうと力を蓄えてたんだ」

魔導師「……」

ヒメ「遅すぎたと言えば、それまでかもしれない。でも…おまえは確かに愛されてたよ」

魔導師「…哀しくなるなぁ。響かないんだよ。今さら…そんな話で喜べるほど静謐な過去じゃないんだ」

カロル「だけど信じようとしたんでしょ…?」

魔導師「……」

カロル「信じても…助けてもらえなかった。だから辛いんだよね」

魔導師「ふん…」
934: ◆WEmWDvOgzo:2017/4/12(水) 22:23:28 ID:u8oh19UNDM
魔導師「忌々しいなぁ…。どうして、どいつもこいつもうざったい過去を持ち出すのかね」

カロル「…パカラーロさんはしあわせだったの?」

魔導師「ん…?」

カロル「ファルージャさんのそばで悲しいことも楽しいことも…しあわせって感じてた?」

魔導師「感じてたさ。自分は特別だった。女王もそう褒めてくれた」

カロル「うん…」

魔導師「君がいなければ全部うまくいってたんだ…。ずっと特別でいられて、この命も女王に捧げられた」

魔導師「偽物は…取り繕っても偽物だ。こうして化けの皮を剥がされてみて、よく分かった」

カロル「そうなのかな」

魔導師「……?」

カロル「特別って、そういうものじゃないと思うよ」

魔導師「なに…?」

カロル「ただ便利な物を特別っていうなら人じゃなくてもいいでしょう?」

魔導師「?」

カロル「ボクたちは物じゃないよ。生きてる。だからいろんな感情を一緒に分かち合えるんだ」

魔導師「……!」

カロル「そうやって過ごしてきた思い出とか、信頼を特別っていうんじゃないかな?」

魔導師「詭弁だ…!そんな戯れ言、なんの意味もない!」

カロル「……」

魔導師「な、にも……うっ」ズキッ

カロル「パカラーロさん……」ジッ

魔導師「〜〜〜!!」ドクンッ
935: ◆WEmWDvOgzo:2017/4/12(水) 22:24:20 ID:7TPSqG30CI
『あぁ……くるしぃ…』

『たすけて…おねえちゃん……』

『かえり、たい……ママ、パパ……あいたいよぅ』

魔導師「!!!」ゾワァッ

『わたしとおねえちゃん、ふたりになっちゃったね……ごほっ』

魔導師「……!」ゾクゾク

『ねぇ、だいじょうぶって言って…?いつもみたいに優しく撫でて…?』

魔導師「(やめ、ろ。思い出させるな…!)」ガリッ

『ナニゴレ!?ぎぼぢわるい!ごんなの!ワダシじゃナイ!!げほっう゛ぇぶぅごぼはっ』

魔導師「聞きたくない!イヤだ!やめてくれっ!!」ボリボリ

ヒメ「お、おい!どうした!?」アセアセ

『ヴゾヅギィ!!ガエレルッデ!!イッダノニィ!!?』

魔導師「あっあっひやぁ!うやぁぁああああ!!!?」バリボリ

カロル「」パシッ

魔導師「!!?」ビクッ

カロル「血が出てる…」ギュッ

魔導師「へ、あ……」フワッ

カロル「大丈夫」ニコッ

魔導師「あ、あぁ……」ブルブル

カロル「大丈夫だよ」ニコニコ

魔導師「ふ、う……」ジワァァ
936: ◆WEmWDvOgzo:2017/4/12(水) 22:25:59 ID:7TPSqG30CI
魔導師「…自分には、なにもない」グシッ

魔導師「特別だった物を失ってきた…。助けられなかった…!」ググッ

魔導師「女王だけなんだ…。どんなに醜くなっても…愛してくれたのは…」

カロル「…だからホビットの里を襲ったの?」

魔導師「……?」

カロル「あの日、たくさんの人が大切な物を奪われたんだよ…?」

魔導師「なんの…はな、し」

カロル「ボクは覚えてるよ。パカラーロさんがボクを探しに来た時のこと」

魔導師「あ……」ハッ

カロル「悲しむ人。怒る人。我慢する人。復讐しようとする人。耐えられなくて、おかしくなっちゃう人…いろんな人がいた」

魔導師「……」

カロル「誰かの為にしたことなら、誰かを不幸にしてもいいの?」

魔導師「っ…そうやって成り立つもんさ。イヤって言うほど経験してきた…!」

カロル「……」

魔導師「自分の為に生きてるヤツなんか一握りさ!みんな誰かに使われて生きてるんだ!その中で意味を探すのが大変だから…愛を求めるんだ!」
937: ◆WEmWDvOgzo:2017/4/12(水) 22:26:50 ID:7TPSqG30CI
魔導師「女王の為なら、いくらでも手を汚す…!全ては献身……愛がそうさせるんだ!」

カロル「…とっても怯えてたね。なにを思い出したの?」

魔導師「」ビクッ

カロル「…パカラーロさんがしてきたこと?それともされてきたこと?」

魔導師「言うな…!」ブルッ

カロル「悲しいね。憎んできた人たちと同じことをしてるなんて」

魔導師「言うなぁ!!!」

カロル「お母さまがいつも言ってた。自分たちもいつそうなるか分からないって…」

カロル「だから大切な人を愛するんだ。愛情は心の拠り所なんだって…そう言ってたよ」

魔導師「〜〜〜!!」

カロル「愛にもいろんな形があるんだね。でも人を繋げて希望になる。そういう愛をボクは知ってるよ」

ヒメ「……」

カロル「…きちんと伝えた方がいいと思う。ホントに好きで一緒にいたいなら」

魔導師「っ…だったら死んでくれ!めんどくさいんだ、説教なんていらないんだよ!自分はただ女王の役に立ちたいだけなんだ!」

ヒメ「ここで死んでも無駄だぞ」

魔導師「!?」

ヒメ「おまえが二度とあいつの役に立つことはなくなる。死んだら、そこで終わりなんだよ」

魔導師「……!」ギリッ

カロル「お互いに、だよ」

ヒメ「……」

カロル「愛は人と人を結ぶものでしょう。欠けてしまったら、どうして喜べばいいの?」

魔導師「ぐ、ぐ……」プルプル
938: ◆WEmWDvOgzo:2017/4/12(水) 22:27:37 ID:u8oh19UNDM
カロル「行こ?」

魔導師「ど、こ…?」

カロル「本当の気持ちを聞いてみたらいいよ。ファルージャさんに」

魔導師「女王に…今の自分をさらけ出せって言うのかい…!?」

カロル「…本当に特別なら関係ないよ。どんな形でも好きになってくれる」

魔導師「……!」ブルッ

カロル「平気だよ。信じて?」

魔導師「なにを…!?」

カロル「ファルージャさんと自分の気持ちを」

魔導師「っ……」ギュッ

カロル「ヒメくん、いいかな…?」

ヒメ「良い訳ないだろ。そいつは何度も僕たちを殺そうとしてきたんだぞ。なんの利もないし時間の無駄だ」

カロル「そんな……」シュン

ヒメ「…けど、東国の民だと分かった以上、手出しは出来ないな」フー

カロル「!」

ヒメ「亡きブルードル陛下への義理を果たす意味でも、この場は不問にしておいてやる」ニコッ

カロル「〜〜〜!」パァァ

ヒメ「さ、皆を起こして行くぞ」

カロル「うん!」
939: ◆WEmWDvOgzo:2017/4/12(水) 22:28:21 ID:7TPSqG30CI
カロル「宣教師さま!ラムくん!へいき?」ユサユサ

ヒメ「おーい団長生きてるかー?国王命令だ、起きて働けー」ゲシゲシ

カロル「(ふ、踏みつけてる…)」ハラハラ

魔導師「(なんなんだ、こいつらは……)」

魔導師「(敵だ…女王を否定し、憎まれた敵……)」

魔導師「(あんな戯れ言に動じるような自分じゃなかった…)」

魔導師「(なのになんで……自分は……)」

『そなたの命は妾の為に使え……』

魔導師「……」チラッ

フィクサー「」スースー

『妾はそなたを愛しておる……』

魔導師「(女王……)」スッ

魔導師「(大丈夫…自分もだよ)」クスッ
973.18 KBytes

名前:
sage:


[1] 1- [2] [3]最10

[4]最25 [5]最50 [6]最75

[*]前20 [0]戻る [#]次20

うpろだ
スレ機能】【顔文字






information
QRコード
友達に教える
お問い合わせ
TOP

(C)2009 llike.net/2ch/