2chまとめサイトモバイル

2chまとめサイトモバイル 掲示板
出会う感情の名は、
[8] -25 -50 

1: 1 ◆b.qRGRPvDc:2011/10/16(日) 19:19:06 ID:f4A63ChN1o
男「あれ?何してたんだっけ?…なんで此処に居たんだっけ?」

住宅街の路地にポツリと立つ青年。見たところ、学生のようだ。

辺りを見渡しても、まるで自分以外の人間が魔法にでも掛けられたかのように姿を見せない。

灰色に染まった空は雨を降らせてパタパタと音を立てながらアスファルトを濡らしていく。

男「うわ!財布の中身散乱してるし!お札が濡れる!」

散乱しているお金を慌てて掻き集め、乱暴に財布に押し込んだ。


219:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/18(金) 00:14:30 ID:BlrKqtJxIg
今日は此処までとさせて頂きます。
少ない投下ですみません(´・ω・`)
220:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/18(金) 22:15:23 ID:r517UsUXT6

男「黙ってるのも辛かったよな、ごめんな」

めぐは左右に首を振った。

めぐ「違う、ボクがいけなかったんだ」

ギュッ、とめぐの手に力が入る。
自分を見つめる青年の目が優しすぎて、それが余計に胸を締め付ける。青年の優しさは今のめぐにとってはとても辛いものだった。

めぐ「…男と、一緒に居たかったの。男に居なくならないでほしかったの。ボクの心の中に、閉じ込めていたかったの。ボクがいけなか…ッ……」

めぐは言葉が体の衝撃に遮られた。青年の体温がめぐを包み込んでいる。

気が付けば、青年の腕の中にめぐは居た。


221: ◆b.qRGRPvDc:2011/11/18(金) 22:23:31 ID:r517UsUXT6
>>220

×めぐは言葉が体の衝撃に〜
〇めぐの言葉が体の衝撃に〜

すみません…(´・ω・`)
222:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/18(金) 22:57:30 ID:JPOJYwW2Gc

男「だからって自分一人だけ消えようとすんな、馬鹿」

めぐの目が大きく開かれる。
青年には何も話していないのに、何故そんな事を口走るのだろうか。

男「俺が一緒に居たいって言ったんだ。タブーを犯してるのは、俺も同じな筈だろ?」

青年の胸からめぐの顔が勢い良く離れた。青年の腕を掴む手は小刻みに震え、何故と言わんばかりに瞳が揺れる。


223:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/18(金) 23:37:12 ID:r517UsUXT6

男「霊子さんが教えてくれたんだ。めぐや霊子さんの事、…その役割も、全部」

めぐ「れいこ、さん…?」

めぐがきょとんと首を傾げる。
そういえば、霊子さんと呼ぶに至った経緯をめぐは知らないのだと青年は苦笑した。

男「あー…ほら、前に会った女の子。俺が勝手にそう呼んでるだけなんだけど」

めぐ「……」


224:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/19(土) 00:03:59 ID:r517UsUXT6

めぐは怪訝そうに眉を寄せた。

ルールを破る事を嫌っていた筈の少女の行動が理解出来なかった。

男「前にめぐが居なくなった時も霊子さんが助けてくれた」

めぐ「え…?」

男「友達でも何でもないって言ってたけどさ、きっとそうじゃない。…めぐに消えないでほしかったんだよ、あの子も」


225:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/19(土) 00:36:50 ID:r517UsUXT6

めぐは表情を歪ませた。

刺のある物言いも、眉間に寄せられた皺も、憎しみのないものだったと分かっていた。いつも逃げてばかりだった自分の後ろ姿を、少女はどんな思いで見つめていたのだろうか。

めぐ「ボクはあの子から逃げてたのに…」

男「めぐ」

青年の手はしっかりとめぐの肩を掴んでいる。グッと力を込められた熱い手の感触に、めぐは思わずはっと青年の顔を見た。


226:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/19(土) 00:57:00 ID:JPOJYwW2Gc

青年の瞳は真っ直ぐにめぐだけを見つめていた。

男「俺も、めぐに消えてほしくない。俺には救いがあるんだろ?だから……」

青年は苦しそうに表情を歪ませた。震える唇を堪えて、弧を描く。

垂れ下がる眉を寄せながら、青年は微笑んでみせた。

男「だから、俺を送って下さい」


227:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/19(土) 01:03:10 ID:JPOJYwW2Gc
少ないですが今日は此処までとさせて頂きます。

もうすぐ完結なのに今更ですが、ちゃんと説明出来ているか不安です。大丈夫でしょうか…?

読んで下さってありがとうございます!ラストに向かって一直線!
228: 名無しさん@読者の声:2011/11/19(土) 01:11:01 ID:GZrvr4lBv2
説明出来すぎてて毎回胸が苦しいわ(´;ω;)
なんでこんなに切ないの!!男もめぐも少女もなんでこんなに悲しい出会いなの!!
1なんかこれでもくらえCCCCCCCCCCCCC
229:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/19(土) 19:48:24 ID:crm30tAqEA
>>228
支援ありがとうございます!
くらいました…C);ω;`)

そのように受け取って頂けて、ちゃんと伝えられているのだと思うと本当に嬉しいです。

めぐにとっても少女にとっても、男に出会った事が全ての始まりでした。悲しい物語にするつもりはないのですが、どうにも暗いお話になってしまいますね…。
全てはこの題名と失くしたものの為に構成されています。もう答えは出ているようなものですが、最後まで見守って頂けると幸いです。

登場人物を思って胸を痛めて下さって本当にありがとうございます。頑張ります(`・ω・´)
230:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/20(日) 21:44:09 ID:Z9KqQjIU/k

めぐ「………っ」

真っ直ぐな青年の瞳から逃げるように、めぐは唇を噛み締めて俯いた。

この期に及んでもなお、青年を消したくない自分が居る。忘れてしまいたくない自分が居る。

青年が傍に居るだけで全てが満たされた気がした。罪の償いなど忘れてしまう程に、めぐの胸は温もりで満たされていた。

彼が消えずに済むのなら、自分が消えてしまう事さえ厭わないと思えた。


この気持ちを何と呼ぶのか、めぐには分からなかった──。


231:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/20(日) 22:21:52 ID:HMJYUJcabU

男「めぐ」

めぐは左右に首を振っている。
手で耳を塞いで、青年の声を聞こうとしない。

男「めぐ!」

めぐ「……!」

青年はめぐの手を掴むと声を荒げた。
めぐの黒目がちな瞳には、今にも泣き出しそうな青年が映り込んでいる。


232:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/20(日) 23:03:21 ID:pIgPmzpxL2

男「──好きだよ、めぐ。お前の事が好きだ」

めぐははっと息を飲んだ。
溢れ出す感情は、もう青年を止める事が出来ない。

男「…輪廻転生なんて信じてなかったけど、まためぐに会えるなら信じれる」

めぐ「男……」

男「何度生まれ変わっても、待ってるから。必ずめぐを見付けてみせるから。だから…」


233:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/20(日) 23:31:06 ID:pIgPmzpxL2

めぐ「…ボクも、ボクも絶対に男を見付けるっ…」

めぐの両手が瞼に押しあてられる。
押し付けられた両の手はめぐの涙を止める事は出来ず、その隙間から溢れ出させた。

めぐ「ボクが見付けてみせるから…!!」

男「めぐ…」

青年の手がそっとめぐのそれに触れた。解かれた手がめぐの涙に濡れた表情を露にする。

その刹那、めぐの唇に柔らかいものが触れた。温かくて柔らかいそれは、青年の唇。

ゆっくりと閉じられためぐの瞳から、涙が止まる事はなかった。


234:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/20(日) 23:36:35 ID:HMJYUJcabU
今日は此処までとさせて頂きます。

余談なんですが、私はこのSSを書くにあたって紙に流れをざざっと殴り書きしてからある程度文章を作って手直ししつつ投下、という面倒な事をしています。

が、

その流れを殴り書きした紙を何処かにやってしまい、家族に見付かっていないかハラハラしている所存ですwそして、書き溜めしようにもいまいち納得がいかない感じの仕上がりな気がして。

なので少ない投下ばかりで本当にすみません。明日で終わるかもしれませんので、宜しくお願いします(`・ω・´)
235: 名無しさん@読者の声:2011/11/20(日) 23:41:31 ID:2eHZTFNahs
乙です!

しかしいい所で焦らすなw
236: 名無しさん@読者の声:2011/11/21(月) 08:08:05 ID:t/3Pct9RoE
だから矛盾せずに回収してけるんだな。1の意識レベルの高さに脱帽だわ。好きです結婚して下さい。

つC
つ婚約指輪
237:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/21(月) 18:41:53 ID:zp0bIVJqTM
>>235
ありがとうございます!

いい所で焦らせてますか?
と言っても私にはその意図はなく、書き溜めてキリの良い所まで投稿しているだけなのです(`・ω・´)ドヤァ

めぐ「乙って何?」
男「お疲れさまって事だな」
めぐ「男は何でも知ってるね、凄いねー」ニコニコ
少女「君が無知なだけだよ」
めぐ「」イラッ


>>236
支援ありがとうございます!

意識レベルというか、ただの性格と言いますか…直感的ではないのだと思います、私の場合はw
書き溜めがないからこその予想外な展開も素晴らしいものがあると思いますし、実際私が好きなSSの作者様で書き溜めをしていない方もいらっしゃいますし(´ω`)

矛盾せずに回収出来ているというのは本当に嬉しいです!それなりに疑問に思われていた事が少なからず解消されていると思うと、それはもう…!

ちょ、最後の一文wそんな事を言って頂けて嬉しいやら照れ臭いやら…(*´・ω・`*)
238:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/21(月) 20:55:55 ID:owdFNQ5OBY

めぐ「何だろう、この気持ち…胸が凄くぽかぽかするの」

男「…?」

めぐは自身の胸に手を当てて首を傾げた。ずっと前からあったような懐かしい温もりを感じる。

めぐ「前にも男にしたんだ、これ。男が寝てる時に、ちゅって」

男「えぇ!?」

顔を真っ赤に染めた青年は思わず口元を押さえた。

めぐ「その時は凄く苦しくてぎゅってなった。でも、今は凄くぽかぽかするの」

めぐの頬がほんのりとピンク色に染まる。胸の奥にある確かな温もりが、解放してくれとめぐにせがんでいる。


241.54 KBytes

名前:
sage:


[1] 1- [2] [3]最10

[4]最25 [5]最50 [6]最75

[*]前20 [0]戻る [#]次20

うpろだ
スレ機能】【顔文字






information
QRコード
友達に教える
お問い合わせ
TOP

(C)2009 llike.net/2ch/