2chまとめサイトモバイル

2chまとめサイトモバイル 掲示板
出会う感情の名は、
[8] -25 -50 

1: 1 ◆b.qRGRPvDc:2011/10/16(日) 19:19:06 ID:f4A63ChN1o
男「あれ?何してたんだっけ?…なんで此処に居たんだっけ?」

住宅街の路地にポツリと立つ青年。見たところ、学生のようだ。

辺りを見渡しても、まるで自分以外の人間が魔法にでも掛けられたかのように姿を見せない。

灰色に染まった空は雨を降らせてパタパタと音を立てながらアスファルトを濡らしていく。

男「うわ!財布の中身散乱してるし!お札が濡れる!」

散乱しているお金を慌てて掻き集め、乱暴に財布に押し込んだ。


215:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/17(木) 22:54:57 ID:BlrKqtJxIg

少し先に人影が見えた。

毎日梳かしてやった髪は以前と同じボサボサ頭に戻っていた。
出会った時と何一つ変わらない装いで電柱に寄りかかり、うなだれるような姿勢で座り込んでいる。

男「めぐ…」

あの時足を踏み入れたのは浅はかな新境地などではなく、魔法に掛けられた時間のない世界だったのか──そんな下らない考えが、自然と青年の顔を綻ばせた。

めぐ「…?」

あの時と同じように、めぐが顔を向ける。

めぐ「!!」


216:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/17(木) 23:13:26 ID:BlrKqtJxIg

めぐは目を見開いて驚愕していた。目元まで伸びた前髪がはらりと乱れ、大きな黒目がちの瞳がゆらゆらと揺れている。

めぐ「なん、で…」

くしゃりと歪ませ、悲しみに濡れるその顔が、青年の胸を締め付ける。

男「こんなところで何をしてるんですか?何かあったんですか?」

腰を屈めてめぐの顔を覗き込みながら首を傾げた。
青年の表情は以前のそれとは違っていた。眉は下がり、切なさに目を細めている。


217:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/17(木) 23:49:15 ID:BlrKqtJxIg

めぐ「男、どうして…なんで…?」

男「思い出したんだ、全部。あの日何があったのか、どうして此処に居たのか」

運命に抗えず目の当たりにした光景がめぐの唇を震わせて、カチカチと歯を鳴らす。

ただの鉄の塊が青年に衝突する。そんなものが容易く青年の命を奪ってしまった。
ほんの少し前まで自分を抱き上げてくれた温かい手は、もう誰も触れる事は出来ない。優しく自分を呼んでくれた声は、もう誰の耳にも届かない。

めぐ「ごめんなさい、ごめんなさいっ…ボクが悪いんだ、ボクが……」


218:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/18(金) 00:12:18 ID:BlrKqtJxIg

男「…めぐ、」

今にも溢れ出してしまいそうな程に溜まった涙が、めぐの瞳を大きく揺らした。

男「もう、いいんだ」

めぐ「…っ」

青年の手がめぐの頭をくしゃりと撫でたのと同時に、めぐは頭を垂れて肩を震わせた。

男「もういいんだよ、めぐ…」

めぐ「…く、っう…うぅ…うああああぁっ…わあああああん!」

青年の言葉が引き金となって、めぐは声を上げて噎び泣いた。顔を上に向けてしゃくり上げるめぐの泣き声は、迷子の子供のようだった。


241.54 KBytes

名前:
sage:


[1] 1- [2] [3]最10

[4]最25 [5]最50 [6]最75

[*]前20 [0]戻る [#]次20

うpろだ
スレ機能】【顔文字






information
QRコード
友達に教える
お問い合わせ
TOP

(C)2009 llike.net/2ch/