2chまとめサイトモバイル

2chまとめサイトモバイル 掲示板
出会う感情の名は、
[8] -25 -50 

1: 1 ◆b.qRGRPvDc:2011/10/16(日) 19:19:06 ID:f4A63ChN1o
男「あれ?何してたんだっけ?…なんで此処に居たんだっけ?」

住宅街の路地にポツリと立つ青年。見たところ、学生のようだ。

辺りを見渡しても、まるで自分以外の人間が魔法にでも掛けられたかのように姿を見せない。

灰色に染まった空は雨を降らせてパタパタと音を立てながらアスファルトを濡らしていく。

男「うわ!財布の中身散乱してるし!お札が濡れる!」

散乱しているお金を慌てて掻き集め、乱暴に財布に押し込んだ。


204:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/15(火) 22:39:55 ID:VrA.sR3qFU
今日の投下は此処までとさせて頂きます。

さようなら、少女たんw
205: ◆b.qRGRPvDc:2011/11/15(火) 22:46:22 ID:VrA.sR3qFU
おぅふ…知らない間に200越えていました(`・ω・´;)

此処まで来れたのも皆さんのお陰です。本当に本当にありがとうございます。
206: 名無しさん@読者の声:2011/11/16(水) 01:57:47 ID:8suo7e3v.U
すでに泣きそうな私ガイルCCCCCC
207:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/16(水) 18:02:43 ID:89gvyHE3LQ
>>206
支援ありがとうございます!
そんな事を言って頂けるなんて…私が泣きそうです。いや、泣きます。泣いちゃいます。嬉しいです、嬉しすぎです。
ありがとうございます(´;ω;`)


男「支援ありがとう…うぅっ」グスッ
少女「何故君が泣くんだい」
男「だってさ…だってさ…」
男「俺超格好良くない?格好良すぎじゃない?」グスグス
少女「駄目だこいつ」
208:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/16(水) 21:48:05 ID:adMUXkgFVg




一軒の平屋の前に青年は居た。膝に手を付き、深々と頭を下げている。その表情は垂れ下がる髪に隠れて伺う事は出来ない。

家の中からは女性の泣き声が聞こえてくる。啜り泣くようなその声は、時折何かを言いながら息を詰まらせていた。

男「……ごめん」

青年が擦れた声で呟く。垂れ下がる髪が小刻みに揺れた。


209:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/16(水) 22:08:07 ID:89gvyHE3LQ

女性の泣き声は止まない。きっと、青年の声が彼女に届く事はないのだろう。言葉を交わす事でさえ、もう──。

それでも、

男「ごめん…ごめんな……親不孝者で、ごめん……!」

この思いを声に出さずにはいられなかった。

男「…ありがとう、ございました」

少しの間を置いて、青年の頭が勢いをつけて上げられた。


210:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/16(水) 22:32:48 ID:adMUXkgFVg

一歩踏み出す度に青年の頭に思い出が蘇る。


伯母さんの作るご飯は毎回味が薄かったな。

熱が出た時は泊まっていくなんて、子供みたいに駄々を捏ねて看病してくれたっけ。

伯父さんと喧嘩した時は二人して伯母さんに正座させられたなあ。

母さんが亡くなった時は、息が出来なくなるくらい抱き締めてくれた。

俺が死んで、伯母さんは誰に抱き締めてもらったんだろうか。


振り返らずとも鮮明に浮かぶ暖かかった家族。青年は後ろ髪を引かれる思いで一歩、また一歩と前に進む。

青年の唇が震える。込み上げる悲しみを振り切るように、パシッと両手で頬を叩いて自身の頭を切り替えた。


211:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/16(水) 23:38:26 ID:adMUXkgFVg

男「此処で俺の人生が終わって、此処で始まったんだな、…なんて」

住宅街の路地にポツリと立つ青年。何処か清々しく、迷いのない表情をしている。

空を仰いで目を閉じると、賑やかな日常の音が聞こえてくる。もう青年の耳を塞ぐものは何もない。

男「………」

暫く歩いて青年の足は止まった。

男「お待たせ、めぐ」


212:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/16(水) 23:44:20 ID:adMUXkgFVg
今日は此処までとさせて頂きます。

どうでもいい事ですが、“赤い首輪をした黒猫”は我が家の猫さんがそのままモデルだったりします。雨の日に一匹でガクガクブルブルしていた子猫を放っておけずに連れて帰ってしまいました。

母が。

というちょっとした裏話です。
読んで下さった方、本当にありがとうございます(`・ω・´)
213: 名無しさん@読者の声:2011/11/17(木) 19:09:54 ID:dfKDROSnzQ
猫ちゃんぅp!
めぐ幸せになあれ
つC
1にはこれを
つ胃に優しい食べ物
214:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/17(木) 22:30:03 ID:BlrKqtJxIg
>>213
支援ありがとうございます!

このSSが皆さんの目に触れて、めぐの幸せを願って頂ける事が最早幸せだと思います、本当に。
自己満足と言えど、どれだけ綴って彼らを動かしていても読んで下さる方が居てこそ生かされるんですよね。皆さんのお陰で、めぐ達は生きています(生者じゃないのに生きているという表現は可笑しいかもしれませんがw)

胃に優しい食べ物まで…!
お陰様で胃腸も元気です!ありがとうございます!

また長々とすみません…
感謝の気持ちを伝えたい一心なのです(´・ω・`)


めぐ「本当にありがとー!」
男「そんな213さんに俺からプレゼントだ!」つhttp://h2.upup.be/lwiWU2YtEu
めぐ「1の猫だー」
男「もっと可愛いのなかったのかってツッコミはノーサンキュー!」
215:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/17(木) 22:54:57 ID:BlrKqtJxIg

少し先に人影が見えた。

毎日梳かしてやった髪は以前と同じボサボサ頭に戻っていた。
出会った時と何一つ変わらない装いで電柱に寄りかかり、うなだれるような姿勢で座り込んでいる。

男「めぐ…」

あの時足を踏み入れたのは浅はかな新境地などではなく、魔法に掛けられた時間のない世界だったのか──そんな下らない考えが、自然と青年の顔を綻ばせた。

めぐ「…?」

あの時と同じように、めぐが顔を向ける。

めぐ「!!」


216:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/17(木) 23:13:26 ID:BlrKqtJxIg

めぐは目を見開いて驚愕していた。目元まで伸びた前髪がはらりと乱れ、大きな黒目がちの瞳がゆらゆらと揺れている。

めぐ「なん、で…」

くしゃりと歪ませ、悲しみに濡れるその顔が、青年の胸を締め付ける。

男「こんなところで何をしてるんですか?何かあったんですか?」

腰を屈めてめぐの顔を覗き込みながら首を傾げた。
青年の表情は以前のそれとは違っていた。眉は下がり、切なさに目を細めている。


217:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/17(木) 23:49:15 ID:BlrKqtJxIg

めぐ「男、どうして…なんで…?」

男「思い出したんだ、全部。あの日何があったのか、どうして此処に居たのか」

運命に抗えず目の当たりにした光景がめぐの唇を震わせて、カチカチと歯を鳴らす。

ただの鉄の塊が青年に衝突する。そんなものが容易く青年の命を奪ってしまった。
ほんの少し前まで自分を抱き上げてくれた温かい手は、もう誰も触れる事は出来ない。優しく自分を呼んでくれた声は、もう誰の耳にも届かない。

めぐ「ごめんなさい、ごめんなさいっ…ボクが悪いんだ、ボクが……」


218:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/18(金) 00:12:18 ID:BlrKqtJxIg

男「…めぐ、」

今にも溢れ出してしまいそうな程に溜まった涙が、めぐの瞳を大きく揺らした。

男「もう、いいんだ」

めぐ「…っ」

青年の手がめぐの頭をくしゃりと撫でたのと同時に、めぐは頭を垂れて肩を震わせた。

男「もういいんだよ、めぐ…」

めぐ「…く、っう…うぅ…うああああぁっ…わあああああん!」

青年の言葉が引き金となって、めぐは声を上げて噎び泣いた。顔を上に向けてしゃくり上げるめぐの泣き声は、迷子の子供のようだった。


219:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/18(金) 00:14:30 ID:BlrKqtJxIg
今日は此処までとさせて頂きます。
少ない投下ですみません(´・ω・`)
220:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/18(金) 22:15:23 ID:r517UsUXT6

男「黙ってるのも辛かったよな、ごめんな」

めぐは左右に首を振った。

めぐ「違う、ボクがいけなかったんだ」

ギュッ、とめぐの手に力が入る。
自分を見つめる青年の目が優しすぎて、それが余計に胸を締め付ける。青年の優しさは今のめぐにとってはとても辛いものだった。

めぐ「…男と、一緒に居たかったの。男に居なくならないでほしかったの。ボクの心の中に、閉じ込めていたかったの。ボクがいけなか…ッ……」

めぐは言葉が体の衝撃に遮られた。青年の体温がめぐを包み込んでいる。

気が付けば、青年の腕の中にめぐは居た。


221: ◆b.qRGRPvDc:2011/11/18(金) 22:23:31 ID:r517UsUXT6
>>220

×めぐは言葉が体の衝撃に〜
〇めぐの言葉が体の衝撃に〜

すみません…(´・ω・`)
222:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/18(金) 22:57:30 ID:JPOJYwW2Gc

男「だからって自分一人だけ消えようとすんな、馬鹿」

めぐの目が大きく開かれる。
青年には何も話していないのに、何故そんな事を口走るのだろうか。

男「俺が一緒に居たいって言ったんだ。タブーを犯してるのは、俺も同じな筈だろ?」

青年の胸からめぐの顔が勢い良く離れた。青年の腕を掴む手は小刻みに震え、何故と言わんばかりに瞳が揺れる。


223:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/18(金) 23:37:12 ID:r517UsUXT6

男「霊子さんが教えてくれたんだ。めぐや霊子さんの事、…その役割も、全部」

めぐ「れいこ、さん…?」

めぐがきょとんと首を傾げる。
そういえば、霊子さんと呼ぶに至った経緯をめぐは知らないのだと青年は苦笑した。

男「あー…ほら、前に会った女の子。俺が勝手にそう呼んでるだけなんだけど」

めぐ「……」


241.54 KBytes

名前:
sage:


[1] 1- [2] [3]最10

[4]最25 [5]最50 [6]最75

[*]前20 [0]戻る [#]次20

うpろだ
スレ機能】【顔文字






information
QRコード
友達に教える
お問い合わせ
TOP

(C)2009 llike.net/2ch/