2chまとめサイトモバイル

男「釣りロマンを求めて」幼馴染「ブラックバス編です」

前回の記事 男「釣りロマンを求めて」幼馴染「淡水の釣り編です」
Part4
男「釣りロマンを求めて」幼馴染「仕方ないから付き合います」
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1378509317/
563 : ◆M7hSLIKnTI :2013/12/11(水) 12:52:33 boafqZ46

…翌朝


男「おはよおっぱい」

幼馴染「おはようございます」

幼友「おはよー」

男「最終日、昼過ぎには帰路につく事を思えば、チャンスは短いです」

幼馴染「凄まじく気が焦ります」

幼友「余裕しゃくしゃくでーす」

男「…と言っても、もう寒いので朝マズメの恩恵は薄いです。せっかくなので旅館の朝食を頂いてから、すぐに出ましょう」

幼馴染「ご飯に焼き魚、生卵、お味噌汁と味付け海苔とお漬物」

幼友「正しい日本の朝食だね、家じゃ滅多としないけど」

男「酒を浴びた次の日は、こういった朝食が格別に美味いものです」

幼友「未来の嫁、メモった?」

幼馴染「面倒そうなので聞こえなかった事にします」


565 : ◆M7hSLIKnTI :2013/12/11(水) 12:57:22 L0qlDjSM

男「さて、釣り場に戻ってきました」

幼馴染「早く竿をてーいさせて下さい、大きなバスを釣らなくてはなりません」

幼友「ふっふっふ、無駄だよ幼馴染くん。私のキロフィッシュを超えられるとでも?」

男「俺は今日は基本的に幼馴染への個人レッスンに集中します」

幼馴染「そう言うと男は自らの竿を露出し、私の手を半ば無理矢理にそこへと誘う。それがこの個人レッスンの名を借りた、愛の調教の開講となった。私が恥じらいに目を背けようと、男はそれを気にする事もなく寧ろ下卑た笑いさえ浮かべt」

幼友「幼馴染ちゃん、実はちっとも焦ってなくない?」

男「幼友ちゃんも質問やトラブルなどあったらご遠慮なく。使いたいルアーがあったら言って下さい」

幼友「若干の依怙贔屓に不満を感じつつ、今日もまずはラバジで大物を狙います」

幼馴染「目指せ10キロ超え!」

男「それ、世界記録クラスです」


567 : ◆M7hSLIKnTI :2013/12/11(水) 19:23:10 boafqZ46

男「この辺りは水面下数十センチまで立ち上がった水草の密生地になっています。その中に潜むバスを狙いましょう」

幼馴染「なんだか難しそうです」

男「どんなルアーを使うか次第です。まずは昨日使って慣れているスピナベで攻めていきます」

幼馴染「なるほど、これなら水草にかかり難そうです」

男「ただしリーリング中は常に水草の抵抗を受けるので、ヒットした場合は強いアワセが必要となります」

幼馴染「それでラインが切れたりしないのでしょうか」

男「今日はスプールを予備で持ってきていたPEラインが巻かれたものに替えておきました。まず心配ありません」

幼馴染「ぴーーーライン?」

男「禁止用語じゃありません。伸ばす棒の間に『い』が入る『ぴーいー』ラインです」

幼馴染「どんなものなのでしょう」

男「複数の細い糸を編み込んだラインで、ナイロンやフロロカーボンのラインの数倍の強度があります」

幼馴染「昨日は何を使っていたのでしょうか」

男「フロロを使ってもらっていました。感度に優れた普通のラインです」

幼馴染「なぜ伏字なのでしょう」

男「いちいち禁止用語にしないで下さい。『□』じゃなくカタカナの『ロ』で、『ふろろ』です」


568 : ◆M7hSLIKnTI :2013/12/11(水) 19:24:56 boafqZ46

幼馴染「てーい!」シュピッ

男「ナイスキャスト、次々休まず攻めていきましょう」

幼馴染「『ガンガンいこうぜ!』ですね」

男「ルアー釣りのスタイルはそれに尽きます」

幼友「『命を大事に』」ボソッ

男「…まあ、水際ですからそれも大切な事です」

幼馴染「今日の私には余裕がないので『ガンガンいこうぜ』のスタンスは変えません、てーい!」シュピッ

幼友「『じゅもんつかうな』」ボソッ

男「釣れる呪文があるなら知りたいです」

幼馴染「あくまでガンガンいきます、てーい!」シュピッ

幼友「『めいれいさせろ』」ボソッ

幼馴染「そこのマネマネ、うるさいです」


569 : ◆M7hSLIKnTI :2013/12/11(水) 19:58:36 GLq8EbSc

幼友「ひっとおおぉぉぉー!」ビシィッ

幼馴染「何という事でしょう」

男「大きそうですか?」

幼友「けっこう重い…!でもあんまり暴れない…!?」

幼馴染「フィッシュオフ!フィッシュオフ!」

幼友「ひどっ…やっぱ『じゅもんつかうな』だわ。とーう!…うわー!?何これー!」

男「ああ…ナマズでしたか」

幼友「地震クルー!?」

幼馴染「おめでとうございます」

幼友「外道だと分かった途端にそれか」


570 : ◆M7hSLIKnTI :2013/12/11(水) 19:59:22 GLq8EbSc

幼馴染「私もきました!…てーい!」ビシィッ

男「おお、忙しいです」

幼友「フィッシュオフぷりーず!」

幼馴染「でも、あんまり暴れません…てーい!うわ、蛇です!?」

男「カムルチーです。そう大きくないので抜き上げちゃって下さい」

幼友「かむるちー?なんか沖縄の魚みたいな名前ですね」

男「沖縄っぽいですが、朝鮮半島での呼び名です。いわゆる雷魚なので…」

幼馴染「てーい!…男、外して下さい」ヒョイッ

男「…噛まれないように気を」カプッ

幼友「雷、鳴るといいねー」

幼馴染「ねー」


578 : ◆M7hSLIKnTI :2013/12/14(土) 22:58:08 s6F3iXqo

幼友「男さーん、違うルアー使いたいですー」

男「では幼友ちゃんも、トップウォーターにチャレンジしてみましょう」

幼馴染「ポッパーでしょうか」

男「いいえ、お酒好きな幼友ちゃんにピッタリなルアーがあります」

幼友「そんな言い方したら、私がすっごく酒豪みたいじゃないですか」

幼馴染「…みたい……?」

男「こちらです…ビッグバドォー」トテトテンッ、ホワンホワァーン…

幼馴染「今のは確かに旧ドラえもんですが、何か違うような」

男「しまった、今度はタイトルコールでした」


579 : ◆M7hSLIKnTI :2013/12/14(土) 22:59:10 s6F3iXqo

幼友「だから旧ドラえもんが道具を出す時は『ピョン、キカカキーッ』ですってば」

幼馴染「いいえ、『ピャコ、キコキコキコーン』です」

男「自分が発端とはいえ、きのこ×たけのこ戦争くらいどうでもいいです」

幼馴染&幼友「……あぁ…?」ピキッ

男「え?」

幼友「…男さん、どっち派ですか……?」

幼馴染「男は私の彼氏なのですから、タケノコひと筋に決まっています」

男「いや…どうでも…」アセアセ

幼友「はあぁ…?あの甘いチョコと甘いクッキーの、しつこい組合せがいいっての?」

幼馴染「甘々の組合せがダメなら、何故おつまみではしょっぱいクラッカーとしょっぱいチーズを組み合わせるのでしょう」フッ…

幼友「違う食べ物の話にすり替えないでくれるかなあ…?」チッ

幼馴染「それで、男の意見はどうなのでしょうか」

男「俺はパイの実が好きです」

幼友「ぱいの実?」ムギュ


588 : ◆M7hSLIKnTI :2013/12/16(月) 12:57:49 ne8Q8NNY

男「で、このビッグバドですが」

幼友「なんだか冗談みたいなルアーですね…釣れるのかなー」

幼馴染「さっきトップウォーターと言っていた割には、リップがついています」

男「その通り、このリップで水を受けてクランクに近い動きをします」

幼友「じゃあ潜るの?」

男「いいえ、ビール缶を模したこのボディの高すぎる浮力によって、潜る事はできません」

幼馴染「潜りたいのに潜れない…なんか可哀想です」

男「では代わりに幼友ちゃんの谷間にダイブしましょうか」

幼馴染「てーい」ボフッ、ムニュッ

幼友「あっ…や…幼馴染ちゃんっ」

男「くっそ…間に合わんか」

幼馴染「ふふふ…精神的ダメージを負いつつも、防いだぞ…ぐふっ」ガクッ


589 : ◆M7hSLIKnTI :2013/12/16(月) 12:58:26 ne8Q8NNY

幼友「とーう」シュルルルル…タッパーン

幼馴染「ものすごい飛びようです」

男「そこからゆっくりと巻いていって下さい。テールのスプーンをカチャカチャ言わせるイメージです」

幼友「ゆーっくりねー」カチャコチョカチャコチョ

幼馴染「見た目も冗談なら、アクションも冗談みたいなルアーです」

男「これが意外とデカバスキラーなのです」

幼友「とーうとうとう…うわっ」カチャコチョ…バシャッ

幼馴染「今、何か食ってきました」

男「たぶん30cmにも満たない小バスでしょう。たまーに針掛かりしますが、まずバドは食えません」

幼友「てゆーか、食おうとするのがすごいわ」

男「過去に親鳥の後ろをついて泳ぐ水鳥のヒナが、バスのアタックを受けているのを見たことがあります」

幼馴染「食物連鎖の下克上です」

男「ちなみに俺は夜に川でシーバスを釣っていて、川鵜を釣った事があります」

幼友「川鵜って、黒い鳥ですよね」

男「アワセと同時に空に引っ張られたのは初めての経験でした」


590 : ◆M7hSLIKnTI :2013/12/16(月) 14:05:13 8sTrJ3O2

幼馴染「男、あとどの位の時間がありますか」

男「焦らないで、じっくり狙っていきましょう。気持ちが先走ってはここぞというチャンスを逃します」

幼馴染「そうはいっても焦ります」

幼友「ふははは、焦るだけ無駄というものだよ!幼馴染ちゃん!」

男「大丈夫、きっと釣れます」

幼馴染「…男を信じます、てーい!」シュピッ

幼友「…きたーっ!」ビシッ

幼馴染「!!」

男「おお、よく引いています。ドラグを出しながら、ゆっくりいきましょう」

幼馴染「き、きっとナマズです」

幼友「うわー、皿洗いしたー!」ドバドバッ

男「バスのようですね、ただ皿洗いではなくエラ洗いです」

幼馴染「……いいな…」


591 : ◆M7hSLIKnTI :2013/12/16(月) 14:06:00 8sTrJ3O2

幼馴染「…と思ってたら、こっちもヒットです!」ビシィッ

男「おお、ちょっとファイトしてて下さい」

幼馴染「大丈夫…残念ながら、あまり大きくなさそうです。でも、バスでありますように…」

幼友「男さん、タモー!」

男「おっけーい、ナイスサイズです。40cmまでは無さそうですが」

幼馴染「てーい!」バシャッ

幼友「ん?幼馴染ちゃんの、ナマズや雷魚じゃなさそうだけど…」

男「ああ、あれはハスです」

幼馴染「そのバスを狙ってる身としては、嫌がらせとしか思えないネーミングは何なのでしょう」

幼友「名前だけ惜しい!」

男「幼友ちゃんのバスは…重さは915gです。はい、リリースしてあげて下さい。幼馴染、すぐ行きます」

幼馴染「男、車にマジックは無いでしょうか」

男「…点々を書いても、バスにはなりません」


592 : ◆M7hSLIKnTI :2013/12/16(月) 14:27:03 wcJf8Pdk

男「ポイントを変わります。おそらく時間的に、これが最後の移動になります」

幼馴染「気合い入れます」

幼友「余裕しゃくしゃくでーす」

男「ここからは、幼馴染には何としてもキロサイズを釣ってもらうために、ちょっとセコイかもしれないソフトルアーを使って頂きます」

幼友「私は引き続きビッグバドでデカイの狙いまーす」

幼馴染「この際、プライドは捨てて何でもします」

男「別にルール違反というわけではありません、堂々といきましょう」

幼馴染「このポイントはどういう所なのでしょう」

男「湖に川が流れ込む、瀬と深場の入り組んだポイントです。ベイトとなる小魚も多く、一発を狙うには適しています」

幼友「目指せ、記録更新!いくぞー!」ポヨヨーン

男「見てませんね…幼馴染、おまじないです…」チュッ

幼馴染「…がんばります」ニコッ


593 : ◆M7hSLIKnTI :2013/12/16(月) 18:49:16 jXY8kYIU

男「それでは、このソフトルアーを使ってもらいます」

幼馴染「オモリがついていませんが」

男「ノーシンカーで、ストレートタイプのワームの重心部分にマス針をチョン掛けしています。軽くて難しいですが、まずはキャストしてみて下さい」

幼馴染「てーい」

男「瀬になったところに落とし、自然に流します。ノーシンカーなので流れがあるところではほとんど沈みません」

幼馴染「ほほう」

男「流れが弛んで沈み込んでゆくのを待ち、竿を横に寝かしたまま小さくツンツンとアクションを入れます」

幼馴染「…バカじゃないのっ…この鈍感男っ」ボソッ

男「ツンツンという言葉を使った俺が悪いのか」


594 : ◆M7hSLIKnTI :2013/12/16(月) 18:49:50 jXY8kYIU

男「瀬に流されてきたミミズのイメージです。小さくアクションすると『く』の字にフニフニと動きます」

幼馴染「ミミズです、美味しいです、食べるといいです」ツンツンツン…

男「そうそう、あまり引き過ぎると浮き上がってしまうので、あくまで小さく…時には間をとりながら」

幼馴染「むう、だめでした」

男「ルアーが軽いので、スプールの糸に弛みができていないかは時々チェックして下さい」

幼馴染「てーい」シュピッ

男「さすが、渓流でスプーンを投げた経験があるだけにナイススナップ。軽いルアーでも上手く投げています」ウンウン

幼馴染「もっと褒めてもいいですよ」

男「幼馴染、格好いい!」

幼馴染「可愛いの方が嬉しいです」

男「幼馴染、可愛い!」

幼馴染「もうひと声!」

男「幼馴染、ロリ可愛い!」

幼馴染「喜んで良いのでしょうか」


599 : ◆M7hSLIKnTI :2013/12/16(月) 20:04:14 oXaZ9TtQ

幼友(なーんか、イチャイチャやってるねえ…妬けるわ、全く)

幼友(…だからって略奪愛しようってんじゃないけど)

幼友(でも、意地悪はしたくなっても仕方ないよね…?)ニヤリ

幼友「男さーん、助けて下さーい」

男「どうしましたかー」

幼友「ルアーの針が服に刺さっちゃって…」

男「ふう…どこでしょう、針のカエシは潰しているのですぐ取れるはずですが」

幼友「それが、トリプルフックの内二本が刺さっちゃってて…ほら、ここ」ポヨーン

男「ちょ…胸ですかっ」ブフォッ

幼友「針先が怖くて上手くとれないです、お願いできますか?」

男「幼馴染に頼んで…」アセアセ

幼友「女の子に頼むんなら自分でやっても一緒じゃないですかー」

男「わ、解りました…とります」ソーッ

幼友「あれー、ブラの生地まで引っかかってるみたい…ちょっと緩めますね」プチッ、タユン…

男「はぅあ」ズキューン


600 : ◆M7hSLIKnTI :2013/12/16(月) 20:05:04 oXaZ9TtQ

幼友「あれー?どうしたんです、変な声出して…もしかしてヤラシイ事、考えちゃいました…?」

男「めめめ滅相もない!」ドキドキ

幼友「だったらちょっとくらい当たっても構いませんから、服が破れないようにお願いします」グイッ…ムニュッ

男「はわわわわわ…」

幼友「…とれました?」フニフニ

男「もも…もうちょい……とれたっ!とれました!」

幼友「ふう、ありがとーでした」

男「どういたしまして…」

幼友「…男さん?」

男「は、はい」

幼友「……えっち」クスッ

男「はぅ」

幼馴染「お帰りなさい、幼友はどうかしたのですか?」

男「イイエ、ナンデモナカッタデス」

幼馴染「…怪しい」


601 : ◆M7hSLIKnTI :2013/12/16(月) 21:37:39 rz2y9LYA

幼馴染「てーい!」ビシィッ

男「おお、引きはどうですか?」

幼馴染「いまいち」ダバダバダバ

男「それでもちゃんとバスです、30cmくらいでしょうか」

幼馴染「もっと大きいのを…」チャプン

男「幼馴染…気負い過ぎないようにしましょう」

幼馴染「でも」

幼友「きたーっ!大きいかもー!?」バシャアッ

男「…悪いですが」

幼馴染「いいです、行ってあげて下さい」

男「幼友ちゃん、すぐ行くので大事にファイトして下さい!」

幼友「うわー!ドラグ止まらないー!」

幼馴染「………」シュピッ


602 : ◆M7hSLIKnTI :2013/12/16(月) 21:40:04 rz2y9LYA
ダイジニ ダイジニー!
オモイデスー!ウデガー!
モウチョット…モウチョット…

幼馴染「………」シュピッ

ナガレノ キツイホウニ ハシラセナイヨウニ…!
ソンナコト イワレテモー!
ウマイウマイ…サカナ ツカレテルヨー

幼馴染「………」ツンツンツン

モウチョイ、ヨセテ…!
エ、ムネヲデスカ?
ソッチハ ヨセナクテモ ジュウブンデス!

幼馴染「………」シュッ

オッケー!キャッチ デス!
ヤッター!キロクコウシン…!?
チョット マッテ…ハカッテ ミマス

幼馴染「………」ツンツンツン

オオ、オミゴト デス!1200gオーバー!
ヤッタ…!
スゴイデス!40cmハ オオキク コエテマス!

幼馴染「………」ピシュッ


611 : ◆M7hSLIKnTI :2013/12/17(火) 06:06:57 oDLyG4XY

幼馴染「………」シュッ

男「いい感じに使えています」

幼馴染「………」ツンツンツン

男「でも…幼馴染、そろそろ」

幼馴染「………」シュピッ

男「今回は幼友ちゃんにツキがあっただけです」

幼馴染「………」ツンツンツン

男「…もしくは、今日の俺の判断が悪かったかもしれません」

幼馴染「………」ピシュッ

男「昨日も言ったように、幼友ちゃんに釣り負けたからといって俺が変な気を起こすような事は…」

幼馴染「………」ツンツンツン

男「幼馴染…」

幼馴染「…次を、最後の一投にします」

男「…見守っています」


612 : ◆M7hSLIKnTI :2013/12/17(火) 06:09:20 oDLyG4XY

幼馴染「………」スーッ

男「…幼馴染」

幼馴染「……?」ピタッ

男「一緒に、言いましょう」

幼馴染「……男…」

男「振りかぶって、手首のスナップを意識して」

幼馴染「はい」

男「キャスト先をじっと睨んで」

幼馴染「はい」

男「その先にバスがいるとイメージして…!」

幼馴染「いきます…!」


男&幼馴染「てーーーい!!!」シュパァッ

.


615 : ◆M7hSLIKnTI :2013/12/17(火) 08:40:18 M2U/B3Kc

男「流して…待って…沈み始めてから、アクションを入れて」

幼馴染「ていていていっ」ツンツンツンッ

男「たまに止めて…」

幼馴染「………」ピタッ

男「ワンアクションだけ」

幼馴染「ていっ」ツンッ

男「……ん?」

幼馴染「…根掛かった……最後がこれですか…」シュン…

男「…いや」

幼馴染「?」

男「アワセろ!幼馴染っ!」

幼馴染「て、てーーいっ!!」ビシィッ


617 : ◆M7hSLIKnTI :2013/12/17(火) 09:14:06 XGhrOrDk

幼馴染「う…わ…!?ドラグが…!」ジィーーーーッ

男「やっぱり…!この食い方はデカイです!」

幼馴染「すごく重い…!けど、あまり暴れません…ナマズ…!?」グググッ

男「いや、頭を振っています…」

幼馴染「エラ洗いしません…!」

男「本当に大きなサイズのバスはエラ洗いが少ないものです」

幼馴染「…水面に出ます!」ドバァッ

男「大きい…!」

幼友「どうしたの…!?うわ、デカいっ!」

男「大事に…時間をかけて!」

幼馴染「これを釣ったら…男が褒めてくれる…!」

幼友「幼馴染ちゃん…」


618 : ◆M7hSLIKnTI :2013/12/17(火) 09:14:41 XGhrOrDk

幼馴染「あ…だめ…!暴れます…!」ダババッ

男「…がんば」
幼友「頑張れ!幼馴染ちゃん!男さんの彼女なら、釣れるよっ!絶対、釣れるからっ!!」

幼馴染「幼友…」

幼友「タモ、すたんばーい!!」シャキーーーン

男「いい感じです、魚が横になりかけています!」

幼友「あとちょっとー!いけーっ!」



幼馴染「……てーーーいっ!!」



.


624 : ◆M7hSLIKnTI :2013/12/17(火) 11:40:01 MWBKt9y6
すんません、今作内で表記してませんでした
一応この話の舞台は有料の管理釣り場という設定で、淡水編の>>265、>>267あたりで書いてます
違法放流は、ダメ絶対


626 : ◆M7hSLIKnTI :2013/12/17(火) 12:41:35 1.kZyjug

…帰り道


幼友「男さん、運転に疲れたら交代しますからね?」

男「ありがとうございます、今のところ大丈夫」

幼馴染「………」

幼友「幼馴染ちゃん、元気出しなよ…」

男「…最後のファイト、本当に惜しかったです」

幼馴染「悔しいです…まさかキャッチ寸前でまた暴れだすとは」

幼友「もう完全にとったと思ったんだけどなー」

男「たぶん50cmオーバー、重さは2000g超えだったと思います」

幼馴染「ううう…」グスッ

幼友「手がすっぽり入りそうな口してたもんねー」


627 : ◆M7hSLIKnTI :2013/12/17(火) 12:42:41 1.kZyjug

男「…でも、釣らなくて良かったのかもしれません」

幼馴染「…え」

男「初めてのバス釣りで、釣って良いサイズじゃありません」

幼友「そんな意地悪言っちゃだめですよう」

男「意地悪で言うんじゃないです。ランカークラスは長年狙って、憧れて…その末に手にする事に価値があるものです」

幼馴染「ランカークラス…」

男「最初の釣行からそれを果たしてしまったら、その後の目標を見失ってしまいます」

幼友「うーん、解らなくもない」

男「かくいう俺も、初めてのランカーサイズはバス釣り三年目にしてようやく手にしました。それはもう嬉しかったです」

幼馴染「…男でも、三年かかったのですか」

男「最初はなかなか40cmを超えない、次は45cmに壁があり、その後の5cmの壁はとてつもなく高い…48cmは出るのに、どうしても50cmを超えませんでした」


628 : ◆M7hSLIKnTI :2013/12/17(火) 12:44:01 1.kZyjug

男「他の釣りでも同じです。シーバスの80cmオーバー、更には90cm、100cm…俺もまだメーターは超えられていません」

幼友「メーターって、すごい話ですよね」

男「マダイの80cm、チヌの60cm、アイナメの60cm、ヘラブナの尺七、岸からの一円玉メバル、渓流の尺半、イシダイなどもサンバソウではなくクチジロやクチグロサイズ…憧れを挙げればキリがありません」

幼馴染「…先は長いのですね」

男「おそらく一生かかっても、まだ見ぬ大物はたくさん残す事になるでしょう。…幸せな事です」

幼友「いい趣味ですよねー、釣り」

男「バス釣りの後で言うのもなんですが、誰かが殺した生き物を食べる事しか無い昨今、釣りは自らの手で相手の命と駆け引きをする数少ない機会だと思います」

幼馴染「魚は美味しいです」


629 : ◆M7hSLIKnTI :2013/12/17(火) 12:48:27 faIY2DlE

男「…そんな趣味を気の置けない仲間と共に楽しめる、俺は幸せ者の極みです」

幼友(…仲間…か)

幼馴染「次はいつ釣行に臨みますか」

男「こんな遠出はなかなかできませんが、近場の釣りならいつでも。…最近は二人の掛け声が聞こえない釣り場を寂しく感じるようになってきました」

幼馴染「てーい」

幼友「とーう」

男「また、すぐに誘います。都合があえば来て下さい」

幼友「…男さんが寂しがったらいけないもんね」

幼馴染「仕方ないから付き合います」


(おしまい)


630 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/17(火) 12:52:20 R62HAbEY
乙てーい!


631 : ◆M7hSLIKnTI :2013/12/17(火) 12:52:36 1TYXCNqA
しつこいようですが、この話は管理釣り場でのバス釣りを題材に書いたつもりです。
遊漁が認められた管理釣り場以外ではブラックバスなど外来魚の放流やリリースは違法なので絶対にしないで下さい。


634 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/17(火) 13:42:18 7F2P2ktI
乙! これはブラックバス編が終わりってことでこの話が完結編ではないよな!?


635 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/17(火) 13:48:10 HKG6t6ak
乙でした。楽しかったです。
また書いて下さい。


636 : ◆M7hSLIKnTI :2013/12/17(火) 20:16:41 VFhbE/JM
あざっす
このスレはこれからもゆったり続けます
短い魚種別のオムニバス形式とか、三人の日常とかをまったりと
…いつか、そんなやり方で2スレ目とかいったら怒られるだろうか

続きの記事 男「釣りロマンを求めて」幼馴染「仕方ないから付き合います」閑話その1