10年越しで幼馴染みに告白された話する
Part3


45 ::2014/07/25(金)22:51:41 ID:dFImTkAmH
高2になって、俺はようやくN子の身長を追い越した。当時、確か170cmちょっと
くらいだったと思う。
俺よりもN子の方が余程嬉しそうで、「これでちょっと踵のある靴も履けるね」
って喜んでた。それまで自分の方が背が高いのをとても気にしていて、いつも
ぺったんこの靴しか履いてなかったから。俺は、「おう、ハイヒールでも何でも履け」
って答えてやった。たぶん身長差は数ミリ程度しかなかったと思うけどwww

46 ::2014/07/25(金)22:53:26 ID:dFImTkAmH
6月末頃、例の6人で蛍を見に行くことになった。というのも、K本の家が有名な
蛍狩りスポットの近所で、K本の兄が車で迎えに来てくれる事になったからだ。
夕方の6時半くらいに俺を含めた5人が集まり、K本兄の車に乗って現地に着いた
のは7時過ぎくらい。ちょうどこれから薄暗くなってくる時間帯だ。K本とK本妹が
既に自転車で来ていた。
蛍狩りの場所は遊歩道の整備された川原で、駐車場からは10分ほど歩いてそこに
向かう。道中、街灯の類いにはすべて赤い袋が被せられていて、これは光で求愛
行動をする蛍の繁殖を邪魔しないようにするためだとK本が説明してくれた。
ま、説明してる相手は俺じゃなくてT崎なんだけどねwww
ちなみにY田だが、K本妹には求愛行動をしなかった。成長したなY田。

47 ::2014/07/25(金)22:55:42 ID:dFImTkAmH
正直言うと、俺は蛍にはあんまり興味がなかった。そんなもん、家の近くの川でも
見られたから。ちょっと光るだけで、ただの昆虫じゃん。そう思ってた。でも結果は、
俺が間違ってた。
赤い光が遊歩道をほんのりと照らしている川原の、細い水の流れの向こう岸に、
無数の光が舞っていた。こちら側の岸の丈高い草の上にも。近所の川の蛍なんて、
もう比較にもならない。
光の正体が昆虫だと分かっていてもなお、それはとても幻想的で、俺はもうただ
呆然と周囲を漂う光を眺めてた。N子と繋いでいた手に思わず力が入って、N子も
強く握り返してきた。
N子「きれいだね」
俺「うん、凄いキレイだ」
N子「また二人だけで来たいね」
俺「ん、そうだな。また来よう」
この会話の周囲では、K本とY田が蛍を捕まえようとしてY美とK本妹に怒られている。
お前ら静かにしろよ、他にも大勢人がいるんだからwww
あとで知ったんだが、実はこの後、K本とT崎が付き合い始めたそうだ。やっぱり
無口なイケメンよりも話の面白いやつの方がモテるらしい。

48 :名無しさん@おーぷん :2014/07/25(金)22:55:59 ID:z6CQhusHX
ちょこそんなに硬いのかよw

49 ::2014/07/25(金)22:59:17 ID:dFImTkAmH
>>48
そりゃもう、全力で叩いてようやく砕けた感じでしたwww
高2の夏休み。この夏にも6人で祭の花火や海に行ったりBBQをしたりしたんだけど、
そんなもんよりもっと重大なイベントが起きた。N子の家に誘われたんだ。
N子「明日か明後日、うちに来ない?」
二人で遊びに出掛けた帰り際。突然のことで、それはもうびっくりした。呆けた顔で
N子を見て、「え?」とか言っちゃった。これってそーゆーフラグだよね?
N子は、自分の提案が俺に与えた影響に気づいたようで、焦って顔を赤くして、
N子「えと、そうじゃなくて、私いま練習してる料理があって、それで家でお昼ご飯
味見してくれたら嬉しいかなって、それに平日は夕方までお母さん仕事でいないs」
そこまで言って、しまった、というふうに俯いて、さらに顔を赤くして、黙って
しまった。これって絶対そーゆーフラグだよね?www
俺は、可能な限り平静を装って、じゃあ明日の昼前に行くよ、N子の料理楽しみだな、
という意味合いの奇妙な呪文をゴニョゴニョと唱え、バス停でN子を見送ると、速攻
自転車でドラッグストアに向かった。言うまでもなく、当然ながら、ゴム購入のためだwwwwww
人生初のゴム購入には、入店から精算まで約2時間を要したwww
家に帰ると、これまた当然ながら、装着の練習。一発で決まった。もちろんそのまま抜いたwww

50 ::2014/07/25(金)23:00:55 ID:dFImTkAmH
翌日、事前の打ち合わせ通り、いつもの公園に自転車を停め、N子に連絡してから
歩いて家まで向かうと、半開きの玄関からN子が辺りの様子を窺っていた。いやN子、
それは怪しすぎるぞ。
俺に気付いたN子が手招き。ダッシュで玄関に滑り込む俺。俺の行動も十分に怪しいwwwwww
N子「あー。ドキドキしたぁ」
俺「俺も。近所の人とか、大丈夫だったかな?」
N子「昼間はだいたい皆出掛けてるし、大丈夫じゃないかな」
リビングに案内され、料理の仕上げをするから待っててとN子はキッチンへ。
しばらく待ってN子が運んできた料理は、鶏肉のクリームシチューと魚のフライ、
それにサラダとご飯というメニューだった。
シチューは市販のルーを使わずに作ってあるそうで、これが「いま練習してる料理」
だったらしい。お世辞抜きで旨かった。食べ終わって、
俺「ごちそうさま。全部美味しかったよ。お店で食べる料理みたいだった」
N子「本当に?ありがとう。お粗末さまでした」
片付けを手伝おうとしたが拒否され、ソファーに座ってテレビを見させられていると、
15分ほどでN子が戻ってきた。
N子「片付け終わったけど、これから何しようか?」
何しようかって・・・そりゃもうあなた、えっちなことでしょwww
そうは思っても口には出せず、いろいろ考えて、
俺「んー。N子の部屋が見てみたいかな」
N子「えー、散らかってるからやだなぁ」
そう言いながらも案内してくれた2階の部屋は、俺基準で言えば完璧に片付いていて、
N子と同じいい匂いがしていた。

51 ::2014/07/25(金)23:02:26 ID:dFImTkAmH
部屋にあるのは、ベッドと勉強机、それに小さなローテーブルとクッション。
N子が「適当に座って」と言うので、思いきってベッドに腰掛けた。N子は、
何も言わずに俺の隣にすとん、と座って、密着。顔が赤い。
肩に腕を回してキスをする。舌を絡ませながら、空いている方の手をN子の胸に。
抵抗はない。そのままゆっくりベッドに横たわらせ、キスは続けながら、服の
上から胸を触る。柔らかい。最高。
ここまできてまだ拒否されてない、これはいけると確信した俺は、ポケットの中の
ゴムを確認し、今度は直接N子のおっぱいを触るべく、服の裾から手を差し入れた。
すべすべのお腹を通ってブラの上へ移動し、何回か失敗したあと、ついにブラの
中に手を滑り込ませる。暖かくて、しっとりしてて、柔らかい。他に例えようのない
感触。おっぱいを手で包み込むようにすると、指に少し違う感触が当たる。
その瞬間、N子は体を強張らせて、服の上から俺の手を押さえ、
N子「ごめん、いちくん。やっぱり私まだ怖いよ」
いまにも泣き出しそうな顔のN子。それまでの緊張と興奮が一気に解け、がっかりと
ホッとした気持ちが半分づつくらいの不思議な心境でN子を見つめ、
俺「怖がらせてごめん。N子の準備ができるまで待つよ」
そして、できるだけ優しく抱き締めた。

54 ::2014/07/25(金)23:06:42 ID:dFImTkAmH
その後、もう当分こんなチャンスはないだろうと思っていたけど、数日後に
N子から、「練習したい」という提案があった。
要はいきなり最後までだと怖いから、少しづつ進めて慣れていきたいって事
らしいけど、俺、そこまで我慢できるだろうか?wwwwww
N子のお母さんは、平日と時々土曜日は仕事で、帰りは夕方6時か7時くらい。
俺の両親は一緒に店を経営しているので、火曜日以外は基本的に夜まで家にいない。
共に兄や姉はいるが、やや年が離れているのでもう独立してる。
つまり俺たちは、いつでもどちらかの家で二人っきりになれるってわけだ。
そこで、週に1、2回どちらかの家に行って「練習」することになった。
最初は、服を着たまま添い寝するだけ。次は下着姿で。それで少し慣れてきたら
お互いにあちこち触りあったり。初めてN子が俺の臨戦態勢のちん●んを触った
時には、「え?こんなに大きいの?」ってまた少し泣きそうになってた。
なんかちょっとだけ嬉しかった。ごく普通のサイズなんだけど。
そして最後は裸で。下着で抱き合ってるときも気持ちよかったけど、全裸同士は
ヤバかった。練習前には予め2回ほど抜いておく必要があったwww

55 ::2014/07/25(金)23:09:00 ID:dFImTkAmH
で、ついに童貞とさよならしたのは11月頃のこと。3ヶ月くらいかかった。
その間、練習は20回ほど続いた。
N子「もう大丈夫だから、いいよ。今まで我慢してくれて、ありがとう」
その言葉で俺のなけなしの理性は吹っ飛び、N子に襲いかかったwww
ことが済んだあと、「痛かった?」って聞いたら、「今もまだ痛いよ」って
言われて思わず謝って、
N子「いちくんは?どうだった?」
俺「・・・気持ちよかった」
N子「ズルい」
分かってて聞いてるだろwwwでもまた謝ったwwwwww
それからはもう、ほぼ毎週してた。覚えたてだからね、仕方ないねwww
翌日、月曜日の朝。学校に行って教室に入ろうとすると、廊下でY美に出会った。
普通に挨拶しようとすると、俺に気付いたY美は急に頬を赤らめ、そっぽを向いて
早足で歩き去ってしまった。
あー、あの反応は絶対に何があったか知ってるなwwwまた筒抜けかwwwwww

56 :名無しさん@おーぷん :2014/07/25(金)23:09:13 ID:7ZNBXsNSa
俺もいるぞ〜

57 ::2014/07/25(金)23:11:43 ID:dFImTkAmH
>>56
ありがとうー
ところでこの年の12月、クリスマスを待たずしてK本とT崎が別れた。何があった
のか詳しくは知らないが、大喧嘩してK本がフラれた形だったようだ。N子情報に
よれば、「思ってたのと違った」ってことらしい。
Y美は、俺とN子がケンカしたときみたいに仲裁に入らなかったんだろうか?
ちょっと疑問に思って直接聞いてみたら、
Y美「へ?なんであたしがそんな事に首突っ込まなきゃいけないのよ」
・・・え?俺とN子の事には首突っ込みまくってるのに?
ともあれ、このことでK本とT崎の関係が気まずくなってしまったので、これ以降、
6人で集まってどこかへ行くという事はなくなった。

58 ::2014/07/25(金)23:13:14 ID:dFImTkAmH
翌年、高2のバレンタイン。今回はN子から手作りのトリュフチョコを貰った。
普通の大きさで、すごく美味しかった。いや、去年のも味は良かったんだけどwww
さらに今回はなんと、Y美からも手作りチョコを貰った。全く同じトリュフだった。
おそらく一緒に作ったんだろう。いや、下手をすると全部N子が・・・
何にせよ目的は明らかだと思ったので、ホワイトデーには去年と同じタルトを
二人に送った。Y美にはマンゴー増量でwww

59 ::2014/07/25(金)23:14:16 ID:dFImTkAmH
高3になり、高校卒業後の進路について考える時期が来た。俺とY田は大学への
進学を希望、K本は初級地方公務員を目指すらしい。N子とT崎は、そもそも今の
学科が5年制だから今年は受験はない。
Y美は、「短大くらいには行っとこうかなー」と、至って気楽なもんだったwww
N子との会話でも、当然その話題は出てくる。
N子「大学って、どこに行くの?」
俺「まだそこまで具体的には考えてないけど、◯◯大あたりに入れたらいいな」
N子「◯◯大かぁ。遠くなっちゃうね」
俺「まだ、どうなるか分からないけどな」
そうは言うものの田舎なので、実家から通える距離には4年制大学なんて一つもない。
最短でも電車で2時間はかかる距離だ。進学するとなれば、遠距離になるのは避けられない。
俺「大丈夫、そんな遠くの大学には行かないよ。その気になれば週末には会いに帰って来れるだろ」
N子「うん・・・ありがと」
それでも不安そうな声。俺は何とかしてN子を元気付けようとしたが、巧くはいかなかった。

60 ::2014/07/25(金)23:16:49 ID:dFImTkAmH
それからのN子は、遠距離になると辛いとか、寂しいとか、会えないのは嫌だとか、
そんなことをよく口にするようになって、俺も宥めきれずケンカに発展することが増えた。
お互いに意地を張ってしまって仲直りできないときには、Y美に諭されて謝り、例の
公園で会って話す。そんなことが月に2、3回はあった。
N子が遠距離恋愛に不安を抱いているのはよく分かってるし、俺だってできれば
N子の近くにいたい。
K本のように地元で就職することも考えてはみたが、N子とのことを含めて将来を
考えると、仕事のためにも大卒の肩書きはやはり必要だと思う。それに、両親も
俺の進学を期待してくれている。
そう考えて、改めて進路を大学への進学に決め、それでもN子との関係のことも
考慮に入れて、志望校は県内と隣県に絞ることにした。
これなら、実家までの距離は最長でも3時間以内だ。N子も賛成してくれるだろう。
俺「県内か、隣県の大学を目指すことに決めた。会いたくなったらすぐ帰って来れるから、大丈夫だよ」
N子「うん。・・・でもやっぱり、遠いよ。寂しいよ」
またか。ちょっとくらい我慢して、俺の受験を応援してくれよ。俺は、良かれと思って
した決断にケチをつけられた気がして、ちょっと不機嫌になる。
俺「仕方ないだろ。これでもN子のために一番近いところを選んだんだから、もう
ちょっと喜んでくれてもいいじゃん」
N子「・・・・・・ごめん」
また気まずくなった。

61 ::2014/07/25(金)23:19:34 ID:dFImTkAmH
その日の夜、N子から電話がかかってきた。暗い声で「もしもし」と言ったあと、
無言。痺れを切らした俺は「どうした?何か用?」と尋ねる。
N子「用がないと、電話しちゃダメなの?」
俺「そんなこと言ってないよ」
双方、不機嫌な声。またケンカに発展しそうな感じ。N子は大きく息を吐いて、
N子「もう・・・別れよう」
聞いたとたん、血の気が引いていく感じがした。これまで何度もケンカはして
きたけど、どちらからもこの一言が出たことはなかった。「なんで」と聞くが、
声も掠れてまともに出ない。
N子「最近、ケンカばっかりしてるし、いちくんは遠くに行っちゃうし、気持ちは
分からないし、このままじゃ、嫌いになっちゃいそうだから」
嫌いになりそう、ってことはまだ嫌いじゃないんだろ?なのに、なんで別れなきゃ
いけないんだ?

62 ::2014/07/25(金)23:20:52 ID:dFImTkAmH
俺「俺はN子のこと大好きだよ。別れるなんて言うなよ」
N子「私も、いちくんが大好きだよ。だから、嫌いになって別れたくないの。
でもこのままじゃ、いつかそうなっちゃうから」
この辺はもう涙声だったが、言ってることがよく分からない。お互いに好きなら、
別れる必要なんてないじゃん。
俺「待ってくれよ、俺はN子と別れたくないよ。嫌だよ、何でだよ」
でも俺が何を言ってもN子の決意を変えることはできず、
N子「ごめんね、いちくん、・・・じゃあね。受験頑張って」
そう告げて通話が切れた。
しばらく呆然としてた俺だが、我に帰って電話をかけ直す。しかし、出てくれない。
その後、何度やっても電話が繋がることはなかった。泣いた。

63 ::2014/07/25(金)23:22:20 ID:dFImTkAmH
翌日、学校でY美に捕まった。当然筒抜けだよなwww
Y美「なにやってんだよ1。このまま本当に別れちゃうつもりか?」
俺「そんなこと言ったって、N子の方がそういうつもりなんだからしょうがないだろ」
Y美は溜め息をついて、
Y美「そうじゃなくて!1はどう思ってるんだって話だよ」
俺「どう思うって・・・そりゃ別れたくなんかないよ」
Y美「N子に1の気持ちは伝えたのか?」
俺「好きだから別れたくない、とは言った。でも・・・」
ここでY美はちょっと笑って、「ニブイなぁ」と言って、
Y美「N子は、1が大学に行って遠距離になるのが嫌なんだよ?寂しいんだよ。
1の側にいたいんだよ。お前はどうなんだ?」
俺「そりゃ俺だって嫌だよ。N子の近くにいたいよ。だけど」
Y美「それをN子に伝えたのか、って言ってんの!」
Y美曰く、N子は、遠距離になることについて度々自分の気持ちを伝えてきたのに、
俺の方は寂しいとも何とも言わなかったので、会えなくて辛いと思ってるのは自分
だけなんじゃないか?ひょっとしたら、自分が相手(俺)のことを一方的に好きな
だけなんじゃないのか、と思い詰めてしまったらしい。
Y美「N子はね、今みたいに毎日会えなくなることについて、1にも自分と同じ
ように寂しいって言って欲しかったんだよ」
俺「俺も、寂しいとは思ってるよ」
Y美「思ってるだけじゃ、ダメなの。ちゃんと、言葉で言わなきゃ伝わらないの。分かる?」
俺「・・・分かった。俺が悪かったよ」
Y美「だからあたしに謝ったって意味ないし。今日は駅じゃ会わない方がいいよ。
今晩、例の公園ででもゆっくり話しなよ。あたしからも連絡しといたげるから」
俺「うん・・・いっつも悪いな」
Y美「気にすんな。別にあんたの為にしてるんじゃないからw」
はい。N子の為ですよね。分かりますwww

64 ::2014/07/25(金)23:23:21 ID:dFImTkAmH
その夜、N子は例の公園に来てくれて、俺は言われた通り自分の気持ちをちゃんと伝えて、
謝って、N子も泣いて謝って、そして俺たちは無事仲直りした。
N子「大学、行っちゃっても時々は会える?」
俺「連休には絶対帰ってくる。週末も。3時間待ってくれたら、この公園にだっていつでも来るよ」
N子「うん、ありがとう。私、ちょっとくらい会えなくても我慢する。がんばるよ」
俺「俺もだ。一緒に頑張ろう」
まぁ、大学に行ってからの心配の前に、まずは大学に行けるかどうかの心配をしなきゃ
いけないんだけどねwwwwww

65 ::2014/07/25(金)23:25:33 ID:dFImTkAmH
途中はすっ飛ばして、受験の結果。結局第一志望には不合格、第二志望の隣県の
大学に何とか引っ掛かり、ここへ進学することに決めた。
実家から大学までは、JRと私鉄を乗り継いで約2時間半。合格の報告をすると、
N子は素直におめでとう、と言って喜んでくれた。
ちなみにY美は県内の女子短大へ。しかし一人暮らしは反対されて、電車で1時間
かけて通学することになったらしい。「これじゃあ進学した意味がない」って
言ってた。なんのために進学したんだよ?www

TOP お問い合わせ