2chまとめサイトモバイル

2chまとめサイトモバイル 掲示板
出会う感情の名は、
[8] -25 -50 

1: 1 ◆b.qRGRPvDc:2011/10/16(日) 19:19:06 ID:f4A63ChN1o
男「あれ?何してたんだっけ?…なんで此処に居たんだっけ?」

住宅街の路地にポツリと立つ青年。見たところ、学生のようだ。

辺りを見渡しても、まるで自分以外の人間が魔法にでも掛けられたかのように姿を見せない。

灰色に染まった空は雨を降らせてパタパタと音を立てながらアスファルトを濡らしていく。

男「うわ!財布の中身散乱してるし!お札が濡れる!」

散乱しているお金を慌てて掻き集め、乱暴に財布に押し込んだ。


2: 名無しさん@読者の声:2011/10/16(日) 19:21:06 ID:ipJaufw0BE
2げと
3:
◆b.qRGRPvDc:2011/10/16(日) 19:21:12 ID:f4A63ChN1o
初SSです。

スローペースな更新になるかもしれませんが、最後まで頑張るので見守ってやって下さると嬉しいです。
4: 名無しさん@読者の声:2011/10/16(日) 19:22:27 ID:YjnNasUwp2
>>2
おめでとうございます!


男「伯母さーん、居ないの?おーい」

男「…応答なし、か」

人気のない路地に無機質なインターホンの音だけが響く。五度程繰り返されて、その音は止んだ。

男「帰ろう…多分帰ろうとしてたんだろうし」

男「ボケるにはまだ早すぎるだろうに、自分が何をしようとしてたか全く思い出せん。どうしたものか……ん?」

暫く歩いて男の足は止まった。

男(――人…?)
5:
◆b.qRGRPvDc:2011/10/16(日) 19:24:39 ID:f4A63ChN1o
少し先に人影が見えた。

ボサボサな黒い髪に白いシャツ、黒いズボン。電柱に寄りかかり、うなだれるような姿勢で座り込んでいる。

一見男性の様な装いのその人物は、近づくにつれて小さく子供のように見えた。

男(こ、これはまさか…!)

男(ショタっ子というやつか!!)

新境地へ足を踏み入れようとする青年の足取りは軽いものだった。
その軽快なステップはすぐ先に居る人物の耳へと容易く届いた。

?「…?」

男「あ、れ?…おにゃのこ?」

?「!!」
6:
◆b.qRGRPvDc:2011/10/16(日) 19:25:56 ID:YjnNasUwp2
少年だと思っていたその人物は、男の子と呼ぶには愛らしく、何処か丸みをおびていた。

少女は顔を上げて青年の顔を見るなり目を見開いて驚愕した。目元まで伸びた前髪がはらりと乱れ、大きな黒目がちの瞳がゆらゆらと揺れる。

少女「なん、で…」

男「へ?」

やがてその表情はくしゃりと歪み、悲しみに濡れた。

男「あ、あのー…?」

少女「……」

男「どうかしました?俺の顔に何かついてます?」

少女「…っ……いや、何でもない、…ですよ」

男(もしかしてフラグが立ったか?しかもよく見たら可愛えええええ!)

男(危うく秘密の花園…いや、秘密の菊門に足を踏み入れかけたなんて口が裂けても言えん!)
7:
◆b.qRGRPvDc:2011/10/16(日) 19:30:26 ID:YjnNasUwp2
青年は自分の邪念を振り払うように首を左右に振ると、コホンと咳払いをしてみせた。

男「こんなところで何をしてるんですか?何かあったんですか?」

腰を屈めて少女の顔を覗き込みながら首を傾げた。それが、青年の精一杯の紳士たる態度であった。

少女「……人を、」

男「ん?」

少女「…人を待ってる、ですよ」

言い終えると少女は青年から視線を外した。

男「人って、友達か何かかな。だったら携帯で連絡取ってみたらどうですか?」

男「ほら、雨降ってるし、あなたびしょ濡れですよ?」

少女「……」

男「風邪、引きますよ」

少女「……」

男「えっと…」

少女「……」

男「あの〜…聞いてます…?」

少女「……」

男(会話が続かん…!ヘルプ!誰かヘルプ!)

二人の間に沈黙が流れる。人気のない路地には雨の音だけ。
8:
◆b.qRGRPvDc:2011/10/16(日) 19:42:23 ID:f4A63ChN1o
青年はその場を立ち去ろうとしたが、足が動かなかった。少女が気に掛かって仕方なかったのだ。

初めて会ったばかりのこの少女が何となく気になった。単なる好奇心からか、少女を哀れんでなのかは分からないが、放っては行けなかった。

雨に濡れたシャツが肌色を映していても不思議と昂ぶるものは感じていない。青年にそういう趣味がない、というのではなく、ただ傍に居てやりたいような気分だった。

青年には“これ”が何なのか、全く検討もつかなかった。
9: ◆b.qRGRPvDc:2011/10/16(日) 19:43:56 ID:f4A63ChN1o
今日の更新は此処までとさせて頂きます。

初SS、頑張るぞー!
10: 名無しさん@読者の声:2011/10/16(日) 19:56:43 ID:.yw9LayCwY
頑張れ!
紫煙
11:
◆b.qRGRPvDc:2011/10/17(月) 14:17:37 ID:TSKjRXSWvs
>>10
支援ありがとうございます!
嬉しいです(´;ω;`)
12: 名無しさん@読者の声:2011/10/17(月) 16:50:58 ID:rPlSdEWnTI
支援だ!
支援だ支援だ!
13:
◆b.qRGRPvDc:2011/10/17(月) 17:51:47 ID:/e/5EDbjfE
>>12
うわあああありがとうございます(´;ω;`)


男「あー、その人、いつ来るんですか?待ち合わせ?」

少女「……」

男「お友達とか?」

少女「違う!…ます」

少女は顔を上げたが、またすぐに下を向いた。膝を抱えて俯く少女の頬は僅かに紅潮しているように見えた。

少女「大切…大切な…人」

男「大切な人?」

少女「うん。」

慌てて「はい」と言い直す少女を見て、青年は思わず口元が緩んだ。喉をクックッと鳴らしながら少女に言った。

男「苦手なら使わなくていいですよ、敬語」

ありがとう、と小さな声で言った少女の頬は紅潮していた。青年は満足気に「いいえ」と返して少女の頭をくしゃりと撫でた。
14:
◆b.qRGRPvDc:2011/10/17(月) 18:01:58 ID:/e/5EDbjfE
五階建てのワンルームマンションの一室に二人は居た。エレベーターも付いておらず外観こそ所々にひび割れが生じて古いものの、部屋の内装は綺麗なものだ。

六畳程のそう広くはない部屋に家具というものは殆どない。テレビの代わりにデスクトップのパソコンが一台と小さなテーブル、ぽつんと寂しくベッドが置かれていた。

少女「ただいま」

男「それを言うなら“おじゃまします”でしょうに。クレ●ンし●ちゃんもビックリだよ」

少女「クレ…何?」

男「おい、おい、マジかよ、おい!」
15:
◆b.qRGRPvDc:2011/10/17(月) 18:04:08 ID:2I5OaXgH26
男「とりあえず、ちょっと待ってて下さいね」

青年は小走りに部屋の奥に入って行くと、再び少女の元に戻った。その手には青年の物と思われる部屋着が握られている。

男「そのままじゃ風邪引きますから。俺のだから大きいかもしれないけど着替えです。あっちが風呂場なんで寒かったらシャワー浴びて下さい」

少女「ありがと」

少女がドアの向こうに消えて青年はふと我に帰った。

男「……ちょっと待て。これ何てエロゲ?セクロスフラグびんびんじゃねぇか!」

そうは思えどやはり昂ぶるものはなく、折角の機会をと小さな自分自身に小さく舌打ちをした。

男(さて、連れて来たはいいものの…名前も分からないしなぁ…)
16:
◆b.qRGRPvDc:2011/10/17(月) 18:11:17 ID:2I5OaXgH26
誰を待っているかという質問にも、貴方は誰かという質問にも少女は答えなかった。このご時世に携帯電話も持っておらず、待ち人の連絡先も知らないのだと少女は言った。

いつから待っていたのかという質問にも、首を傾げるだけ。ただ、一つの質問にははっきりと答えた。


男『その人、貴方が待ってる事は知ってるんですか?』

少女『……』

男『はぁ…本当に来るんですか、その人は』

少女『来るよ!今はまだ気付いていないかもしれないけれど、必ず来る』

男『気付いていない…?』

少女『……』
17:
◆b.qRGRPvDc:2011/10/17(月) 18:14:38 ID:/e/5EDbjfE
このままでは埒が空かないと、青年は雨が止むまで家に来ないかと提案した。
幸い青年の住むマンションは二人の居る場所の目と鼻の先。ベランダからは丁度この場所を見る事が出来た。

少女は迷う素振りを見せたが、苛立ちを覚えた青年は少女の手を取り歩き出した。
18:
◆b.qRGRPvDc:2011/10/17(月) 18:18:59 ID:/e/5EDbjfE
男『いつ来るかも分からない奴の為に風邪引くんですか、あんたは!』

男『俺は男と言います。これでもう知らない奴じゃないでしょう?』

男『大体こんな所で女の子1人でずっと待たせるなんてその人は何やってんだか!』

男『連絡先も教えずに待たせるなんて!』

信じられない、などとぶつぶつと言いながら歩く青年に手を引かれながら、呆気にとられていた少女も目を細めて笑った。

少女『……おせっかい』

少女の擦れた声は、青年の耳には届いていなかった。
19:
◆b.qRGRPvDc:2011/10/17(月) 18:20:30 ID:2I5OaXgH26
短いですが一先ず此処までの更新とさせて頂きます。

支援して下さった方、本当に感謝感謝です(´;ω;`)
20:
◆b.qRGRPvDc:2011/10/18(火) 01:17:56 ID:2I5OaXgH26
男「遅い!」

胡坐をかいている青年の眉間には深々と皺が刻まれている。シャワーを浴びればいいと提案したものの、一向に少女が風呂場から出て来ないのだ。

よく女性は風呂が長いとは聞くが、これ程までとは予想だにしていなかった。

男「あの〜…」

ドアの向こうに居るであろう少女に声を掛けてみる。返事はない。

男「な、何かありました?」

やはり返事はない。耳を澄ましてみても、シャワーの音どころか物音一つ聞こえない。
21:
◆b.qRGRPvDc:2011/10/18(火) 01:29:06 ID:/e/5EDbjfE
男「まさか、風呂場で倒れてたり……だだだだ大丈夫です、くぁっ!?」

勢いよく開けた先、脱衣場に少女の姿はあった。青年が渡した部屋着の袖部分に頭を突っ込んで藻掻いている。

青年は慌てて少女に背を向け、脱衣場を後にした。

男「ごめんあさいでしたあくぁwせdrftgyふじこlp」

少女「男、男、」

男「は!?はひひいいぃい!」

少女「タスケテ」

男「フヒ?」

少女「頭、出せない」

男「……」

青年は無言で振り返った。袖に頭を通そうと藻掻く少女の姿は何とも滑稽で、色気というものは皆無だった。
241.54 KBytes

名前:
sage:


[1] 1- [2] [3]最10

[4]最25 [5]最50 [6]最75

[*]前20 [0]戻る [#]次20

うpろだ
スレ機能】【顔文字






information
QRコード
友達に教える
お問い合わせ
TOP

(C)2009 llike.net/2ch/