2chまとめサイトモバイル

2chまとめサイトモバイル 掲示板
出会う感情の名は、
[8] -25 -50 

1: 1 ◆b.qRGRPvDc:2011/10/16(日) 19:19:06 ID:f4A63ChN1o
男「あれ?何してたんだっけ?…なんで此処に居たんだっけ?」

住宅街の路地にポツリと立つ青年。見たところ、学生のようだ。

辺りを見渡しても、まるで自分以外の人間が魔法にでも掛けられたかのように姿を見せない。

灰色に染まった空は雨を降らせてパタパタと音を立てながらアスファルトを濡らしていく。

男「うわ!財布の中身散乱してるし!お札が濡れる!」

散乱しているお金を慌てて掻き集め、乱暴に財布に押し込んだ。


191:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/14(月) 21:44:54 ID:OdAcFveXkI



青年は風にはためくビニールに目をやった。


光を洩らす半透明の向こう側から、車が走る音が聞こえる。何処かで犬が鳴いている。

いつの間にか、魔法は解けてしまっていた。

男「…俺が送り届けられれば、」

ピクリと少女が顔を上げる。

男「めぐは、助かるのか…?」

少女「……」

少女を見つめる青年の目はまるで懇願する子供のように熱を帯びていた。

妄言などではない、真実を語る目をしていた。


192:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/14(月) 22:04:21 ID:S9pHaiYRfY
少女「消えずには済むんじゃない」

少女は視線を下に外すと、ぶっきらぼうに答えてみせた。

安堵の吐息が聞こえてくる。少女の前にはきっと、顔を綻ばせる青年の姿があるのだろう。

男「…天国、行けんのかな」

少女は舌打ちをして青年に向き直った。

少女「何を夢見ているのか知らないけれど、天国なんてものはないよ」

少女の胸がチクチクと痛む。自らが仕向けた事なのに、何故こんなにも胸が痛むのだろうか。


193:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/14(月) 22:32:43 ID:OdAcFveXkI

少女「君という魂は消滅して、また次の世の命となって生まれる」

男「生まれ変わる、か」

少女「随分と素直に受け入れるんだね」

男「ははっ、そうだな」

怪訝そうに見上げる少女を前に、青年は笑ってみせた。

男「思い出しちゃったもんはしょうがないよ。うん。俺、死んじゃったんだもんな」

少女「……」


194:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/14(月) 23:13:05 ID:S9pHaiYRfY

青年の顔から笑みが消えていく。
深い溜め息を吐いて伏せられた睫毛を揺らせた。

男「…下らない人生だった。いつ死んでもいいなんて思ってたけど、なんでこんなに辛いんだろうな」

少女「それは……知っているからでしょう?」

唇を噛み締める少女の手に力が込められた。ギュッと強く握られたワンピースの裾が皺を寄せる。

少女「君を思って、女性がずっと泣いているのが私には聞こえる。…その人の温もりを、君は知っているからでしょう?」


195:
◆b.qRGRPvDc:2011/11/15(火) 00:00:02 ID:OdAcFveXkI

男「伯母さん…ごめん……」

少女「聞こえる筈ないでしょ」

男「分かってるよ。霊子さんって本当にズバッと言うよね」

少女「いけないかい?」

悪びれる事もなく首を傾げる少女に苦笑気味に笑みを零した。

男「届かなくても伝えたかったんだよ」

「ふーん」と頷きながら少女は青年を見上げる。青年の視線はカーテンの向こう側に向けられていた。


241.54 KBytes

名前:
sage:


[1] 1- [2] [3]最10

[4]最25 [5]最50 [6]最75

[*]前20 [0]戻る [#]次20

うpろだ
スレ機能】【顔文字






information
QRコード
友達に教える
お問い合わせ
TOP

(C)2009 llike.net/2ch/