2chまとめサイトモバイル

男「釣りロマンを求めて」幼馴染「淡水の釣り編です」

前回の記事 男「釣りロマンを求めて」幼馴染「仕方ないから付き合います」
Part1
男「釣りロマンを求めて」幼馴染「仕方ないから付き合います」
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1378509317/
134 : ◆M7hSLIKnTI :2013/10/16(水) 15:55:50 zIwzHYDs



男「釣りロマンを求めて」幼馴染「淡水の釣り編です」


.


135 : ◆M7hSLIKnTI :2013/10/16(水) 15:56:22 zIwzHYDs

男「おはようございます」

幼馴染「今は四時どころか、まだ二時半です。感覚だけでなく完全に深夜と呼ばれる時間帯です」

男「釣り場に着く頃には朝マズメになります」

幼馴染「理屈は解りますが、若干キレそうです」

男「ご安心下さい、今回の車はリクライニングがききます」

幼馴染「それなら少しはマシですが、なぜ前の日から予告しないのでしょう」

男「昨夜ベッドの中でムラッときました」

幼馴染「それ、たぶん性的な意味じゃないですよね」

男「仰る通りです」

幼馴染「独りで行ってはどうでしょうか」

男「じゃあ、もういいです…」

幼馴染「ちょ、待てよ」


136 : ◆M7hSLIKnTI :2013/10/16(水) 15:57:08 zIwzHYDs

男「来るんですか」

幼馴染「だってぇー、男が寂しくて死んだらいけないしぃー?」

男「何キャラですか、俺はうさぎではありません」

幼馴染「とにかく部屋に女性を起こしにくるなら、もう少しやりようがあると思います」

男「この辺りではまだ夜這いの風習が残っているのですか」

幼馴染「ここはどこの辺境でしょうか」

男「何をすれば良いのでしょう」

幼馴染「寝起きの口づけでもされたら少しは目が覚めそうです」

男「どうせ車内で寝るだろうから、覚まさなくていいです」

幼馴染「怒りで目が覚めてきました」


137 : ◆M7hSLIKnTI :2013/10/16(水) 15:57:51 zIwzHYDs

男「では車に乗りましょう」

幼馴染「今回は軽トラではないのですね」

男「ハイラックスサーフを父親から無断で借りました」

幼馴染「これなら快適そうです」

ガチャ…バタン

男「では、出発します」

幼馴染「では、寝ます」

幼友「ひあうぃごー」

幼馴染「………」

幼友「おはよう、幼馴染ちゃん」


138 : ◆M7hSLIKnTI :2013/10/16(水) 15:58:28 zIwzHYDs

幼馴染「なぜ貴女がいるのですか」

幼友「釣りに誘われたから」

幼馴染「男が釣りに行きたくなったのは昨夜では」

幼友「だから深夜に電話があったんだよ」

幼馴染「どんな電話が?」

幼友「『ムラッときたから、これから家に行きます』って」

幼馴染「てーい!てーい!」

男「痛いです、やましい意味ではありません」

幼馴染「私には何の連絡もなく、深夜だというのに先に幼友を迎えに行く時点で万死に値します」

幼友「勘違いしないで、私も念のためシャワー浴びて無駄毛処理したけど、やましい気持ちなんてないよ」

幼馴染「貴様も死ぬか」


139 : ◆M7hSLIKnTI :2013/10/16(水) 15:59:01 zIwzHYDs

幼馴染「しかしこの時間から朝マズメを目指して出発という事は、相当遠いのでしょうか」

幼友「男さん、どこの海まで行くんですか?」

男「海ではありません、むしろ山です」

幼馴染「拉致られてるー!」

幼友「埋められるー!」

男「拉致りません、埋めません。まずは渓流の釣りをするつもりです」

幼馴染「もみじ狩りには少し早い気がします」

男「紅葉と釣りが両方楽しめるなら最高なのですが、渓流釣りには禁漁期があるので、ほとんどの河川では十月頃から釣る事はできなくなります」

幼馴染「今はもう十月ですが」

男「これから行く川では禁漁期は十月の半ばから。この週末がラストチャンスなのです」

幼馴染「それでムラムラきたのですか」

幼友「ヤリ納めですね」

男「釣り納めと言って下さい」


140 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/16(水) 18:25:55 qVRVge3M
淡水編来たか!!

期待支援!


141 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/16(水) 19:39:43 sRXggsMc
幼友はNTRばっちこいなのか


142 : ◆M7hSLIKnTI :2013/10/16(水) 20:15:32 G7SVr6j.

幼馴染「とりあえずまだまだ着きそうにないので、私は寝ます」

幼友「おやすみー」

男「幼友ちゃん、隣の足元にある小さいクーラーから眠気覚ましのコーヒー取って下さい」

幼友「はいはーい、開けて渡しますねー」

男「ありがとう、さすが気がききます」

幼友「私、ガム持ってます。コーヒー飲んだらあげますね」

男「助かります」

幼友「いいなー、幼馴染ちゃんはアクティブな彼氏がいて」

男「鬱陶しがられてばかりです」

幼友「私だったら、そんな事ないんだけどなぁ…?」

男「…ガム貰っていいですか?」

幼友「待ってて…粒ガムだから落とさないように、銀紙剥いて…はい、あーん」

男「あーん」

幼馴染「貴様らぁっ!何をイチャついとるかぁっ!」

幼友「幼馴染ちゃん、からかい甲斐あるわー」


143 : ◆M7hSLIKnTI :2013/10/16(水) 20:16:11 G7SVr6j.

男「渓流に着きました」

幼馴染「結局ぜんぜん寝られませんでした」

幼友「まだ薄暗いですねー」

男「色々と釣れると思いますが、狙うのはアマゴです」

幼馴染「アナゴ?」

幼友「タマゴ?」

男「アマゴです。ヤマメの近縁種で、パーマークと呼ばれる共通の模様の他に赤い斑点があるのが特徴の美しい魚です」

幼馴染「どうやって釣るのでしょう」

男「その前に、二人ともこれを身につけておいて下さい」

幼友「遊漁券?どこに着けたらいいですか」

男「胸か袖あたりの見やすい位置に。幼友ちゃんは誰もがすぐに胸に目をやると思うので、胸がいいでしょう」

幼馴染「その先は言うな」


147 : ◆M7hSLIKnTI :2013/10/18(金) 12:16:01 Gn0SDreU

男「仕掛けを作っている間にいい感じの薄明るさになってきました」

幼友「雰囲気ありますねー」

幼馴染「眠いです」

男「では竿をどうぞ、先端はすぐ折れるので大事に扱って下さい」

幼馴染「長っ」

男「二人には扱いやすい15尺を使ってもらいます」

幼馴染「エサは?」

男「その辺にいます」

幼友「はい?」

男「その辺、草むらの中です」

幼馴染「ご冗談を」

男「じゃあ最初は採ってきます」ガサガサ

幼友「え?ちょ、まじで?」

男「はい、バッタです。堅い脚はちぎってあります」

幼馴染&幼友「ぎゃあああああぁぁ!」


148 : ◆M7hSLIKnTI :2013/10/18(金) 12:24:26 Gn0SDreU

男「仕方ないからたくさん捕まえてきました。二匹目からは針づけする時に脚をもいで下さい」

幼馴染「無理」

幼友「のーせんきゅー」

男「秋は野の虫が最高のエサなのですが」

幼馴染「違うの希望」

幼友「みーとぅー」

男「…仕方ありません、こちらをお使い下さい」

幼馴染「段ボールの切れ端…?」

男「一列ずつ破ってみて下さい」

幼友「破く…こう?」ビリッ

ブドウ虫「ハロー」

幼馴染&幼友「ぎゃあああああぁぁ!」


149 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/18(金) 12:31:13 1ZnoDUIE
ユムシじゃないだけマシではある


150 : ◆M7hSLIKnTI :2013/10/18(金) 15:21:44 Gn0SDreU

男「がんばりましょう、海釣りのイソメのようにヌルヌルしたりはしません」

幼馴染「ひいいぃぃぃ」

幼友「がんばった!私、がんばったよ!」

男「いい子いい子」

幼馴染「むぅ…わわ私もがんばりましたっ!」

男「はい、いい子いい子」ナデナデ

幼馴染「えへへ…じゃあ釣ります」

幼友「あれ、幼馴染ちゃん髪に何かついてるよ」

男「あ、すみません」ヒョイ

幼馴染「何がついていましたか?」

男「さっきのバッタのあ」
幼友「聞かない方がいいから、ね?」


151 : ◆M7hSLIKnTI :2013/10/18(金) 15:22:14 Gn0SDreU

男「では二人は安全に岸から深場の淵を狙って下さい」

幼馴染「男は?」

男「ウェーディングで瀬を狙います」

幼馴染「ぱぱぱぱーん」

幼友「ぱぱぱぱーん」

幼馴染&幼友「あいらーびゅーふぉえーばー」

男「ウェディングではありません、このウェーダーという防水ウェアを履いて水に立ち込む事です」

幼馴染「…言ってもいいですか」

幼友「言わないであげようよ」

男「何をでしょう」

幼馴染&幼友「それ、けっこう格好悪い」

男「しゃらっぷ」


153 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/18(金) 18:07:15 BYZctF5w
…よく考えると幼友はカップルのデートに同行してるのか…ふむ


154 : ◆M7hSLIKnTI :2013/10/18(金) 18:25:11 Gn0SDreU
あかん、今更ながら>>149のレスがちびまる子ちゃんのナレーションに見えて変なツボに入った
皆様レスありがとー


155 : ◆M7hSLIKnTI :2013/10/18(金) 20:13:39 8pL0d0L2

幼馴染「釣り方はどんな感じなのでしょう」

男「上流側に仕掛けを投げ、糸を軽く張った状態で流します。目印のトンボ糸を見て、アタリが出たら素早くアワセて下さい」

幼馴染「てーい」

幼友「とーう」

男「…少し、オモリが軽いようですね。底が取れていません、調整します」

幼馴染「お願いします。…ずいぶん小さなオモリです」

男「針のチモト近くにこの極小のガン玉を打ちます。底を取れるギリギリ、あくまで自然な水流に乗れるように極力小さい物を使います」

幼馴染「○ン玉を歯で…」

幼友「ギュッと潰す!」

男「変な所を伏字にしないで下さい」キュン

幼馴染「今、キュッときてましたね」

男「貴女達には解りますまい」


158 : ◆M7hSLIKnTI :2013/10/18(金) 22:34:14 8pL0d0L2

男「…今!…ああ、遅い。今のがアタリです」

幼馴染「全く解りませんでした」

男「目印が引き込まれるほど大きなアタリが出る事は稀です。一瞬流れに逆らう動きをしたり、あるいは静止したりといった微妙なアタリを取りましょう」

幼友「うわ!?大きなアタリ!…釣れましたー!」

男「カワムツですね。食べられなくは無いですが、小骨が多くリリース対象です」

幼友「ちぇーっ」

幼馴染「てーい!………なんか小っこいの釣れました」

男「アブラハヤです。見た目は綺麗な姿ではありませんが、唐揚げなどに向く美味しい魚です」

幼友「…今度こそ!とーう!」

幼馴染「おお、良く引いています」

男「これは期待できそうです」

幼友「釣れたー!うわ、めっちゃ綺麗!」

男「お見事、それがアマゴです。15cmを超えているようであればお持ち帰りサイズです」


159 : ◆M7hSLIKnTI :2013/10/18(金) 22:35:42 8pL0d0L2

幼馴染「それ以下のサイズの場合はどうするのでしょう」

男「15cm未満のアマゴは資源保護のためリリースする決まりです」

幼友「微妙なサイズ…」

男「幼友ちゃん、手をグーにして親指を立ててみて下さい」

幼友「イイネ!」グッ

男「女性ならだいたいそれが15cmの長さです」

幼馴染「おお、15cm以上ありそうです」

幼友「やったー!」

男「…と言ってる間に、微妙なアタリ!貰った!」ピシィッ

幼友「うわぁ、なんか格好つけたアワセだったよ」

男「釣りキチ三平風にアワセてみました、よし…キャッチ」

幼馴染「アマゴですか」

幼友「カワムツに見えるよ」ヒソヒソ

男「見ないでー」


162 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/10/24(木) 04:41:01 lrdCWivs
支援


165 : ◆M7hSLIKnTI :2013/10/24(木) 14:04:01 s2pvoESU

幼馴染「てーい!…やりました、アマゴです」

幼友「こっちもー」

男「いい調子ですが、日が上がってきました。そろそろ釣れ難くなると思います」

幼友「昼間は駄目なんですか」

男「アマゴは一説には雨子と書くといいます。雨の曇りの日のように直射日光が差さない日、そしてマズメ時に好釣果が得やすいのです」

幼馴染「やたら早く出発した理由が解りました」

男「それでは釣り方を変えてみたいと思います。こちらをお使い下さい」

幼馴染「今度は短い竿にリールが付いています」

男「ルアー釣りです、このスプーンを投げます」

幼馴染「フォーク?」

幼友「ナイフ?」

男「言うと思ってましたが、ちっとも面白くありません」

幼馴染「言うだけで満足してるので気にしてはいけません」


166 : ◆M7hSLIKnTI :2013/10/24(木) 14:04:33 s2pvoESU

幼馴染「てーい!…軽くて投げ難いです」

男「大振りなキャストはせず、柔らかい竿なので先のしなりで飛ばす感じです。手首のスナップを意識して下さい」

幼友「とーう!」

男「いい感じです。日が高くなって岩の下に隠れたアマゴを狙うつもりで、際を通して下さい」

幼友「難しい事言いますね…」

男「流れ落ちの白泡の中から出てくる事もありますので、気を抜かずに」

幼馴染「何か釣れました」

男「おお、面白いものを釣りましたね」

幼馴染「足があります」

幼友「手もあります」

男「天然記念物の大山椒魚の子供です。決して傷つけずに放してあげて下さい」

幼馴染「美味しいでしょうか」

男「食べてはいけません…が、噂によると美味しいらしいです」

幼友「どこ情報でしょう」

男「…祖父は昔、何かも解らずに食べていたそうです」


167 : ◆M7hSLIKnTI :2013/10/24(木) 14:05:31 s2pvoESU

男「さてアマゴもまずまず釣れましたので、今度は違う釣りをします」

幼馴染「大きな池です」

幼友「ダムって書いてるから、湖じゃない?」

幼馴染「じゃあ小さな湖です」

幼友「バス釣りかな?」

男「いいえ、バス釣りも楽しいのですが…最近はしていません」

幼馴染「珍しく男が真面目な顔をしています」

男「失敬な、いつも真面目です。…やはりブラックバスというのは管理釣り場以外では、日本に居て良い魚では無いと思います」

幼友「他の生態系を崩すから?」

男「それも大きな要因ですが、あまりに手近な野池でも釣れるため年少者が手を出しやすく、やはり意識の低い釣り人が多いジャンルです」

幼馴染「野池に釣りのゴミが捨てられているのを見た事があります」

男「決してバス釣りに限った話では無いのですが、そういう例が非常に多い釣りなのは確かなのです」


168 : ◆M7hSLIKnTI :2013/10/24(木) 14:06:36 s2pvoESU

男「落ちているゴミを拾ったりもしたのですが、それでも無くなる事はなく…その光景を見るのが辛くて、バス釣りをしなくなりました」

幼馴染「男…意外と繊細なのですね」

幼友「でも同じダム湖に釣りには来るんだ?」

男「しゃらっぷ」

幼馴染「都合がいいね…」

幼友「ただの自己満足だよね…」

男「…釣り人全てが自己満足でもいいから心掛ければ、自己満足では無くなるのですが」

幼馴染「それで何を釣るのでしょう」

男「ここは尺以上のヘラが数釣れるポイントなので、ヘラ釣りをします」

幼馴染「…尺…」ポッ

幼友「…○ェラ…」ポッ

男「さっきまでの真面目な雰囲気ブチ壊しです」

幼馴染「元の雰囲気に戻しただけです」


176 : ◆M7hSLIKnTI :2013/10/27(日) 15:19:48 xNmO776E

幼友「何ですか、このテーブル?」

男「テーブルではありません、へら台と呼ばれる釣り用の台です」

幼馴染「一台だけですか」

男「けっこう高いしかさ張るので、さすがに複数は持っていません。五投ずつ位で交代していきましょう」

幼友「これがエサ?何やらポテサラみたいですね」

男「その通り。下針の食わせエサは、ほぼポテサラマヨ抜きです」

幼馴染「ご冗談を」

男「本当です、マッシュポテトと少しの麩で出来ています」

幼友「食べられそうですね」

男「食べても何ら問題ありません…」

幼馴染「では」ヒョイ…パクッ

男「…が、この湖の水で練っています」

幼馴染「早く言って下さい…」


177 : ◆M7hSLIKnTI :2013/10/27(日) 15:20:20 xNmO776E

幼友「味は?おイモ?」

幼馴染「はい、まさにジャガイモでした」

男「毎日のようにヘラ釣りを楽しむ年配の方は、学校給食用のマッシュポテトを大量買いして使用したりする位です」

幼馴染「ただ、ほんの少し香ばしかったような」

男「集魚剤として、わずかにサナギ粉が入っていますので」

幼友「サナギ粉?」

男「絹糸の生産に使われた蚕の蛹を乾燥粉砕したものです」

幼友「蚕って、あのカイコ?」

男「はい、クワの葉を食べさせて育てる、うにょうにょのアレです」

幼馴染「………」エレエレエレ


178 : ◆M7hSLIKnTI :2013/10/27(日) 16:18:25 xNmO776E

幼友「とーう」

男「ウキが沈んで…この位置がウキ馴染みです」

幼馴染「呼ばれましたか」

男「ウ、キ、ナ、ジ、ミ、あんだすたーん?」

幼馴染「オ、サ、ナ、ナ、ジ、ミ、いえすべりーきゅーと」

男「ウキが少しずつ浮いて…この位置がバラケ落ちです。勝負はここから…」

幼友「緊張の一瞬ですね」

男「…はい、エサ落ち目盛りです。上げて下さい」

幼友「え?何も無かったですよ?」

男「湖みたいな野釣りの場合、アタリが出始めるまで小一時間はかかるものです」

幼馴染「では一時間してから呼んで下さい」

幼友「私も幼馴染ちゃんと車で寝てますねー」

男「………」チッ


179 : ◆M7hSLIKnTI :2013/10/27(日) 16:27:47 xNmO776E

幼馴染「アタリは出始めましたか」

幼友「交代でーす、交代でーす」

男「貴様ら…」

幼馴染「しかし細くて長いウキです」

男「ヘラブナの繊細なアタリや微妙なエサ状態を感知できる、感度の高いウキです」

幼馴染「感じやすいんですね…」ポッ

男「今使っているのは浮力の高いパイプトップですが、冬場には更に敏感なムクトップを使ったりします」

幼友「パイプカット?」

男「子孫は遺させて下さい」

幼馴染「けけけ結婚してから!」アタフタ

幼友「男さん、いきなり発情ですか」

男「言葉のアヤです、そもそも下ネタ振ったのはそっちです」


180 : ◆M7hSLIKnTI :2013/10/27(日) 20:13:25 3.n3O3DU

幼馴染「てーい」

幼友「ウキ馴染み…バラケ落ち…ここからなんだね」

男「ふわふわと触りが出ています…神経を集中しておいて下さい」

幼友「…あっ!」

幼馴染「てーい!」

男「ノッた、バッチリな合わせです!後は竿を立てた状態をキープして、もし腕ごと延ばされたら負けです!」

幼馴染「けっこう…強い…です!」

幼友「うわー、走る走る」

男「あと少し…両手で竿を支えて、引き寄せて下さい。幼友ちゃん、玉網を」

幼馴染「て…えぇ…い…疲れたぁ…」

男「ナイスランディング、体高のある立派なヘラブナです。尺二寸はありますね」

幼馴染「尺二寸…36cmほどという事ですね」

男「ちなみに先ほどのような、ヘラ特有の鋭くウキを消し込むアタリの事を『ツン』といいます」

幼馴染「べ…別にアンタにアワセてるんじゃないんだからねっ!」


190 : ◆M7hSLIKnTI :2013/10/29(火) 22:42:53 DqZY3C5E

幼友「な、なんかいつアワセていいのか解らない位、ウキが動くんですけど!?」

男「あー、ヘラが薄れてジャミが出ましたね」

幼友「ってか、これどーすればいいんですか?」

男「それ、もうノッてます。適当に上げて下さい」

幼馴染「ちっちゃ!」

幼友「なんか可愛いですね」

男「オイカワです。初夏の頃はオスであれば身体に綺麗な虹模様の婚姻色が出て、より美しいのですが」

幼馴染「もうヘラは釣れないのでしょうか」

男「ヘラは集団になって回遊する場合がありますので、また回ってくると思います。でも本当はエサ打ちを休まず、その場に寄せ続けるのが理想です」

幼友「海釣りみたいに撒き餌するんじゃだめなんですか?」

男「『ヘラブナはタナを釣れ』と言われます。水面にエサを散らす事は、ヘラブナの居所であるタナ深さを乱す事になり、決して良い釣果は得られません」


191 : ◆M7hSLIKnTI :2013/10/29(火) 22:44:13 DqZY3C5E

男「オイカワは小さくても淡水魚としては非常に美味な魚です。このダムは水も綺麗なので、せっかくですから釣っていきましょう」

幼馴染「この竿は?」

男「オイカワ相手なら、無理にへら台など要りません。竿は複数あるので、数釣りでいきます」

幼友「とーう」

幼馴染「てーい」

男「どんどん釣っていきましょう。ヘラブナが帰ってくれば、ジャミが蹴散らされて雑なアタリは消えるはずです」

幼馴染「これはこれで面白いです」

幼友「うわ、上針と下針のダブルで釣れた!」

男「ジャミならよくある事です。稀にヘラでそれが起きると、竿が折れないよう祈らなければなりません」

幼友「なんか違うの釣れました」

男「モツゴです。佃煮の材料になったり、型が良ければ揚げ物にも向きます」

幼馴染「淡水でも意外と食べられる魚は多いのですね」


192 : ◆M7hSLIKnTI :2013/10/29(火) 22:46:02 DqZY3C5E

男「由々しき事態です」

幼馴染「どうしたのでしょう」

男「ここ2レス連続でオチをつけ損なっています」

幼友「たまには真面目に釣りをすればいいんじゃないですか」

幼馴染「またエサでも食べさせられるのでしょうか…っと、強いアタリです!」

男「このしなり具合は…!幼馴染が使っている竿は安物のグラスロッドなので、折れても良い覚悟でいきましょう!」

幼馴染「無理!無理!何ですかこれ!?」

男「手を貸します!…この魚を釣ったら、二人で名にちなんだ行為をしなければなりませんが…!」

幼友「またきたこのパターン。玉網すたんばーい」

男&幼馴染「てーーーい!!!」

幼友「でかい!もしかしてコレは…!」

男「…コイです」

幼馴染「もう、男ったら馬鹿なんだからぁっ」ポッ

幼友「無理矢理オチつけやがった」



続きの記事 男「釣りロマンを求めて」幼馴染「ブラックバス編です」