2chまとめサイトモバイル

とんでもない彼女は強盗

Part2


62 名前::2008/04/15(火) 10:18:10.33 ID:8ChvwtkW0
その日俺は財布に金が無かったので近所のコンビニで
現金を下ろした。5万円。
華は俺に対するお詫びと言ったが、まさか中学生に出してもらう
ワケにはいかない。
USJの最寄り駅で昼12時に待ち合わせ。
本当にくるのか?少し不安だった。
改札を出ると華はいた。
正直顔は忘れかけていたが、そこにいたのは間違い無く1ヶ月半前に
俺を襲撃した女だった。
しかし雰囲気は全然違っていた。
着てる服装はまさに厨房の女の子。
ドルガバのシャツにスパッツ。
ラインストーンが入った靴・・・。子供だった。
一緒に歩くのが少し恥ずかしかった。

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 10:21:29.41 ID:dToKorv/0
ハズカシー><

64 名前::2008/04/15(火) 10:24:59.85 ID:8ChvwtkW0
でもその子供っぽい服装に安心したのも事実だ。
普通の子なんだ。
そしてこういうカッコしていれば普通に中学生として十分可愛い。
俺は声を掛けた。
「久しぶりやな!」
華は少し気まづいのか恥ずかしいのか目を合わせずに
「ぅん・・・」と答えた。
俺は「飯食った?」と聞いてみた。
華は「食べてへん・・・」と答えた。
「飯食べようか?」しかし華は
「え~~!!早くUSJ入りたい!!遊んでから食べよ!!なっ?なっ?」
と急かしてきた。
本当に妹ができたみたいで可愛かった。
「OK!んじゃ行こうかぁ~」
そういって入場ゲートに歩いて行った。

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 10:29:27.49 ID:dToKorv/0
妹・・・

66 名前::2008/04/15(火) 10:32:15.34 ID:8ChvwtkW0
入場券は当然俺が買った。
本来なら華が俺に対するお詫びのはずだったが中学生だし良い。
華は「ぁりがとぉ~。めっちゃドキドキすんな~。ジュラシックパーク行こなっ♪」
などとはしゃいでいる。
なんかそれでいいような気がした。
久しぶりのUSJは客が少なかった。
昔来たときはもっと活気があったような気がしたが・・・。
「ET」「バックトゥザフューチャー」「バックドラフト」
そして華待望の「ジュラシックパーク」「ジョーズ」
全て華はリアルタイムで観ていないんだろなぁ~。
と考えながら俺ははしゃぐ華を眺めていた。
このUSJで初めて「はな」の字を教えてもらった。
「華」という名前は気の強い彼女にピッタリの名前だと思った。

67 名前::2008/04/15(火) 10:36:44.80 ID:8ChvwtkW0
華はまるで子供のように喜んだ。
観ているこっちまでなんだか幸せになる。
なんか分からない「角みたいなのが生えたカチューシャ」を欲しそうにしていた。
買ってあげると喜んでつけていた。
ウッディーウッドペッカーの気ぐるみを発見すると
走って行き嬉しそうに抱きついていた。
やっぱりまだ子供なんだな。
しかし・・・
そんな可愛い女では無かったのだ!華は・・・。
1ヶ月半前、俺を鉄パイプで殴打し、強盗を企てた本性は
いま静かに眠っているだけだった・・・。

68 名前::2008/04/15(火) 10:39:55.42 ID:8ChvwtkW0
読者もそういないみたいなんで
少し休憩しまつ

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 10:40:22.89 ID:dToKorv/0
ごゆっくりー

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 10:40:44.30 ID:rh4CPHSGO

ゴチンッ!

72 名前::2008/04/15(火) 10:42:23.51 ID:8ChvwtkW0
休憩前に書き溜め分だけ投下しときまつね!

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 10:43:05.24 ID:lxVA1rxEO
きゅう…なまごろし…
書け!

75 名前::2008/04/15(火) 10:43:36.33 ID:8ChvwtkW0
アイスを買ってあげ、お土産を買ってあげ結局お詫びどころか
俺が全部おごってあげたこの日。
それはそれで全然良かったのだ。
その度に華は喜び「ありがとぉ~。めっちゃ嬉しいわぁ~」と
笑顔を輝かせていた。
最後にレストランでご飯を食べ別れの時が来た。
駅の改札。華に切符を買ってあげ見送る。
しかし俺はこの時ほんの小さな違和感を感じていた。
券売機での違和感・・・。
華はいつまでも笑顔で「ありがとなぁ~」と手を振っている。
俺も手を振る。楽しかったなぁ。
この日1日の正直な感想だ。
もう2度と華と会うこともないだろう・・・。
最初はとんでもないガキだと思っていたけど、素直で可愛いやつだった。
きっと家庭不和が原因で寂しかったのかな?
いつか幸せになれるといいな!
帰りの電車に揺られながらそんな事を思っていた。
しかしそんな俺の思いは華にことごとく打ち砕かれる・・・。

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 10:45:44.52 ID:dToKorv/0
打ち砕かれる・・・・!

78 名前::2008/04/15(火) 10:46:43.45 ID:8ChvwtkW0
11時30分には戻る予定です

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 10:47:15.25 ID:dToKorv/0
それまでしりとりやってるわ
しりとり

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 10:50:50.96 ID:+h4raoFWO
リボン
なぁソロソロパンツ履いていいかな・・・?

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 10:51:10.09 ID:pguJO1g40
リンパ腺

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 10:51:17.21 ID:dToKorv/0
>>80
風邪ひくしな、履いておいて

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 10:55:00.36 ID:+h4raoFWO
>>82
おk ㌧!

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 11:02:51.16 ID:6/GjT5CIO
剥いてるから寒い

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 11:04:10.75 ID:pguJO1g40
>>88
もっかい被せろ

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 11:10:52.74 ID:ZQ0U7DkMO
まだかな…

102 名前::2008/04/15(火) 11:22:56.68 ID:8ChvwtkW0
ただいま~

103 名前::2008/04/15(火) 11:23:30.17 ID:8ChvwtkW0
帰宅後
どう考えても財布の残金が少ない・・・。
華と遊んだ金は2万5千円程度。
どんなに多く見積もっても3万。
それが残金5千円・・・・。
どういうことだ。しばらく考える。
答えは1つしかなかった。
華に抜かれたのだ。

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 11:23:57.51 ID:6/GjT5CIO
待ってました

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 11:24:49.51 ID:LyNRBLPKO
>>103
キター

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 11:26:31.89 ID:JOrOgU5s0
金も精子も抜かれたのか

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 11:27:38.62 ID:TA79By4WO
中学生と1日遊べるんだぞ
45Kは安いだろ

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 11:28:01.91 ID:ylO/VNnT0
華・・・恐ろしい子ッ!

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 11:25:08.09 ID:+h4raoFWO
おかえり~
さてパンツ脱ぐか

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 11:28:44.84 ID:pguJO1g40
>>106
早すぎるwwwwwwwwwwww

111 名前::2008/04/15(火) 11:29:13.34 ID:8ChvwtkW0
なぜだ?そしていつだ?考えを張り巡らせる。
レストラン・・・。俺がトイレに立った時か!
俺は通常トートバックに財布を入れている。
そのバックは・・・席に置きっぱなしだった・・・。
愕然とした。
金の問題というより今日の華との楽しかった1日を思い出すと。
悲しくなる。
華の笑顔を思い出すと裏切られた切なさが沸いてくる。
しかもなぜこんなにすぐにバレる窃盗を・・・??
どう考えても華の思考は理解できなかった。
「もうどうでもいいや」という思いと
「なぜこんなことをしたのか?」という思いが交錯する。
電話して確認するか?
いや・・・もう繋がりは断ったほうがいい。
あの女は本物の犯罪者なんだ・・・。
双方の思いが存在した。

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 11:32:38.02 ID:kprhvRty0
なにこの小説

114 名前::2008/04/15(火) 11:33:51.75 ID:8ChvwtkW0
1度だけ・・・1度だけ・・・電話してみよう。
きっと出ないだろう・・・。
今さっき金を盗んだ男の電話に出るわけがない。
常識的に考えて着信拒否だろう。
それでいい。それがいい。
出なければ出ないで全て終わりにしよう。
そして万一出た場合・・・。追求してみよう。
電話を掛ける手が震える。
異常に喉が渇く。俺はビールを一缶空けてから電話した。
緊張する・・・。
コール音が鳴る。意外な事に着信拒否はしていない模様。
しかしコール音が鳴るばかり。華は電話に出ない。
終わったな・・・。裏切られて・・・。
俺は電話を切った。

116 名前::2008/04/15(火) 11:38:52.76 ID:8ChvwtkW0
俺はボーっとベットに寝て天井を見ていた。
終わったと思ったがさすがに切なかった。
頭を割られ、挙句に財布の金を盗まれた・・・。
最悪だな。俺は・・・。
少し笑えてきた。
目を瞑ってもうこのまま寝てしまいたい・・・。
そう思った時。携帯の着信音が鳴った。
相手は・・・そう。なんと華だった。
驚きながらも恐る恐る電話にでる。
「もしもし・・・」ヤバい声がかすれてる。
緊張していた。そんな俺の思いとは裏腹に電話を掛けてきた
華の声は意外なものだった。

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 11:39:27.79 ID:ZQ0U7DkMO
ほんでほんで?

121 名前::2008/04/15(火) 11:44:06.52 ID:8ChvwtkW0
「やほ~♪さっき電話くれたやろ~?ごめんなぁ。お風呂入ってたわぁ(笑」
「!!!!!!????」え・・・?
なにこのテンション??
俺は驚いた。電話が来ただけでも相当驚いたが
華は悪びれている様子が微塵もない。
俺は絶句した。
「今日めっちゃ楽しかったなぁ~。意外にバックドラフトが良かったなぁ」
「・・・・・・・・・・・・」
「お土産に買って貰ったチョコ食べたで~。めっちゃおいしいでぇ~(笑」
え・・・。なんで?なんでそんなことが言えるの??
本当に理解ができなかった。

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 11:45:34.11 ID:dToKorv/0
華ったら可愛いな

124 名前::2008/04/15(火) 11:47:27.81 ID:8ChvwtkW0
もしかして俺の勘違い??財布には5万も入ってなかった??
しかし・・・しかし・・・。
俺は財布に入っていたATMの利用明細を見た。
確かに5万引き出されている・・・。
そしてそんなに使っていない。
そんな困惑する俺を尻目にハイテンションの華は
「また連れていってなぁ~。今度は朝からいこうなぁ~(笑」
「・・・・・・・・・」
聞かなければ。確認しなければ。
でもどうやって切り出せばいいんだろ??

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 11:52:07.68 ID:ZQ0U7DkMO
早く先がしりたい

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 11:52:47.75 ID:KqCs8gceO
>>1はカモにされすぎ
そんなにお人よしだとこの先生きのこることができないぞ

130 名前::2008/04/15(火) 11:53:27.14 ID:8ChvwtkW0
あまりに黙っている俺を不振に思ったのか華は聞いてきた。
「どしたん?元気ないやん?」
あるわけないやろっ!!
しかし聞かないワケにはいかない。
金の問題じゃなく、本当に盗みを犯してこの態度なら
この女は異常だ!根本が腐っている。
俺は華の真意が知りたかった。
「あのな・・・華・・・。気を悪くせんと聞いてな」
「どしたの?」
華はうろたえる様子が全く無い。
「帰ってきて財布の中身確認したんよ・・・そしたらな・・・・」
「・・・・・・」
「使ってもないはずの金が無くなってんねん。」
華が急に黙り込む・・・。
「華が盗んだんと・・・ちゃうよな??」
俺は勢いにまかせ核心をついた。

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 11:54:37.84 ID:ZQ0U7DkMO
先生きのこ?

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 11:55:56.84 ID:qk89Rg8AO
胸に蝶のアザがあるやつが犯人

136 名前::2008/04/15(火) 11:58:41.76 ID:8ChvwtkW0
「違うと言ってくれ!」俺は甘い。甘いかもしれないが
そう心の中で願っていた。
今日の無邪気な華の笑顔を思い出すと
華を信じたくなってしまったのだ。
「・・・・・・・・・」
黙り込む華
「違うかったら俺謝る。だから本当のこと教えて欲しいねん」
すると華がおずおずと話出す・・・。
「ぅち・・・」
「ぅち・・・・・・・」
「ぉ金・・・とった」
「・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・」
沈黙・・・。

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 11:58:42.28 ID:CQLBWbwpO
身体で払うシーンはまだですか?

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 12:00:06.48 ID:ts30Ws4lO
変なとこが正直だな…華

140 名前::2008/04/15(火) 12:03:31.17 ID:8ChvwtkW0
2回目か・・・。この女にやられるのは・・・。
俺は本当に甘い。大甘いだ。
公園で貸しえてくれたハンカチも
今日も無邪気な顔も
全部嘘か・・・。
最近のガキなんてこんなもんか。
人に詫びる気持ちどころか、許した人間に対してこんな仕打ちをするのか。
もういい。これ以上このガキに関わるのはごめんだ。
俺は切り出した。
「そうか・・・その金はやる・・・。もういいわ。ほんじゃ」
華は消えそうな声で言った。
「ごめん・・・ごめん・・・」

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 12:08:23.04 ID:ZslLTfDS0
待機

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 12:09:05.12 ID:EKpOmVOzO
期待

144 名前::2008/04/15(火) 12:09:30.96 ID:8ChvwtkW0
俺は言った
「いや・・・もうええねん。マジでお前と関わりたくなくなってん」
華は黙り込む
「ほんじゃ。電話切るわ」
その時!華が突然大きな声で
「待って!1待って!切らんとって」
「なんでや?」
華の思考回路がわからない。
被害者の俺が終結させようとしているのに
加害者の華がそれを阻止する。
華は言った。
「ぉ金返したぃねん・・・。ほんまに・・・ごめん」
俺は返す刀で
「いらん。やる」
すると華は電話口ですすり泣きだした。
理解不能。
なぜそんなにあっさり返すのなら最初から盗まなければよいのだ。

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 12:11:10.62 ID:LyNRBLPKO
これはwktkせざるを得ない

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 12:12:33.48 ID:+h4raoFWO
1との繋がりを切りたくないんだな..不器用な子!!

150 名前::2008/04/15(火) 12:16:09.46 ID:8ChvwtkW0
「華ひとつ聞いてええか??」
「ぅぐ・・グスグス・・・ぅん」
「盗んだ金でなにが欲しかったん?」
「ぅぐ・・・DS・・・」
アングリ・・・。ゲーム機かよ。
華は言います。
「明日の夜・・・9時・・・グス・・あの公園で待っとく・・グス」
「・・・・・・・・」
「ぉかね・・返したぃねん」
「・・・まだ使い込んでないんか?」
「・・・ぅん・・グス・・」
「約束は・・・できん。行く約束は・・・せん」
「待って・・・グス・・る・・から」
電話を切りました。
あの涙は嘘泣きなのか?マジ泣きなのか?
俺には分からなかった。

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 12:17:17.98 ID:BIBFBYFk0
そしてDSをプレゼントする>>1であった

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 12:17:35.07 ID:+h4raoFWO
DS.....

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 12:17:57.28 ID:dToKorv/0
気がつくと俺はトいざらスに居た

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 12:19:00.54 ID:pNmB5iGdO
華「すべて計算通り…ニヤッ」

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 12:20:10.46 ID:kz10sIZgO
>「ぅぐ・・・DS・・・」
ROMってたがこれで俺の心は陥落した

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 12:21:13.83 ID:eUBm95lyO
これはもうお仕置きですよね

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 12:21:15.08 ID:CQLBWbwpO
お金を返してもらったお礼にPSPをプレゼントする1であった
華「これ違う」
ゴリッ

158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 12:21:42.27 ID:KqCs8gceO
公園に行くと、華を含む不良グループにフルボッコされ、さらに金を盗られる>>1であった…
そして>>1は…!

160 名前::2008/04/15(火) 12:22:15.81 ID:8ChvwtkW0
会社では仕事が手に付かなかった。
行くべきか?行かざるべきか?
金の問題で無い。
正直言うと情けない事に
昨日の涙は嘘泣きに思えなかった・・・。
更にUSJでの笑顔も・・・。
しかし・・・しかしだ。
俺の今まで生きてきた良識ではその相手から
金を盗むなんて考えられない。
しかもバレバレの方法で。
夕方には決意が固まっていた。もう1回会おう。
どんな考えを持ち、どんな思いを持って生きている人間なのか?
子供といっても14歳。情もあれば多少の人生観もあるはず。
それを確かめてみたい・・・。
俺はその日無理やり残業し時間を潰し
夜9時。華の待つ公園に行った。

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 12:22:42.22 ID:gzyO9JXK0
俺の親戚にもこんな奴いたわ

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 12:24:33.33 ID:OZxdq5fKO
俺も年下に遊戯王カード半分くらい盗まれたから分かるぜ

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/15(火) 12:27:54.10 ID:eUBm95lyO
自分の欲に従順なんだよな。俺もそうだった