祖父が死ぬ三ヶ月前にまともになった話
Part5


115 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)15:11:18 ID:X3u
その日は、祖父は家族で美味いものを食べてくれとお願いしてきた。
祖父は「出前だ出前だ!寿司でも蕎麦でも取れ!
 豪華で美味いものを家族で食べている様子が見たい!」と。
もちろん、その準備はしていた。馴染みの寿司屋に電話を掛けた。
その馴染みの寿司屋は大層驚いた様子で、家に来て祖父に挨拶した。
祖父に弟子を紹介していた。そして弟子が握った物なので、コチラ私が握った物を……と、
結構お寿司をオマケしてくれた。
馴染みとは言えここ数年は読んでもいなかったのに、気前よく大将は来てくれた。
医者には止められていたと断ったあと、祖父はおちょこをしっかり握って「乾杯〜」と声を上げた。
その後、下でペロッと舐めた。「くぅ、これだ!」という笑顔は忘れられない。
その後祖父はドリンク剤を飲んでいたが、ガマン鳴らずマグロの切り身を一切れ食べていた。
またしても「これだ!」という顔していた。幸せそうだった。
翌日は、取れなかった蕎麦の出前を取った。
蕎麦屋の出前は年末やお盆によく取っていたので仲は良かったが、
よっこらしょっ、どっこらしょ、ともう御年90を超える元女将がやってきて祖父に挨拶していった。
祖父は「えらくBBAになったじゃないか!」と言うと、
女将は「アンタに言われたくないわよ、オバケ!」と言い返してたw
その日は、麺つゆをチロッと舐めながら、祖父はニコニコとしていた。
3日目の朝、祖父は家を出た。
名残惜しそうに家の中を周り、迎えが来る前に近所を周り。
顔を焦る人みんなが驚く中、「バケテでたぞー」とイタズラしてた。
鼻に管は衝撃的だったらしく近所の子は泣いていた。
大分自分の中と、ボケていた時の記憶にあった、町並みと変わっていたらしく
祖父は「あー、時間が流れたんだなー」と言っていた。

116 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)15:20:44 ID:X3u
病院に戻ると祖父は「あー、家がどっちだか分からね」と言っていた。
俺が「家はアッチだよ」と言うと、祖父は「家の方角はコッチだぞ〜?」とニヤニヤしてた。
その後、また病室に戻ると「本当にどっちだか分からねーな。俺もボケてんな」と言ってた。
戻ってしばらくして、早速散歩をしていた時。
祖父はあの桜の木の前で桜を見上げていた。
俺は「あと二三ヶ月すれば桜が咲くっぽいよ」と話をすると、
祖父は「長いなぁ。待ち遠しいなぁ。みたいなぁ」と弱音を履いていた。
多分、ちゃんと祖母→母→父→俺で順番に、四日掛けて散歩した次の日。
祖父は再び意識を失った。
最後に俺と散歩した時は
「仕事がんばれよー、俺がいなくてもがんばれよ〜、
 お前も男になって俺の代わりしてくれよー、庭もうちょい掃除してくれなー」と、やけに念押しされていた。
もちろん仕事の件も「あの先輩さんとは仲良くしとけ」とも言ってた。
祖母たち、他の人も似たようなこと言われていたらしく、全員心構えはできていた。
そんな中、「ふー、ちょっと疲れた」と言って眠った。その時父親はいなかった。
意識がないのが気がついたのは、その夜だった。
その日は、不思議な話だけどいつものようにお酒を飲もうとした時、
ビールは手から滑り落ちて飲めなくなるわ、他を冷やしていないのでしょうがない日本酒だ、
と思ったら、ビンのフタを明けたのに酒の匂いがせず、なんか気味悪がって俺も祖母も飲まずにいた。
医者から急いで来てくれとの一報。
父親は何の障害もなく会社を抜け出れて、俺らは誰も飲んでいないので車で急いで向かった。

117 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)15:26:24 ID:eEc
ドキドキ(゚A゚;)

118 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)15:28:58 ID:X3u
いつものように祖父は寝ていた。
度々目撃していた昼寝をしている祖父の姿まんまだった。
大体俺らの気配に気がついて「お、よく来たな」と眠たそうに言うのだが、その時は何も言わなかった。
どんなに揺すっても、声をかけても、祖父は目を覚まさなかった。
先生はすぐに「もうすぐ」と気が付き電話したそうだ。
医者はすごいと思った。その日の内に様態は急変した。
そして、祖父はあえなく逝ってしまった。
本当に死んでしまう寸前、ヒョコッと目を開けて何をを伝えたいような目をした後、
安心したのか、幸せそうだったのか、それとも何か別のことを考えていたのか。
やけに落ち着いた表情で、祖母の手や母の手を一通り、人差し指で撫でた後。
祖父は死んだ。享年98。
俺は誕生日から日も経ってないのに、という心境だった。
その後、祖父が選んだ親戚たちの中だけで、慎ましく葬式は執り行われた。
慎ましくなのか、微妙だが。
火葬も済み、先祖代々の墓に祖父が収まった時、祖父が妙に小さく思えた時の光景を思い出した。
ちょうどボケが直る前だ。それを思うと、またひょっこり現れる気がした。
残念ながらなにもなく、怪奇現象も何も起こらなかった。
火葬が済み「さー、後片付けかー」となった頃、参拝者として来ていた弁護士さんが封筒を持ってきた。
ミミズのように汚い文字で『遺言』と書かれていた。
すぐにそれが祖父が一生懸命に書いたものだと分かった。

119 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)15:37:18 ID:X3u
遺言は数行にわたって書かれていた。
ただ達筆という訳じゃないが、本当に字が読めなかった。
たぶん頑張って書いたのだろう。弁護士が言うには両手で書いていたそうだ。
「まあ、読めないということは祖父さんもおっしゃっていまして、コチラも預かっています」
弁護士さんはiPhoneを再生した。
祖父『字が汚いから声も残しておく』と、祖父の声が流れた。
そして最初に遺言の内容を読み上げた。
祖父『今までお前らには苦労をかけた。
 もう残せるものはなにもなく、大体財産も(父親)さんに渡っていることも聞いた。
 だから話す内容には期待しないよーに。
 ……俺を捨てずに大切にしてくれてありがとうございました。
 俺は本当に幸せ者だった。
 それなのに俺はお前らに沢山迷惑を掛けてすまなかった。許してほしい。
 ○○(祖母)、顔を叩いてすまなかった。そして俺と長く付き添ってくれて、本当にありがとう。
 ○○(母親)、家のために俺に代わって責任を継いでくれてすまなかった。お前は俺のいい娘だった!
 ○○(父親)、お前は次の大黒柱だ。絶対に負けるな。安心しろ俺が認めた息子だ!
 ○○(オレ)、お前はいつまでも俺の可愛い孫だ。死んでも孫だ。ありがとう。』
録音はこれだけではなかった。

120 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)15:40:45 ID:nug
(´;ω;`)ブワッ

121 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)15:45:35 ID:X3u
弁護士『まだ録音できますよ?』
祖父『お、そうか……、途中で書くの大変で書かなかった。
 正直、ボケていた時の出来事を少しは覚えている。
 お前らが時々漏らしていたグチや、俺がしてしまったこともな。
 でだ、俺も自分でも最初訳がわからなかった。
 ついこないだまで平然とやっていた事を、急に理解出来た時はなにが起きたかと思った。
 ……ああ、これがボケなのか、老いなのか、情けないと思った。
 俺はなんの罰当たりに最後に、こんな目にあわなきゃいけないと思った。
 そして俺は怖かった。
 俺がまともだと分かったら報復されるんじゃないかと。
 あの時は思わず電話したが、後から怖くて怖くてしょうがなかった。
 ところが、お前らは明るく俺を迎え入れてくれた。
 俺が呼んだ手前、堂々とはしていたが、怖かったんだぞ。
 だがけど、お前らは俺が思っているより優しかった。ずーっと俺の家族だった』
 ここから祖父の声がかすれ始める。泣いてもいた。
祖父『そんなに俺を最後まで大切にしてくれてありがとう。
 いや、ありがとうございました。
 ○○ ○○は、日本で一番の幸せ者だろうと思います。
 いや、幸せ者だ。間違いなく
 ……まだ生きているのに、こんなこと言うと恥ずかしくてしゃーないな』
そこで録音は終わっていた。

122 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)15:50:48 ID:o30
泣いた

123 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)15:54:39 ID:X3u
駄目だ、その後泣いたことしか覚えていない。
とりあえず、俺は今元気に働いているし、父親ももちろん元気だし、
祖母も母も元気だよ、ぐらいしか書くことがないな……
よし、此処らへんで切り上げる。区切り悪くてゴメン。
二日と長々数時間、お付き合いありがとうございました。

124 :◆Zl0mWdgUwY :2016/01/15(金)15:55:14 ID:X3u
一応、コテ残ししておくよ。
あと簡単に質問に答えます。

125 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)15:56:09 ID:eEc
感動した!最後まで書いてくれてありがとう!!

126 :◆Zl0mWdgUwY :2016/01/15(金)15:58:13 ID:X3u
>>125
感動なのか、それとも悲しい話なのか。
でも読んでくれていてありがとうございました。
昨日は居なくなってすまない。本当にすまない。

127 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)16:07:52 ID:RxR
昨晩から見てたけど>>1乙

128 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)16:53:09 ID:AKj
書いてくれてありがとう
何か質問をと思ったが泣けて思いうかばない

130 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)19:22:01 ID:6rg
話を聞かせてくれてありがとう!
大事な事を教わった気がする
難しいことだけど逆境でも人を思いやれる人間でありたいね

131 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)19:34:27 ID:eFK
乙でした!
本当に人は素晴らしいな
俺も今生きている家族や周りの人を大切にしようと思う

132 :◆Zl0mWdgUwY :2016/01/15(金)19:44:19 ID:X3u
思っていた以上に非難がなくて驚いた。
それに読んでくれていた人も結構いたんだな……
明日から仕事の日々に戻るのでまともなスレ返信できないと思う。
なので今日限りで受付は取りやめる事にするよ。
毎日コテつけて降臨も気持ち悪いのもありますし。
仕事がなけれな無くて辛くて、あったらあったで辛いんだよな……なんだこれ。
>>128
急に言われて思いつくものではないしな。
>>130-131
でも、老人介護はマジで限界あるからな。
無理して自分が潰れてもしょうがないので、自分のキャパがゆる範囲で、
全力で大切や思いやって行くのが良いと思うよ。
マジで介護には心の限界が浮き彫りになる。

133 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)19:51:24 ID:6rg
>>132
心の準備はしておくよ

134 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)20:17:09 ID:3tC
泣いた
庭掃除します

135 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)20:22:47 ID:S34
乙!
ぼけてるときの頭で考えてる状況というか、
思考回路がどうなってたかとかお祖父さんから聞かなかった?
自分がぼけるって想像できないんだ・・・。

136 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)20:30:49 ID:hgb
乙です!
自分の祖父が亡くなった時のことを思いながらよんでいたよ。といっても無くなる前、半年くらいだけど。
無くなる前、急にしっかりするのはうちの場合もそうで、あなたの文章の良さと相まって本気泣きしてしまいました。
あなたと、あなたが大事な人々に幸あれ!

138 :◆Zl0mWdgUwY :2016/01/15(金)20:56:21 ID:X3u
>>135
祖父自身も上手く言葉をまとめられていなかったから、
俺も上手くまとめる自信はないけど、
ボケていた時のことは、寝ている時に見る夢の様に覚えているとは言っていました。
だから全部を全部覚えている訳じゃない、とも言っていました。
祖父は「別の誰かの記憶を見ている様な感じ」とも言っていましたね。
とにかく夢のような感じだ、と結論づけていました。
>>136
ご冥福をお祈りします。
そして、亡くなる前に急にしっかりしていましたか。
まあ先生(医者)の話でも、よくあることとは言っていましたからね。
ただ祖父のように長生きしたのと、本当にボケが治ったのは初めてのことだったそうです。
そして相まってしまいましたか……、そちらも大変だったようで。
よくプレゼンの司会進行資料作成において、日頃から目が滑る言われていたので心配していました。

139 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)21:07:49 ID:BxS
>>138
心が温かくなったよ!

140 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)21:31:09 ID:by5
じいさん粋な人だな
ご冥福をお祈りします

141 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)23:09:22 ID:FEF
じいさん、伝えたいことが伝わって良かったね

TOP お問い合わせ