2chまとめサイトモバイル
祖父が死ぬ三ヶ月前にまともになった話
Part3


77 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)11:03:22 ID:X3u
祖父はこの話をどこまで理解できたかわからないが、
黙って話している相手を随時見ながら聞いてくれた。
あのボケ老人が理解できるのか?と思っていたが、恐ろしいことに理解していた。
やめてった従業員(祖父が覚えている限り)の面々のその後も聞いてきたし、
「まて、コレはこういうことなのか?」とわからない所は聞き返してきた。
そこでようやく俺は、印象深い話だったと言うこともあり、
本当にボケ老人ではなく「祖父」に戻ったのだと理解した。
と言うか、ここまで質疑応答できる祖父が、あのボケ老人な訳がない。
なんだかんだ、
「祖父がいたから家に残れたということ感謝している」に、母親が言うと。
祖父は「そんなことで感謝される筋合いも、感謝されたくもねぇ。
 むしろ俺が感謝するべきだ。お前には本当に辛い苦労をかけた。本当にありがとうな」
そういうと母親の手を取った。この時も「ろくに動かねぇ」と嘆いていた。
母親は声だして泣いていた。
祖父も自己破産の重さは理解しているし、それを一番感じているのは他でもない母親だ、と俺らへ言った。
ただこの中で一番申し訳ないのは俺(祖父)だとも言っていた。
祖父は「今この場に叔父が現れたら殺す」とつぶやいていた。
祖父は母親を無言で励ました後、母親が泣き止むまで以降沈黙していた。
何を考えていたかわからないが、色々と深く考えていたと思う。

78 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)11:05:06 ID:KZL
カーチャン…

79 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)11:08:10 ID:Cwc
なんか急に話しが進んでるね。追いつくから。

80 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)11:11:01 ID:eEc
ドラマやなあ

81 :■忍法帖【Lv=5,テンタクルス,dQ0】 :2016/01/15(金)11:14:38 ID:Cwc
すごい祖父だね。騙したやつ捕まればいいのにね。

82 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)11:18:41 ID:X3u
ちょっと休憩(´・ω・`)気分が落ちてきてしまった。
>>80
友人にも同僚にもそう言われるよ
>>81
会社はなくなっているし、そもそも外国人なので国際逃亡されている恐れが……
一応詐欺事件として調査してもらったけど、当事者である叔父がいないしね。
形としての被害届、までしか期待できない。そもそも受理されただけで万歳モノだったりするんだ。
そしてとっ捕まえても戻ってこれるものじゃないしね。
それよりも叔父だよ。アイツは捕まえない、と。
昔の縁で東北に逃げたっぽい話は聞いているんだけどなぁ……

85 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)11:49:15 ID:X3u
落ち着きも取り戻した頃、祖父は口を開いた。
祖父「大体、お前らが俺に何をしてくれたか覚えているようだ。
 だから家に社員が来た時も覚えている。
 俺は、その社員が家に来た様子で何をしたかも覚えている」
自然と背筋が伸びた。
かつて見た覇気溢れ威厳を持っていた祖父だった。
そんな祖父が最後の最後に。
「……ただ、夢だったら、と思っていた」
実に寂しそうな祖父の姿がそこにあった。
そこだけ雨が降っているかのようにどんより沈んでいた。
祖母が「ご苦労をお掛けして申し訳ございません。私もしっかりしてたら」と言うと、
祖父は「誰が辛い苦労している以前に(叔父)が悪いんだ。
 それよりもここ最近は良くなったのか?俺はその後が気になる。
 俺の前だけ良くしていた訳じゃなければいいだが」
そこに関しては、最初の一年はギクシャクしたが、上手く行っていることを伝えた。
俺も就職したし、家の方は取られることもなく上手く行っている、と。
祖父はニッコリして「そうか、俺はお前らに感謝しかできないなぁ」と言った。
そこで祖父はようやく涙を流し、重く深く頭を下げた。
背後の心拍計の数字が見る見るあがっていたので、祖父の心中は察することができた。

86 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)12:02:41 ID:X3u
祖父のお願いで、その日は家に帰った。
一人にしてくれとのことであった。
自分で築き上げた会社が潰れたのだし、その理由も理由であり、仕方がないことだろうと思った。
祖母が言うには、「あの人は昔からこうなの」と。
俺にとってはこの歳になって初めて見る祖父の姿だったので動揺いていたが、
母親も「そうそう、喧嘩した後とかしょっちゅう1人になりたがった」と言ってた。
家に帰るまで、昔の祖父に戻ったと何度も言い合った。
ただ同時に信じられないでもいた。
ついこないだまで意識もなく寝たままで「もうすぐ迎えが」とも言われていた祖父が、
意識が戻ったどころか、ボケも治り、普通に会話もできるまで戻っていたからだ。
それどころかボケてた最中の出来事をだいたい覚えてもいる。
また会社での出来事も理解した様子だった。
理解できても受け止められない心境だった。
なお祖母は「往生際が悪いから」と何度も言ってた。
今までどれだけ往生際が悪かったらそこまで言われるのだろうか、と今でも笑える。
夕方とは言えまだ日が出ていた。
久しぶりに四人で食事をした。贅沢にも焼き肉だったのを覚えている。
そして楽しくというよりは、映画鑑賞した後みたいに祖父について話を交わした。
ボソっとだったが、俺は「なんか祖父も戻ってきそうだよな」と言ったら、
祖母は「そうなる気がする」と言っていた。
つい最近まで「もうすぐお迎えが」とか言っていた面々が、祖父が戻ってくると思い出していた。

87 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)12:03:10 ID:X3u
思い始めていたか。すまん

88 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)12:04:28 ID:Cwc
ほうほう。じーちゃんすげーな。

89 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)12:04:53 ID:YIP
すげえな

90 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)12:31:01 ID:X3u
翌朝、以外な人物から電話が来た。
俺は会社を休めて、祖母と母は行く準備をしていた時だった。
叔父から始まった一連の騒動で頑張ってくれた弁護士さんからだった。
弁護士さんと適当な挨拶をすると
「それで早速なのですが、祖父さんの一件はご存知でしょうか……?」
なんと昨日の夕方、祖父は感謝の言葉を弁護士さんへ伝えていたそうだ。
ちなみに息苦しそうに喋っていたとのことで、心配していたらしい。
それよりもボケはどうなったのか、本当に祖父さんなのか、疑っていたそうだ。
弁護士さんは今日にも会いに行くと言っていた。
その通り、俺らが病院につく頃にはすでに大分老けた弁護士さんが居た。
弁護士さんは冗舌なのはしっているが、すでに祖父と談笑していた。
病室に入るなり看護師さんに「あの人に言って頂ければ」とお願いされるほど、正直騒いでた。
その後、俺らが挨拶をすると、弁護士さんは落ち着きを取り戻した。
弁護士「叔父くんの一件……、全くチカラになれず申し訳ございませんでした。
 今まで散々祖父さんの会社と仲良くしてきたのにも関わらず、会社の異変に気がつけず……」
それに対して祖父は、
祖父「またその話か……、お前らは本当に好きだな。
 おめぇはうちの残った家族の為に尽力してくれたんだろ。それでいいじゃないか。
 家内・娘・息子・孫の為にも、沢山動いてくれたと昨日聞いたぞ。ありがとうな。
 それに俺もボケててすまなかったな。じゃ、話はおしまい」
そのままニカニカと笑っていた。
ただ、弁護士さんも涙を流して、祖父の手を何度も上下に振っていた。
同時に「すみませんでした」、そして「ありがとうございます」と何度も謝罪していた。

91 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)12:35:03 ID:X3u
弁護士さんと祖父は、長い付き合いだとは聞いていたが、
大の大人が涙するほど、しかも片方が散々謝罪するほどの関係だとは思いもしなかった。
俺はそれを見守っていると、母が「お父さんは本当にすごい人だったのね」と言って、
祖父が「今頃気がついたか、まあ今の俺は凄くない。
 すごいのはお前らのほうだ。それに偉い。
 誰も謝る必要はない。工場の一件は俺と叔父が悪い。
 そして俺と家を守ってくれた弁護士さんとお前らには、感謝しかできない。
 ……ありがとうなぁ」としみじみと言った。
相変わらず弱々しい格好をしていながらも、祖父は力強く構えていた。
ちなみにもう調子を取り戻し始めていて、
祖父「あー、かったい話をしていると、体硬くなるわ。
 いや、もう固くなって全然動かねーけどな、アハハハ」とか冗談かましてきて、
その不意打ちに俺はものすごく頭の中真っ白になったのを覚えている。
これ以降、あまり話す事はない。
また日にちも飛ぶような話になるが、許してほしい。

92 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)12:40:50 ID:X3u
祖父の意識がハッキリして一週間立つ頃には、ハキハキし始めていた。
体のほうは不自由なままで、毎日の様に「チンコに管が気になって」と言っていた。
あとオムツにも物凄い抵抗覚えていたのと、
意識がハッキリして初めてのお風呂の時、自分の体のみすぼらしさに嘆いたと言っていた
体調の方は、肉付きが良くなってきていた。
「また流動食では力が出ない。すこしでも固形物を」と祖父はせがみ、
流動食+おかゆ少々を腹に入れられるまでになっていた。
おかゆを食べるようになってからは、声が少しだけ大きくなった。
これで完全に元気だったらかなりうるさかった事だろうと今でも思う。
この病室から出ることはありえないでしょう、と言われていた祖父だが
お医者さまも「このまま元気になるようなら病室変える必要があるかもね」と苦笑いしていた。
残念ながら気は元気になったとはいえ、体の方はボロボロ、
24時間体制がしっかりしているこの病室の方がいいと言うことになった。
ちなみにこの時だったと思う。
何日後かは忘れたが、祖父は祖母の顔について謝罪したそうだ。

93 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)12:47:47 ID:X3u
祖母しかいかなかった日に、唐突に謝罪し始めたらしい。
だが、祖母は強く「昔も何度かビンタされたことありましたね」と返したそうだ。
そうすると祖父は更に丸くなり謝罪したという。
留めに祖母は「この傷はビンタではなく、モノによるものですが」と言ったそうだ。
祖母曰く、大分イジメてやったらしい。
家でガッツポーズしながらそういう報告を受けた。
ただ祖母曰く「こんな顔になってどう思いますか?」と聞いた時、
本当に反省しているのか、何何をして悪かったと言う言葉を狙ったそうだが、
祖父は「相変わらずお綺麗な顔だ。俺の家内でいてくれて嬉しい」と答えそうだ
祖母はこれに撃沈。許したらしい。
母も俺も大爆笑したのを覚えている。酷い話かもしれないが。
ただ、祖父はこの日以来、毎日祖母の顔を見るたびに「ごめんなー」と言ってたそうで、
祖母がよく「私が行くたんびに『ごめん』とか言うの!
 私の時だけボケちゃってるの!失礼だ!もういいいっているのに!」と怒ってたww
あとは見舞いに行く度に「ありがとう」と、今日の体調について話をしたり、
俺や父の仕事ぶりについて話をしてくるようになった。

94 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)13:08:38 ID:X3u
一ヶ月ぐらいした時、どこで噂を聞いたのか、
それとも出かける祖母や母や俺の姿を見て察したのかもしれないが、
祖父の元へ、散々疎遠になった親戚が顔を見せるようになった。
それに家にも「祖父さんの具合よくなったの?」と電話が来るようになった。
コレに対して祖父は、「本当にお前らが辛い時だけ、応援や助けてくれた奴だけ相手しろ」、
そして祖父の前に現れた奴らには、最初は気前よく話を聞いてやって、
その次現れた時には、弁護士さんや俺らから聞いたその人物の行動から判断して、
追い返すか、感謝の言葉を伝えるかどうか、そういう判断をしていたらしい。
まさかつい最近まで散々ボケていた老人が、
そこまで聡明になっていると思っていない親戚たちは結構ボコボコにされた。
祖父に直接会いに来た大半は祖父にボコボコにされていた(論破。
やはり幾ら会社が倒産したとはいえ、まだ祖父から絞り出せる物があるだろうと、
舐めてかかった人もいたが、、
一番ひどい目にあったのは、儲け話として「もう一度会社建てよう」と言った人だった。
その人は、俺も認めるほど本当に気に入らない小母さんだった。

95 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)13:11:53 ID:X3u
家が大変なときに態々家にきて、やれマナーがないだの、お菓子が安物だの言った挙句、
「家潰し野郎ども」と「あなた方と縁を持っていると不幸になる」罵ってきたBBAである。
コレに関しては、このBBAが現れる前に伝えていた。
祖父はその気はなくとも話を聞いてやると、まあうまい話しかない。
負の部分の話を全くいっさいしない。ハタから聞いていた俺もうんざりした。
祖父はいろいろ話を聞いた後、「で、偉そうにいうがお前は会社作ったのか?」と尋ねた。
祖父「そんなに借金しても美味しい話なら、お前がマズ会社建ててみろって話だろ?」。
その後、祖父に散々怒鳴られた末に、「二度と、顔を見せるな。末代まで呪うぞ」と脅されていた。
そりゃつい最近まで死にかけてボケ老人だった人が、やけに覇気よくしっかりと怒りながら言うものだから
本当にビビっていたと思う。
その日、廊下で「祖父さん、ボケているんじゃないの?」とストレートに尋ねた上に、
「もうすぐ死ぬ予定じゃなかったの?アレは祖父さんなの?」と祖母に強烈な一撃を加えたがばかりに、
祖母に「アナタと、アナタとの血縁者は、二度と我が家の敷居に入るなァ!!」と物凄い声で怒鳴られていた。
実際、祖父の葬式の日。
家に現れるなり、用意しておいたバケツを意気揚々と祖母は持ち上げ、
バケツ水をBBAぶっ掛けて追い返した。
水をかけられた後に塩を持ってきてぶっかけるものだから、かなり壮絶だったと思う。
ちなみにそこのBBAのお孫さんは来てイキナリ、「お小遣い頂戴」と言って回ったがばかりに、
祖父が三ヶ月の間(正確には二ヶ月?)に選んだ親戚さんたちにこっぴどく叱られてた。
今でもありゃないと思う。今は音信不通でしらない。

96 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)13:14:45 ID:rFx
>>95
塩かけられてもしおうがないよな

97 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)13:15:07 ID:X3u
>>96
俺の婆ちゃんと同じこと言ってて怖い(´・ω・`)……

98 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)13:19:29 ID:o30
じいちゃんかっけー
ばあちゃん可愛い

100 :名無しさん@おーぷん :2016/01/15(金)13:24:21 ID:X3u
>>98
祖父は常に怖いけど、祖母は怒ると怖い。
あの人の更に怖い事は、ちょっとしたイタズラを「故意」で起こせることだと思う。
狙って起こせる。
思い出したけど、玄関に沢山靴が並んでいる中で、そのBBA以外の靴を
全部入り口を正面見て後向きにし、
そのBBAたちや関係者の靴を全部前向きにして、
祖母「あら、さっさと帰る準備が伺えますね?」と、トドメさしてたからね。
怖い人だよ……

TOP お問い合わせ