たった一日彼女ができた話を聞いてほしい
Part5


131 :バンビ:2012/12/29(土) 04:41:33.24 ID:JgRYNnV00
空港に向かう電車、飛行機の中、終始ニヤニヤしてたww
まだまだ問題は山積みだったけど、前回とは違ってもやもやはなかった。
なるようになる。だいぶ考えが楽観的になってたww
玲奈と一緒に住みたいなとか、どこどこに遊びに行きたいなとか、そんなことばかり考えてた。
でも、これが最後の別れになった。
ごめん、ここからは正直書きたい内容ではないんだ。
すでにテンションダダ下がりなんで少し休みます。
ここまで付き合ってくれてる人ありがとー
10分もせずに再開すると思います!!

132 :名も無き被検体774号+:2012/12/29(土) 04:42:33.45 ID:kYtBaWuu0
10分は長いはよしろ

133 :名も無き被検体774号+:2012/12/29(土) 04:42:44.76 ID:yLmt4f540
寝れない

135 :バンビ:2012/12/29(土) 04:47:35.54 ID:JgRYNnV00
飛行機で九州に帰り、玲奈にメールした。
「九州帰ってきたぜぃ!!今日までありがとう。相変わらず脱力感が半端ないww」
そんな感じのメールをしたが、返事がなかった。
家に着いても連絡がないので、おかしいと思い電話したがコール音が響くばかり。
少し心配になったけど、寝たかな?くらいしか考えなかった。
明日から忙しくなる。不安もあるけど、玲奈と二人で乗り越えよう。
その日、疲れていたのもあり俺はすぐに寝てしまった。

137 :バンビ:2012/12/29(土) 04:49:02.72 ID:JgRYNnV00
すると夜中(たしか2時くらい)に携帯に電話があった。
玲奈からだった。
眠い目を擦りながら電話に出た。
俺「もしもし?」
「あ、もしもし?バンビさんの携帯でしょうか?」
俺「?はい、そうですけど・・・。どなたですか?」
「私、玲奈の母親です。」
俺「え?ええ!?あ、いや、あ、初めまして・・・。どうかされましたか?」
このときはね、「うちの娘のために東京に来る?ふざけんな!!」てきな電話かと思いました。

138 :名も無き被検体774号+:2012/12/29(土) 04:49:05.12 ID:CWMPoETM0
みてるぞーがんばー!

139 :名も無き被検体774号+:2012/12/29(土) 04:50:01.00 ID:kYtBaWuu0
これは嫌な予感しかしない

140 :名も無き被検体774号+:2012/12/29(土) 04:50:43.32 ID:KP95H6ce0
やめてくれ…

141 :バンビ:2012/12/29(土) 04:51:12.51 ID:JgRYNnV00
みんなありがとう。頑張るわ。
玲奈母「夜中に申し訳ありません。おやすみでしたよね?」
俺「いえ、それは大丈夫ですけど・・・」
玲奈母「実は、玲奈が交通事故に遭って意識不明なんです」
俺「はい!?ちょっと待ってください。どういうことですか!?」
玲奈母「私も先程東京に着いたばかりなのですが・・・。
本日、バンビさんにお会いしていたんですよね?
帰宅中、自転車に乗っているところで乗用車と事故を起こして・・・今、意識不明の状態なんです」
俺「いや、ちょっと待ってください。どうして僕と会ったことを知ってるんですか?ていうか、なんで・・・えっと・・・ちょっと、すみません・・・」
かなり動揺してた。状況がよく飲み込めない。

142 :バンビ:2012/12/29(土) 04:52:07.86 ID:JgRYNnV00
玲奈母「玲奈の携帯が事故現場の近くに転がっていたらしく、警察の方にお願いしてお預かりしました。
携帯を開くとバンビさんからメールと着信履歴が入っていました」
俺「・・・。病院はどこですか?」
玲奈母「え?○○市の○○病院(東京じゃないけど関東)ですけど・・・九州にいらっしゃるんですよね?」
俺「わかりました。大丈夫です。すぐ行きます。」
玲奈母「え・・・でも・・・お仕事とかは・・・」
俺「大丈夫です。行きます」
玲奈母「・・・分かりました。気をつけて下さいね」
俺「大丈夫です。ありがとうございます」

143 :バンビ:2012/12/29(土) 04:53:13.08 ID:JgRYNnV00
電話を切り、すぐに会社に電話した。
前書いたと思うけど、夜勤もあるぐらいなんで夜も誰かいます。
俺「お疲れ様です。バンビです。」
会社には嘘をついた。嘘の内容は省くけど、とにかく仕事の心配はしなくていいから落ち着いたら来いとのことだった。
正直、嘘をついたことに対する罪悪感はなかった。
それどころじゃなかったっていうのが正しいかもしれない。
すぐに荷物をまとめた。ついさっきまで東京に居て荷物をまともに片付けてなかったので、下着の替えを準備するくらいでそう問題はなかった。

144 :名も無き被検体774号+:2012/12/29(土) 04:53:40.10 ID:3HqKPq7n0
また鬱展開の創作か…
え、まじで?

145 :バンビ:2012/12/29(土) 04:55:09.68 ID:JgRYNnV00
>>144
すまん。信じてもらえんだろうと思いながら書いてる。
ネットで飛行機を探したが、どこもいっぱいだった。
一番早いのでその日の最終便のみ。
俺は決心して車に乗り込んだ。
病院の住所を調べてナビに入れると1000キロ以上あったのを覚えてる。
迷いはなかった。鬼のローンで購入した愛車に乗り込み、高速を走った。
車を運転しだして少し経つと、冷静になってくる。
こっちに着いて電話したときに連絡がつかなかったのはそういうことだった。
ていうか、俺が東京に行ったから自転車に乗って事故に遭ったんじゃないか?
あのとき、カッコつけずに見送りに来てもらっていれば・・・
あのとき、あのとき・・・
今更悔やんでもどうしようもないことが頭から離れなかった。

147 :バンビ:2012/12/29(土) 04:56:01.01 ID:JgRYNnV00
「もし」なんて存在しないのに、そればっかり考えていた。
あまり寝てなかったが、眠気はなかった。
それよりも、国産車の最高速度に腹が立った。
普段はあまり飛ばさないんだけどね。
九州から関東まで、10時間以上かかった。それでも、かなり早い方だったと思う。
トイレに2,3回パーキングに寄っただけだった。
病院につき、すぐに玲奈の携帯に電話した。
玲奈のお母さんが電話に出る。

148 :バンビ:2012/12/29(土) 04:57:00.26 ID:JgRYNnV00
俺「もしもし、今病院に着きました。どこですか?」
玲奈母「ICUです。ロビーに行くので待っていてください」
ロビーで待つ間、不安と緊張で泣きそうになった。
着いたのは夕方近かったので、けっこう人がいたんだが、玲奈母はすぐにどれか分かった。
玲奈に似ていた。でも、目が腫れていることはすぐに分かった。
実の娘がICUに入っているんだ。無理もない。
玲奈母「初めまして。遠いところをありがとうございます」
俺「いえ、大丈夫です。ところで、玲奈さんの容体は?」
玲奈母「・・・。とりあえず、病室に行きましょう」
俺「はい・・・」
ICUまでは無言だった。

149 :バンビ:2012/12/29(土) 04:57:51.62 ID:JgRYNnV00
ICUに入る。俺は言葉を失った。
そこには、顔に白い布を掛けられた玲奈らしき人物が横たわっていた。
俺「玲・・・奈・・・?」
玲奈母「つい先ほどでした。ご連絡差し上げようと思ったのですが、もうだいぶ時間も経っていたのでこちらまでいらしてると思いまして・・・」
俺「玲・・・奈・・・」
玲奈母は泣いてた。
俺は、このとき泣かなかった。
俺「玲奈・・・おい、玲奈・・・。
嘘やろ?ドッキリかなんか?俺の気持ちを確かめようってか?
もう、騙されたばい。降参。俺の負け」
玲奈は返事をしない。動かない。白い布が動かず、息をしていないのが分かる。

151 :バンビ:2012/12/29(土) 04:59:16.41 ID:JgRYNnV00
俺「俺、やっと仕事辞める決心ついたとよ・・・。
東京に来たら高円寺に住みたいとか、車は一旦売るけど、また金貯めて買おうとか、色々考えよったとよ・・・」
冷静なつもりだった。玲奈のお母さんに迷惑かけないでおこうとか、考えてた。
俺「死んじゃいかんやろ。俺、これからどうしたらいいと?
東京来たら、一緒に行きたいとこいっぱいあるよ。
ディズニーランド行こうって約束したやん。一緒に福岡行こうって約束したやん。
ハンドしようって言ったやん。綺麗な海見たいっちゃろ?約束守って、これからまた約束が増えるっちゃないと?
ねぇ、玲奈・・・返事してよ・・・玲奈・・・」
いくら話しかけても、玲奈は返事をしない。

152 :バンビ:2012/12/29(土) 05:00:16.70 ID:JgRYNnV00
認めたくなくて、信じられなくて、何度も名前を読んだ。
最初は、涙なんて出なかったのに、言葉を口にすればするほど、込み上げてくる。
お母さんが黙って白い布を取ってくれた。
玲奈は頭に包帯を巻いたまま目を瞑って、眠っていた。
その瞬間、込み上げてきた感情が、全部出た。
すぐそこにお母さんがいることも忘れて、抱き寄せた。
まだ玲奈の体温は温かかった。でも、顔をつけたとき冷たくて、演技なんかじゃないってそのとき実感した。
服から出ている体の部分部分に包帯や傷が残っていた。
きっと、最後まで生きようとしたんだろう。

153 :バンビ:2012/12/29(土) 05:01:16.95 ID:JgRYNnV00
それでも、死んでいるとは思えなかった。そのくらい、綺麗だった。
言葉がでなかった。ひたすら、玲奈を抱きしめて泣いた。
これから、色々な幸せが待っているはずだった。
思い出が増えていくと思っていた。
なんであのとき、すぐに仕事を辞めて東京に行かなかったんだろう。
なんでわざわざ確かめようってまた東京に行ったんだろう。好きだって分かっていたのに。
そんなことをしなければ、もっと早く行動していれば、こんなことにはならなかった。
今この瞬間も、玲奈と笑っているはずだった。

154 :バンビ:2012/12/29(土) 05:02:23.99 ID:JgRYNnV00
玲奈の首元に最後に渡したネックレスがついていた。
そのことに気づいて、また泣いた。
玲奈母「バンビさん・・・。私、玲奈からバンビさんの話を聞いていました。
すごく大好きな人ができたと・・・」
俺は流れてくる涙を必死で拭う。
玲奈母「これ、この子の携帯で作成中だったメールです。
警察の方がこれを打ちながら自転車に乗っていて事故に遭ったんだろうと・・・」
そう言って携帯を見せてきた。

155 :バンビ:2012/12/29(土) 05:03:22.01 ID:JgRYNnV00
こういうのって、漫画やドラマじゃなくてもあるもんなんだね。
まあ、付き合った次の日に作ったメールだし、今までありがとうとか、そんな重いやつでもないんだけどね。
コピペしようと思ったけど、絵文字とかあるから、見て打ちました。

161 :バンビ:2012/12/29(土) 05:05:16.14 ID:JgRYNnV00
ごめんやっぱ規制引っかかった。
「バンビ君、今日は東京まで来てくれてありがとう。
そして、私のために東京に引っ越すって言ってくれて、ありがとう。
私ね、バンビ君に言わなきゃいけないことがあるんだ。
実はね、私、初めて会ったときからバンビ君のことが好きでした。
彼氏を作ったのも、バンビ君を忘れるためだったんだ。
こんなこと突然言ってごめんね。

162 :バンビ:2012/12/29(土) 05:05:47.32 ID:JgRYNnV00
本当は、何度も諦めようと思った。
でも、諦めきれなくて、前の彼氏と別れたんだ。
フラレたって嘘ついてごめんね(笑)
すぐに連絡しようと思ったけど、彼女とかいたらショック受けそうで送れなかった。
そんなとき、バンビ君から電話があったんだよ。
嬉しかったな。あのとき。
東京に来たら、いっぱい遊びに行こうね。
行きたいところ言ってね!どこでも連れて」
ここでメールは終わっていた。
ここで事故に遭ったってことだろう。
涙が止まらなかった。

165 :バンビ:2012/12/29(土) 05:07:10.58 ID:JgRYNnV00
俺「玲奈・・・。ごめんね。ごめんね・・・」
本当は「ありがとう」って言いたかったのに、この言葉しか出なかった。
今になって考えれば、きっと誰も悪くないんだろう。
強いて言えば、携帯を使いながら自転車に乗った玲奈が一番悪いんだろう。
でも、もう玲奈と馬鹿な話もできない。
あのかわいい声を聞くことができない。
玲奈のご飯を食べることはできない。
大好きな笑顔を見ることができない。
全部、もう、会うことはできない。
そう思うと、涙が止まらず、ひたすら泣き続けた。
永遠の悲しみってやつを知った瞬間だったと思う。

171 :バンビ:2012/12/29(土) 05:08:51.10 ID:JgRYNnV00
俺「玲奈・・・。ごめんね。ごめんね・・・」
本当は「ありがとう」って言いたかったのに、この言葉しか出なかった。
今になって考えれば、きっと誰も悪くないんだろう。
強いて言えば、携帯を使いながら自転車に乗った玲奈が一番悪いんだろう。
でも、もう玲奈と馬鹿な話もできない。
あのかわいい声を聞くことができない。
玲奈のご飯を食べることはできない。
大好きな笑顔を見ることができない。
全部、もう、会うことはできない。
そう思うと、涙が止まらず、ひたすら泣き続けた。
永遠の悲しみってやつを知った瞬間だったと思う。

172 :バンビ:2012/12/29(土) 05:10:05.02 ID:JgRYNnV00
そこからは、淡々と進んだ。
玲奈の父親は他界してて、お姉さんが二人とお母さんだけだった。
俺は、全てにやる気が無くなった。
東京に行くのは止めた。
玲奈がいない東京に行っても意味はないし、玲奈との思い出が残る地に行きたくなかった。
仕事も簡単に休めるような仕事じゃなくて、葬式にも出れなかった。
玲奈とのメールを何度も読み返して、泣いた。
馬鹿な話ばかりだったけど、本気で楽しかった。
大好きだった。

174 :名も無き被検体774号+:2012/12/29(土) 05:10:22.42 ID:CWMPoETM0
マジかよ…

175 :バンビ:2012/12/29(土) 05:11:57.54 ID:JgRYNnV00
結婚したら・・・とか、何度も考えていた。
玲奈のいない世界に居ても意味は無いとさえ思った。馬鹿なのは分かっていたけど、本気でそう思った。
でも、玲奈はきっとそれを望まないだろう。
そんなことをして玲奈に会えたとしても、玲奈は笑ってくれないと思う。
忘れられない。忘れちゃいけない。
約一ヶ月くらい欝状態になってやっと出した結論だった。
玲奈の分まで生きよう。
本当は、玲奈の分まで幸せになるべきなんだろう。玲奈もきっとそれを望むはず。

176 :バンビ:2012/12/29(土) 05:12:37.21 ID:JgRYNnV00
でも、もう少し。もう少しの間だけ、玲奈のことを好きでいたい。
いつかきっと歩き出すから。もう少し、思い出の中で立ち止まっていたい。
たった一日だけの恋人。でも、俺にとっては永遠に忘れられない、大切な人。
玲奈に出会えたという幸せ、玲奈が俺を好きになってくれた幸せ、今、生きているという幸せ。全てを噛み締めて、生きていこう。
ありきたりかもしれないし、正解では無いのかもしれないけど、苦しんで苦しんでやっと出した答えだった。
ただ、例え歩き出しても、玲奈じゃない他の誰かを好きになったとしても、本気で愛した、たった一人の、玲奈という思い出を俺は一生忘れない。

178 :バンビ:2012/12/29(土) 05:14:04.12 ID:JgRYNnV00
以上で終わりです。
長い文章、読んでくれて本当にありがとうございます。
最後らへんは感情が入りすぎた部分がありました。
もう少し書きたかったんだけど、限界です。涙が止まりませんww
正直、ここまで長くなるとは自分でも思ってなかったですww
これは投稿する前に書きためたんですが、書きながら何度も泣きましたww
その後がないことはないんですが、玲奈の話を聞いてほしかったので、書いてません。

182 :バンビ:2012/12/29(土) 05:15:52.36 ID:JgRYNnV00
はしょった部分もあるけど、今はこれ以上は書けないです。申し訳ない。
特定を避けるために微妙にいじった部分もあるし、会話なんかは「こんな会話したなー」とかがあるけど、釣りじゃないんです。
って言うと釣りっぽくなるから言わないようにしてた。
四十九日が終わったと連絡があり、自分の気持ちを整理する意味でも書かせてもらいました。
本当は、玲奈は生きていることにして今ではラブラブやってますよー。
という釣りエンディングも考えましたが、結局は自分の願望であって全く前に進めてない。という結論に至りそのままの形で書かせてもらいました。
玲奈が亡くなったのが、ちょうど二か月近く前です。
質問には可能な限り答えさせていただきます。
本当に、ありがとうございました。

183 :名も無き被検体774号+:2012/12/29(土) 05:16:00.23 ID:CWMPoETM0
お疲れ。彼女分まで一生懸命生きろよ

186 :名も無き被検体774号+:2012/12/29(土) 05:18:00.91 ID:Jr8sgMuR0
おつかれでした

190 :名も無き被検体774号+:2012/12/29(土) 05:19:32.70 ID:t78Sf5HhO
オレも今の彼女が突然交通事故で死んだら
ボロボロに泣くなぁ
間違いなく

192 :名も無き被検体774号+:2012/12/29(土) 05:20:20.19 ID:1Et9ekRM0
全部読ませてもらった。
彼女の分まで絶対に幸せになれよ。
頼むから。

197 :名も無き被検体774号+:2012/12/29(土) 05:26:58.47 ID:3HqKPq7n0
交通事故とか勘弁してほしいよなー
突然いなくなっちゃうんだもんな、
ほんとまいるよねw
10年以上経った今でも夢で見るわwwwww
俺も泣いてくるわ

225 :名も無き被検体774号+:2012/12/29(土) 11:15:56.28 ID:xniSvBbUO
幸せにならないとだな

TOP お問い合わせ