エレン「種付け?」
Part6


257 : ◆B2mIQalgXs:2013/08/07(水) 22:19:48 ID:XgLNivk.
ハンジ(アレだね、君は釣った魚にもエサをやるタイプなんだね。マメなのはいいことだよぉ)ウンウン
ハンジ(…………ま、アレが天然だっていうんだから始末に置けないよ。真剣な思いは伝わる。伝わってしまうものだ)
エレン「あっ、そうだクリスタ! 明日は馬術訓練だろ! コツ教えてくれよ!」
クリスタ「ふぇっ!? わ、わた、私?」アワアワ
クリスタ(ぅう………ダメだ、エレンに話しかけられると、どうしても意識しちゃうよぉ………/////)ドキドキ
エレン「馬術はクリスタがダントツトップだろ? 頼む、クリスタだけが頼りなんだ!!」ズイッ
クリスタ「ッえ、エレン、そ、そんな、顔を近づけなくてもぉ…………(あぅうぁぁあ、え、エレンの、顔が、く、唇が、め、目の、前………)」プシューッ
エレン(俺が名実ともに強くなれば、英雄色を好むとかどーとかでなんとかなるんだ!!)マジデタノム!!
クリスタ「ッ!? う、ううううん、わ、わた、私で、良ければ、そそ、そのぅ………/////」カァァッ
エレン「? どうした、クリスタ。顔が赤いぞ………体調管理は確りしとけよな」ピトッ
クリスタ「ッ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!?(お、おでこ、くっつけ、られ、………)」プシュウウウウウッ
エレン「本当に大丈夫か? なんかフラフラしてるぞ? 医務室行くか?」キョトン
クリスタ「ら、らい、じょうぶ、れす……………//////(わ、私、や、やっぱりこれって、エレンのことを…………)」フラフラ
ハンジ(それが行き違いだろうと勘違いであろうと、真剣な思いってのは伝わるもんだよねぇ…………)フフッ

258 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/07(水) 22:22:55 ID:G2bw8vbI
あっ、このエレンさんまだ微妙にエロ急いでる

259 : ◆B2mIQalgXs:2013/08/07(水) 22:37:08 ID:XgLNivk.
ユミル「おい、死に急ぎ野郎………私のクリスタに何やってんだ」
クリスタ「ゆ、ゆみりゅっ!? ち、ちぎゃう、こりぇはちぎゃうにょっ!(ユミル!? 違う、これは違うのっ!)」ワタワタ
エレン「ん? ああ、クリスタの具合が悪そうだから、ちょっと熱を………」オデコクッツケ
ユミル「そういうことじゃねえ! 私の天使に気安く触れてんじゃねえっつってんだよ!!」ゲシッ
エレン「あ、あいたっ!?」ドサッ
クリスタ「ユ、ユミルッ!? なんてことするの! ご、ごめんね、エレン!」ワタワタ
エレン「あ、ああ、大丈夫だ………ったく、ユミルは相変わらずクリスタ命だな」イタタタ
ユミル「分かってんならクリスタに触るんじゃねえよ、ったく」フンッ
クリスタ「もう、ユミルったら! そんなんじゃ、お嫁にもらってくれる人がいなくなっちゃうよ!!」プンスカ
ユミル「ぅ、あ、は、ははは………は、は………そ、そうかも、な………」キョドキョド
クリスタ「????」
ユミル(………ごめんな、クリスタ。貰ってくれるヤツはいるよ、いるんだよ………そこの死に急ぎ野郎だけどな。強制レイプみたいなもんだけどな………)ズーン
ユミル(わ、私だって、女なんだ………こ、こんなのって、ない…………)ジワッ
エレン「!」

260 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/07(水) 22:39:20 ID:PqBexemc
うらやましいぞ!このエロ急ぎやろう!!

261 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/07(水) 22:41:18 ID:McbvVLOs
早く子作りしろよエロ急ぎ野郎!

262 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/07(水) 22:44:07 ID:G2bw8vbI
末永く爆発しろ!エロ急ぎ野郎!

263 : ◆B2mIQalgXs:2013/08/07(水) 22:44:10 ID:XgLNivk.
ユミル(わ、私だって、よぅ………分かってんだ。性格はねじ曲がってるし、口は悪いし、別に美人ってわけでもない。こんな女が、男から好かれるわけがないってことぐらい)ウルウル
ユミル(け、けど、いいじゃんかよ。人並みに恋したり、手を繋いでデートしたり、き、キスしたり………そのぐらい、夢見たっていいじゃないか)プルプル
ユミル(もう、そんな夢も見れなくなるなんて………ただ、契約で抱かれるなんて、あ、あんまりだ…………あんまりだろ、こんなの………)ポロッ
クリスタ「え、えっ!? ゆ、ユミル………泣いて………? ご、ごめんなさい、私、言い過ぎた!!」
ユミル「い、いや、違う。大丈夫だ、ちっと目にゴミがな、ははは………」ゴシゴシ
クリスタ「そ、そう、なの………?」オロオロ
エレン(!…………そうか。ユミルはハンジさんに脅されてるんだったな。クリスタだって、騙されてるようなものだし………)
エレン(俺に対して良くない思いを抱いてるよな…………同意してないって点からしたら、一番傷ついてるのはユミルなんだよな)
エレン(そう、だよな。男勝りで口が悪いけど、こいつだって女の子なんだし………優しくしてやった方がいいよな)ウンウン
エレン「い、いや、クリスタ! ユミルって、意外と可愛いと思うぞ?」
ユミル「!?」
クリスタ「!!」パァァッ
ハンジ(あ〜〜〜〜〜〜。ありゃクリスタは、クリスタの失言をエレンがフォローしてくれたって勘違いしてるな、きっと。間違いないわ。純粋な子だし)

264 : ◆B2mIQalgXs:2013/08/07(水) 22:53:08 ID:XgLNivk.
エレン「ほ、ほら。今俺を蹴っ飛ばしたのだって、クリスタが盗られると思っての威嚇みたいなもんだろ? 猫が引っ掻くみたいな感じで、可愛いと思うぞ?」
ユミル「は、はぁっ!? そ、そんなんじゃねえよっ!!」ドキッ
ユミル(きゅ、急に何いってんだ、コイツ………/////)
クリスタ「あはは、見方を変えたらそうかも!! ユミルはスラッとしててスタイル良いし、黙っていれば美人なんだから、もったいないよ!!」フフッ
エレン「まぁ、そうだな。ユミルは背ぇ高いし、ほっそりしてて綺麗だよな。クリスタ限定だけど、優しいし」ハハハ
ユミル「っ〜〜〜〜〜〜〜!? な、何言ってやがんだ、この色ボケッ! クリスタが駄目なら、次は私かっ!?」
エレン「は? いや、だってユミルって綺麗だろ? ほら、特に指とかさ。見せてみ?」スッ
ユミル「ッ///////」ビクッ
ユミル(て、て、手!? て、て、にぎ、られ、た………! そういえば、男に手ぇ握られるなんて、初めてかも………)ドキドキ
ユミル(うわ、やっぱ男の手って感じだな。節くれだって、ゴツゴツしてて、熱くて………)ドキドキ
ユミル「って、な、何しやがんだ、おまえっ//////」ドキドキ

265 : ◆B2mIQalgXs:2013/08/07(水) 22:57:30 ID:XgLNivk.
エレン「ほら、クリスタも見てみろよ」スッ
ユミル「ちょ、ちょっ………!?」
クリスタ「あ、ホントだ〜〜!! ユミルってば、指長ーい! 爪の形も綺麗だし、マニキュアとか塗ったら凄く映えそうだよ!」キャッキャッ
ユミル「く、クリスタまで、な、何を…………/////」カァァッ
クリスタ「あっ、ユミルったら顔真っ赤!」クスクス
エレン「はははっ、やっぱ可愛いところあるじゃねえか、ユミル」ハハハ
ユミル「こっ、このっ…………!!!」グワッ
クリスタ「きゃっ、逃げろー!」キャッキャッ
エレン「ははは、捕まえてみろっ!! 今度は蹴られねえからなっ!!」ハハハハ
ユミル「待てっ! 待てこらっ!! 死に急ぎ野郎ッ!!!」シュバッ!!
 マチヤガレーーーッ!!
 ヤダヨ! オマエケットバシテクルダロ!
 ココマデオイデー、ユミルー! アハハハッ!!
ハンジ(恋愛原子核かおまえはって感じだね。なんというか予想通りだけど予想通りすぎて逆に恐れ入ったよエレン・イェーガー…………)ゾクッ

266 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/07(水) 22:59:04 ID:WDr/hq7E
さすが天然ジゴロのエロ急ぎ野朗だな(ほめ言葉)

267 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/07(水) 22:59:11 ID:OxpoJNco
あのハンジさんも恐るほどのエロ急ぎ野郎…
これならペトラさんもなんとかなるかな?

268 : ◆B2mIQalgXs:2013/08/07(水) 23:06:51 ID:XgLNivk.
ユミル「死ねっ!! 死にやがれッ!!」ビュンッ!!
エレン「うおおっ! か、かすったぞ!?」アブネエ!!
アルミン「エレーン! もう食事終わりだよ? どうするの? スープとパン、余っちゃってるけど!」
エレン「つぉっ!? さ、サシャにでもくれてやってくれ!! い、今はそれどころじゃねえっ!」
サシャ「え、ええっ!? く、くれるんですか、スープとパァンを!?」
ユミル「余裕ブッこいてんじゃねえオラアアアアッ!!!」ビュンッ!
エレン「っはぁ! こ、こんな状態じゃ食えるわけねえだろっ………い、いいから食っとけ!!」
サシャ「やったぁああああ! パァン!! もぐもぐ」ニコニコ
サシャ(エレンってば、分かってますねぇ………うん、エレンってばけっこう優しいですし、ここのところ成績がメキメキ上がってますし………はぁ、パァンがおいしい♪)モキュモキュ
サシャ(あの取引は、案外正解だったのかもしれませんねぇ………エレンが、旦那様かぁ………あはは、なんか良く考えると、恥ずかしいですね////)テレテレ
ハンジ(もののついでみたいにサシャ・ブラウスの好感度まで上げやがった………なんなの、君? ホントなんなの?)
ハンジ(君、いつか刺されるんじゃね?)マジデ

269 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/07(水) 23:09:19 ID:QFN9/V.U
ハンジさんも孕ませちゃえばいいんじゃない?(適当)

270 : ◆B2mIQalgXs:2013/08/07(水) 23:12:22 ID:XgLNivk.
ハンジ(さておき…………そんなイチャコメやってるエレン・イェーガーを目の当たりにした、アニ・レオンハートの反応は、どうかな?)チラッ
アニ「…………」ムーッ
ハンジ(!!!? 膨れてる! めっちゃ頬膨らましてるよ!!!?)
ハンジ(こないだまではライナー・ブラウンが降って来ても顔色一つ変えなかったアニが!!)ビックリ
アニ「…………」プクーッ
ハンジ(やっべ! これっ、っべー! まじっべーわっ!! 嫉妬してる! あれ嫉妬してるよ!!)
アニ(なんだろ………やけに、胸がちくちくする。楽しそうにしてるあいつを見てたら、イライラしてきた………)
アニ(………? なんで、イライラしてるんだ、私? 別に、あいつが楽しそうにしてるだけで………いいじゃないか………けど、なんで?)
アニ(…………?????)クビカシゲ
アニ「………?」キョトン
ハンジ(今はまだ無意識っぽいけど、嫉妬されちゃってるよ、エレン!!)スゲエ!!

272 : ◆B2mIQalgXs:2013/08/07(水) 23:17:44 ID:XgLNivk.
〜訓練兵舎・兵舎裏〜
ハンジ「うん! 酷いエロゲ体質だったね!! だけど、私とアルミンくんの考察は正しかった!!」
ハンジ「エレンには、放っておいても女の子が寄ってくるし、勝手に彼を好きになる!!」ドヤッ
ハンジ「これなら、君たちも参戦しても大丈夫そうだね! そうだろ!?」チラッ
リコ「」
ミーナ「」

署名欄:リコ・プレツェンスカ

署名欄:ミーナ・カロライナ
ハンジ「どうしたんだい、二人とも…………『ねんがんのしょじょそうしつのきかいをてにいれたぞ!』って、喜びなよ!」
リコ「」
ミーナ「」
ハンジ「ーーーー笑えよ」ニタリ

273 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/07(水) 23:18:09 ID:IaPfrPPE
被験体としてエレンがその身を捧げるくらいしないと無理そうだな

274 : ◆B2mIQalgXs:2013/08/07(水) 23:21:30 ID:XgLNivk.
リコ「……………ッ、う、ひ、ひっく、うう、うぇぇ」エグッエグッ
リコ(なぜだ、なぜだ………私はハンジに誘われてお酒飲みに行っただけなのに、どうしてこうなった………!!)
ハンジ「それは君たちが駐屯兵団精鋭(笑)だからだよ。薬盛られてあっさり契約書にサインとか………君は凌辱系エロゲのヒロインか何かかい?」プークスクス
リコ「心を読むなぁあああああああああああああああ!!!」ブワッ
ハンジ「そもそも壁外に出ない君ら保守的な駐屯兵団が、何をもって精鋭なの? 冗談はその毛虫みたいな眉毛だけにしてくれないかい?」プププ
リコ「やめろォッ! 私達駐屯兵団の精鋭なんだよ!! もう(笑)みたいな扱いをするのをいい加減にやめてくれよっ!!」
ハンジ「そもそも君って年齢がエレンの要望からすればアウトなんだよ?! 選んであげただけ感謝して欲しいよ!」マッタク!!
リコ「何様のつもりだ、こ、こ、この奇行種…………!!!」ポロポロ
ハンジ「うるせープレッツェル。ポッキーの出来損ないみたいな苗字しやがって」ペッ
リコ「プレツェンスカだよぉおおおおおおおっ!!!! 良くプレチェンスカとかプレシェンツカとか間違われるけど、そんな間違いだけはやめてぇえええっ!!」ビエエエエエッ
ハンジ「そうかい、ウンコ・プレイングスカ。まるでスカトロをプレイング中のド変態みたいな名前だね! そんなだから未だに処女なんだよ?」ニコッ
リコ「」ガフッ
ハンジ「そもそもメガネキャラでかぶってるんだよ! 引っ込んでてよ!!」プンスカ
リコ「」

277 : ◆B2mIQalgXs:2013/08/07(水) 23:29:28 ID:XgLNivk.
ミーナ「またこんな扱いかよ…………まぁいいよ。出番があるだけいいんだよ。愛ゆえにだって、きっと………」アハハ
ミーナ(そうだよ………私がメインヒロインのSSを書いてくれる日が、いつかきっと)ウフフ
ハンジ「ねーよ」ペッ
ミーナ「わ、私が脳内で考えてることを読まないで下さいよぉっ!!」ビクッ
ハンジ「は? 脳内? 海綿体の間違いじゃなくて? 冗談は髪型だけにしてくれないかい?」ププー
ミーナ「もうやめて! その扱いだけはやめて!! これおさげじゃん! 可愛いじゃん!!」
ハンジ「うるせーご立派様。ご神体として崇められるような頭部しやがって。君の頭見る度に同期の男たちが自信なくしてたのがわからないのかい?」
ミーナ「私ってそんな風に見られてたの!?」
ハンジ「君が影でなんて呼ばれているか、知ってるかい、ミーナ・カロライナ? マーラ・ハイラナイナだよ? わぁ、違和感ないね!」ニコニコ
ミーナ「違和感しかありませんから、やめてそれだけは!!!」ブワッ
ハンジ「ところで、君に正常位で挿入したら、頭からち○こ突き抜けてるみたいに見えるんじゃない? わぁ超卑猥なんですけどこのヒト」プッ
ミーナ「」ゲフッ
ハンジ「さしずめ、結構たわわに実ってるそのおっぱいは、キ○タマかな。でっけえキ○タマだなぁ、おい? おら、射精してみせろよ」プププ
ミーナ「」ブシュウッ

278 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/07(水) 23:29:57 ID:WDr/hq7E
リコへの当たりのキツさな何なんだwwwwww

279 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/07(水) 23:30:25 ID:nuADwevo
ハンジは気付かないうちにエレンの毒気にやられてるんだよ
だからほっといても孕んでくれるさ

280 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/07(水) 23:32:46 ID:I2Zu1DxE
>ポッキーの出来損ないみたいな名字
クッソ噴いたwwwww

281 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/07(水) 23:36:52 ID:WDr/hq7E
ミーナもボコボコwwww
この二人はどう言うコウショウ=ジツを受けたんだwwww

282 : ◆B2mIQalgXs:2013/08/07(水) 23:42:17 ID:XgLNivk.
ハンジ「まぁ君たちみたいなスカトロ喪女やデスペニスでも、エレンならきっと愛してくれるよ!」ニコッ
ハンジ「っていうか君らならきっと、出会って三秒で即挿入昇天だよ!! エロ同人みたいに! エロ同人みたいに!」ドヤァ
リコ「」チーン
ミーナ「」チーン
ハンジ(さて…………新しいおもちゃも手に入れたし………)マドノナカチラッ
アニ「すやすや…………エレン………もっと、おんなごころを、まなばないと、けっちゃうよ………すぅすぅ」ムニャムニャ
ハンジ(そろそろ狩るか………♥)ニヤァァッ
ハンジ(あ、それと………一応、様式美だから言わないとね)
ハンジ(ダブルフィィイイイッ………ッシュ)ニヤリッ

【難易度:キングクリムゾン】
 リコ・プレツェンスカーーーーー消えた炎は、消えた瞬間を炎自身さえも認識しない!
 ミーナ・カロライナーーーーーー『結果』だけだ!!この世には『結果』だけが残る!

283 : ◆B2mIQalgXs:2013/08/07(水) 23:44:11 ID:XgLNivk.
※本日はおーわーりー。やっぱり終わりまで書けませんでした畜生。
 明日は残業デー………タイミング悪いんですが、明日投下できるかは不明。
 僕は悪くない。

284 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/07(水) 23:49:26 ID:G2bw8vbI

面白かったよ!

285 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/07(水) 23:56:41 ID:UmGiQ1E.


286 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/07(水) 23:57:20 ID:BPnEPEjY
おつ
今回も素晴らしかった

287 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/08(木) 00:02:43 ID:iYKwIp.E
ゲスハンジ、いいじゃないか!
今追いついたけど腹筋が死んだwww
超乙!
とても面白かった!

339 : ◆B2mIQalgXs:2013/08/10(土) 18:19:15 ID:fIYZMm62
〜調査兵団詰所・会議室〜
ハンジ(さて、決行の準備はほぼ整った。後はコウショウ=ジツが決まらなかった場合の保険を手に入れておきたいところ………なんだが、しかし)
ハンジ(まさか、こんなイレギュラーがあるとはねぇ………)ヤレヤレ
ハンジ(どうしたもんかな、こいつは………)チラッ
ヒッチ「」
モブリット「何故かハンジ分隊長の執務室に侵入しようとしていたので、捕縛しておきました」
ハンジ「猿轡をハメるのも、縛るのも良いとしよう。だがしかし、なんで亀甲縛りにした?」
モブリット「そっちの方が、興奮するからです」ハァハァ
ハンジ「パーフェクトだ、モブリット」
モブリット「感謝の極み」キリッ
ヒッチ「んぅ……………っ!!? んーっ?! んんんーーーーーーっ!!!?」ジタバタ
ハンジ「おや、目が覚めたようだね。で、誰? この子?」

340 : ◆B2mIQalgXs:2013/08/10(土) 18:23:01 ID:fIYZMm62
モブリット「どうやら東のカラネス区の訓練兵のようです。名前はヒッチ・×××」
モブリット「ここトロスト区への来訪目的は、トロスト区訓練兵団との合同演習のためだったようです、が………」
ハンジ「それがどうして調査兵団の詰所への侵入に繋がるんだい?」
モブリット「資料からすると、このヒッチとやら、一応成績上位には入っていますが、どうにも上官への賄賂………主に枕で、成績の水増しを行っている疑いが強いようですね」
ヒッチ「ッ!」ビクッ
ハンジ「なるほどー、じゃあここに侵入した目的は…………ミケ、どうかな?」
ミケ「…………」クンクン
ヒッチ「!? な、何?! なんで匂い嗅ぐの?」
ミケ「!!!」ピタッ
ミケ「オ、オボボーッ………」ゲローッ
モブリット「ミケ分隊長の嘔吐を確認! パターン黒!! 非処女です!!」
ハンジ「!? ミ、ミケ! 大丈夫!?」サスサス

341 : ◆B2mIQalgXs:2013/08/10(土) 18:27:50 ID:fIYZMm62
ミケ「こ、こいつはくせぇッー!! ビッチ以下のにおいがプンプンするぜッーーーーーッ!!」
ミケ「こんなビッチには出会ったことねえほどなァーーーーッ!!」ゲシッ
ヒッチ「んぐぶっ?!」ガハッ
モブリット「とんでもないビッチのようです!」
ハンジ「ヒッチだけにビッチとか笑えないよ。ヒッチだけにビッチとか! もう狙い過ぎだよ!!」
ヒッチ「」
ヒッチ(ア、アイエッ、アイエエエッ! ナンデ!? ハンジ=サン、ナンデ!?)
ヒッチ(あ、アタシはただ、ちょっといいネタがつかめたらいいなって、そう思って、軽い気持ちで侵入しただけなのにッ!)
ヒッチ(見つかったら『迷い込んじゃってぇ〜テヘッ☆』なんつって誤魔化そうと思っていたのに! 実際チャメシ・インシデントめいてラクショーだと思ったのに!!)
ヒッチ『あ、ド、ドーモ、いやぁ〜、迷い込n』
モブリット『イヤーッ!!』ゲシッ
ヒッチ『グワーッ!?』
ヒッチ(有無を言わさず気絶させられた…………コワイ! チョウサ=ヘイダン、コワイ!!)ガクガクブルブル

TOP お問い合わせ