2019/11/24 スレ
Part2


61 :cat :2019/11/24(日) 23:55:02.63 ID:xEY7HMia0
|ω・` )
何年か前に、家に幽霊が出ると書いたんだけど、家族にちびでぶちゃんって呼ばれててみんなそっちを心配してたやつw
ちょっと話が変わったんで書いていいかな?
くら寿司のお土産15人前は食べたちびでぶだよ。いまは呼ばれてないけど
ちょっと腹痛いから、トイレ前にいいよ待ちで書いてた分だけ貼るね
私はいま別の県で喪女してるんだけど、先週弟から電話がきて
前に私が幽霊みたと騒いでたのを、弟は当時小学生ながらうっすら覚えていたようで本当か聞かれたの
それで、みたよと言うと
俺も今月で2回みたと言い出して、同じのかなと慌ててるから、例の画像と状況を説明したら
雰囲気は似てるけど、俺2回目にみたときはゆっくり立って歩いて階段降りてきて、胴長だったから顔はよくわからなかったと言ってて
初めてみた時は見たときは、階段は降りてこなくて2階でただつっ立っていただけらしく、胴がすごい長い!ていうのと
成長してる!
とすごく怖がるので私から親に説明して、何回も幽霊騒ぎがあるから、地鎮祭してくれた神社?にお祓いが可能かの相談をしてもらってる
恥ずかしい話なんだけど、2階の母の部屋にテレビを入れてから、母が独り言全開で撮り溜めドラマを楽しむようになって、初めて見た時は、いつもの様に声が聞こえるので2階の母に冷蔵庫のデザート食べていいか聞いたらしいです。
そして返事がないので、階段数段登ったら胴が長い幽霊が二階にいて
うわ!と言ったら、庭の窓から母が猫連れて帰ってきたと言うことです。
弟も学生で大事な試験を控えているのでなんとかしてあげたいんだけど、成長する幽霊の話って知ってる人いる?
調べてみたんだけど、出てこなくて。
胴が長い幽霊も私のみたのと同じかわからないし。
あと私の話がまとめられてたのは、けっこうびっくりした。みんなちびでぶちゃんを可哀想と思いすぎ、わろす

63 :cat :2019/11/24(日) 23:56:08.56 ID:xEY7HMia0
|ω・` )
さっき実家に電話したんだけど(お祓いの事で進展を聞くため)
地鎮祭をして貰った、お祓いを頼む神社に連絡したら、キャンセル扱いで地鎮祭してないって言われたらしくて、なんかややこしくなってる。
私たち家族と、建ててくれた人も参加して地鎮祭したんだけど、その神社の人達は知らないらしくて、調べたけど記録にもないらしい、キャンセルになったのは書いてあるらしい。
何万も払ったから、幽霊とは別に実家で騒ぎになってる。
この件はまだごたごたしそうなんで、締めてもらっても大丈夫です。
さっき、母から電話きたんだけど、神社の人の話によると
そのころに、手グセが悪くてクビにした事務?の男性がいて、今は逮捕されてるんだけど、詐欺まがいで逮捕されたらしくて、その人と悪い人たちかもしれないというはなしで、謝られたらしい
神社の人は、大事な試験を抱えている不安定な時期なので、リフレッシュさせたり、場合によっては脳の検査をしたらと言う話、もし、また霊をみたり希望があればお祓いはこんな話の後なのでタダ同然でやってくれるらしい
すっきりしないけど、母は家にいるようにして弟がなんかのときに備えるということです

64 :cat :2019/11/24(日) 23:56:27.74 ID:xEY7HMia0
|ω・` )
親は神社の偉い人が自宅まで詫びのお菓子持って来て謝ってくれたから、頼むなら金を払ってと思ってるみたい
それよりも弟が元気ないから脳腫瘍かもと心配してる、来週大きい病院連れて行くらしい
私の時は、私が2浪してたから逃避かと思って、深く触れなかったみたい。その代わり色々美味しいもの食べさせたり、旅行行って話をそらしたらしい。そういえばそんなだった。
悪いことか、ちびちょうでぶになったのど、まだ喪女なことくらい
あと、おばけやしきとか、心霊スポットみたいなとこにはいけなくなった、お腹を下すから。
これが続報だた

72 :毒男 :2019/11/25(月) 00:06:45.95 ID:tA1tlCQK0
>>64
|A-) これちゃんと進行中ww
    やばいやついるな…てか地鎮祭やらないとこんなんなるの?
    やばすぎでしょ

74 :cat :2019/11/25(月) 00:08:09.86 ID:xsA7kCJH0
>>72
|ω・` ) 最初のが2011年かな?
続報2017年だたよ( ´・ω・` )b

75 :毒男 :2019/11/25(月) 00:10:26.02 ID:tA1tlCQK0
>>74
|A-) 続報が2年前とはwww
    地鎮祭もやっただろうしなあ、どうなったか気になるわ…

83 :毒男 :2019/11/25(月) 00:20:12.71 ID:tA1tlCQK0
昔聴いた話なのでほとんど覚えていないが、いちお書いとく。ほんとにあったらしい。
布教活動でしられるある宗教組織JWであった話。
そのJWでは2人で組んでだいたい布教活動する。
場所はどこだったか知らないがある村におばあさんが独りで住んでいる一軒屋があったそうな。
そこにも布教活動にいくわけだが、どうもその家だけは他とは違い、その家に入ると気分がすごく悪くなるという話がよくあったらしい。
そこでそこの家は敬遠されたたぶんいってなかったわけだが、ある気の強い体格のでかい男の信者がそんなの平気だとばかりに、たしかもうひとりの男と組んでその家に布教活動にいったそうな。
そして家の中に二人が入っていって数時間が経過した。
いくらたっても出てこないので仲間の信者がおかしいと思って、その家に入っていったそうな。
そしたら、なんと二人の生首がごろごろと2つおいてあったそうな。
そして警察ざたになったが、おばあさんが大の男2二人をどうやっても殺せないという話になって結局その事件は解決されなかったそうな。
この話、ほんとの話らしく毎日新聞だったか、何新聞だったか載ったそうな。
こわいですな。

92 :名も無き被検体774号+ :2019/11/25(月) 00:31:08.25 ID:fibLKRqSd
>>83
実話で未解決事件ってまじか...
怖いな

88 :cat :2019/11/25(月) 00:28:24.19 ID:xsA7kCJH0
|ω・` ) 地鎮祭のこれだ
余談になるが、近所で教会を建てる時、地鎮祭をしているのを見たことがあるw
詰め襟にロザリオぶら下げた神父さんだか牧師さんだかが、聖書持ってて、その前で神主さんが祝詞w
いいのかそれで!?ww
近所なんで地鎮祭をした理由を聞いてみたんだけど、ちょっと怖かった。
なんでもその神父さんが任官(?)したての頃、地鎮祭をやらずに教会を建てたんだと。
勿論、業者は嫌がって地鎮祭をしてくれと懇願したんだけど、任官したてで頭が固かった
当時の神父さん、聖書を読んで地鎮祭の真似事をして誤魔化し、そのまま工事続行。
工事は何事もなく済んだんだけど、建てて半年も経たないうちに、門柱に居眠り運転のトラックが激突、大破。
その後一年も経たないのに、庭先でやたらと交通事故が起きる上に、とうとう小火(出火原因不明)まで出てしまった。
これひょっとしてヤバいんじゃね?このままだと俺、死ぬ?と思って、慌てて地鎮祭をしたそうな。

90 :あきやま :2019/11/25(月) 00:29:39.26 ID:o8dB/Iqx0
>>88
何か見た事あるぞこれ...

93 :毒男 :2019/11/25(月) 00:33:49.16 ID:tA1tlCQK0
>>88
|A-) ただの偶然では済まない感じだねえ…

94 :cat :2019/11/25(月) 00:35:38.66 ID:xsA7kCJH0
>>93
|ω・` ) やっぱりその土地の宗教じゃないとダメなのではないかと
日本は八百万の神さまの国だからねぇ

98 :毒男 :2019/11/25(月) 00:36:59.31 ID:tA1tlCQK0
>>94
|A-) かもねえ
    外国のことなんてわからんだろうしねw
    まあ気持ちもこもってなかったようだし…

117 :毒男 :2019/11/25(月) 00:48:01.09 ID:tA1tlCQK0
俺が15年前、俺が小学生の頃の話。ある年の2月半ば、親父の会社(○ヨタ)の部下が
「給料が貯まったのでそろそろ車を買いたいから係長(俺の親父)、探してくれ」
と言うので、俺は親父に頼んで、遊び半分で部下の買い物に連れて行ってもらった。
中古車屋の店長は結構愛想のいい人で、特に部下が欲しがった車を見て
「あれは今半額にしてます。お買い得ですよ」
とベタボメ。彼はその場で契約した。
半年後の夏休み。
俺や両親が田舎に帰省する準備をしていた矢先、電話があって
「○○くん(部下の名前)、郷里の長野で事故にあったそうです!!」
って緊急電話があった。
親父が入院先の電話に向った時は、もう脳死状態だった。
帰省するためバイクで国道153号を長野方面に走行中ハンドルを誤って横転、逃げる間もなく後ろから来たバスに轢かれたそうだ。左半身はつぶれて目も当てられなかったらしい。
でも21歳だったから若さで数時間生きていたけど、結局日付変わって間もなく亡くなった。
親父が一番可愛がっていた部下で、俺は初めて親父が泣いているところを見た。
結局、その年はその部下の葬儀や台風などでスケジュールが狂って帰省は出来なかった。
しかも、秋には俺が学校で窓ガラスを割ったり母が貧血で緊急入院したりと何かとついていない1年だった。
次の年の2月、亡くなった部下が車を買った一年後に部下の実家の両親がうちに手紙と写真を送ってきた。
実は部下が車を買ったとき、その店では車を売ったり買ったりしてくれた人を記念撮影してくれるサービスがあって、俺と親父と部下の3人で撮影してもらった。
その写真が届いたんだけど、親父は
「お前は見ない方がいい」
とこわばった顔をしたので、
「見せてくれたっていいだろ」
とせがむと
「じゃあ、父さんの横に来い。決して大声は出すんじゃないぞ」
と言うので、首をかしげながら写真を覗き込んだらもうびっくり。
真ん中に移っている部下の左半身がすっかり消えて向こうの景色が透けている。
しかも店の横の道路には、こちらでは走っていない見知らぬバスが写り込んでいた。
だから写真をそのまま見たら、部下に向って後ろからバスが突っ込んでくるみたいに見えたわけ。
そのバスはやや小さく写っていたので良く分からなかったんだけど、あとで聞いた話では部下を轢いたバスと同じ型、同じ会社のものだったそうだ。
同封されていた手紙には、
「このバス、長野でしか走っておりません…」
って結んであったらしい。
その手紙はもう気味悪くなって間もなく母がこっそり処分してしまったけど、この事件は俺の生まれて初めての怖い体験だった。

119 :cat :2019/11/25(月) 00:52:04.37 ID:xsA7kCJH0
>>117
|ω・` ) うぉぉ…中古車関係の話かと思ったら未来予知だったでござる…こえー

121 :あきやま :2019/11/25(月) 00:54:22.76 ID:o8dB/Iqx0
>>117
こういう話見かけるよね…
写真撮ったら変なのが写ってたりとか・・・

122 :cat :2019/11/25(月) 00:54:33.20 ID:xsA7kCJH0
買った中古車が元凶とかいう…?
付き添いの父と息子と来なかった母まで影響でてるもんね…

124 :あきやま :2019/11/25(月) 00:55:39.04 ID:o8dB/Iqx0
>>122
有名な奴だけど・・・
ある病院に残り三ヶ月の命と診断されている女の子がいました。
友達が二人お見舞いに来た時に、その子のお母さんは、まだその子の体がベットの上で起こせるうちに最後に写真を撮ろうと思い、病気の子を真ん中にして三人の写真を撮りました。
結局それから一週間ほどで急に容体が悪くなり、三ヶ月ともたずにその子はなくなってしまいました。
葬式も終わり、多少落ち着きを取り戻したお母さんはある日、
病院で撮った写真の事を思い出しました。それを現像に出し取りにいって見てみると、その写真が見つかりません。写真屋さんに聞いてみると
「いや、現像に失敗して、、、」
というそうです。
不審に思ったお母さんは、娘の生前の最後の写真だからとしつこく写真屋さんに迫ったそうです。
写真屋さんもしぶしぶ写真をとりだし
「見ない方がいいと思いますけれど、驚かないで下さいね。」
と写真を見せてくれました。
そこには、三人の女の子が写ってましたが、真ん中の亡くなった女の子だけがミイラのような状態で写っていたそうです。
それを見たお母さんはとても驚きましたが、供養してもらうといい写真を持ち帰りました。
それにしても恐ろしい写真だったため、霊能者のところに供養してもらう時に、これは何かを暗示してしているのではないかとたずねました。
すると、霊能者は言いたがりません。
やはり無理に頼み込んで話を聞ける事になりました。その霊能者が言うには
「残念ですが、あなたの娘さんは地獄に落ちました。」

125 :cat :2019/11/25(月) 00:57:38.52 ID:xsA7kCJH0
>>124
|ω・` ) おおおおおあったねーこれも懐かしいw
怖い話全盛期のやつじゃない?
楽しかったよねw

128 :毒男 :2019/11/25(月) 01:03:36.23 ID:tA1tlCQK0
>>124
|A-) 有名な写真の話だねw
    でも写真で死後のことを示してるのは他に無いかもしれない

137 :毒男 :2019/11/25(月) 01:10:52.97 ID:tA1tlCQK0
小学校の時、家の近所に心霊スポットがあった。
一方通行の細い畦道なのだが、特定の時間にその場所を車で通ると、後部座席に何か乗ってくるそうだ。
俺はその真偽が知りたく、近所の中の良いおじさん(といっても20代ソコソコか?)に頼んでそこに連れて行ってもらった。
特定の時間というのは正確には覚えていない。しかし、深夜ではなかった。
まだあたりは薄暗い程度で、夕飯も食べていないような時間だった。
知らない道ではないが、通常はほとんど通る事はない。
舗装もされておらず、片方はブロックの擁壁、もう片方は田んぼになってる。
擁壁の上には民家が一軒あるだけで、その周囲は森になっている。
この道の先には農業用水の大きな溜池があり、基本的には立ち入り禁止になっている。
溜池の周りにはフェンスがしてあり、農繁期以外は鍵がかかっていた。
車は絶対にすれ違う事は出来ない細い道だ。
県道から左に曲がり、民家の門の前を横切るとその道に着いた。
「?○○、うれしそうだな?」
おじさんが言った。
俺はワクワクしていたのだろう。
幼い頃からこの道には入ってはいけないと言われていた。
禁を破って何かをするのって興奮しますよね。
「うん。オバケ出るかな?」
俺が聞くと、
「イヤ、出ないだろw。溜池が危ないから、子供だましの迷信なのさ。ここのオバケはw」
と簡単に夢を打ち破ってくれた。
「えー、つまんないなー。」
俺は言いながら外の風景を見ていた。
そんな会話をしながらもゆっくり車は走り続けていた。
すでに道の半分以上を過ぎていた。
おじさんは、もともと良くしゃべる人ではあったのだが、その日は特に饒舌だった。
昨日の野球のナイターの話に始まり、子どもには関係の無い奥さんへの愚痴、今夜の夕飯は何か?など、とにかく引っ切り無しにしゃべり続ける。
おじさんとの会話に気を取られ、すっかりオバケの事など忘れようとしていた。

138 :毒男 :2019/11/25(月) 01:11:20.64 ID:tA1tlCQK0
溜池に着いた。
フェンスは例によって閉まっている。
フェンスの前には車がUターンする為のスペースが少しだけ設けられている。
おじさんはバックミラーを見ながらUターンを始めた。
その時、一瞬おじさんの眉がピクッと動いたような気がした。
しかし、おじさんは相変わらずくだらない事を話し続けていた。
それでも何か違和感を感じた俺は、そーっとバックミラーを覗き込んでみた。
「○○!見るなーっ!」
急におじさんが叫んだ。
俺はびっくりしておじさんの顔を見た。
目に涙が浮かんでいる。
「見たか?見えたか?え?見たのか?」
おじさんが何度も聞いてくる。俺は
「ううん…見てないよ…、見てない…」
と答えた。
おじさんは、その細い道ではこれが限界だろうと思えるほどのスピードで車を走らせた。
俺はその間ずっと下を見ていた。
細道を抜け、しばらくいくと民家の明かりが明るくなってきた。
少し落ち着きを取り戻したようだが、おじさんは無口だった。
家に送り届けてもらい
「じゃ…ありがと…おやすみ。」
と俺が言うと、
「おやすみ…」
と一言だけ言って帰っていった。
次の日にはいつものおじさんだったが、あの日のことはそれ以後一度も話さなかった。

139 :毒男 :2019/11/25(月) 01:11:53.30 ID:tA1tlCQK0
でも、本当は見えてたんです。
後部座席に白くて小さいおばあさんの顔が。
それも1つや2つじゃありませんでした。
バックミラー一面にびっしり張り付いたように沢山の顔が不規則に並んでいました。
何かしゃべっているのか解りませんが、口を開けたり閉めたりパクパクしながらこちらを見ていました。
先日、久しぶりに帰郷した時、そのおじさんと酒の席で一緒になり、あの時の話をしました。
もう20年以上前の事ですが、お互い鮮烈に覚えていました。
おじさんもやはり同じものを見ていたらしく、しばらくはうなされたそうです。
その話には後日談があり、その内容をおじさんが話してくれました。
俺たちがソレを見た2日後の話です。
その道の脇の擁壁の上に家。
そこで死後2週間程にもなるおじいさんの遺体が見つかりました。
そこには痴呆症気味のおばあさんが、おじいさんの介護の元生活していたそうです。
しかし、ある日、おじいさんが脳梗塞で倒れ、そのまま意識を失いました。
おばあさんは病院に連絡することも無く、倒れたおじいさんを布団に居れ、1人で生活していたそうです。
おそらくおじいさんは程無くして亡くなったのだと思います。
そこには一緒に居るはずのおばあさんの姿は無く、消息は不明でした。
警察や地元の消防団等の捜索が始まりました。
おじさんも消防団の一員だったので捜索に加わりました。
はじめから溜池が捜索の中心になりました。
おじさんは断固その捜索には加わらず、別のチームに居たそうですが。
案の定、溜池からはおばあさんの死体が上がったそうです。
確認はしていないそうですが、おそらくあの時のおばあさんだと思います。
今では綺麗に舗装もされ、田んぼを少し削って道も広くなっていますが、おじさんはあの道には未だに入れないそうです

141 :毒男 :2019/11/25(月) 01:13:30.78 ID:tA1tlCQK0
|A-) 今回の怖い話はここまでー

144 :cat :2019/11/25(月) 01:15:41.78 ID:xsA7kCJH0
>>139
|ω・` ) ちょっと悲しいけどこわいなぁ
おばあさんだれか呼ぼうとして落ちちゃったのかな
痴呆ってたまに正気にもどるんだよねたしか

145 :cat :2019/11/25(月) 01:16:22.95 ID:xsA7kCJH0
>>141
|ω・` ) ありがとー楽しかったー!
今日はにぎやかでさらに楽しかった!

146 :名も無き被検体774号+ :2019/11/25(月) 01:16:29.71 ID:fibLKRqSd
>>141
御意!!!
お疲れ様でした!!!

TOP お問い合わせ