2chまとめサイトモバイル
エロパロ|NARUTO(ナルト)
ネジXシズネ

【イチャ】NARUTOのエロパロ20【パラ】
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1369388090/

30 :ネジXシズネ:2013/06/23(日) 00:18:05.68 ID:UGRGVznC
ネジXシズネ
シズネラブな私としては誰かに貰ってほしい思う今日この頃。
シズネさんは俺の嫁!な場合ネジと良い感じ(?)に終わるので許してもらえる方限定です。
エッチは無しです。エッチだけ見たい人はご勘弁を
今日のシズネさんは強いです!いつもと違うのもイヤという方も読まない方が良いです。

31 :ネジXシズネ その1:2013/06/23(日) 00:23:09.06 ID:UGRGVznC
シズネ「アナタもなの!?これでもうもう4件目よ!」
(シズネは抜けた火影の代わりに雑務に追われる始末)
(シズネが驚くのも無理もない。ネジの同期が次々里から暫く離れる申請を出して来たのだ)
(もっと強くなりたいーサスケ。追伸ーサクラには一切伝えないでくれ。とか)
(俺と赤丸のお嫁さん探してきますーキバ、赤丸。とか)
(心の旅に出ますーチョウジ。とか)
(旅の理由はそれぞれ、それにしても結婚ラッシュとは恐ろしい。これほど里に影響が出るとは・・・)
(今や里の主力になりつつメンバーの相次ぐ離脱、抜け忍ぽいのもいるのだが、とにかく里には痛手だった)
(戦争や他国から諜報の心配は激減したが、未だ混乱の続く木の葉の里にこれ以上の厄介は御免だった)
シズネ「それで、アナタの場合はどんな理由なの?武者修行?婚活?傷心旅行?)
ネジ 「ええ、武者修行です。長らく仕えていた宗家もナルトが婿に、ゴホン!とにかく戦争も終わり
   僕ら血継限界を持つ一族の地位も以前のようには保てなくなりそうです。戦争もない、それはいいのですが、
   僕らの居場所が逆になくなるーそんな未来が来るかもしれないのです。宗家が続いていくには世界に日向の
   白眼と柔拳が非常に優れていて世界の何かに貢献できることを知らしめないといけなくなるのです。」
シズネ「なるほどー、確かに今までは秘密にされてきたこともこの大戦以後秘密が秘密でなくなってくる
   かもしれないわね。尾獣然り、血継限界然りか」
ネジ 「日向家は大名お抱えではないので淘汰される可能性があるのです。その前に今一度武者修行にでてみようかと。」
シズネ「判ったわ。認めましょう。どこに行くか決めているの?」
ネジ 「ダルイさん達がビーさん達と何かするらしいのでそこで腕を磨こうかと思います。目で追えないほどの
   スピードはやはり脅威ですし、それにここからは遠いですね。里の事を少し忘れて一心に修行してみたいので。」
シズネ「それは寂しくなるわね。ちょっとだけ聞きたいんだけど、やっぱりヒナタちゃんとナルトに気を使ってるの?」
ネジ 「な!?なんでそうなるんだ?」
シズネ「顔に書いてあるわよ。ちょっとはヒナタちゃんの事が好きだったんじゃないの?お兄様呼んでくれた子が嫁ぐのは
   ちょっとキュンと来ちゃうわよね?」
ネジ 「からかわないで下さい!俺は日向家を思って・・・いやそれもあるかしれません。今まで兄のように慕って
   くれたヒナタ様がナルトの所へ嫁ぐとなると正直寂しい気持ちがあります。でもそれがヒナタ様の為なら
   仕方ないしですし」
(心に秘めた思いがやはりあるんだわ、とシズネは思った)

32 :ネジXシズネ その2:2013/06/23(日) 00:26:52.11 ID:UGRGVznC
シズネ「それにしても結婚ラッシュなんてホントはた迷惑よねー、アンコも大蛇丸の所へ行っちゃったし里は寂しくなる一方
   あ〜あ、私をここから連れ出してくれるいい男はいないかしらね〜」
(チラッとネジを見る)
(い!?と身構えるネジ)
シズネ「良し決めた!私も私の恋を見つけるために旅に出る!」
ネジ「それは・・・それはおめでとうございます。良い決心だと思います。それじゃ失礼します・・・」
(余計な厄介事に巻き込まれそうなのですごすごと退場しようとしたが・・・)
シズネ「待ちなさい!これは火影代行命令よ!私と一緒に旅に出なさい!」
ネジ 「お断りします。俺は行く所が決まってますし、先方にも”一人で”行くと言っていますので」
シズネ「これは命令です。護衛するのも里の忍者の務めよ。さっき許可したのは誰でしたっけ?」
ネジ 「百歩譲ってシズネさんが同行をするとして、シズネさんは何をするつもりですか?」
シズネ「言ったでしょ〜?お・婿・さ・ん・探・し」
(耳に息を吹きかけながら隠していたくノ一のお色気を披露する)
(耳に息を吹きかけられ、顔を真っ赤にしてたじろくネジ。今まで異性から誘いはあったこともない事もないが
これほど積極的な誘いは初めてで、なによりも年上の面倒見の良いお姉さん的な人からの誘いとなると想定外だった。)
ネジ 「とにかく断る!白眼!」
(とにかく、ここはシズネさんを黙らせて逃げるしかないと決断したネジ)
(シズネさんには悪いがシズネさんの経絡を突いて失神させようしたが・・・)
ネジ 「ぶ!?ぶはああっ!!!!!」
(何かを見てしまったネジ)
シズネ「今アナタは私を失神させて逃げようとしたでしょう?私も同じようなこと考えちゃったの♥」
(シズネは腕から仕込み毒が!いつの間にかネジに打ち込んでいたようだった)
シズネ「それはねー相手の視神経と前頭葉を刺激して妄想させちゃうお薬なの。今女の子を見たら恐らく」
(ドン!と足を大きく開いてスカートの中身を見せるように倒れたネジの前に立つ)
シズネ「恐らく裸とかエッチな事を考えちゃうんじゃないかな〜♥」
(シズネのスカートの中身は年頃の男の子には刺激が強すぎた)
ネジ「ふ、不覚・・・」(ガクッ)
(本能の赴くままに行動しないように自ら意識を断って見せたネジ)
シズネ「ふふ。それも予想済みよ。忍びは裏の裏まで読まないとね♥さー、お姉さんが女の奥の奥までた〜っぷり
   教えてあげちゃうわよー♪旅は長くなりそうだし、楽しみだわw」
(意味深な言葉を残して木の葉の里から新たにネジとシズネは旅立ったのでした)
【お粗末様でした。いい旅になると切に願います】

33 :名無しさん@ピンキー:2013/06/27(木) 13:20:28.74 ID:Pz/dLdTP
乙です!ネジありがとうございます!嬉しい
この職人さんがかくキャラがみんな面白くてw可愛くて楽しかったです
また楽しみにしてます

TOP お問い合わせ