2chまとめサイトモバイル

2chまとめサイトモバイル 掲示板
【参加自由】1レス勝負【2章】
[8] -25 -50 

1: 脳田林 ◆N6kHDvcQjc:2014/10/16(木) 20:04:50 ID:7lTINYd4eE
日程
月…題目候補をあげてもらう
火…題目投票と題目決定
水、木(20時まで)…参加募集、参加発表
金、土(20時まで)…レス投下
土、日…投票
ルール(暫定)
月…題目候補の日
火…題目決定投票(20時締切1人1票です)
水、木…木曜の20時までに参加表明を、時間過ぎたら参加不可。参加表明は匿名でも作者名でも作品名でも可
木の20時過ぎに参加者発表します
金、土…出来た人から順次レス投下。名前のとこに参加レス番号が有ると嬉しい。土曜の20時までに投下する。過ぎたら失格。
土、日…投票はレス番のみ、それ以外は無効票になります。
月曜日に結果発表。
>>2に続きます


950: 名無しさん@読者の声:2018/4/26(木) 16:30:25 ID:5RvUkkuato
>>938

951: 名無しさん@読者の声:2018/4/26(木) 16:38:58 ID:fRftXH9ub.
>>933
952: 名無しさん@読者の声:2018/4/26(木) 18:28:50 ID:tWTtcJpHPg
>>941
953: 名無しさん@読者の声:2018/4/27(金) 05:19:22 ID:v/WEpgVPo.
はい、投票締め切りましたー

>>938「夕飯」
>>941「鏡」

この二つが同率一位となりました!
ので、安価でお題を決めたいと思います

>>954どっちが良いかな?
954: 名無しさん@読者の声:2018/4/27(金) 07:30:44 ID:lNetuGmW7M
両方から好きなの選んで書く!
955: 名無しさん@読者の声:2018/4/27(金) 16:26:23 ID:e4EYpgGo1Q
あい、決まりましたー

今回のお題は
>>938「夕飯」、>>941「鏡」、の二つから好きな方を選んで作品を投稿してください

一人1レスです

では、今から参加者募集しまーす!
書いてみても良いかなーっていう人、挑戦してみたい人、面白そうやないかいって思ってる人、思い付いちゃった!っていう人、参加表明をお願いしまーす
一応、参加表明の締め切りは28日(土)24時までとなっておりますが、作品投稿期間中の飛び入り参加も可能です!!
固く考えずお気軽にどうぞ〜
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
956: 名無しさん@読者の声:2018/4/27(金) 19:58:49 ID:L7gV6e5ZO6
はーい、参加しますよー
957: 名無しさん@読者の声:2018/4/27(金) 23:48:28 ID:JG.oUtp4oY
参加します!
958: 名無しさん@読者の声:2018/4/28(土) 06:29:55 ID:F9UjCotgas
参加しまーす!
959: 名無しさん@読者の声:2018/4/28(土) 20:12:58 ID:wsyAHUIDsw
間に合えば……
960: 名無しさん@読者の声:2018/4/29(日) 04:08:06 ID:e4EYpgGo1Q
それでは、参加者の皆様
今から5月6日(日)24時までに作品の投稿をお願いします!

投稿順は決まっていませんので、出来た!という方から順次投下をお願いしまーす
参加表明してくれた方以外に飛び入りでの参加も大歓迎ですよ〜

それでは1レス勝負…いざ!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
961: 名無しさん@読者の声:2018/4/29(日) 10:24:11 ID:JG.oUtp4oY
お題:「鏡」

女「えっ嘘やばい今日のメイクめちゃめちゃ盛れてるんだけど!!!カラコンもバッチリ馴染んでるし!!!!これは絶対にぜーーーーったいにモテる!!」ワクワク

鏡「いや無理やろ自分」

女「!!!!!?!!」

鏡「何ビビってんねん、ワイが話すんそんなおかしいか??」

女「鏡っ…かかかがみが…シャァベッタァァァァァァァ!!!」

鏡「やかましいわ!!ほらまずその化粧!!!マスカラどんだけ塗るんや!!!コッテコテやないか!!落とせ!すぐ落とせ!!」

女「あっあっ…ハイ…」おとしおとし

鏡「…自分あれやな、幸薄い顔やな…」ションボリ

女「あんたが落とせって言ったんじゃん……」

鏡「まあアレや、その化粧は女ウケはええけど男ウケは最悪やと思うから、今からワイの言う通りにメイクしてみ」

女「ハァ…??」

鏡「ええからええから」

―1時間後―

女「でっ…出来た!!!嘘、清潔感バッチリでしかも可愛い……鏡なのにメイクアドバイスバッチリだし…すごい、すごいよ鏡!!!!」パァァア

鏡「………」

女「ん??どうしたのよ、浮かない顔して」






鏡「自分やっぱり何やっても幸薄いな」


女「お前やっぱり叩き割ってやろうか」


終わり
962: 名無しさん@読者の声:2018/4/29(日) 14:59:03 ID:L7gV6e5ZO6
「鏡が怖いんです」

視線を落ち着きなくさまよわせながら、少女はか細い声でそう言った。

「どんな風に怖いのですか?」

「…自分が映るのが怖いんです。嫌なんです。なんて説明したらいいんでしょう…とにかく、怖くて怖くて、どうしようもなく怖いんです」

「では、普段の生活はどうしていますか?例えば洗面所とか」

私はパソコンに会話内容を打ち込みながら、少女−−今日が初診の患者に尋ねる。

「布とかビニールテープで隠してるんです。お母さ、えと、母も父も私が鏡が怖いのを理解してくれているので、洗面所やお風呂場の鏡は大丈夫なんです。…学校は、難しいですけど」

「成る程、こういう恐怖症に理解のあるご家族は少ないですからね、それはありがたい事です」

「恐怖症、ですか?」

少女の言葉に私は頷き、椅子を回転させて向き直る。可哀想な程にぶるぶる震えていて、長い髪が重そうだ。

「鏡恐怖症と言いまして、世の中にはかなりいらっしゃるんです。あなたのように生活に支障が出る人もたまにいるんですよ」

他にもそういう人間がいると知って、少女は少しばかり安堵の表情を見せる。
だが、卓上のミニカレンダーに視線を向けた途端、少女は耳をばしんと塞いでまた震え始めた。…しまった、プラスチック部分に姿が映り込んだのを見てしまったらしい。

「いや、ごめんなさい、睨まないで、そんな目で見ないで、ごめんなさいごめんなさい、」

「落ち着いて下さい。…映っているあなたが、何か喋っているのですか?」

慌ててカレンダーを引き出しの中にしまい込む。まさか鏡以外にまで反応するとは、かなり症状が………

いや、これは、もしかして。

「嘘つきって、早く返せって、『私』が言うんです。お前の場所はそこじゃない、早く返せ戻せって、でも意味が分からなくて、私、私は」

首を激しく横に振りながら少女は悲鳴のような声で言う。私は看護師を呼び、過呼吸を起こし始めていた少女を医療室に運んで鎮静剤を投与した。


「ただいま」

『お帰り。随分疲れた顔してるな』

「ああ、今日の患者がちょっとな…。と、いかんいかん、守秘義務があった」

うっかり口を滑らせそうになった私に、ほんとに疲れてるんだなという目をして、


『あんまり無理するなよ、「俺」』


鏡に映る『私』が−−もうずっと昔に入れ替わった『俺』が、気遣わしげに言った。
963: 鏡?:2018/4/29(日) 16:47:55 ID:J/TjX./hlQ
 小高い丘の上。粗末という程見窄らしくはなく、瀟洒と評すには管理の行き届いていない、あの屋敷こそが我が住居である。近隣の村人達は風情を解さぬ者ばかりで、『割と住める廃墟』だの『木材以上家未満』だの好き勝手言っているが、東方でワヴィッサビの美学を学べば、己の審美眼の浅薄さに恥じ入る事となるに違いない。
 まあ良い。狭隘な民草を許容する懐の広さも王たる者が備えるべき資質である。
 坂を上り、屋敷へ。軋むドアを開け中へ進む。広間に入ると、メイドがテーブルにぐでーっと突っ伏しながらクッキーを食b跳ね起き残像を残し掃除をし始めた。……まあ良い。懐の広さも以下略。
「お帰りなさいませ御主人様!ぜぇはぁぜぇはぁ」
「ああ、只今。……付いてるぞ、頬」
「フオアァッ!?ちょちちつてちちょっと何を仰ってるのか分かりませんね!」
 手の甲でぐしぐしとクッキーの欠片を払うと、
「そっそれより、収穫は如何でした?」
 この辺りに隊商が来ていると聞いた私は、何か面白いものはないかと覗きに行ったのだ。
「それがだな……こんなものがあった」
 私は懐から油紙の包みを取り出し、テーブルに置いた。
「妖魂宿せし物言う鏡、だそうだ」
「日本語でおk」
「何語だそれは」
 私は包みを解いた。手鏡程の大きさ。長方形の物言う鏡は、不可思議な紋様を表面に映し出している。
「虚空より訪れし異邦人の所持品……という触れ込みだったが」
「胡散くっさ!!それ絶対騙されてるやつじゃないですか!超うける!」
 教わった通りに紋様に触れる。
「そんなモンが喋」
『おはようございます』
「キェェェェェェアァァァァァァァシャベッタアアアアアアアアアア!!??!!?」
 非生物に特定の音声を宿すだけならば、私は当然の事として、多少の魔術的知識があれば誰にでもできる。だが、この鏡は喋る──つまり、思考し、状況に合わせて独自に音声を生み出す事が出来るらしい。
「何でもいい。何か訪ねてみろ」
「うぇえ!?これ返事とかしたら魂的なものがぬるーんと抜かれるパターンのやつじゃないっすよね!」
「もしそうならあの隊商は全滅しているはずだ」
「そ、それもそうか……じゃあ……What's your name?」
 発音。
『私の名前はSiriです』
「なんじゃコイツ突然アナルとか言い出しましたよ御主人様。道徳ゴミかな」
 言ってない。
「Siri」
『はい』
「君は何者だ」
「どうしよう御主人様がケツと会話してる」
『私はSiri、あなたのバーチャルアシスタントです』
「ふむ。この鏡は所持者を補佐する道具という訳か」
「いやいや補佐はあたしの役目だしあたしだってめちゃくちゃ喋りますしやすしきよし!喋るだけじゃなくてさんまとか凄い三枚に下ろせるし!このケツ野郎あんまり凄くないですよ!!」
「機能性で価値を定めるならば私はキミを解雇しなければならない」
「(´゚゚ω゚゚`)」
 擬似人格の生成、及び固着……いや、憑依か。古代の禁呪に似たようなものはあるが、今の人類に知る由もない。異界の産物というのも、値段を吹っかける為のハッタリではなかったという事か。いずれ詳しく調べるとして、今は……
「Siri、夕食のメニューは何がいいと思う」
 メイドの目が光った。
「『今が旬の金目鯛のポワレは如何でしょう』!!」
「くっそケツと被ったああああorz」
「優秀じゃないか」
「いえーい頭がお尻のメイドでーす……」
「だが、Siriは提案は出来ても実際に物理的作用を及ぼす事は出来そうもない。その点は間違いなくキミの方が優れているな」

 数日後、物言わぬ鏡──バッテリーの切れたスマホを携え、旧王とメイドは異界を求めて旅立つ事になるのだが……それはまた別の物語である。
964: 名無しさん@読者の声:2018/4/29(日) 21:21:58 ID:m0se1MhIBE


鏡よ鏡。わたしはだあれ?
鏡の奥にいるわたし
鏡よ鏡。あなたはだあれ?
鏡の奥にいるあなた

美しいのは?(もちろんキミさ!)
醜いかしら?(そんなまさか!)
愛しいの?(心の底から!)
わたしもあなたが(ボクもキミが)

鏡よ鏡。わたしのものよ
わたしもあなたのものだもの
鏡よ鏡。わたしがいるわ
わたしにもあなたしか見えないの

鏡の奥にいるわたし
わたしの奥にいるあなた
あなた。わたし。わたし。あなた
わたしの奥にいる鏡

鏡よ鏡。わたしを見て
わたしが見るあなたでなくて
鏡よ鏡。あなたが見て
わたしはあなたを見ているわ

鏡よ鏡。鏡。鏡。鏡はね。鏡なの
鏡なのに鏡。鏡。鏡じゃなくても
鏡はわたし?わたしが鏡?鏡もわたし?
あなたはだあれ?

鏡よ鏡。あなたはだあれ?
鏡よ鏡。わたしはだあれ?
わたしよわたし。あなたはだあれ?
あなたよ。あなた。わたしはだあれ?

割れる。ガラス。砕ける。一途
一途。砕ける。ガラス。わたし
あなた。割れる。ガラス。砕ける
わたし。あなた。一途。?
965: 名無しさん@読者の声:2018/4/30(月) 03:39:22 ID:0fkJ9hkCL.
夕飯


「下がり散藤紋の三度笠……風蓮一刀流の周防防人とお見受けしたが」
「……如何にも」
「拙者は無至念流の宇堂挺清と申す。……手合わせ願いたい」
「……断る」
「何故か。周防防人と言えば、来る者拒まず只一閃の白刃にて威名を刻むと」
「平時ならば……我が剣閃を求むる者には仁義を以て応えよう」
「では何故!何故か!拙者の剣では足りぬと!我が器量はそなたの剣を受くるに如かずと申すのか!」
「宇堂殿」
「如何に!」
「拙者には家内が居る。御存知か」
「承知している」
「家内が今日……コロッケを揚げている」
「は?」
「馬鹿野郎コロッケだよコロッケ今日の夕飯はコロッケなんだよド畜生!」
「こ、ころ…?」
「この野郎ウチの嫁さんのコロッケはめちゃウマなんだよこの野郎北海道産男爵いも100%のホクホク食感としっかり纏わせた特製生パン粉のザクザク食感の至高のharmony!そこに主張しすぎない程度に加わった牛挽き肉が旨味と深みを与えてくれるんだよ分かるかこの野郎おいこの野郎!」
「あの」
「揚げたてなら何も付けなくてもほっぺが落ちる程旨いんだぞ!そこに手間暇かけた嫁の手作りデミグラスソースが加わったらほっぺが落ちすぎて地球貫通してブラジルが俺のほっぺで緊急事態なんだよ分かるかこの野郎!」
「いやあの」
「コロッケの付け合わせと言えば何だ」
「え、えと…や、野菜……とか?」
「そうだな野菜だな!ウチの嫁はレタスをブイヨンでシャキシャキ食感を残して湯がいたものを出してくれるがこれがまたうまああああああああい!」
「(´・ω・`)」
「そんな訳で拙者は一刻も早く嫁のコロッケが食べたい。故に一刻も早く帰らなくてはならない。これは真理であり原理であり統一宇宙法則根底思想なのだ。分かるな。分からなくても分かれ。では失礼仕る」
「」
966: 名無しさん@読者の声:2018/4/30(月) 18:37:35 ID:RJoNWlUzMg
【夕飯】〜とあるカップルの夜〜

女「賭けをしよう!」

男「どんな?」

女「この2つのハンバーグ、片方はチーズ入り、片方はウズラの卵入りだ」

男「ほう」

女「ウズラを当てた方が勝ち!さあどうする?」

男「むむむ…なら俺はこっちにしよう」

女「じゃあ私はこっちね(くくく…馬鹿め!実はどちらもとろけるチーズを仕込んでいるのだ…)」

男「もぐもぐ」

女「(さあチーズを見つけろ!)」

男「あ、卵入ってたー」

女「!?」

男「ご馳走様でした」

女「え、ちょ、嘘だ!適当なこと言ってズルはダメだよっ!」

男「?どうしたの?疑うなら俺の方見てないで、自分のハンバーグ開けてみたらいいじゃん?」

女「ぐぬぬぬぬぬ…!」

男「…で、勝った人には何か賞品あるの?」

女「…言うことなんでも1つ聞く」

男「じゃあさ、今度は卵入りのやつ作って」

女「…うん」

男「っていうかさ」

女「?」

男「これからもずっと一緒にご飯食べてくれる?」パカッ

女「よ……」

女「喜んで!!」

おしまい
967: :2018/4/30(月) 22:21:09 ID:lNetuGmW7M
『初めてそう思ったのは、10歳にも満たない頃ですね。鏡の中の自分が、まるで他人のように感じました』

ーー所謂、離人症というものですか?

『今病院へ行けばそう診断されたでしょう。しかし僕は今日の今日まで誰にも話さず過ごして…いえ、語弊がありますね』

ーーどなたか話されたのですか?

『ええ、鏡の中の自分に。彼は僕とは似て非なる人物でした。話してみると面白いもので、女性の好みや趣味など、中々に共通点も多く…まあそれは関係ないですね。一番興味深かったのは、彼が僕や母親のことをよく知っていたことです。僕は当時反抗期だったのもあって、よく彼に相談して…そしてまた面白いことに、彼のアドバイスは悉く有益なものでした』

ーー気味が悪いとは思いませんでしたか?

『…時には。しかし彼と話す機会はそう多くはありませんでした。彼は段々姿を現さなくなって…今では鏡の中は僕自身しか写しません』

ーー彼のことで印象的な出来事は?

『そうですね…やはり最後の会話でしょうか。その日は僕が学校を卒業し、実家を出る前日でした。彼はこう言いました…“君は五体満足で本当に良かった”、と。それはどういう意味?と僕が問うと、彼は黙って右手をこちらに見せました』

ーー何があったんです?

『彼の右手には指が3本しか無かったんです。手指欠損と呼ばれる障害ですね。ただ…僕は…彼の指ではなくて…別の物に目を奪われました』

ーー何を見つけたんですか?

『彼の手首、わかりやすい位置に…ほくろがありました。僕と、そして母と全く同じ位置に』

ーーそれでは、彼は。

『恐らくそうだと思います。僕の生まれはご存知の通りの山奥で、当時は古い慣習も色濃く残っていましたから。唯一の心残りは、尋ねる勇気が出ないままに母が逝ってしまったことですが…僕も遠からず彼方へ逝きます。向こうでゆっくり母と、そして彼とまた話をしたいと思っているんですよ』

ーー貴重なお話を聞かせていただいて、誠にありがとうございました。
968: 夕飯:2018/5/3(木) 19:50:52 ID:LEc6H.bS42
妻「お帰りあなた。ご飯にする?お風呂にする?それともア・タ・タ?」
旦那様「に、肉が…肉がぁ〜っ!!」ドドドドド
世紀末救世妻「北斗柔破斬!……北斗神拳の前ではお前など脂肪の塊にすぎん…死ねっ!」
旦那様「ひ、ひでぶ!」バチュン
スーパー旦那リオ「帰り道で1upキノコ取ってて良かった」
孫妻空「おめぇやるなぁ!オラワクワクしてきたぞ!」
野原旦那のすけ「でもオラはペコペコだぞ」
妻「じゃあご飯が先ね。今夜は焼き肉なのよ」ヒョイヒョイッ
旦那「ちょっキミが拾ってるそれ、さっき砕けた僕だけどまさか」
闇妻「ウフフ」
シ旦那先生「いいえ。私は遠慮しておきます」
妻「あらそう?美味しいのに」
旦那(経験済!?)
狩猟妻「というのは冗談で、ちゃんと特売のお肉があるのよ」
旦那川コナン「あれれ〜?おかしいなぁ。このお肉、トレーじゃなくて石板に乗ってるし、ラップの代わりに朴の葉が被せてあるよ?それにほら、キッチン方面でワシントン条約に真正面から喧嘩売ってる光景が見え隠れしてる〜」
妻ン三世「こぉいつぁたまげたなぁ!そんじゃ、まーたなー、とっつぁーん!」
旦那形警部「待て〜い妻ーン!!」



終わった
969: 夕飯:2018/5/6(日) 05:41:01 ID:AnvqXq4B8.
先生「皆さんこんにちは。まとモバクッキングのお時間がやって参りました」
助手「先生、今日のテーマは夕飯という事ですが、何を作っていただけるのでしょうか」
先生「はい、育ち盛りのお子様がいるご家庭にぴったりな、たっぷり旬野菜の 【ぎしぎし】 【焼肉定食】 です」
助手「では先生、お願いします」
先生「まず最初に、キャベツを執拗に千切りにしていきます」
助手「執拗に」
先生「なるべく怨念を込めていくと良いですね」
助手「いきなり暗雲が立ち込めて参りました」
先生「続いてトマトを次々に握り潰していきます」
助手「こちらはソースのベースになるのでしょうか?」
先生「いえ、ただのストレス解消です」
助手「」
先生「多少気が晴れた所で、 【康煕帝】 を捌いていきます」
助手「だ、大丈夫なんですかね」
先生「それを決めるのは後世の歴史家にでも任せましょう」
助手「意味はよく分からないけどっょぃ」
先生「ここから包丁を入れて、こう、そしてこのタイミングで 【サバイバー】 をぶち込みます」
助手「使えない場合はどうしたら良いでしょうか」
先生「死んでください」
助手「oh」
先生「キッチンは戦場です。力無き者が戦場に立てば待ち受けているのは死神の鎌」
助手「ええと、その、うん。がんばります」
先生「いい具合に仕上がったら怨念キャベツ、ちくわ、適当な野菜、ちくわ、焼きちくわ、チーズちくわ、ちくわ、ちくわぶ、ちくわと一緒に鍋へ入れましょう」
助手「ちくわ率」
先生「水300mlを注ぎ、塩、胡椒、フルーチェ、シュモクザメの 【甲状腺】 の絞り汁を加え、弱火にかけます」
助手「煮込み時間はどれくらいですか?」
先生「ここが重要なポイントです。かつて煮込み時間を見誤ったマッケンジーは右大腿部裂傷、左脇腹貫通創、内臓破裂、左腕解放骨折、頭蓋骨陥没骨折という重傷を負いました」
助手「ここまで死線を彷徨う料理があったでしょうか」
先生「煮込み時間は 03 秒きっかりです。コンマ1秒でもズレたら……分かりますね?」
助手「ごくり」

〜時間経過〜

先生「今です!」
助手「はい!」




   / ̄ ̄\
  '‖ 南 ‖
   ‖ 無 ‖
   ‖ 阿 ‖
   ‖ 弥 ‖
   ‖ 陀 ‖
   |∬ 仏 ∬|
  ||ii≦≧ii|
  ||旦|==|旦|_
mWm|二二二二二二|-ff
335.31 KBytes

名前:
sage:


[1] 1- [2] [3]最10

[4]最25 [5]最50 [6]最75

[*]前20 [0]戻る [#]次20

うpろだ
スレ機能】【顔文字






information
QRコード
友達に教える
お問い合わせ
TOP

(C)2009 llike.net/2ch/