2chまとめサイトモバイル

2chまとめサイトモバイル 掲示板
王「ろくな勇者いねえな!」
[8] -25 -50 

1: :2013/5/8(水) 01:33:08 ID:YHEhymVdsU
王「魔王討伐のため、名高き勇者を募ったが、どのような者が集まっておる?」

大臣「現在、笑顔勇者・弱気勇者・知ったか勇者・川柳勇者の四名が集まっています」

王「ろくな勇者いねえな!」


11: :2013/5/8(水) 01:43:06 ID:YHEhymVdsU
川柳勇者「こんにちは私が川柳勇者です」

大臣「うん。見事に川柳になってますね」

王「だからぁ!?俺、もう何回だからって言ってる!?」

川柳勇者「魔王様どうか心を静めてよ」

王「静められるかぁ!てめえ、五文字にするために俺を魔王呼ばわりしただろ!?」

大臣「それほど五七五に当てはめるのは難しいんですよ」

王「知るかぁ!川柳勇者名乗るくらいなんだからそれくらいどうにかせえよ!」

川柳勇者「川柳のプロの私も無理な物は無理。字余り」

王「余りすぎだろ!よくそこまで余らせる勇気があったな!?褒めてやるよ!」

大臣「このように言の葉を操り、相手の心をも操る強き勇者です」

王「全然操れてねえよ!あと何か言の葉とか無駄に風流な表現しないで!むかつくから!」
12: :2013/5/8(水) 01:44:22 ID:YHEhymVdsU
川柳勇者「風流な言葉遊びを楽しむ余裕もないとか……。字余り」

王「うるせえな!てめえはもう少し五七五にとらわれろよ!」

大臣「このように言の葉を操り、相手の心をも操る強き勇者です」

王「それ二回目だよ!俺も同じこと言うけど全然操れてねえよ!操る気がねえんだよ!」

川柳勇者「心外だ言葉遣いのプロなんですけどねえこれでも。字余り」

王「今すぐ役所行って改名してこい!お前今日から字余り勇者な!」

大臣「王様、名前には名付け親の気持ちがこもってます。それを簡単に改名しろ等と……」

王「しかたねえだろ!これで川柳勇者名乗ったら詐欺だぜ!?」

川柳勇者「詐欺じゃないこれが私の川柳の形なのだ。字余り」

王「今の最後、「川柳だ」の五文字でいいだろ!自ら好機を逃してんじゃねえよ!」

川柳勇者「本当だ気付かなかった仮にもプロだと言うのに。字余り」

王「ごめん!わかった!もう魔王討伐行ってくれ!もうお前と一緒にいたくないわ!」

王「いいか、すぐ行けよ!?……川柳勇者よ、魔王を討伐してくるのじゃ!」
13: :2013/5/8(水) 01:45:14 ID:YHEhymVdsU
翌日

大臣「川柳勇者が役所に行きました」

王「あいつマジで役所行ったんか!?それで!?」

大臣「勇ましく手続きを済まそうとしたそうですが、順序が違ったらしく……」

王「役所行って手続き済まして改名、じゃないんだ!?」

大臣「何かまず家庭裁判所に申請する必要があるみたいです。審判の結果、正当な理由とされれば証明書もらえて役所で変更できるみたいです」

王「へー……いや、魔王討伐はどうなったよ!?」

大臣「改名しろと命令したのは王様ですよ」

王「確かに言いましたけども!何て言うかマジでやるとは思わんかったよ!」

王「魔王討伐より優先してやることじゃなくない!?何なの、俺が悪いのかよ!?」

大臣「改名で魔王討伐どころではなくなりましたよ。どうするんですか?」

王「いいよもう!魔王討伐の任を解くよ!帰って字余り川柳作ってろバーカ!」
14: :2013/5/8(水) 01:46:18 ID:YHEhymVdsU
大臣「大変です。募集した勇者がいなくなりました」

王「ろくな勇者いなかったな!時間の無駄でしかなかったわ!」

王「どうすんだよこれ!?もう勇者いねえじゃん!魔王軍にやられるのを待つかぁ!?」

大臣「ご安心ください。この世界にはまだまだ名高き勇者が存在します。引き続き募ってまた集まってもらいましょう」

王「どうせまたわけわかんねえのが来るんだろ!パトラッシュ、俺も何だか眠くなってきたよ!」

大臣「王様、お気を確かに持ってください。魔王軍の脅威に錯乱するのはわかりますけども」

王「俺はね、お前と勇者共に錯乱してんだわ!頼むよ、その内マジでショック死するかもよ!?」

大臣「王様にご安心いただけるよう、今度こそ素晴らしい勇者を集めてみせます」

王「マジ頼むわ!いい加減俺も威厳ある普通の王やりたいんだもん!」
15: 名無しさん@読者の声:2013/5/8(水) 07:05:37 ID:mzHfNYOC9A
支援
16: :2013/5/9(木) 01:11:36 ID:YHEhymVdsU
>>15
支援謝謝。
今から投下していきますねー。
17: :2013/5/9(木) 01:12:33 ID:YHEhymVdsU
翌日

大臣「王様。勇者を募ったところ、新たに数名の勇者が集まりました」

王「……で?どんな奴が来てんの?」

大臣「現在、ポテチ勇者・縄跳び勇者・肩こり勇者・ジャージ勇者の四名が集まっています」

王「期待を裏切らねえなあ!やっぱ予想通りの糞ったれ共だよ!」

大臣「これでも満足いただけないのですか?」

王「俺を何だと思ってるんだ!?俺は馬鹿か!?俺今のラインナップで喜べるのかぁ!?」

大臣「まあ実際に見ていただければ、偏見の色眼鏡も外れると思いますよ」

王「黙れよ!俺は正常だろ!俺が正常だろ!ついでに視力も平常だわ!」

大臣「とりあえず勇者呼んできますね」

王「スルーかよ!」
18: :2013/5/9(木) 01:13:45 ID:YHEhymVdsU
ポテチ勇者「ちわーっす。ポテチ勇者でーす」パリパリ

王「ただのポテチ食ってるデブだわ!アメリカ国籍だとなお完璧だよ!」

大臣「どうですか、この巨体。この巨体から繰り出される強打は魔王軍には脅威となりましょう」

王「いや、これ筋力じゃなくて脂肪なんだわ!言うなれば曙タイプなんだよ!」

大臣「失礼ですね。曙選手は相撲で横綱にまでなった名力士ですよ。脂肪の下には凄まじい筋力があります」

王「でもK−1には向かない体型なんだわ!もうちょい絞れば負けっぱなしじゃなかったかもしれないのにね!」

大臣「K−1では思うような結果が出ませんでしたが、プロレスではけっこう活躍してますよ」

王「お前曙ファンなんか!?わかったごめんごめん曙は立派なアスリートだよ!」

王「でもこいつは違うんだなぁ!こいつにあるのは脂肪だけだよ!」

ポテチ勇者「これでもけっこう筋力ありますよー」パリパリ

王「お前はとりあえずポテチ食うのやめろ!王様の前なんだぞ!?」
19: :2013/5/9(木) 01:14:43 ID:YHEhymVdsU
ポテチ勇者「食べたー。えっと、次は……」

王「普通に二袋目いこうとするなぁ!どんだけ食べる気だ貴様ぁ!?」

ポテチ勇者「あれ……袋が開かない……」

王「手が油でヌチョヌチョだからだよ!一回手ぇ洗え!滑ってうまく掴めないんだよ!」

大臣「この油でヌチョヌチョな手で触られたら嫌ですよね。魔物に触ることで戦意喪失させることが出来ます」

王「そんなデリケートな生き物とちゃうんだよ、魔物は!そんなんだったら笑顔勇者も生きて帰ってきとるわ!」

大臣「王様はこれに触られても平気なんですか?」

王「嫌だよ!でも命に別状はないよ!むかつくだけだよ!」

大臣「それは王様のメンタルが強すぎるだけですよ。ポテチ勇者を信じてください」

王「信じなきゃ話進まねえんだろ!わかったよ、もう!……ポテチ勇者よ、魔王を討伐してくるのじゃ!」

ポテチ勇者「必ず倒してみせます!」スッ

王「握手しねえよ!せめて手ぇ洗ってきてからだろ豚饅頭が!」
20: :2013/5/9(木) 01:15:35 ID:YHEhymVdsU
翌日

大臣「ポテチ勇者が二面で逃亡しました」

王「逃げたじゃねえか、あの豚ぁ!おう、何で逃げてんねん、あの豚はぁ!?」

大臣「勇ましくポテチを買おうとしたそうですが、コンビニが見当たらず……」

王「買いに戻ったのかぁ!どんだけポテチ好きなんだよぉ!勇ましく買うって何だよぉ!?」

大臣「まさか魔界にコンビニがないとは……」

王「まさかじゃねえよ!やっぱりだろうよ!魔物がコンビニ経営するわけないだろ!漫画やゲームじゃないんだぞ!」

王「つーかそれだけポテチが大事なら買い溜めしとけよぉ!十面まで持つよう準備しとけや!」

大臣「ちなみに好きなポテチはピザポテトだそうです」

王「今それぶち込むのかぁ!?どうでもええわぁ!誰もが望まない無益な情報だよ!」

大臣「私はコンソメパンチが好きですね」

王「うすしおだろ!いや、もうポテチいいから次の勇者行こう!」
21: :2013/5/9(木) 01:16:14 ID:YHEhymVdsU
縄跳び勇者「どうも!私が!縄跳び勇者です!」タッタッタッタッ

王「縄跳び跳んでんじゃねえよ!やめろぉ!落ち着いて話を聞けぇ!」

大臣「でも彼は縄跳び勇者なんですよ?」

王「だからって常にやんなくていいだろ!野球選手もオフの時とかあるだろ!」

縄跳び勇者「もっと大技やったら跳んでてもいいですか!?」タッタッタッタッ

王「いや、難易度の問題じゃねえよ!縄跳びの擬音てタッタッタッでいいのか!?」

縄跳び勇者「いきますよー!はいっ!」シュパパパパッ!!

王「おおー……いや、感心しちゃったけども!頼むから止まって普通に話をしてくれよ!」

大臣「どうです?彼、本当に縄跳びを愛してるでしょ?」

王「愛は伝わったねぇ!ただ、魔王討伐に何の役に立つんだってね!」
22: :2013/5/9(木) 01:16:51 ID:YHEhymVdsU
大臣「冷静に考えてみてください。これほどの技をこなすんですから、相当運動神経はいいですよ」

王「……まあそうだね」

大臣「それに縄跳びを鞭のように使えば、武器にもなります」

王「……そうだねえ。ドラクエでも鞭系の武器とかあるしな」

王「おお、なんかいけそうじゃん!肩書き見た時と縄跳び跳びまくってるとこ見た時はどうなることかと思ったけどさ!」

大臣「初めての好感触ですね」

王「まあ肩書きはどうかと思うけど、大事なのは魔王を倒せるかどうかだもんな。よっしゃ!何だかいけそうな気がする!」

王「縄跳び勇者よ、魔王を討伐してくるのじゃ!」
23: :2013/5/9(木) 01:17:38 ID:YHEhymVdsU
翌日

大臣「縄跳び勇者が七面でやられました」

王「けっこう行ったねえ。でも結局駄目だったんだね」

大臣「勇ましく縄跳びを振るったそうですが、最後はサキュバスに……」

王「七面にもなると出てくる魔物も違うね。サキュバスに殺されたの?」

大臣「サキュバスに縄跳びを奪われ、鞭のように打たれて目覚めたそうです」

王「詳細聞くんじゃなかったよ!結局最低なパターンじゃねえかよ!」

大臣「今は完全に調教され、ご主人様となったサキュバスとのSMライフを堪能しているそうです」

王「改名が必要なのまた出てきたよ!今度からドM勇者名乗れって伝えとけボケ!」

大臣「いやあ……人生、何が転機になるかわかりませんねえ」

王「本当だね!あんなに縄跳び愛してたのにね!」

大臣「愛の形はいろんな形があるんですね」

王「あいつのは相当歪んだ愛だけどな!そもそも人と魔物だしさぁ!」

大臣「さて、気を取り直して次の勇者いってみましょう」

王「段取りよくなってきてんな、おい!」
24: :2013/5/9(木) 01:18:32 ID:YHEhymVdsU
肩こり勇者「肩こり勇者です。あー疲れたー……」

王「これは駄目だろ!これはもう明確に駄目だろ!」

大臣「初対面で何故言い切ることができるのですか?」

王「言い切れるよ!何だ肩こり勇者て!?旅立つ前から疲れててどないすんねん!」

大臣「それだけトレーニングとか頑張ったのかもしれませんよ」

王「だとしても本番までにはコンディション整えろよぉ!開口一番疲れたーって何じゃあ!?」

肩こり勇者「肩こり治らないんですよねー。どうすればいいと思います?」

王「湿布とか貼ってみたらぁ!?CMとかで見ますし効くんちゃいますぅ!?」

大臣「よかったですね。これで肩こりも治りますね」

王「肩こり治ったらお前ただの勇者だぞ!いや、その方がいいけども!」
25: :2013/5/9(木) 01:19:24 ID:YHEhymVdsU
大臣「王様、少し落ち着きましょう」

王「これが魔王討伐にどう役立つか屁理屈こねんだろ!?おう、言ってみせろよ!」

大臣「これだけ肩こりが酷いと肩も相当固いと思います。これで体当たりした日には魔物も仰天ですよ」

王「原始的だなぁ!武器も持たずに体一つで攻撃かぁ!倒せるかバーカ!」

大臣「エキセントリック少年ボウイも体当たりを必殺技としてましたよ」

王「それネタだからね!それで笑えってことだよ!こいつはそれを真面目にやろうとしてんの!」

大臣「どんな偉業を成す人物も、最初は理解されず笑われるものです」

王「肩をこるだけの簡単な偉業ですかぁ!?それなら俺だって歴史に載ったるわぁ!」

大臣「王様、そんなことで歴史には載りませんよ(笑)」

王「知ってるよぉ!お前らが支離滅裂だからツッコんでるだけだよ!てめえ笑ってんじゃねえ!」

大臣「とにかく、彼を送り出しましょう。そうすればわかりますよ」

王「そうだね!失敗作ってわかるよね!……肩こり勇者よ、魔王を討伐してくるのじゃ!」
26: :2013/5/9(木) 01:20:18 ID:YHEhymVdsU
翌日

大臣「肩こり勇者が三面でほぐされました」

王「肩こり治っちゃったね!一体誰にほぐされたのかなぁ!?」

大臣「勇ましく体当たりしたそうですが、ゴブリンにほぐされて……」

王「またゴブリンかぁ!物を知ってるだけあって、肩こりのほぐし方もバッチリっすね!」

王「でもさ、肩こり治っただけで生きてんだろ?今なら普通の勇者だからチャンスじゃね?」

大臣「いえ、肩こりをほぐされたことで一般市民になったそうで、既に帰宅しています」

王「何でだよ!?肩こり勇者の肩こり治ったらただの勇者でしょ!どうしてそこまで戻っちゃうの!?」

大臣「どうやら肩こり勇者は肩こり部分に勇者の素質が詰まってたようですね」

王「肩こりに素質詰まった勇者って何!?肩こり勇者ですね!じゃあそもそも肩こり勇者て何なんだよぉ!?」

大臣「勇者とは奥が深いんですね」

王「深くねえよ!等しく浅い屑集団だよ!」

大臣「次の勇者はどうなんでしょうね?来てもらいましょう」
27: :2013/5/9(木) 01:21:18 ID:YHEhymVdsU
ジャージ勇者「ジャージー勇者っす」

王「見事に上下ジャージだな!このまま大学とか行くんだろうなこいつ!」

大臣「別に行っていいじゃないですか。学ぶ場所であっておしゃれする場所ではないですよ」

ジャージ勇者「そもそもジャージーがださいって思ってんのどうっすかね。センスのない奴の私服よりはよっぽど活かしてるっすよ」

王「むかつくなお前ら!この調子だと上下スウェットもいいとか言い出しそうだよ!」

ジャージ勇者「王様の私服よりは千五百倍いいっすよwww」

王「本当むかつくなお前!ああもうわかったよ!どんな服着るのも個人の自由だ!これでいいだろ!?」

ジャージ勇者「王様、正確にはジャージーっすからね。ちゃんと最後伸ばしてくださいよ」

王「どうでもいいだろ!ジャージで伝わるから大丈夫だよ!お前の名前も正確性欠いてっからな!?」
28: :2013/5/9(木) 01:22:31 ID:YHEhymVdsU
王「大臣!こいつがどう魔王討伐に役立つか説明してみせろ!」

大臣「普段からジャージ姿ということは、よくスポーツをやってるんでしょう。運動能力は高いはずです」

王「いいや、こいつはそういうタイプじゃねえよ!ろくにスポーツ出来ねえだろうよ!」

大臣「何故そう言い切れるのですか?」

王「だってキティちゃんのサンダル履いてるもん!完全ヤンキーのノリですやん!」

ジャージ勇者「あ?キティちゃんディスってんすかあ?」

王「キレるポイントがよくわかんないよ!普通キレるとこ、ろくにスポーツ出来ないのとこじゃねえ!?」

ジャージ勇者「はあ……おっさんマジうぜえわぁ……」プハーッ

王「普通に煙草吸うなよ!煙たい……ゴホッ!ゴホッ!」

大臣「自信に満ちている様は非常に頼もしいですね」

王「根拠もなく自信持ちすぎなんだよ!こいつもヤンキー勇者に改名してほしいわぁ!」

大臣「何でそう勇者の名前に噛みつくんですか?」

王「わかりませんか!?お前もけっこう頭いかれてんだなぁ!薄々気づいてたけどなぁ!」

ジャージ勇者「で?俺は結局どうすりゃいいの?おっさん」

王「むかつくわあ!こいつ二面くらいで戦死しねえかなあ!……ジャージ勇者よ、魔王を討伐してくるのじゃ!」

ジャージ勇者「だからジャージー言ってんだろうが糞ジジイ!」

王「もう嫌だよ!怖いよぉ!」
29: :2013/5/9(木) 01:23:25 ID:YHEhymVdsU
翌日

大臣「ジャージ勇者が捕まりました」

王「マジすか!?けっこうやんちゃしてたんだねぇ!」

大臣「勇ましく持ってないと主張したそうですが、警察に麻薬を発見され……」

王「凄いもん持ち歩いてたなあ!もしかして売る気だったんかもね!」

大臣「まさかこのような形で魔王討伐の希望が閉ざされるとは」

王「人々の希望は繋がったよ!ぶっちゃけ警察GJだわ!」

王「ていうか何なんだよ!何でこんなのが勇者名乗ってんだ!何だこの世界!?」

大臣「どんな人にも意外な裏の姿っていうのがあるんですね」

王「こいつは表も酷かったけどな!裏表真っ黒で想像通りとしか言えねえわ!」

大臣「ジャージの色は白でしたけどね」

王「やかましいわ!」
30: :2013/5/9(木) 01:24:30 ID:YHEhymVdsU
大臣「……で、どうしましょう?」

王「今回の勇者も糞の精鋭揃いだったな!本当どうしたもんかね!?」

大臣「仕方ないからまた募集するとしましょう」

王「それ大丈夫なの!?また屑共が集まるんとちゃいます!?」

大臣「しかし、それしか勇者を発掘する方法はないんですよ」

王「世知辛い世の中だよ!どうしたらまともな人材が集まるかなぁ!?」

大臣「魔王は強敵です。そんな魔王を倒す人材はなかなか見つかりませんよ」

王「ぶっちゃけ今は普通の勇者が欲しいんだよ!魔王倒せなくてもいいから、マジ普通の勇者に来てほしいんだわ!」

大臣「とりあえず我々に出来るのは勇者を待つことだけですよ」

王「歯痒いわぁ!可能なら自ら勇者探して常識人だけ集めてぇよ!」
85.11 KBytes

名前:
sage:


[1] 1- [2] [3]最10

[4]最25 [5]最50 [6]最75

[*]前20 [0]戻る [#]次20

うpろだ
スレ機能】【顔文字






information
QRコード
友達に教える
お問い合わせ
TOP

(C)2009 llike.net/2ch/