少女「バレンタインにはパイをあげるねっ」
Part1

少女「バレンタインにはパイをあげるねっ」
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1392212660/

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/12(水) 22:44:20 aRqKLZKo
男「お、いいね、パイ好きだよ」
少女「美味しいパイがあるよ〜」ニヤニヤ
男「パイの実?」
少女「もっといいパイだよ〜」ムニッ
男「源氏パイとかうなぎパイも好きだなあ」
少女「ほれほれ」ムニムニ
男「あ、アップルパイとかも好き」
少女「……」ムニムニ

2 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/12(水) 22:50:27 aRqKLZKo
男「楽しみにしてるから」ニコッ
少女「……う、うん」
男「……」
少女「……」ムニムニ
男「寄せても、胸ないな」
少女「うるさいっ!」

3 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/12(水) 22:54:10 z2lBWagg
いい

4 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/12(水) 22:59:29 aRqKLZKo
少女「むぅ、あの朴念仁はどうやったら私になびくんだろう……」
少女「いっそもう見せるか!?」
少女「回りくどいの、やめちゃうか!?」
少女「右のパイと左のパイ、どっちがい〜い? とかゆって!」
少女「右手でつまんで左手で揉んで! みたいな! みたいな!」
少女「きゃ〜」
男「おい、聞こえてるぞ」
少女「ぎゃ〜!!」

5 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/12(水) 23:07:47 aRqKLZKo
男「お前な、家の中でそういうこと大声で言うのやめろ」
少女「お母さんがいるから?」
男「そうだよ」
少女「お母さん、応援してくれてるよ?」
男「なんてこったい」
少女「お父さんはちょっと反対気味だけど……」
男「……なんてこったい」

6 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/12(水) 23:13:36 aRqKLZKo
男「男手ひとつで育ててきた息子が、できたばかりの妹に求婚されてるってショックだろな」
少女「まあ、いずれわかってくれるよ」ポンポン
男「なんでおれ慰められてんの!?」
少女「私たちの愛に、壁など意味ないのだよ」ポンポン
男「主にお前の愛だろ」
少女「愛してくれてないの?」
男「ん……いや、まあ、それなりに?」
少女「歯切れ悪っ!」

10 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/13(木) 22:37:46 c5qDJ9jA
……
少女「なにつくろっかなあ」
母「あら、なにを悩んでるの?」
少女「んーお兄ちゃんにバレンタイン、なにあげよっかなあって」
母「私のパイをあげる♪ っていうのはどう?」
少女「それはもう無視されちゃった」
母「あそう……」
少女「私やっぱお母さん似だなあ……」

11 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/13(木) 22:43:30 c5qDJ9jA
母「手作りにこだわらなくてもいいんじゃない?」
少女「でもやっぱ、作ってあげたいし」
母「簡単なのは、チョコと溶かして固めて」
少女「ナッツとか入れて?」
母「そうそう」
少女「髪の毛とかもちょっと隠し味で?」
母「そうそう」
男「おいやめろ」

12 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/13(木) 22:52:07 c5qDJ9jA
少女「ちょ、ちょっと、台所は女の聖域よ!」
母「あらあら、だめじゃない、入ってきちゃ」
男「恐ろしい相談が聞こえてきたからだよ!」
少女「もう、お兄ちゃんのエッチ♪」
男「勘弁してくれ」
母「あらあら、私のいないところでお願いね、二人とも」
男「いなくてもダメでしょう!」

13 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/13(木) 22:57:55 c5qDJ9jA
少女「当日まで秘密っ! 見たらだめだよ!」グイグイ
男「食えるもんにしてくれよ……」
少女「ふう、危ない危ない」
母「全身チョココーティングというのもアリよね?」
少女「やっぱり普通に考える」
母「あそう……」

14 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/13(木) 23:11:30 c5qDJ9jA
男「そんなに気合い入れなくていいんだけどなあ」
男「別に市販でも」
男「って言ったら、怒りそうだな、あいつ」
……
少女「むむう、決まらない……」
母「別に市販のでも、お兄ちゃん喜んでくれると思うけれど」
少女「だめ! 手作りがいいの!」
母「どうして?」
少女「だって、他の女に差をつけられちゃう!」

15 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/13(木) 23:18:55 c5qDJ9jA
母「他の女って……」
少女「お兄ちゃんに手作りチョコ渡す女がいたら、私負けちゃう!」
母「大丈夫よ、お兄ちゃんモテないから」
少女「万が一、ということがあるでしょ!」
母「用心深いのねえ」

16 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/13(木) 23:37:06 c5qDJ9jA
……
少女「ふむふむ……プリン……ふむふむ……」カチカチ
少女「ほほう、カラメルソース……なるほど……」カチカチ
男「あいつ、なにしてんの?」
母「パソコンで調べものだって」
男「……あんまり根つめないように、言ったげてくれる?」
母「あなたが言った方が、効果があるんじゃない?」
男「まあ、それもそうなんだけど……」

17 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/13(木) 23:41:59 c5qDJ9jA
母「自分からは、言いたくない、と」
男「あ、や、そういうわけじゃあ」
母「優しいのね、お兄ちゃんは」
男「……」
母「どんなものができても、受け取ってあげてね」
男「……去年は確か……」
母「色はちゃんと茶色だったでしょ?」
男「それだけは覚えてる」

18 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/13(木) 23:46:19 c5qDJ9jA
……
男「……まだやってるっぽいな」
少女「あぎゃー!」
男「……明日起きられなくなっても知らねーぞ」
少女「っ! 痛っ!」
男「あーあ、あの馬鹿……」
……
少女「わ、お兄ちゃんっ! 入ってきたらだめだよっ!」
男「いいから、ほれ、指見せてみろ」
少女「だ、大丈夫だよ?」
男「化膿したらどうすんだ、ほれ、指出せ」

19 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/13(木) 23:51:17 c5qDJ9jA
少女「……ありがと」
男「あとまあ、チョコに血が入ったら大変だからな」
少女「あ、そっか」
男「昔はそういうおまじないがあったらしいけど」
少女「ほんとに?」
男「好きな相手に血を飲ませても、うまくいくとは思えないが……」
少女「ふむふむ……血をチョコに……なるほど」
男「おい、なにがなるほどだ」

20 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/13(木) 23:55:12 c5qDJ9jA
男「よし、治療終わり」
少女「ありがとう」
男「ほどほどにして、早く寝ろよ」
少女「……うん」
男「……じゃあ、おやすみ」
少女「……」
男「ん?」
少女「……一緒に寝る」ギュ
男「……じゃ、片づけるか」
少女「うん」

21 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/13(木) 23:57:36 c5qDJ9jA
明日終わるかなー
明後日かなー
おやすみなさい

22 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/14(金) 00:31:30 a9YVeicY
はぁ
癒される

23 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/14(金) 16:27:40 HU5PLuJg
続きが気になる支援

24 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/14(金) 21:30:07 DckeDQXs
……
少女「明日、誰かにチョコ、もらう?」
男「さあ、どうかな」
少女「くれそうな人、いる?」
男「いないことも、ないな」
少女「……」
男「でもお前のチョコ、最初に食べるから」
少女「……私のチョコ、最後にして」
男「ん? いいけど」

25 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/14(金) 21:34:17 DckeDQXs
少女「んん」モゾモゾ
男「寒いか?」
少女「んーん、ぬくい」モゾモゾ
少女「ぎゅーってして」
男「はいはい」ギュ
少女「もうすぐバレンタインになるし、フライングでパイを揉んでもいいよ」ギュ
男「馬鹿、早く寝ろ」

26 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/14(金) 21:42:31 DckeDQXs
……
男「んん……」モゾモゾ
男「……あいつ、先に起きたのか」
男「……さみい」モゾモゾ
……
少女「おはよーお兄ちゃん、冷蔵庫は開けちゃだめだからね!」
男「おはよう」
少女「帰ってからのお楽しみだからね!」
男「はいはい」

27 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/14(金) 21:47:52 DckeDQXs
少女「行ってきまーす」
男「行ってきまーす」
母「行ってらっしゃい♪」
……
少女「寒いねー」
男「寒いな」
男「チョコ、誰かにあげるのか?」
少女「んーん、お兄ちゃんとお父さんだけだよ」
男「そっか」
少女「気になる?」
男「……」

TOP お問い合わせ