ショートストーリー
ダイコン「くっ、あんた絶対許さないから!」

ダイコン「くっ、あんた絶対許さないから!」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1443514431/

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/29(火) 17:13:51.965 ID:v84UFuR30NIKU
男「さて、今日は焼きサバだ……」
男「たっぷりの大根おろしと一緒になァ!!」
男「どうだ?俺に食われるなんて嬉しいだろう?なぁ……ダイコンさんよぉ」
ダイコン(な、なんて粗暴でいけ好かない男なのっ……!こんなやつに食べられるなんて……!)
男「あ?んだその不服そうな顔は?」
ダイコン「……」
男「なんとか言ってみろや!!」
ダイコン「……」
男「こ、この野郎……!」
男「……ハッ、まぁいい。どうせ何も抵抗できずにおろされるだけなんだからな」
ダイコン(いやっ!いやよ!そんなのいやっ!)
男「じゃあ、いくぜ……?」

2 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/29(火) 17:14:29.086 ID:v84UFuR30NIKU
男「へへっ、準備はいいかぁ?」
ダイコン「くっ……あんたぁ!!絶対に許さないんだから!!」
男「おぉ怖い怖い……ヒヒ、その威勢のよさはいつまで続くかな?ほら、ほら」シャリ…シャリ…
ダイコン「や、やめてっ!」
男「ははは!ちょっとおろしただけですぐこれか?ダイコン様も落ちたもんだなぁ?」
ダイコン「くぅぅっ……///」
男「じゃあ、本格的におろすぞ……?」
ダイコン「やっ、やめっ……!」
男「オラオラオラオラオラオラ!」シャリシャリシャリシャリ!
ダイコン「あ、あたしっ!おろされるっ!大根おろしにされちゃううううううう!!!」
男「はは!ははははは!ははははははは!」

3 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/29(火) 17:15:02.326 ID:v84UFuR30NIKU
男「ふぅ……」
ダイコン「あっ……ぁ……」
男「即おろしだなぁ、ダイコン様よ」
ダイコン「ま、まだよ……」
男「あ?」
ダイコン「あたしは!まだっ……」
男「もう無駄だぁ!!あとは俺に焼きサバと一緒に食われるだけよ!!お前にできることは何もねぇ!!」
ダイコン「……ふ、ふふ……」
男「な……何がおかしい!!?」
ダイコン「せいぜい……おいしくいただくといいわ……できるものならね……」
男「貴様ぁぁぁ……!!」

4 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/29(火) 17:15:03.929 ID:s7Ca1UxH0NIKU
ふむ…

5 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/29(火) 17:15:35.195 ID:v84UFuR30NIKU
男「もういい!サバと一緒にいただいてやるッ!」
ダイコン(あははは……全く気付かないで……ざまぁみろだわ……あのいけ好かない男に、一矢は報いた……わよ……)ガクッ
男「たっぷり脂の乗ったサバに……大根おろしをたっぷりと乗せてぇ……?」
男「食すッッッ!!!」
男「ッ!!??」
男「ぐっ……!!うっ!く、くそぉっ!!こ、これは……!!」
男「か、辛いッッ!!!!」
男「くそがぁぁぁぁぁぁ!!!せっかくのサバも!!白米も!!ご飯が台無しじゃねぇか!!!」
男「……はっ!」
ダイコン『せいぜい……おいしくいただくといいわ……できるものならね……』
男「……ははは……そういうことかよ……てめぇ……」
男「なかなかやるじゃねぇか……」
男「ダイコン、か……」

6 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/29(火) 17:16:15.378 ID:v84UFuR30NIKU
それから数日後
スーパー
男「……」
男(ダイコン……)
男(あのときはついテンションが上がってあんな風に接しちまったが、もし……)
男(もしダイコンを愛してやれば、どうなってたんだ?)
男(俺の期待に答えてくれてたのか?)
男「……」
男「よし!」

7 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/29(火) 17:16:19.999 ID:eZJQ/BzR0NIKU
このスレには光るモノを感じる

8 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/29(火) 17:16:52.022 ID:v84UFuR30NIKU
男「今日はサンマだ。もちろん、たっぷりの大根おろしと共にな」
ダイコン「……私、あなたに食べられるのね」
男「あぁ、そうだ」
男「ははは、しかしいいダイコンだ。いいものを選ぶことができた」
ダイコン「……///」
男「なぁ、聞いてくれるか?」
ダイコン「……なに?」
男「俺な、ちょっと前にも焼き魚と大根おろしの組み合わせをやったのよ」
ダイコン「……それで?」
男「あんときはちょっとハイテンションでよ、ダイコンのことも考えず強引におろしちまった」
ダイコン「最低」
男「それでよ、ダイコンに恨み言投げつけられながらも食ったのよ。そしたらな……辛かった」

9 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/29(火) 17:17:32.664 ID:v84UFuR30NIKU
ダイコン「そんなの、当たり前」
男「はは……そっか」
ダイコン「……私たちは愛されれば愛されただけ輝く。でも、逆に乱暴に扱われると反抗することもある」
男「なるほどね……」
ダイコン「……」
男「わかった。じゃあ、俺がお前を愛する」
ダイコン「あ……///」
男「ダイコン、愛してる。俺のために大根おろしになってくれ」
ダイコン「……///」コクッ

10 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/29(火) 17:17:38.998 ID:rHl6nPE0dNIKU
ほほう

12 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/29(火) 17:17:57.469 ID:Uuz12jtP0NIKU
面白い発想じゃないか

13 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/29(火) 17:18:03.423 ID:v84UFuR30NIKU
男「じゃあ、おろすぞ?」
ダイコン「いい。きて」
男「おう……」
シャリシャリシャリシャリ
ダイコン「んっ///」
男「お、おい、大丈夫か?」
ダイコン「はぁ……はぁ……///……大丈夫、続けて」
男「……わかった」
シャリシャリシャリシャリ
ダイコン「んっ、んっ、んっ///」
男「……」
ダイコン「あっ、あっ///……っ!ダメッ!あああっ!」
ダイコン「……はぁ……はぁ……はぁ……」
ダイコン(///)

15 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/29(火) 17:18:49.565 ID:v84UFuR30NIKU
男「できた……」
ダイコン「愛を注いでもらったから……きっとおいしい。私を食べて……」
男「へへっ、元からそのつもりだぜ?」
男「じゃあ、いただきます」
男(サンマに大根おろしを……乗せるッ!!)
男(そしてッ!うおおおおおおっ!!)
男(食べるッッ!!!)
男「……!!」
男「……」
男(うめぇ……うめぇよ……)ポロポロ
男(くそっ、なんで泣いてんだ俺は……)

16 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/29(火) 17:19:32.016 ID:v84UFuR30NIKU
ダイコン「私はもう消えるけど……大根おろしはどうだった……?」
男「あぁ、あぁ!美味かった!美味かったぞ!!」
ダイコン「そう、よかった……」シュワァァァ…
男「ありがとう、ダイコン……本当に、ありがとう」
男「……」
男「なァ、聞いてるか?すまなかったな、前食ったダイコン」
男「俺、これからはちゃんと愛をもって食うからよ。だから……」
男(ごめんな……そして、ありがとう……)
ダイコン(し、仕方ないわね!許してあげるわよ!その代わり、もう二度とあんなことはしないでよねっ!)
男「い、今、あいつの声が……気のせいか……?」
男「……はは……。よっし!これからも、大根おろし食べるぞぉぉぉ!!」


17 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/29(火) 17:20:28.538 ID:Uuz12jtP0NIKU
いいじゃないか

18 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/29(火) 17:20:30.440 ID:zsJIikmB0NIKU
いいね

19 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/29(火) 17:20:35.126 ID:rHl6nPE0dNIKU


20 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/29(火) 17:20:49.826 ID:DM9LdaSN0NIKU
大根おろし吹いたwwwwwww

21 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/29(火) 17:21:43.649 ID:anZig0hC0NIKU
感動した

TOP お問い合わせ