2chまとめサイトモバイル

大谷翔平 チームMVP・最優秀投手とダブル受賞“1年43億円契約”でエンゼルスと合意

(2022/10)1日(日本時間2日)◇エンゼルスタジアム
エンゼルス大谷翔平投手(28)が、今季のチームMVPに選ばれ、試合前に表彰された。ニック・エイデンハート賞(最優秀投手)とダブル受賞で、昨年に続き、2年連続。今季はここまで投手で15勝8敗、防御率2・35、投球回161イニングで213奪三振、打者では打率2割7分6厘、34本塁打、94打点と投打で安定した成績を残した。


MLB(アメリカ・メジャーリーグ)のエンゼルスは現地1日、大谷翔平選手が約3000万ドル(約43億4000万円)1年契約で合意したことを発表しました。

大谷選手は昨シーズン前に約850万ドル(約12億3000万円)の2年契約を結んでいた大谷選手。昨季は300万ドル(約4億3000万円)、今季の年俸は550万ドル(当時のレートでは約8億9000万円)。来季は5倍以上の大幅アップとなりました。

今季はここまで打者として打率.276、34本塁打、94打点。投手として防御率2.35、15勝(自己最多)、213奪三振。メジャー史上初の投打ともに規定打席、規定投球回の達成が間近に迫っています。

調停権を持つ選手の契約としては、史上最高年俸となった。



海外の反応
それでも彼はまだ低賃金です

海外の反応
Shoheiの300万ドルは仲裁によるものではなく、仲裁を回避するための取引です。

海外の反応
これは仲裁を避けるためでした。

海外の反応
野球初心者です。この年俸調停の意味を説明してもらえますか?

海外の反応
↑基本的に、プレーヤーがメジャー リーグで最初に開始するとき、彼のチームは 6 年間の契約を管理します。最初の 3 年間、彼らは彼に好きなように支払います (通常はリーグの最低額に近い)。次の 3 年間、仲裁委員会が彼の給料をどうあるべきかを決定します。彼らは、そのシーズンの公正な給与を決定するために、パフォーマンスと経験の点でプレーヤーを類似のプレーヤーと比較します.

チームと選手は給与に同意することもでき、ここで起こったことは公聴会に煩わされることはありません。実際、それはほとんどの場合に起こることであり、実際の公聴会はめったにありません。

海外の反応
3,000 万ドルで、彼は十分な報酬を受けていない可能性があります。大谷翔平選手、2023年シーズンの仲裁を回避するためにエンゼルスと1年3000万ドルで契約したことを祝福します。

海外の反応
翔平の頭。金額にはあまり興味がありません。面倒な給料の調停はしたくないので、天使から提示された金額で「OK」と言います。トレーニング、トレーニング、トレーニング!

海外の反応
1年?????それだけ???今すぐ新しい所有者を連れてくる必要はありません😭😭😭😭😭

海外の反応
Shohei は簡単に 5000 万ドルの価値があります。それは、彼が最大の契約を獲得することよりも野球をすることに関心があることを示しています.

海外の反応
大谷は寛大だな

海外の反応
ワールドシリーズのための素晴らしい、安い取引。

海外の反応
彼が2年850万の契約を結んでいたのはおかしい。

海外の反応
そうです、それは彼らが他の優秀なプレイヤーにお金を払い、それを勝ち取るための窓口でした。NBA と NFL では、新人契約の選手がスーパー スターになることがわかります。悲しいことに、天使はメモを受け取りませんでした

海外の反応
心臓が止まりそうになった

海外の反応
本当は、契約延長にサインしたと思ってた(笑)

海外の反応
日本から海を渡ったメジャリーガーは多かったが、彼はこれだけの巨額の契約を結んだ。彼は素晴らしいとしか言​​えません。

海外の反応
彼がプロ野球選手になったとき、彼は両親から毎月 10 万円 (800 米ドル) を受け取りました。しかし、2年後、彼の銀行口座は200万円を示しています… 彼のファンダメンタルズはMLBでも変わっていないかもしれません. 彼は野球に夢中です。彼に彼女ができるか心配です..

海外の反応
来年、エンゼルスが最下位になるとき、私は聞きたくない. 大谷はもっと良いチームにいるに値する。彼らはそこにいたいと思っています。悪いチームでプレーする

海外の反応
いずれにせよ、彼は来年彼らのためにプレーするつもりだった。

海外の反応
これはお得です。仲裁を避ける。長期契約を結ぶには1年以上。

海外の反応
9月の大谷
打率.313、30安打、4本塁打、12打点、13得点
4勝0敗、30IP、防御率1.09、37奪三振

時々、彼が何をしているか忘れてしまうと思います 🙃



※おまけ
🔸年俸調停(参稼報酬調停)
「年俸調停を回避して」という耳慣れない表現に戸惑っている人もいるかもしれない。ここで、MLBの年俸調停制度を改めて説明しよう。

 MLBでは、メジャー経験3年以上でフリーエージェント(FA)権取得前の選手に年俸調停権が与えられる。年俸調停権とは、一言でいえば球団が提示する年俸に異議を唱えられる権利だ。年俸調停権を持つ選手はまず、球団と来季年俸についての希望額を交換する(まず例外なく球団の提示額の方が安い)。その後、ほとんどのケースではほぼ中間の額で合意に至るが、最後までまとまらなかった場合は年俸調停へと進む。

 年俸調停では、裁判よろしく球団側、選手側がデータなどを交えながら互いの主張の正当性を主張し合う。最終的に第三者の調停官が球団側、選手側どちらかの言い分を採用して年俸額が決まる。

 大谷は、20年オフに交わした2年850万ドル(約12億3000万円)の契約が今季いっぱいで満了。ただ、まだFA権を取得していないため、上で説明したような年俸調停のプロセスを経て23年度の年俸が決まるはずだった。言ってみれば今回の契約は、このプロセスを丸々すっ飛ばしたということだ。

 最後の調停会まで進むと、次の年のキャンプまでずれ込む可能性もある。おそらく大谷は年俸をめぐる問題がオフのトレーニングの支障になるのを嫌ったのではないだろうか。それが、レギュラーシーズン終了直前という異例のタイミングでの調停回避につながったのだろう。

 ただ、今回の契約成立を持って「大谷は来季もエンジェルスでプレーする」ことが確約されるわけではない。エンジェルスはその気になればいつでも大谷をトレードできる。すでに来季年俸額を確定させたのは、獲得を狙うチームにとってはかえって好都合という味方もできる。

海外の反応の人気記事

BLM 大谷翔平

ゴット・タレント系

海外の変わった画像

イタリアでティファが大統領候補になってしまう

ドイツ 日本デー

新着記事情報

▼2022/11/30更新 気団・鬼女

妊婦の叫び その十五