2chまとめサイトモバイル

大谷翔平が投打で「球団50年ぶり」の偉業達成!

現地時間7月13日に行なわれているヒューストン・アストロズ戦に「1番・投手」で先発出場している大谷。5連敗中のチームを救うべく、またも連敗ストッパーとしてマウンドに上がった。初回と2回は2つの三振を奪って強力アストロズ打線を封じると、1点を先制した後に2打席目が回ってきた。

カウント1-1からインコースに食い込んできた95.5マイル(約153.7キロ)の4シームをはじき返した打球は、とんでもないスピードでライト線を抜けていき、快足を飛ばした大谷は三塁まで到達。今季2本目となる三塁打は、“投手・大谷”を助ける貴重な2点スリーベースとなったのだ。

もっとも、この三塁打はただの三塁打ではなかった。何と、エンジェルスの先発投手が三塁打を放つのは、1972年6月27日のノーラン・ライアン以来、実に50年ぶりの快挙だったのだ。またしても大谷が、球史にその名を刻んで見せたのだ。 1   2   3 

海外の反応
大谷は今夜ピッチングをしている…
そして彼はちょうど2ラントリプルを打った!



海外の反応
1974年以来、大谷翔平が最初にヒットするチャンスがあります。彼はまた、ピンチで彼を最も抑えることができます。彼は神です。


海外の反応
この才能のあるプレーヤーが、絶えず窒息しているエンジェルのようなくだらないチームでプライムを無駄にしているのは悲しいことです。ドジャース、カブス、レッドソックス、ヤンキースのユニフォームを着て$$$$$$$$$$$を作っている彼に会うのが待ちきれません。彼の才能は無駄になりません。また、この投手打撃のこの話はちょっと古いです


海外の反応
大谷覇権。ジェイズのファンとして、私の神。絶対にこの男を愛し、毎日歴史を目撃することができます。


海外の反応
この男は人々に再び野球を見る理由を与えます。一生に一度の才能。私の新しいお気に入りのプレーヤー。


海外の反応
この男は一人でアストロズを打ち負かすことができます。


海外の反応
そしてエンゼルスはまた負けるでしょう


海外の反応
勝てる、多分勝てるこのゲーム


海外の反応
みなさん、もうすぐです...もうすぐです...


海外の反応
大谷がマウンドをとるとき、チームの全員を動かすのは大谷のエネルギーなのか、それとも何か他のものなのだろうか。


海外の反応
101MPH(162㌔)🔥✅


海外の反応
私はもう一度ここに言います:大谷翔平はMVPです


海外の反応
大谷翔平の最後の4回のスタート:45回の三振、1回の自責点 😮

MLBの歴史上、45回以上の三振で合計1回の自責点を超える、4任のスタートスパンを持つ投手だけですか?

ランディ・ジョンソン
クレイトン・カー
ショウクリス・セール
ジェイコブ・デグロム
それだけです。

大谷は史上5回目。


海外の反応
大谷のスタートは、エンゼルスファンにとって、この季節の砂漠の美しいオアシスのように感じなければなりません。


海外の反応
↑はい


海外の反応
何もすることがない場合は、翔平がピッチングしているかどうかを確認してください。見る価値があります。この男がどれほど世代を超えているかを説明する言葉はありません。


海外の反応
↑はい、でも大谷が終わったら見るのをやめましょう。悲しくなりたくないのなら笑。

※7-1でエンゼルスが勝ちました

※おまけ
大谷翔平、104年ぶり「2桁勝利・2桁本塁打」に王手…
2022年7月14日現在で投手9勝・打者19本塁打
104年ぶりの快挙とは、野球の神様、ベーブ・ルースが1918年に記録した「シーズン2桁勝利、2桁本塁打」の記録だ。大谷は、打者として46本塁打を放った昨季も達成の可能性があったが、投手としては9月3日のレンジャーズ戦までに9勝を挙げていたものの、その後は右腕の張りで登板を回避した影響などもあり、偉業達成は翌シーズンへ持ち越しとなった経緯がある。ソース

海外の反応の人気記事

BLM 大谷翔平

ゴット・タレント系

イタリアでティファが大統領候補になってしまう

天気キャスターの檜山沙耶さんが世界中で大人気

ドイツ 日本デー