2chまとめサイトモバイル

パン・オ・ショコラ vs ショコラティーヌ

パン・オ・ショコラは、フランス南西部のアキテーヌ(Aquitaine)地域圏、旧ガスコーニュ地方(Gascogne)が発祥の、四角く形作られたクロワッサン(Croissant)の生地の中に、2本のチョコレートが詰められたもので、この地域では昔からショコラティーヌ(Chocolatine)と呼ばれています。
国会で、このパン・オ・ショコラの名称変更を提案
注目を集めた、このパン・オ・ショコラ vs ショコラティーヌ論争ですが、国会で話し合われている数千にも上る「食糧と農業」に関する法案修正案の中には、食料の安全に関する法案や殺虫剤の使用禁止、食料品に関する貿易問題など、より重要度の高い議題が多く、ステファヌ・トラヴェール(Stéphane Travert)農業大臣は「この案件は、本質的に議会レベルに達していない」と述べ、あえなく否決されました。

パン・オ・ショコラ vs ショコラティーヌはどっちで呼ぶか国会にもでるほどの討論ですが、日本のお店にあるパン一枚の写真が判定基準にされ大手メディアも取り上げました。


海外の反応
日本人でさえ彼に同意します



海外の反応
日本でパン・オ・ショコラを見たことがあります


海外の反応
ショコラチンという名前は日本で主流です。


海外の反応
3ユーロ。暖かい。


海外の反応
高いのは通関手数料です。


海外の反応
東京のパン屋で見られました。したがって、議論は閉じられ、世界は南西部からのショコラチンを採用しました(チョコレートパンではありません!!) みんなでお食事をお楽しみください!


海外の反応



海外の反応
フランスでも一部のパン屋はショコラチンと言います


海外の反応
いいえ、それはパン・オ・ショコラです。 その上、スーパーマーケットは彼らのパッケージにショコラチンを書きません。


海外の反応
個人的には気にしません...私はパン・オ・ショコラで育ちました、そして私はパン・オ・ショコラと言います


海外の反応
あなたは地獄に行きます

海外の反応の人気記事

BLM 大谷翔平

ゴット・タレント系

海外の変わった画像

イタリアでティファが大統領候補になってしまう

ドイツ 日本デー

新着記事情報

▼2022/11/30更新 気団・鬼女

妊婦の叫び その十五