萌え系
実家の不動産の手伝いをする様になり

http://www.moedb.net/articles/1413804421

実家の不動産の手伝いをする様になり会社を辞めて、実家の不動産の手伝いをする様になり、不動産の免許も一応持っていて、お客様を案内しています。
家の不動産の仕事は、大学生専門に部屋を賃貸します。
親の保証人が無いと契約をしないので、部屋を見にくる時は、親子で来ます。
3月が、ピークでめちゃくちゃ忙しいです。
まれに、夏休みに部屋を替えるお客様もいて案内をします。
そんな時に、事件が起こりました。
その日は、両親が旅行に行っていて、家には、私しかいなく、朝早く携帯の呼び出し音が鳴り起こされました。
昨日、女子会で遅くまで騒いで明け方に帰ったので、寝ぼけて電話をとると、春に契約をした岸さんの
お父さんからでした。
岸さんは、契約した後からも食事に行こうとか、渡したい物があるとか頻繁に電話してきていて凄く迷惑
していました。
断り続けていたら、電話もこなくなりました。
部屋を決める時も、子供はここの物件でいいからと言うのに、10件廻って、ようやく決まりました。
物件を案内する時は、子供の目を盗んで、私のスカートを覗いたり、白々しくお尻を触ったりして、気持ち悪かった
記憶が蘇ってきました。
「真理子さん、おはよう。岸ですけど、息子が、部屋を替えたいから部屋を探して欲しいだけどいいですか。」
契約期間があるから、替えれないでしょうと思いつつ返事をしました。
「おはようございます。矢野さん、今、お部屋を替えたら、帷幄金が発生しますよ。」
「いいですよ。子供の為ですから、真理子さんは、気にしないでください。」
相変わらず、面倒くさいお父さんだ。
「わかりました。岸さんがそう言われるならお部屋を探してご連絡致します。」
「ありがとう。真理子さん、実は、出張で○本県に着ていて、明日には家に帰るから、急で悪いけど今からいいかな」
このオヤジ(-_-#) ピクッ お客様でなければと怒りがこみ上げてきました。
「岸さん急ですね。ちょっと持ってくださいね」
「あれー昨日、社長さんに電話したら、今は、旅行中だから、娘が対応するって言ったけど何も聞いてないの」
ア〜確かに、父親から着信が、二回あったが、女子会の最中だったので取らなかったのを思いだした。
「すみません。父から確かに、電話をもらってますが、取れなくて話をしてないんです。」
「えー社長が、大丈夫って言うから、もうお店の前に着ているよ。」
嘘でしょう。
でも、電話を取らなかったので、こんなことになったのは、間違いないので仕方ないので返事をしました。
「わかりました。岸さんすぐに、お店を開けますので、少しお待ちになってください。」
「良かった。暑いから店の前で、座って待っとくよ。」
家は、自宅兼店舗になっていて、家の座って待たれたら、迷惑なので慌ててお店を開けに行きました。
「すみません。岸さんお店の中で、ちょっと待ってもらっていいですか。着替えてすぐに、ご案内致しますので」
お店の中に、岸さんを案内して、私の中でこのオヤジになんでー父もメールぐらいすればいいのにと思いつつ
お茶の出す準備をしていたら、鏡に写る岸さんが、私の方をジロジロ見ています。
アッと思い私は、露出している服装だから、岸さんがジロジロ見ているんだと思いました。
ちょっと大きめのタンクトップで慌てて出たので、短パンをはいてないので、超ミニスカート状態で、
しかもノーブラなので、岸さんは、いやらしい目で、ジロジロ見ているのです。
今は、前かがみになっているから、岸さんの目線から多分、パンティが見えて覗かれていると思います。
恥ずかしくなり、鏡を見ると、タンクトップの胸元から胸が見えて乳首が、鏡に写し出されています。
昨日の女子会での会話を思い出しました。
友達の尚子が、この前おじさんとエッチをした時テクニックが凄くて、今までの中で、一番感じたことを
言って事を思い出しました。
しつこく舐められて、何回も逝かされて、気持ち良かった。
頭によぎると、なんか変な気分になって、アソコが、熱くなって濡れているのが分かります。
あんなに、気持ち悪かった岸さんに覗かれているのに、信じられないですが、もっと覗かれたい私がいました。
お茶を出す時も胸を覗きやすいようにすると、岸さんの目線は、しっかりと胸元に向いています。
ダメ〜覗かれているのに、感じている、しばらくエッチしてないから欲求不満なのかなー 
「真理子さん、物件を見せてよ。」
私は、物件の資料を岸さんに渡しました。
「岸さん見ててください。すぐに着替えて出発の準備をしてきます。」
「ちょっと説明してよー。おすすめの物件も紹介してよー。」
岸さんに言われて、ソファに座りおすすめ物件を説明していると、岸さんの目線は、胸元と太股辺りを
見ていて話は、うわのそらで、ワザと股を開いてパンティを見やすくすると、ギラギラした目で、見てきて
目で犯されている感じです。
岸さんが、こっち側暗いからと言って立ち上がって、私の横に座りました。
何かされるのかと思いドキドキして、まさか、襲われるじゃないか?
横に座った岸さんは、私の胸元を堂々と覗いています。
「真理子さんのおっぱいは、エロいね。乳首も立っているけど、俺とエッチなこと考えているの」
「え・・・違います。そんなこと考えていません。」
私は、胸元を押さえました。
「俺は、真理子さんのおっぱいを見てエッチなことを考えたよ。さっきは、パンティが見えて、ほらチンポが立って
るよ。エッチなスケスケのパンティをはいてるね。赤でTバックを俺に見せつけて犯して欲しいのー」
岸さんは、私の手を取って股間に持っていかされて触ると、ズボン越しに硬くなっているおちんちんがあります。
ズボン越しですが、岸さんのおちんちんは、硬くて凄く大きいくて久しぶりに触ったせいか、アソコがジンシン
します。
「何をするんですか。エッチなことなんて・・・考えてありません。やめてください。」
「ウソつくなよ。真理子さんの手が、俺のチンポを触っているのに、生チンポ触りたいんだろう。マンコも
濡れているんだろ。触って欲しいだろう」
岸さんの手が私の股間に伸びてきてパンティの上から刺激してきて、ズボンからおちんちんを出して私に握り
させました。
「イャ・・・あん・・ダメ〜〜そんなこと出来ません。あぁぁぁ〜アフンやめて〜〜〜ダメ〜中に入れないで〜〜〜」
指が、パンティの横から侵入してきてオマンコの中に入ってきました。
そして、岸さんの生おちんちんも握ってしまいました。
「いやとか言ってけど、マンコは、ベチョベチョに濡れて洪水状態やんかー。真理子さんドスケベやー。犯して
欲しいやな。俺のチンポどーや、しゃぶりてーかー。」
こんなおじさんに屈辱されているのに、岸さんに言われた通りおちんちんを舐めたくて、そして犯されたいと
思う私がいて、オマンコからベチョベチョと音が聞こえてくるのが、輪をかけて犯されたい気持ちが、高まって
岸さんのおちんちんを手コキしました。
「ダメ〜〜〜あぁぁぁ〜〜もう〜〜〜ダメ〜〜〜」
岸さんが、タンクトップの上から乳首をいじり両肩から服を下げて生胸を揉まれたり舐められたりされて、気持ち
よく岸さんにしがみつきました。
「真理子さんもドスケベやな。ほら、チンポをしゃぶれー」
私は、言われるままに、岸さんのおちんちんを口の中に入れ舐めました。
「ジュポ・・・うぅふ〜ん・・・ジュパジュポ・・・あは〜ん・・・」
あーーーもうーガマン出来ない。真理子を犯して犯して犯して〜岸さんのおちんちんが欲しいのーと叫びたい
気持ちを押さえられない・・・
「真理子さん、もうチンポが欲しいでしょう。犯されたいでしょう。正直に言ったら気持ちいいことしてあげるよ」
もう、ガマン出来ない。
「犯してください。」
「誰を犯すのー」
「わたしを犯してください。」
焦らさないで、もう我慢出来ずに言いました。
「そうか、真理子は、犯してほしいか、バックから犯してやるからケツを突き出せ」
快楽に負けた私は、お尻を岸さんに向けました。
あぁぁぁ〜岸さんのおちんちんが、私の中に入ってくる。
いぃ・・・気持ちいい〜〜〜あぁぁぁ〜〜〜犯して〜もっと突いて〜〜〜私の最後の心抵抗だったのに、
岸さんに突かれると、気持ちよく遂に、声に出てしまいました。
「あん・あん・あんあん・・・いぃ〜いぃ気持ちいい〜〜〜」
「真理子、気持ちいいかー他たっぷりと犯してやるからな。俺も気持ちいいど。」
「気持ちいい〜〜もっともっと突いて〜〜〜真理子のオマンコを犯して犯して犯して〜〜〜」
「アアー真理子のマンコ締まりいいー気持ちいいどーーー」
「あぁぁぁ〜〜〜岸さん・・・もうダメ〜〜〜イクウ〜イクウ〜〜〜〜あぁぁぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」
「真理子ーーー俺もいくどーーーーーー」
岸さんに中出しされました。
私は、岸さんのおちんちんをフェラをしてお掃除しました。
そのまま、お風呂場に行き二回戦をして犯されて、私の部屋に行き三回戦をして犯されてました。
岸さんは、また連絡すると言って帰って行きました。

TOP お問い合わせ