萌え系
どきどき

http://www.moedb.net/articles/1248833776

こんにちは。
どきどきしながら毎号、隅から隅まで読んでいます。
私には子どもの頃から露出への嗜好があったらしく、小学校低学年の頃にはお風呂上がりに裸で庭に出て母にしかられたということが何度かありました。
湯上がりということで火照ったからだをさましたいという欲求だけではなく、日常、服を着ていなければならないところで裸でいるということに何かしらの好奇心があったのだと思います。
中学に入学してから、ときどきではありましたが、深夜、両親が寝静まった頃や両親が留守の時に裸で外に出るということもしていました。
中学になると、さすがにその行為が性的な行為であるということを認識したうえでのことでした。
もちろん、罪悪感はありました。
けれども、それを打ち消すだけの強い誘惑に負けてしまっていたのです。
私の秘密の行為は高校を卒業するまで続けられました。
そして、大学へ入学。
しばらくのあいだは知らない土地での一人暮らしということもあって自重していたのですが、夏休みにはいるあたりから欲望に勝つことができず、また再開するようになっていました。
けれども知らない土地で露出を行うということは危険が伴います。
アパートの周辺は典型的な住宅地なのですが、近所に工業団地があるということで、三交代の人たちが多く、深夜でも人やクルマの通りが多いのです。
次第に私は欲求不満になっていきました。
自分の恥ずかしい欲望を制御することができなくなっていったのです。
学校の帰り道、駅のトイレで下着を脱いで帰宅したこともありました。
けれども、どきどきは楽しめたのですが、物足りないのです。
というか、私は他人にあられもない姿を見られることには多分苦痛しか感じません。
私の嗜好は、ふだん裸でいるべきではないところで裸になる、その追いつめられた状況での切迫感というか、孤独感、もちろん罪悪感も含めてですが、そんなものが私のからだも心も濡らすのです。
そんな状況で、私のからだと心は解放されるのです。
ですから、私の露出に観客は必要ないのです。
ただ一人、その状況でもだえ苦しむ自分自身を眺めている自分さえいればいいのです。
そういう意味で私の懺悔はみなさんの期待には添えないかもしれません。
けれども、誰かに知ってもらいたい、私のことを知ってもらいたいという思いから、思い切ってメールするというしだいです。
お話を戻します。
露出の欲望に負けた私は一念発起、夏休みにアルバイトをし、クルマの免許をとりました。
クルマは実家からの援助で買ってもらいました。
アパートには駐車場があるので、置き場所には困りません。
早速一人で遠出してみました。
高速はまだ不安があるので、一般道路だけでしたが、1時間ほども地図を頼りに走っていると、山間部にはいっていきました。
曲がりくねった登り坂は初めてだったので怖かったのですが、頂上に展望台がありました。
昼前のウィークデイで、駐車場に他のクルマはありませんでした。
私は展望台の階段を登りました。
見晴らしがよくて、ずっと遠くの方まで見渡せました。
あたりは静かで、蝉の音だけが遠くから響いてくるだけでした。
ノースリーブのワンピースを着ていたのですが、風が裾をそよぎ、すがすがしい気持ちになりました。
私は階段を下りてクルマに戻りました。
あいかわらず蝉の声しか聞こえません。
そのとき、もう一人の私がささいたんです。
「ほら、今ならできるでしょ」
胃のあたりから甘く淫らな感情がこみあげてきました。
胸がどくんどくんと高鳴りました。
私は、駐車場の周辺や、登ってきた道を確認してみました。
誰もいません。
たとえクルマが登ってきても、音でわかると思いました。
たちまち状況は整ってしまったのです。
またクルマのそばに戻りました。
私はただ立ち尽くしているだけでした。
しかし頭の中では、不安と期待が駆けめぐっていました。
「どうしよう・・・」
息がつまりそうでした。
けれどもそうしているうちにも私の股の付け根がうずいているのを感じました。
「今、やらなければ」
とうとう決心して、ワンピースのボタンを上からはずしていきました。
手が震えて、なかなかうまくはずすことができませんでした。
前のボタンはすべてはずれてしまいました。
袖だけ通して羽織っている状態でした。
前ははだけてしまいました。
ワンピースが風にそよぎましたが、必死で押さえていました。
でもすぐに「誰もいないのに」と苦笑いしてしまいました。
誰もいないのですから、隠す必要などないのです。
手を離すと、とたんに風が強くなりました。
ワンピースがまるでマントみたいに後ろにはためきました。
すると無防備な、といってもまだこの時点では下着はつけていたのですが、私のからだがさらされるんです。
「本当に誰も来ないよね」
もう一度、自分のからだを抱くようにしてワンピースを押さえながら、登り口まで近づいて確かめてみました。
耳をすましてみましたが、クルマの音もしませんでした。
「下着も脱いじゃおう」
その考えにまた胸がどきどきしました。
まだ昼前でした。
いつ誰が来てもおかしくない状況でした。
でも誰かが登ってきて見られてしまうことは私にとって苦痛でしかありません。
けれども、どうしてもその場で脱いでしまいたいという考えを打ち消すことはできませんでした。
腕を片方ずつ、袖から抜き取っていきました。
ふだん家の中だったら当たり前にできることが、とても困難な作業のように思えました。
ようやくという感じでワンピースを脱ぎ終わり、丸めて胸に抱えました。
また風が強くなり、下着姿の私をなぶるように吹きつけてきました。
私はクルマのそばに戻り、丸めたワンピースをタイヤの陰におきました。
ただ、下着姿のままで立ち尽くしてみました。
からだをいじったわけでもないのに、興奮している自分を感じました。
股の付け根はじんじんしていました。
うっすらと濡れていたようです。
風に吹かれたとき、あそこに冷たさを感じましたから。
「昼間に外でこんなことしているんだ」
でも、その背徳的な行為に感じて興奮している自分に妙に納得していたんです。
「これが本当の私よ」
変態の自分をいとおしく感じてしまっていたのです。
「もっと脱がなきゃ」
それは私の義務でした。
中途半端な行為のままではまた次の機会まで欲求不満のままでいなければならないのですから。
背中に手を回し、ブラをはずしました。
はずすときに胸がぷるんと揺れました。
その重みが(それほど大きくないですけど)ブラをはずしたことを実感させてくれました。
ブラを丸めたワンピースの上に置き、ショーツに両手をかけました。
一瞬ためらいがありましたが、欲望には勝てませんでした。
そろそろとショーツを下ろしていきました。
すると、あそこから分泌していて、ねばねばがショーツの股のところで糸をひいていました。
一人で顔を赤くしてしまいました。
「私はこんなにいやらしい。外で裸になってこんなに感じている」
からだが内側から熱くなるのを感じました。
一気にショーツを下ろし、脱ぎ捨てました。
そしてそのショーツは丸めて林の方に放り投げました。
すでにまともな思考回路はショートしていたようです。
帰りはノーパンで帰るのよと自分に命令しました。
ついでだからと考え、ブラも一緒に林の方に放り投げました。
初めからその気持ちがどこかにあったのでしょう、わざと安物のブラとショーツをつけてきていたのです。
これで帰りは下着なしになってしまいました。
クルマの陰にサンダルも脱ぎ捨てました。
本当の一糸まとわぬ全裸になってしまったんです。
全裸でクルマの陰に立ち尽くしました。
心細さでいっぱいでした。
けれどもその心細さも快感なんです。
昼間、誰もいないとはいえ、全裸でいる自分。
恐怖と不安、そして快感への期待にからだを奮わせている自分がものすごくいとおしく感じられました。
「何をもたもたしているの。人が来る前に展望台まで行ってごらん」
もう一人の私が命令しました。
私は裸足のままクルマの陰から出て行きました。
駐車場はそれほど広くはないのですが、日差しがまぶしいくらいにあふれていました。
私はその明るい中を一歩一歩ふみしめて展望台に向かったのです。
ふみしめてというものの、足は小刻みに震えて、地面につくごとにバランスを崩してしまいそうでした。
ときどき風が思い出したように全裸の私を通り抜けていきました。
無防備な背中やお尻が風になでられると、不思議な気分でした。
でも、あそこだけはじゅんじゅんと分泌物をしたたらせていました。
あそこの毛は分泌物でおなかにぴたっとくっついていました。
あふれる分泌物がよだれをたらしたみたいに両方の太ももまで垂れているのがわかりました。
乳首もこりこりにしこっていて、乳房がふだんよりも重く感じられました。
ときどき立ち止まって登り口を確かめました。
人もクルマも登ってくる気配はありませんでした。
蝉の声だけが遠くで響いていました。
「どうしよう」
立ち止まるたびに戻ろうかと思うのですが、「もう少しなら大丈夫」と自分に言い聞かせて、けっきょくどんどん進んでいってしまったのです。
そしてとうとう展望台の階段までたどりつきました。
展望台に登っているときに誰かが来たら、逃げられません。
「どうしよう」
さすがに階段の前で迷ってしまいました。
けれども、さっき登ったときの気持ちよさを思い出したのです。
「このままの格好であそこに立ったらもっと気持ちがいいはずよ」
悪魔のささやきです。
私はその誘惑に勝つことができなかったのです。
決心して階段に足をかけました。
一歩登ってしまうと、あとは自動機械のように足がステップをふんでいきました。
だんだんとそのスピードがあがり、駆け足になっていました。
あっという間に展望台に到着しました。
ほんの短い階段なのに息があがっていました。
立ったまま膝に両手をおいて息を整えました。
そして前を見るとそこには360度のパノラマが広がっていました。
私のからだを隠すものは何もありませんでした。
周囲の山やたんぼ、町や道路も見えました。
そこにはたくさんの人たちがいるはずです。
私はその中心で全裸のままでいるのです。
生まれてこのかた感じたことのないほどの解放感でした。
展望台の下の駐車場は、木の枝に隠れていましたが、ところどころ枝の隙間から様子をみることができました。
枝が高いので下からは見えませんでした。
風がさわやかでした。
目を閉じて風にからだをさらしてみました。
いい気持ちです。
至福とはああいう状態なのだと思います。
私は目を閉じたまま、両手で乳房をゆっくりともんでみました。
からだの奥からもじわじわと至福がわきおこってきました。
人差し指で固くしこった乳首をぎゅーっと押しつけました。
それだけでイッテしまいそうでした。
私は両足を軽く開き、下に片手をもっていきました。
ぴょこんと突き出たクリにそっと指先を触れてみました。
ぬるっとした感触でした。
ほんのちょっと触れただけなのに、からだじゅうがびくんと反応してしまって、小さく「あっと」と声をあげて、思わずその場にしゃがみこんでしまったのです。
私のクリは、ふだんは小豆よりも小さいのですが、このときは小指の先くらいの大きさにふくらんでいました。
ものすごく敏感になっていたんです。
動悸が一層激しくなりました。
私は目を閉じたまま、もう一度片方の手の指でそっとクリを触れてみました。
今度は分泌物をしっかりと指にまぶして触りました。
ゆっくりとなでまわすとぴりぴりするような快感がからだを震えさせました。
そしてもう一方の手であそこに指を入れました。
とろとろでした。
太ももも分泌物で濡れていました。
お尻の穴まで垂れて、そこからぽたっとおちるのを感じました。
ゆっくりとゆっくりと、私は自分にいたずらしました。
立ったままのあられもない格好だったと思います。
目を閉じていても日差しがまぶたの裏側を明るくしていました。
昼間にこんな行為をしているということを実感させられました。
どれくらいそうしていたでしょう。
気がついたとき、私は展望台で膝をついていました。
いつ膝をついたのか、気がつかなったんです。
そのあいだ、私は快感階段の方をまったく注意を払っていなかったことに気づきました。
幸い、下の駐車場には人やクルマの気配はありませんでした。
しかしショックでした。
自分が意識を失うまでそんなことをしていたということが。
けれども誰もいないということが確認できてしまうと、私はまた楽観的に考えてしまい、さっきの行為の続きを再開してしまったのです。
ずっと立ったままでいたので足が疲れていました。
私は展望台の上に寝そべってみました。
下はコンクリートでした。
背中がひんやりとしました。
今度は片手でクリとあそこを、もう片手で乳房をいじめました。
さっき気がついたときに誰もいなかったということに安心してしまって、今度はあまり周辺に気を使わずにいたんです。
声もさっきよりも大胆に出してしまっていました。
「もうどうなってもいい」
そんな自暴自棄の気持ちになってしまっていました。
ただひたすら快感だけを求めてしまっていたのです。
日差しが全身を暖かく包むようでした。
何度もイッテしまったようです。
けれどもやはり場所が場所だけに気持ちのなかに警戒心があったのだと思います、すぐに気を取り戻すことができました。
かなり長いあいだ、私は自分をいじめていたと思います。
ふらふらになって立ち上がりました。
コンクリートのお尻のところに染みができていました。
私のお尻の形がわかるくらいくっきりとです。
それをぼんやりと眺めたとき、私は自分のした行為を見せつけられているような気がしました。
急に恥ずかしくなってきました。
すると正気も戻ってきたんです。
頭の中でようやく危険信号が点滅し始めました。
「戻らなければ」
私は余韻を楽しむこともなく、階段を駆け下りていきました。
階段の真ん中あたりまできたときです。
登り口の方からクルマのエンジンの音が微かに聞こえてきたような気がしました。
私は動揺しました。
「誰か来た」
ところがあせって足を踏み外しそうになってしまいました。
そしてなんとかクルマまでたどり着いて運転席に裸のまま転がり込んだときです。
本当に同時といったところでした。
サイドミラーごしに、登り口から登ってきたクルマが見えたんです。
私のクルマは運転席を林側に向けてとめていました。
私は運転席の足元にしゃがんでからだを縮めていました。
クルマの停車する音、そして誰かが降りてくる音がしました。
目の前が真っ暗でした。
ひょっとしたら、私がクルマに乗り込むところをみられたかもしれない、そう考えると生きた心地がしませんでした。
仮にそのとき見つかっていなくても、その人たちが私のクルマをのぞき込んだら。
からだを縮めていたので、全身に動悸が脈打つような感じでした。
「助けて、助けて」
私は誰に助けを求めていたのでしょう。
けれども助けを求めずにはいられなかったのです。
彼ら(しっかりと見てはいないのですが、たぶん男の人がふたりだったと思います)の気配に耳を集中させました。
小さな笑い声をたてて何か話をしていました。
そのときは私のことだと思っていました。
「クルマがあるよ。ほかにも誰かいるんじゃないですか」
どきっとしました。
「だめ、こっちに来ないで」
脂汗が全身からどっとわき出てくるのを感じました。
脱ぎ捨てたワンピースとサンダルはタイヤの陰にあります。
それを見つけられたら、絶対不審に思ってクルマをのぞかれてしまう。
「もうだめだ」
私はぎっちりと目をつぶり、全身を固くこわばらせていました。
一方の人が近づいてくる気配がしました。
絶体絶命でした。
「どうです、展望台に登ってみませんか」
そのとき、もう一方の人が声をかけたんです。
近づいてきていた男の人は「そうですね。せっかくですから」といって、クルマから遠ざかっていく気配がしました。
私はほっとしたというか、全身の力が抜けてしまうのを感じました。
そして、展望台への階段を登っていくふたつの足音。
革靴を履いているらしく、耳を澄ますとかつんかつんと音が聞こえてきました。
足音はだんだんと上にのぼっていきました。
すぐにワンピースとサンダルをつけて逃げだそうとしたのですが、運転席の狭いスペースに潜り込んでいたので、なかなか出ることができませんでした。
それにからだの力も安堵感から脱力したまま、思うように動くことができませんでした。
しかし彼らがいつ戻ってくるかもしれないのです。
動かないからだにむちうって、なんとか運転席に座ることができました。
さっきの人たちのクルマが反対側にとまっているだけで、誰もいませんでした。
そっとドアを開けて外に出ました。
下から展望台の上の様子はわかりませんでした。
「戻ってくる前に」
脱ぎ捨ててあったワンピースとサンダルを拾い、サンダルを履きました。
それからワンピースを着ようとしたときです。
彼らが展望台の階段をおりてくる靴音が聞こえてきたんです。
あせってしまって、ワンピースをはおる暇もありませんでした。
ワンピースを助手席に投げ入れ、キーをまわしました。
彼らの話し声がだんだんと近づいてきました。
私は裸のまま、ものすごい勢いで発進し、登り口をくだっていきました。
彼らもたぶんその音に驚いたと思います。
誰もいないと思ったのに、下で突然クルマが発進したのですから。
「ひょっとしたら追いかけてくるかも」
私は新たな不安にとらわれました。
ですから、途中で停車せず、裸のまま運転席に座って坂道を下っていったのです。
今考えてみると、もしもこのとき対向車があったら。
そう考えるとぞっとします。
けれども幸い誰にも会うことなく、下の道路までたどりつきました。
前後ともクルマはありませんでした。
運転席でワンピースを着ようとしたのですが、狭くてうまく着ることができませんでした。
それで危険とは思ったのですが、いつまでももたもたしているよりはましと考えて、いったん外に出てワンピースをはおりました。
また中に入り、クルマの中でボタンをとめました。
そのとき、おなかの下、つまりあそこのボタンがとれているのに気づきました。
どこかでとれてしまったようです。
しかしそのときはそんなことを気にしている余裕などありませんでした。
前後を一応確認し、急いで発進しました。
ワンピース一枚とはいえ、服を着ているというだけで、こんなに安心するなんて。
ハンドルを握りながら、ついいましがた自分の身にふりかかったこと、というか自分がまいた種なのですが、が頭の中によみがえってきました。
もしほんの数秒、クルマに戻るのが遅かったら。
恐怖がこみあげてきました。
駐車場で彼らとはちあわせになってしまったらと考えると、まともに運転できなくなって、路肩に駐車して気持ちをおちつけるのに時間がかかりました。
帰り道はアパートまで一直線でした。
途中、どうしてもトイレに行きたくて、コンビニに入りましたが、店員の人に変に思われはしなかったかと心配でした。
アパートに帰るとまだ昼過ぎでした。
ほんの少ししか露出をしていなかったのです。
しかし私にとっては大冒険でした。
長くなってしまいました。
また、いろいろと懺悔していきたいと思います。

TOP お問い合わせ