2chまとめサイトモバイル
夏だし自分より年下の不気味な母親について話したい
Part2


45 :名無しさん@おーぷん :2014/07/30(水)00:43:02 ID:X0Nc9eZGV
 あの日からカホは変わった。
「ご飯を食べるときは、いっしょにいただきますをしようね。
 『お母さん』より先に食べたらダメだよ」
「洗濯機にものを入れるときは、下着や靴下はべつべつで洗うって言ったでしょ?」
「床にものは置いちゃダメだよ。 この前も『お母さん』言ったよね?」
 小言が増えただけのように思えるけど、それは誤解だ。
 最初のころは、意地になって私はカホの言葉を無視しつづけた。
 普通の人間だったら、あるていど無視されれば
 怒ったりあきらめたりするはず。
 だけど彼女はちがった。

46 :名無しさん@おーぷん :2014/07/30(水)00:43:19 ID:yB5NRpEMO
確かに不気味だ

47 :名無しさん@おーぷん :2014/07/30(水)00:47:10 ID:JQ8iUjnY5
はよ

48 :名無しさん@おーぷん :2014/07/30(水)00:47:42 ID:X0Nc9eZGV
 延々と同じことを言い続けるのだ。
 一文一句、完全に同じことを。同じ調子で。
 一度、根比べのつもりで彼女の言葉をずっと無視した。
 だけど一時間経過しても、彼女は同じ言葉を繰り返しつづけた。
 最後には私が根負けして、彼女の言葉にしたがった。
 そして今も。
「使わないコンセントはぬいて。前にもそう言ったよね?」
「……」
「使わないコンセントはぬいて。前にもそう言ったよね?」
 いつもの笑顔で、同じ言葉を吐きつづけるカホ。
 我慢の限界だった。
 気づいたときには、私は彼女の言葉をさえぎるように叫んでいた。

49 :名無しさん@おーぷん :2014/07/30(水)00:48:50 ID:yB5NRpEMO
これはキツイわぁ

50 :名無しさん@おーぷん :2014/07/30(水)00:52:03 ID:X0Nc9eZGV
「なんなのあんたは!?  
 注意するなら普通に注意すればいいじゃない!?
 なんでそんな同じことをずっと言っていられるわけ!?
 頭おかしいんじゃないの!?」
 みっともなく声は震えていた。カホの唇が止まる。
「私に構う暇があるなら、あの人の面倒を見ればいいでしょ!?」
 言葉は吐き出すほど不安に変わって、私にのしかかっていく。
 必死でカホをにらむ。
 私の叫びなど聞こえていないかのようだった。
 カホの笑顔は微塵も崩れることはなかった。
 そして。
「使わないコンセントはぬいて。そう言ったよね?」
 カホは言った。さっきと寸分変わらないトーンと微笑みで。

51 :名無しさん@おーぷん :2014/07/30(水)00:52:04 ID:3SI4oKKea
使わないコンセントいちいち抜くのはめんどいわー

52 :名無しさん@おーぷん :2014/07/30(水)00:53:10 ID:3SI4oKKea
待機電力あんまり使わへんこと説明したら。

53 :名無しさん@おーぷん :2014/07/30(水)00:54:32 ID:R29y0fSGy
(´・ω・`)・ω・`) キャー
/  つ⊂  \

54 :名無しさん@おーぷん :2014/07/30(水)00:55:08 ID:yB5NRpEMO
これは怖ひ

55 :名無しさん@おーぷん :2014/07/30(水)00:58:13 ID:X0Nc9eZGV
 声にならない声が喉から漏れ出た。
 
 私はリビングを飛び出して自分の部屋へと逃げた。
 扉を勢いよく閉めて、鍵をかけた。
 布団へと潜りこんで耳を塞ぐ。
「お母さん……!」
 私は祈るようにそうつぶやいた。
 
 扉をノックする音が、耳を塞いでいるのにも関わらず聞こえた。
『使わないコンセントは抜いて。そう言ったよね?』
 あの女の声が扉越しに私を追い詰める。
 目をきつく閉じる。
 なのにまぶたの裏では鮮明に、カホが微笑んでいる。
『使わないコンセントは抜いて。そう言ったよね?』
「……はい。ごめんなさい」
 私は声をしぼり出した。
 扉のむこうでカホが満足そうに笑った気がした。

56 :名無しさん@おーぷん :2014/07/30(水)00:58:29 ID:q8LWO2Yy1
ガチでヤバいやつじゃん

57 :名無しさん@おーぷん :2014/07/30(水)00:59:15 ID:3SI4oKKea
録画してパパンに見せたらよくね?

59 :名無しさん@おーぷん :2014/07/30(水)01:00:30 ID:yB5NRpEMO
>>57不仲だから意味ないんじゃね?

60 :名無しさん@おーぷん :2014/07/30(水)01:01:38 ID:3SI4oKKea
>>59
これだけおかしかったら、パパンも『うわ、メンヘルやったことやで』って気付いて分かれるんじゃね?

62 :名無しさん@おーぷん :2014/07/30(水)01:02:52 ID:ApS7yphkV
幽霊やお化けの話より怖い

63 :名無しさん@おーぷん :2014/07/30(水)01:03:30 ID:X0Nc9eZGV
『ユイちゃんは本当はできる子だもんね』カホは言う。
『『お母さん』がどうこう言わなくても、一人でなんでもできるもんね』
 はい、と私は反射的に頷く。
『今度は同じことを『お母さん』から注意されちゃダメだよ』
 カホが扉からはなれていくのがわかる。
 安堵のため息がこぼれた。
 
 それから二ヶ月が経って、カホと父は入籍した。
 式はあげなかった。
 私は家のことについて考えるのをやめた。
 
 そして。
 カホの異常は父にまでおよぶことになる。

66 :名無しさん@おーぷん :2014/07/30(水)01:09:03 ID:X0Nc9eZGV
 二人が結婚してから一ヶ月。
 私はカホの異常性が、父にまでおよんでいたことを知る。
 このころの私はカホの言うことを、素直に聞いていた。
 そうすることでやりすごしていた。
 
 この日は仕事がやすみで夜遅くに帰宅した。
『なんだカホ。俺がなにかしたのか?』
 ブーツを脱ごうとしたときだった。
 父の声がリビングの扉越しに聞こえてきて、私は手を止めた。
『なにを怒っているの?』
 カホの声は父のそれとは対照的に淡々としていた。
『お前こそなんなんだ?  俺がなにかしたのか?』
『言ってる意味がわからないよ。
 お風呂入ったら、って言っただけじゃない』
 そこでふたりの会話がとまる。

69 :名無しさん@おーぷん :2014/07/30(水)01:13:08 ID:X0Nc9eZGV
 父がリビングから出てきた。
 父は私に気づいたが、なにも言わずに二階へあがっていった。
「おかえり、ユイちゃん」
 カホがリビングから出てくる。
「なにかあの人とあったの?」
「べつになにもないよ?」
「あの人が声を荒らげてるのなんて、見たことないんだけど」
 きっと疲れてるんだよ。
 それだけ言うとカホはリビングに引っこんだ。

70 :名無しさん@おーぷん :2014/07/30(水)01:17:57 ID:X0Nc9eZGV
 カホの異常さはいやでも目についた。
 その日はめずらしく『家族三人』での食事だった。
 だけど、会話らしい会話はほとんどない。
 カホが一方的にしゃべっているだけ。
 以前までは父も話していた。
 だけど最近は、声を聞くことさえなかった。
 父が食事を終えて、リビングから出ようとしたときだった。
「お風呂に入るでしょ?」
 静かな居間に、カホの声がひびく。
 父は立ち止まりこそしたが、ふりかえりはしなかった。
 その背中にカホはまた同じ言葉をかける。
「お風呂に入るでしょ?」

71 :名無しさん@おーぷん :2014/07/30(水)01:20:21 ID:R29y0fSGy
>>1ははやく一人暮らしすればいいのに

72 :名無しさん@おーぷん :2014/07/30(水)01:21:23 ID:Fh0OlqERQ
これは・・・・たまらんな

73 :名無しさん@おーぷん :2014/07/30(水)01:22:04 ID:IBwlF9jQp
うん…こんな家私なら早く逃げたいけどな、1には何か理由があるのかもね

75 :名無しさん@おーぷん :2014/07/30(水)01:25:15 ID:X0Nc9eZGV
「……あとにする。先にキミが入れ」
「お風呂に入るでしょ?」
 背筋が薄ら寒くなるのを感じた。
 この女はついに父にまで、自身のもつ狂気を向けたのだ。
「俺はやることがあるんだ。
 あとから入るからお前とユイが先に入れ」
 父の声は明らかに苛立っている。
 「お風呂に入るでしょ?」 何度目かになるカホのセリフ。
 カホの顔には、あの微笑みが張りついていた。
「お風呂に入るでしょ?」
 父がカホを振り返る。
「……わかった。入るよ」
「うん。一番風呂で寒いかもしれないけど我慢してね。
 あ、お父さんが出たら次はユイちゃんが入ってね」
 私はだまってうなずいて料理を口にする。
 口にふくんだカホの料理は冷めきっていた。

79 :名無しさん@おーぷん :2014/07/30(水)01:29:59 ID:4DWZEbg67
不気味だな

81 :名無しさん@おーぷん :2014/07/30(水)01:32:09 ID:X0Nc9eZGV
 カホのせいで家の中の空気が、変化していくのを私は感じとっていた。
 重くのしかかるような空気が、家全体を覆っていく感覚には覚えがある。
 
 この家が私にとって、心安らぐ場所だったのはいつのころだったのだろう。
 ここのところ、まどろみの中で『母』をさがす夢を見る。
 この日もずっと『母』をさがしていた。
 だけどなにか大きな音がして、唐突に現実に引きずり戻された。
 からだを起こして、机のうえの目覚まし時計を確認する。
 時刻は夜中の二時だった。
 音はリビングから聞こえた。
 私がリビングへと駆けつけると、父とカホがいた。

82 :名無しさん@おーぷん :2014/07/30(水)01:33:04 ID:3SI4oKKea
ほうほう

83 :名無しさん@おーぷん :2014/07/30(水)01:36:46 ID:X0Nc9eZGV
 カホは床に座りこんで頬をおさえていた。
 「な、なにがあったの?」と私の問にはふたりとも答えなかった。
「お前が悪いんだ……」
 父の顔は怒りに強張っていたけど、同時に紙のように白かった。
 やせ細って骨ばった父の拳には赤い血がこびりついている。
 呆然とする私を父が横切ってリビングから出ていく。
「どこへ行くの!?」
 私は父を問いただすために追おうとして、結局やめる。
 カホの様子を見ることを優先した。

84 :名無しさん@おーぷん :2014/07/30(水)01:37:32 ID:3SI4oKKea
とうとう、鉄拳制裁か・・

85 :名無しさん@おーぷん :2014/07/30(水)01:38:19 ID:CMndssplx
マジでどうなっちまうんだよ

TOP お問い合わせ