番外編「I Love World」
トルコ編


トルコ国内では日本の報道なども毎日のようにあります。
「世界で一番好きな国は?」という世論調査で日本が1位になったり。
旅行に行くとペラペラ日本語で話しかけてきたりなど。
トルコ人はどうしてそんなに日本の事が好きなのか紹介致します。

きっかけは一つの悲劇からだった

【1890年 エルトゥールル号遭難】

1890年(明治23年)9月16日
トルコ皇帝が日本に派遣した特使一行を乗せたエルトゥールル号が帰路、暴風雨に遭い沈没するという事故が起きた。

和歌山県串本町の人々が救助に駆けつけた。
だが台風の中の救助は命がけであった。

懸命の救助ではあったが、夜が明けると海岸には多くのトルコ人の遺体がうちあげられていた。
犠牲者の数は「581名」多くのトルコ人が遠い外国から来て日本の海で死んでいった。
大島村の住民とトルコ人はお互い言葉が理解出来なかった。この時、台風により出漁できず食料の蓄えもわずかだったにもかかわらず、住民は浴衣などの衣類、卵やサツマイモ、それに非常用のニワトリすら供出するなど献身的に生存者たちの救護に努めた。この結果、樫野の寺、学校、灯台に収容された「69名」が救出され生還することができた。
そして日本の軍艦でトルコに送り届けられ、無事故郷の地に帰り着いた。
このことがきっかけとなり、日本とトルコの友好関係が始まった。
※現在、和歌山県串本町の樫野崎灯台そばにはエルトゥールル号殉難将士慰霊碑およびトルコ記念館が建つ。また、町と在日本トルコ大使館の共催による慰霊祭も5年ごとに行われている。

また、トルコと日本双方の国家には共通の敵がいた。
「帝政ロシア」
トルコはロシアの南下政策に悩まされクリミア半島を取られたのをはじめ1877年にはイスタンブールさえも落される。崩壊の危機でさえあった。
そして、ロシアの南下策は極東にまでおよび、ウラジオストクに海軍の根拠地を築いていた。
さらに旅順及び大連を1898年に租借。増大するロシアの脅威に対して、日本は抗議・談判を行ったが逆にロシアは極東の兵力を増強して日本への圧迫を強化した。
この国亡の危機に日本の進む道は一つしかなかった。

【1904年 日露戦争勃発】

日本軍は続々と中国大陸に上陸。各地でロシアと野戦を繰り広げた。
鴨緑江会戦・九連城占領・遼陽会戦、辛うじて勝ってきた。だが、旅順では乃木希典が苦戦していた。
3度に渡る旅順総攻撃。数万の死傷者を出し、全て失敗した。
しかし、ついに要害203高地を占領。陸軍は最大の山場を乗り切った。

そのころトルコでは日本連勝の報に沸きあがっていた。
また、ボスポラス海峡の閉鎖をし、ロシア黒海艦隊とバルチック艦隊の合流を最小限に留める努力を影で行なった。
ロシア最後の頼みは、当時の最大艦隊と言われたバルチック艦隊。つまり海戦にかけられていた。

【日本海海戦】

5時35分、連合艦隊に「直ちに出港用意」が 下令された。6時6分、三笠は航進を起こし、連合艦隊は出港を始めた。6時21分、連合艦隊は大本営に向け「敵艦隊見ユトノ警報ニ接シ聯合艦隊ハ直チニ出動、コレヲ撃滅セントス。本日天気晴朗ナレドモ浪高シ」と打電した。
東郷平八郎・ロジェストヴェンスキー、互いの国家の運命を背負っていた。
そして、二日間に渡る戦いが繰り広げられた。

決戦は日本側の圧勝に終わった。

ロシア38隻の敵主力艦はほぼ全てが壊滅した。無事にロシアに帰れたのはたった3隻の小艦艇だけだった。
対して日本側の損害はわずか水雷艇3隻のみ。
世界海戦史上、稀なる完全勝利であった。


日露戦争は終結を迎えた。
そしてトルコの新聞は自国のものであるかのように勝利の記事で飾られた。
市民は街中を歓呼の渦で埋めた。
その年に生まれた子供にはトーゴーの名がつけられた。

そしてあの悲劇のきっかけから、100年近くが経過した。

【1985年 イラン・イラク戦争激化】

イラクのフセインが宣言した。
「今から48時間後に領空を飛ぶ航空機を撃ち落とす」
いずれの国のものであろうと民間機であろうと関係なかった。

イランの首都・テヘランの空港は押し寄せる人でパニックになっていた。各国の航空会社が国外へ脱出する自国民を乗せて次々と飛び立っていった。
日本政府の対応は遅れた。
時間だけが過ぎていき、残り「10時間」
215人の日本人がいまだ空港に取り残されていた。
もはや万事休すと思われた土壇場

トルコの特別機二機が到着
日本人乗客全員を乗せテヘランを脱出した。
タイムリミットの、1時間15分前であった。


トルコが特別機を派遣した理由について、当時のトルコ外交官はこう説明したという。
「エルトゥールル号の借りを返しただけです」

※「エルトゥールル号遭難事件」というトルコでは教科書に載るほど有名な話で、日本人救出のための決死のフライトにはその場にいた全員のパイロットが手を挙げたらしいです。
※イランにもトルコ人は大勢の人がいたが、日本人全員を優先してトルコ人約500名は陸路自動車でイランを脱出した。救出機が日本人を優先した事に何も批難もでなく多くの人が「当たり前」だと思っていた。


参考動画:http://www.youtube.com/watch?v=qwSLXLZ3Vto
http://www.youtube.com/watch?v=zDmVYGF9tsE
他、参考サイトやwikiなど

TOP お問い合わせ