2chまとめサイトモバイル

うつ病だった俺がようやく回復したのだが

Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
からっぽだった>>1の人生を変えた、おじいちゃんとの出逢い。おじいちゃんの言葉で救われる人も多いはず。見方を変えれば世界は広がる。
Part1
1 :名無しさん@おーぷん:2017/08/14(月)22:30:20 ID:a3w
一人語りしてもええのかな・・。

2 :名無しさん@おーぷん :2017/08/14(月)22:30:36 ID:RGJ
ええんやで

3 :名無しさん@おーぷん :2017/08/14(月)22:30:46 ID:a3w
>>2
優しいやんけ。

4 :名無しさん@おーぷん :2017/08/14(月)22:31:17 ID:7UH
スペックからどうぞ

5 :名無しさん@おーぷん :2017/08/14(月)22:32:34 ID:a3w
ワイの自己紹介としては
現在26歳
息苦しさを感じて高校中退
そこから引きこもり生活5年
徐々に外に出るようになるも散歩程度
こんな感じでええんかなー

6 :名無しさん@おーぷん :2017/08/14(月)22:33:52 ID:WEQ
ワイパニック障害もち イッチの今後の苦難に涙する

7 :名無しさん@おーぷん :2017/08/14(月)22:35:11 ID:a3w
高校生活で、説明できないほどの息苦しさを感じて朝のアラームが
死刑宣告みたいに苦痛になった。
病院で下された診断が鬱。
先生が悪かったのかどうか知らんが薬漬けにされて中退
で、引きこもった。

8 :名無しさん@おーぷん :2017/08/14(月)22:36:13 ID:a3w
そこからの五年間は地獄だったのか地獄じゃなかったのかすら
分からない。
感情が完全に死んでいたから、辛かったのかどうかさえ覚えてない。

9 :名無しさん@おーぷん :2017/08/14(月)22:37:36 ID:a3w
ただ言いようがない空しさだけが胸いっぱいに広がって恐怖を
感じたことだけは覚えている。
部屋の前に誕生日ケーキを置いてくれる母も、そのたびに
一つ年を取るんだと思うと、虚しかった。

10 :名無しさん@おーぷん :2017/08/14(月)22:39:19 ID:pRB
母親がケーキ置いてくれるのか
会話はあったの?

11 :名無しさん@おーぷん :2017/08/14(月)22:40:28 ID:a3w
誕生日ケーキに添えてある蝋燭が5本になった時に、急に涙があふれて
止まらなくなってしまった。
毎年同じチョコレートケーキ。母は、子供の頃の俺の好物を
ずっと覚えてくれているんだと思った。俺だけ時間が止まっているんじゃないかと思った。
変わらなければいけないと思った。

12 :名無しさん@おーぷん :2017/08/14(月)22:42:01 ID:sH5
5本の謎を解け

14 :名無しさん@おーぷん :2017/08/14(月)22:42:29 ID:a3w
>>12
説明不足済まん。5年たったと言う事だ

16 :名無しさん@おーぷん :2017/08/14(月)22:44:11 ID:sH5
>>14
逆に引きこもる前まではケーキ無かったんか?
流れ止めてすまんの

19 :名無しさん@おーぷん :2017/08/14(月)22:46:18 ID:a3w
>>16
毎年あったよ。部屋にこもってから、部屋の前に置いてくれるようになった

13 :名無しさん@おーぷん :2017/08/14(月)22:42:07 ID:a3w
思い切って、部屋を出てみた。
俺を久しぶりに見た母さんは固まっていた。そして、
涙を流しながら俺に謝って来た。
母さんに謝られるのが、意味が分かる年齢に俺もなっていた。
辛かった。

15 :名無しさん@おーぷん :2017/08/14(月)22:43:45 ID:a3w
そこから自分の部屋のカギをぶっ壊した。自分を追い込もうと思って。
もう引きこもることが出来なくなった。

18 :名無し :2017/08/14(月)22:45:34 ID:DsG
「あなたが引きこもって五年よ」
おかん嫌がらせかよ

20 :名無しさん@おーぷん :2017/08/14(月)22:46:22 ID:pO6
>>18
これでもよくね?
月一出してたら発狂しそう

21 :名無しさん@おーぷん :2017/08/14(月)22:46:35 ID:PS9
>>18
だから謝ってきたのかな

22 :名無しさん@おーぷん :2017/08/14(月)22:47:27 ID:a3w
>>21
もう死ぬって俺が言うたびに
「生まれ変わったつもりで頑張んなさい」
って何回も言ってくれてた。そういう意味のローソクだと思ってる。

23 :名無しさん@おーぷん :2017/08/14(月)22:49:27 ID:sH5
>>22
なるほど

26 :名無しさん@おーぷん :2017/08/14(月)22:53:59 ID:WEQ
これ嫌がらせとか言われてるけど おかんも相当辛かったと思う
それでもイッチの引きこもり状態を受け入れて
いつか復活する日を願ってケーキにロウソク立ててたんだろうよ

28 :名無しさん@おーぷん :2017/08/14(月)22:57:10 ID:a3w
>>26
きっとつらかったと思う。
俺の部屋2階なんだけど、母さんの階段を上ってくる音と、
お盆に乗せたご飯を部屋の前に置く音。そして降りていく音。

25 :名無しさん@おーぷん :2017/08/14(月)22:51:23 ID:a3w
で、釣りでも行こうと思って。
でも昼は怖いから、夜釣りに行こうと思った。
近所の海に行って何も考えずに釣り糸を垂らした。仕掛けとかなくて
本当に針の先に餌だけ付けた奴。
「君、何を狙っているの?」
暗闇の中級に話しかけられたからビクっとした。
温和な顔で話しかけてくれた人は、70代くらいのおじいちゃんだった。
これが、俺がうつ病を抜ける運命の出会いだった。
音がするたびに針で差されるみたいに心が痛んだ。

27 :名無しさん@おーぷん :2017/08/14(月)22:54:09 ID:a3w
「いえ、別に・・。」
俺は久々の会話で、言葉に感情を込める技術を失っていた。
「そう・・。そうか。」
おじいさんは深くは聞いてこなかった。
「隣で釣ってもいいかな?」
「・・はい。」
断り方とか、社交辞令とか全部忘れてしまっていたから、思わず
頷いてしまった

29 :名無しさん@おーぷん :2017/08/14(月)22:59:12 ID:a3w
「ボーっと釣り糸を垂れているのもいい時間だよ。」
おじいさんは微笑んで言った。顔に刻まれた笑いシワで、
なんだか信用できそうな人だと強烈に思えた。

30 :名無しさん@おーぷん :2017/08/14(月)23:00:49 ID:pRB
釣り人って異常に話好きだよな。
俺は友達ゼロ人間だけど、釣り行くと何かしら会話して帰る。

31 :名無しさん@おーぷん :2017/08/14(月)23:01:24 ID:a3w
「俺死にたいんです。」
今考えると恥ずかしい限りと言うか、あった人にいきなり
何言ってんだよ俺って感じなんだけど、相手の心を考える力も弱っていたんだと思う。
おじいさんは俺の言葉を聞いて、どんな反応をするんだろうと思った。
「ははははっ!!」
おじいさんは声を出して大笑いしていた。

32 :名無しさん@おーぷん :2017/08/14(月)23:04:02 ID:a3w
俺はあっけに取られていた
おじいさんはひとしきり笑うと、俺の目を真剣なまなざしで
見つめながら言った。
「なぜ人は死にたがると思う?」
「・・死にたいと思うからだと思います。」
「いーや、違うね。大間違いだよ。その考えは。」
僕はこの後におじいさんが紡いだ言葉を生涯忘れないだろう。

33 :名無しさん@おーぷん :2017/08/14(月)23:05:16 ID:sH5
生きたいの裏返しなのさ!

34 :名無しさん@おーぷん :2017/08/14(月)23:06:37 ID:OTD
生きる理由が見つかってないから

35 :名無しさん@おーぷん :2017/08/14(月)23:07:44 ID:PS9
死んだことがないから

感動系の人気記事

あは。いっぱいします?

貧しくツラい環境の中でも健気に前向きに暮らす彼女と、その彼女を時には兄のように時には彼氏として温かく包み込むように支える主人公。次々におこる悲しい出来事を乗り越える度に2人の絆は深まっていき…、読んでいくと悲しくて、嬉しくて、涙が滲み出てくるお話しです。

感動・ほっこり短編シリーズ

クズの俺が父親になった話

結婚して子供が生まれても、働かずに遊び回り家にも帰らない、絵に描いたようなクズっぷりの>>1。しかし、ある日のこと、子供を保育園に迎えに行かなければならない事情を抱えるところから全てが始まる……。親と子とは何か? その本質を教えてくれるノンフィクション

妹の結婚が決まった

両親を亡くし、男手一つで妹を育て上げてきた兄。ついに妹が結婚し、一安心したところに突然義母から「元々妹なんて存在しなかったと思ってくれ」という連絡を受けてしまう。失意のどん底に居た兄を救う為、スレ民が立ち上がる!

急に色々気づいたら、死にたいって思った

積もり積もって七転び八起き◆3iQ.E2Pax2Ivがふと考えついたのが 「死にたい」 という気持ち。そんな中、一つのスレが唯一の光を導き出してくれた。書き込みしてくれる奥様方、なにより飼い猫のチャムちゃん。最後にはー‥七転び八起きとはまさにこのこと。

今から何十年も開かずの間だった蔵を探索する

よくある実況スレかと思いきや、蔵からはとんでもない貴重なお宝が…!誠実な>>1と彼を巡る奇跡のような縁の数々。人の縁、運命、命について考えさせられ、思わず涙するスレです

番外編「I Love World」

昨日、嫁の墓参りに行ってきた

>>1と亡き嫁、そして幼馴染みの優しい三角関係。周りの人々に支えられながら、家族は前に進む。

介護の仕事をしていた俺が精神崩壊した話

介護とは何か。人を支えるとは何か。支えられるとは何か。色々考えさせるスレでした。

彼女との待ち合わせで4時間待たされて着信拒否にした結果wwwww

拒むこと、諦めること、切り捨てることはとても容易い。それでも、もう一度だけ待ってみませんか。拒む掌の向こうの大切なもの、もう一度だけ見つめ直してみませんか。