2chまとめサイトモバイル

俺が自殺を思いとどまった話をする

Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
学校生活に行き詰まり、自身のあまりの不甲斐なさに鬱になっていた>>1は長期休暇を利用して自殺を図ろうとするが……。あなたが死んだとき、悲しむ人がいることを忘れてはいけません。
Part1
1 :名無しさん@おーぷん :2014/09/30(火)22:24:02 ID:mAY1nKtz7
需要あるかな?
因みにここ数年の話だ

2 :名無しさん@おーぷん :2014/09/30(火)22:24:55 ID:RIZ0ACwox
へいっ!かもんかもん

5 :名無しさん@おーぷん :2014/09/30(火)22:25:56 ID:mAY1nKtz7
おwありがたいなw
じゃあ、語っていくとするか

6 :名無しさん@おーぷん :2014/09/30(火)22:28:50 ID:mAY1nKtz7
俺スペック
当時18歳
身長165cm
当時俺は専門学校で部活内での人間関係に行き詰まり勝手に一人行き詰っていた
オマケに寮生活で上手くストレスを履けだせずネトゲばっかやって勉学を疎かにしていた・・・

7 :名無しさん@おーぷん :2014/09/30(火)22:35:26 ID:mAY1nKtz7
俺は部活で部長をしていたんだがどうも同級生との関係が上手く行かないながらも部を良くしようと毎日頑張っていた
でも、今思うと独断専行で周りの事など考えず進んでいたために
結果として部内で孤立してし、ペアを組んで国体に出た奴にも三行半をくだされ
それをきっかけに部活を辞めて2週間実家に帰った

8 :名無しさん@おーぷん :2014/09/30(火)22:42:28 ID:mAY1nKtz7
専門学校も4年生で親や担任も「せっかくここまで来たんだから卒業しないともったいないよ」と言われ
(因みに俺の通っていた専門学校は特殊で4年6ヶ月と1年の実習の後に卒業となる)
俺は渋々寮の生活に戻った
しかし、1年2年では勉強に打ち込めたはずなのに全く勉強に打ち込めず2週間の分もの授業に遅れてしまった・・・

9 :名無しさん@おーぷん :2014/09/30(火)22:44:06 ID:CkGF6VwZE
7分毎は長いな

10 :名無しさん@おーぷん :2014/09/30(火)22:44:06 ID:mAY1nKtz7
初めてスレ立てするから遅いのは勘弁して下さいm(__)m

11 :名無しさん@おーぷん :2014/09/30(火)22:44:24 ID:WM32bCmuB
支援

12 :名無しさん@おーぷん :2014/09/30(火)22:44:28 ID:WM32bCmuB
支援

13 :名無しさん@おーぷん :2014/09/30(火)22:47:49 ID:mAY1nKtz7
>>8
続き
そんなこんなで試験でも赤点が多かったり
他のやつが就職に真剣に取り組んでいるのに
俺だけが浮いているようにダラダラと授業を受け、逃げるようにして校舎から寮の自室のネットに逃げる日々が続いた

14 :名無しさん@おーぷん :2014/09/30(火)22:52:05 ID:mAY1nKtz7
>>11 >>12 ありがとう
読みにくいかもしれんが気長に待っていてください
>>13
部活を辞めてから心身的にもやられていた俺は母親や担任に勧められ心療内科にも行った
しかし、話は聞くが聞くだけでお薬を出して終わり、と言った具合で行って帰ってくるだけで金のムダだった

15 :名無しさん@おーぷん :2014/09/30(火)22:55:12 ID:mAY1nKtz7
7月、8月と終わりやっと夏休みだが其の年は違った
学校の制度が変更になるらしく、ちょうど俺の学年は夏休みにひと月だけ実習に行くことになった
そう、夏休みを全て使ってだ

17 :名無しさん@おーぷん :2014/09/30(火)22:59:00 ID:mAY1nKtz7
>>15続き
実習は楽しかった
しかし、周りの奴らが資格を取ったりしっかりと目標をもってるのに、俺だけ何も考えずダラダラと過ごしている
実習中にある少し勉強すれば合格するような試験でさえ再々試験になるほど俺はやる気を失っていた

18 :名無しさん@おーぷん :2014/09/30(火)23:01:36 ID:VQMZRbRaK
ほうほう

19 :名無しさん@おーぷん :2014/09/30(火)23:02:17 ID:mAY1nKtz7
この頃から「親に高い金を払って貰いながら何芋出来てないじゃないか、周りの奴らはしっかり目標をもってそれに向かっているのに・・・」
こんな事を考えながらもう死んでしまいたいとかんがえる様になった
そして、実習も終わり寮生活に戻った

20 :名無しさん@おーぷん :2014/09/30(火)23:05:34 ID:CkGF6VwZE
根が真面目なんだな

21 :名無しさん@おーぷん :2014/09/30(火)23:07:25 ID:mAY1nKtz7
寮に戻ってからも辛かった
今まで所属していた部長として胸を張って居たのに今じゃ無所属で部屋篭もり
学校では真面目一筋で過ごしてきたが授業で居眠りしたり忘れ物をしたり、もう落ちこぼれの完成だw
寮じゃ人目を避けるように移動し、食事も寮の同級生と離れたりグループに入っても会話できずwww
>>20 まぁね、真っ直ぐ過ぎて折れちまった

22 :名無しさん@おーぷん :2014/09/30(火)23:11:50 ID:mAY1nKtz7
実習後の10月11月・・・と過ぎ
平日は授業が終わった後は適当に決めた卒検の担当教師の所に行ってダラダラと課題を行った
そして寮に戻り食事風呂を済ませ、ラジオを掛けながらネット三昧だった
休日なんか朝起きてからずっとパソコンの前にいるのがデフォだった

23 :名無しさん@おーぷん :2014/09/30(火)23:16:54 ID:mAY1nKtz7
結構長くなりそうだな
12月頃から自殺のことを考えることが多くなった
それまで突発的に少し考えることがあったが、この頃から1日最低一回は考えるようになってしまった
昼休憩に自室に帰ってきてベットに寝転がって
「このまま死にに行こうか」
と考えるくらいだ
しかし、授業は休まなかった(正確には気持ち的に休めなかった)

24 :名無しさん@おーぷん :2014/09/30(火)23:17:53 ID:mAY1nKtz7
ちょっと風呂とか済ましてきますので、1時間程お待ちください。
m(__)m

25 :名無しさん@おーぷん :2014/09/30(火)23:42:37 ID:mAY1nKtz7
戻りました(30分も掛からなかった)
続けます
冬休みに入ったが正直全く記憶に無い1月は「なんか毎日寒かったな」程度で2月に話は飛ぶ
この年は夏休みの実習分の休みを兼ねて2月半ばから4月始めまで約一月半の長期休暇だ
だが、俺には全く関係なかった
いつもの授業態度に試験結果だと留年は決まっている
オマケに、留年となったら4月から後輩と共に夏休みにあった実習が半年間もある
「行けばいいじゃん」と思うが、当時の俺にとっては絶望的状況だった
今まで学年内でも、そこそこの成績で学年を上がってきたのにこのザマだ
留年通知日の前日、俺は決心した
死のう・・・と

26 :名無しさん@おーぷん :2014/09/30(火)23:43:53 ID:mAY1nKtz7
人いないな(´・ω・`)
取り敢えず最後まで続けます
質問あったら途中でも答えます

27 :名無しさん@おーぷん :2014/09/30(火)23:49:31 ID:OBqqVsY7q
みてるよー

28 :名無しさん@おーぷん :2014/09/30(火)23:50:55 ID:mAY1nKtz7
その時、俺は実家に居た
場所は実家から1つ県をまたいだ所に有る有名観光地(と行っても昭和だが)でもあり自殺スポットでも有るところにした
何故か分からないが、道中妙にテンションが高かったと思う(一人だけど)
身分証明書の保険証や名前の入ったカード類は家に置いて、親には「学校の再試」とウソを付いて教科書類も偽装のために持っていった
>>27ありがとう

29 :名無しさん@おーぷん :2014/09/30(火)23:51:54 ID:33fE9Nx1a
みてるよー

30 :名無しさん@おーぷん :2014/09/30(火)23:58:49 ID:mAY1nKtz7
妙に細工をするため学校に向かう列車に乗り、途中のそこそこ大きい駅で偽装荷物をコインロッカーにしまった
携帯音楽プレーヤーも自分を示すもの全部を手放してスッキリした
ちょうど8時頃、冬の朝のラッシュ時一人ぼーっと登ってくる朝日を眺めた
周りが仕事、学校又わ旅行とそれぞれ目的を持って大小様々な荷物をもってるなか俺は手ぶら
流れていっく車窓を眺めながら通学する学生の会話を聞いたりしながら時間を過ごした

31 :名無しさん@おーぷん :2014/10/01(水)00:04:21 ID:PM4Cygk6R
>>29 ありがとう
続き
気づけば、乗り換えをしてから残った乗客は俺だけ
窓に目をやれば風も弱く空は雲ひとつ無い晴天
これから死にに行くというのに、なんていい天気なんだ
だが、自分の状況を考えるとそんな考えはすぐに消え去る
俺の様な人間は死ぬべきだ その方がきっといいに決まってる
俺はただ電車に揺られ目的地へ向かった

32 :名無しさん@おーぷん :2014/10/01(水)00:06:08 ID:nqtyE1zC5
みてるよ

33 :名無しさん@おーぷん :2014/10/01(水)00:12:24 ID:PM4Cygk6R
目的地に到着した
駅はそこまで多くはないが観光客でごった返している
今から死にに行くのに自然と観光客の会話に耳を傾ける
幼稚園程度の子供を連れた家族 カップル 中国語か?タイ語か?はたまたハングルだろうか外国語を話す外国人旅行者
この人達は観光をして楽しんでからまたこの駅で列車に乗って家に帰るんだろうな
「歩こうか?いや、死人に銭は必要ないなw」
俺はタクシーに乗って最終目的地に向かった

34 :名無しさん@おーぷん :2014/10/01(水)00:18:51 ID:PM4Cygk6R
>>32 ありがとう
やっとの事、目的地に着いた
人が多い
そう言えば今何時だ?と、母が買ってくれたG-SHOKを覗こうとした
そうだ置いてきたんだ・・・
仕方なく設置されている時計で確認する
午後1時過ぎだ、昼飯を食おうにも残金をタクシーで全て使ってしまったので残ってるはずがない
仕方なく俺は辺りを見回した

35 :名無しさん@おーぷん :2014/10/01(水)00:25:18 ID:PM4Cygk6R
俺は日が暮れるまで人のいる所から離れ近場の雑木林の奥を探索した
少し進むとイバラ道があったがブーツを履いているお陰で難なく進めた
少し進むと腰までの高さの有る枯れ草が生い茂った開けた土地に出た
そこに、座ってくださいと言わんばかりに大きい石がありそこで時間を潰すことにした

36 :名無しさん@おーぷん :2014/10/01(水)00:31:53 ID:PM4Cygk6R
座ったはいいものの空っぽの財布とハンカチーフ以外持っていない
最後に読む小説の一つでも持ってくるんだったなと内心思いつつ辺りを見渡す
どうだろう10Mほど先にぽっかり人が通った様な(その時はそう見えた)後が薄暗い雑木林に道が続いていた
よし、行くか
イバラに注意しながらほとんど足元を見ながら雑木林の奥へと進んだ

37 :名無しさん@おーぷん :2014/10/01(水)00:34:47 ID:PM4Cygk6R
どれ位進んだだろうか?
足元しか見てないからよく分からない
俺は振り返るため顔を上げた
・・・・・人がいる?

38 :名無しさん@おーぷん :2014/10/01(水)00:40:34 ID:PM4Cygk6R
何かがおかしい・・・
しかし、他には誰も居ない
俺は「スミマセーン」と2回呼びかけたが気付いた
変にデカイ人だな・・・
あれ?首に何か巻きつけてないか?
俺はその瞬間全てを理解した
首吊りした人だ

39 :名無しさん@おーぷん :2014/10/01(水)00:50:30 ID:2LNfUUtYY
見てるよ

40 :名無しさん@おーぷん :2014/10/01(水)00:52:59 ID:fVHnPMHcV
それからは来た道とは関係なくとにかく人の居るところを目指した
もう自分が死ぬことなんて忘れて無我夢中だった
途中無理に草木を掻き分け道に迷ったりしたが、なんとかはじめに居たお土産屋に着いた
300M先には人が死んでいる(この時はまだ息があるとお待っていた)のに先ほどと変わらず観光客が景色を楽しんだりしている
ここに来た目的を思い出した
死にに来たのに警察へ連絡したら・・・
と思ったが体が先に売店の店員に話しかけていた
「警察に連絡したい首を吊っている人がいる」と
(動揺してどういったか曖昧)
店員はえ?とした顔だったがすぐに近くの警察官立ち寄り所(?)の様なところで110番通報をし簡単に事情を説明した
そして俺に電話を代わり同じように説明した

41 :名無しさん@おーぷん :2014/10/01(水)00:55:16 ID:JBhz5Vqoi
ちゃんと通報するとは、エライね

42 :名無しさん@おーぷん :2014/10/01(水)00:58:22 ID:fVHnPMHcV
警察(以下K)「どうされましたか?」
俺「首を吊った人がいました声を掛けたん出すけど応答がなくて」
俺「早く来てください」
ざっくりこんな感じだった動揺していたのは覚えているから省略した
数分後、そわそわしながら待っている所に救急車とパトカーが到着した
K1「◯◯さんですか?そこはどこですか?」
俺「こっちですこ!この奥です!」
説明してもわからないところなので俺が先頭に立って場所まで案内することにした

43 :名無しさん@おーぷん :2014/10/01(水)01:03:18 ID:JBhz5Vqoi
K1ワロタ

44 :名無しさん@おーぷん :2014/10/01(水)01:05:41 ID:fVHnPMHcV
>>39 ありがとう
>>41 見つけたからにはほっとくわけにも行けなかったからね
>>43 K(警察官)ねw
警察官と救急隊員総勢10名程を案内したが
K1「いててて!イバラ生えてるますよ」
K2「おい!気をつけろ!」
救急隊員「こんなトコロ運べるか?」(困惑)
俺だけどんどん先に進んだ
発見場所に着いた
K2「要救助者発見!!!」
改めて見たが向こうを見いていて顔が分からん
今思えば有りがたかった

45 :名無しさん@おーぷん :2014/10/01(水)01:08:03 ID:JBhz5Vqoi
首吊り死体って、グロいらしいし嫌やな・・

感動系の人気記事

あは。いっぱいします?

貧しくツラい環境の中でも健気に前向きに暮らす彼女と、その彼女を時には兄のように時には彼氏として温かく包み込むように支える主人公。次々におこる悲しい出来事を乗り越える度に2人の絆は深まっていき…、読んでいくと悲しくて、嬉しくて、涙が滲み出てくるお話しです。

妹の結婚が決まった

両親を亡くし、男手一つで妹を育て上げてきた兄。ついに妹が結婚し、一安心したところに突然義母から「元々妹なんて存在しなかったと思ってくれ」という連絡を受けてしまう。失意のどん底に居た兄を救う為、スレ民が立ち上がる!

急に色々気づいたら、死にたいって思った

積もり積もって七転び八起き◆3iQ.E2Pax2Ivがふと考えついたのが 「死にたい」 という気持ち。そんな中、一つのスレが唯一の光を導き出してくれた。書き込みしてくれる奥様方、なにより飼い猫のチャムちゃん。最後にはー‥七転び八起きとはまさにこのこと。

感動・ほっこり短編シリーズ

クズの俺が父親になった話

結婚して子供が生まれても、働かずに遊び回り家にも帰らない、絵に描いたようなクズっぷりの>>1。しかし、ある日のこと、子供を保育園に迎えに行かなければならない事情を抱えるところから全てが始まる……。親と子とは何か? その本質を教えてくれるノンフィクション