i-mobile
勇者「淫魔の国の王になったわけだが」
ワルキューレ編
Part2


16 : ◆1UOAiS.xYWtC :2012/03/26(月) 05:22:36.32 ID:5OyPL7Mao
サキュバスAが、壁面の装置へと手をかけた。
鉄製のハンドルを回せば、ワルキューレの頭上から古めかしく金属が軋む音が聞こえた。
手枷に繋がれた鎖は、頭上のいくつかの滑車を介して、壁面のハンドルへと繋がっているようだ。
頭上で拘束された手枷が緩やかに持ち上がる。
肩へ僅かに痛みが走り、手枷が持ち上がるのに合わせて立つ。
ハンドルを回すのを止めると、まさに、『拷問中の捕虜』に相応しい姿になっていた。
頭上に両手を持ち上げられ、僅かに爪先立ちをして身体の重さを少しでも支えようと。
腕に覚えた気だるさと、手枷に手首が擦れる痛みで顔が歪む。
少しでもそれらを緩和しようと身体を動かせば、ぎぃ、と音を立てて頭上の滑車が不快な音を立てた。
サキュバスA「これでこそ、『拷問』ですわね。さて、どっちがいいかしら?」
ワルキューレ「……何、が……だ……!」
サキュバスA「うーん、『下ろせ』と凄まないあたり、ちょっとは理解できたようですわ。嬉しい事ね」
ワルキューレ「………」
サキュバスA「……それで、どっちがいいのかしら?」
意味不明な問いかけに、意味を把握しようと視線を淫魔へ向けた。
彼女は、左手に奇妙な道具を持っていた。
平行に二つの柄がついた、洋梨の形をした金属の器具。
大きさは、それこそ洋梨と同じ程度だ。
全体に、小さな棘がびっしりと生えている事以外は。
ワルキューレ「何だ……それは」
サキュバスA「人界で作られた拷問器具を知っておいで?……正確には、私達が人界へ伝えたのですけれど」
ワルキューレ「…………」
サキュバスA「使い方は簡単。……まず、貴女の大事な所にこれを入れて……こう、するのよ」
サキュバスAが二つの柄を握ってほんの少しだけ力を入れる。
がしゃんっ、という音を立てて、バネの仕掛けで金属の洋梨が勢いよく四つに割れた。
まるで魔界に巣食う虫の口吻のように、恐ろしげに。

17 : ◆1UOAiS.xYWtC :2012/03/26(月) 05:23:18.45 ID:5OyPL7Mao
その光景を見て、一気に血の気が引いた。
全身の動脈が、脳へ伝えるはずだった酸素を持って、心臓へ引き返したような。
赤血球の一つ一つが怯えているかのように感じて、駆動しなくなった血管によって、全身が寒気に襲われたような。
再び身を包んだ悪寒とあまりの恐ろしさに、失神してしまいそうになる。
不意に力が抜けた足のせいで肩に全体重がかかり、その鈍痛で、再び意識がはっきりとした。
サキュバスA「人界では精巧な再現はできなかったようですが、これは大丈夫。ちゃんと、貴女の中をぐちゃぐちゃに引き裂きますわ」
楽しげに、その器具をガチャガチャと弄んで言う。
ワルキューレの中に、漠然としていた彼女への印象が収束を始めた。
―――この女は、本気だ。
鳥肌が立ち、置かれた状況を再び認識して震え出す。
それでも抑え込んではいるようだが、あまり効果は見られない。
力を奪われている。
頑丈な鎖で拘束されている。
装備も全て奪われ、救援は見込めない。
今彼女がいる場所はただの牢獄ではなく、「拷問部屋」だ。
そして、目の前にいるのは、恐ろしい道具を手にした「淫魔」。
サキュバスA「……あら?顔色が悪いわ。どうなさいましたの?」
わざとらしく道具を左手で弄びながら、ゆっくりと近づいていく。
燭光に照らされたその顔は、ワルキューレには直視できなかった。
もし見てしまえば、今度こそ、みっともない命乞いを吐き出してしまいそうだったからだ。
サキュバスA「…ひょっとして、怯えてるの?……最後まで聞きなさい。私は、『どっち』と訊ねましたわ」
顔を直視しないようにして、ワルキューレはおずおずと視線を向ける。
左手には、相変わらず、恐ろしい想像を掻き立てる器具。
次いで突き出された右手には―――何も、持っていなかった。

18 : ◆1UOAiS.xYWtC :2012/03/26(月) 05:25:14.51 ID:5OyPL7Mao
ワルキューレ「……え………?」
サキュバスA「さて、どっちが良いかしら?……この『道具』?それとも、私の『手』?」
何を言っているのか、理解できない様子だ。
それもそのはず、彼女の問いかけは、極端すぎるから。
左手には、拷問器具。
右手には、『淫魔の手』。
少しの間考え込み――ようやく、天界の女戦士にも、その意味が分かった。
ワルキューレ「下劣な淫魔め……!」
サキュバスA「私は別にどちらでも良くってよ。……強いて言えば、こっちはあまり使いたくありませんわ」
ずいっ、と彼女の目前に金属の洋梨を突き出す。
突きつけられたそれはあまりに大きく、見れば見るほどに、心が折れそうになる代物だった。
ワルキューレ「………っ」
サキュバスA「…何か、言いました?」
ワルキューレ「……右……」
サキュバスA「右?……ああ、貴女から見て?」
笑いながら、ワルキューレから見て「右」の手を動かす。
金属の洋梨の先端でボロ布のような衣の裾をめくり、その向こうの秘所へ触れた。
ワルキューレ「ち、違っ……うっ……!」
冷え切った金属で触れられ、その身が揺れる。
その行動に半ばパニックを起こしているかのようだ。
相手はいたずらっぽく笑みを浮かべているが、その事に気付ける余裕は、既に望めない。

19 : ◆1UOAiS.xYWtC :2012/03/26(月) 05:26:20.05 ID:5OyPL7Mao
サキュバスA「ふふ、冗談ですわ。……そうよね、処女喪失がこんな拷問器具なんて、イヤですものね」
ワルキューレ「……!」
サキュバスA「さて、それでは……こっちは捨てましょうか」
がらん、という音を立て、「洋梨」が床へと捨てられる。
金属質の音にワルキューレは身を震わせ、拘束されたままの身を竦ませた。
サキュバスA「……ああ、何て可愛いのかしら」
大袈裟に言いながら、拘束されたワルキューレへと近づく。
恐ろしげな拷問器具から逃れたとはいえ、小刻みな震えを、抑える事などできないようだ。
主神の下、ひたすらに鍛錬を積んできた身には、淫魔の国の流儀など理解できようはずもない。
あるいは、理解する事を、避けようとしているのかもしれない。
それを「恐怖」と呼ぶ事を、必死で避けていた。
認めてしまえば、心が折れてしまいそうだったから。
サキュバスA「……さぁ、て。こちらは、どんな具合かしら?」
遠慮なしに、彼女の指が、ワルキューレの秘裂を撫でる。
粗末な衣の裾をめくり上げ、尻穴の側から、前面へと。
ワルキューレ「んっ……く、ぅ……!」
こそばゆいような、暖かな指先が割れ目にそってなぞり上げる刺激。
未知の感覚に、彼女は震えた。
手淫すらも、した事はない。
不浄の行為にその身を焦がすなど、誇り高き戦乙女として最も恥ずべき事だったからだ。
サキュバスA「我慢しなくていいのよ?ここでキモチヨクなっちゃうのは、当然なのだから」
くいくいと入り口部分を上下になぞりながら、耳元へ口を寄せ、囁く。
暖かい息と、低く落ち着いたウィスパーボイスが耳から快感を届けた。
湿り気をまとった唇や舌が触れ合うノイズ。
息を吹きかけるように囁かれる、甘美な囀り。
それらが合わさって、全身の筋肉を硬直させるような感覚が駆け抜ける。

20 : ◆1UOAiS.xYWtC :2012/03/26(月) 05:27:02.79 ID:5OyPL7Mao
不快な、それでいて強烈で正体不明な快感。
邪な妖精が、全身の皮膚をくまなく内側からくすぐり、甘噛むような。
魔法を使われたのではないかとすら疑いたくなる程だ。
秘所を撫でる指先すら忘れ、目をぎゅうっと瞑ったまま全身を縮めさせる。
頭上で拘束された手首で体重を支え、少しでもその「不快な快感」を薄めようとする。
それは、頬を張られた子供が、頬に手を添えて少しでも痛みを和らげようとするのと同じ。
体の中を跳ね回り、「不快な快感」をもたらしつづける韻律。
意思に反して何度も脳内でリフレインし、喰らいついたように離れてくれない。
手首にかかる痛みで、何とか意識を保とうとする。
未だに全身には余韻が残り、足先は攣ってしまいそうなほどに、足指の先までも窄めている。
唇を口内に噛み込み、とにかく、その余韻を追い出そうと。
だが、彼女は忘れていた。
その様、――いや、その「ザマ」はずっと、目の前の淫魔に見られていたのに。
サキュバスA「……うふ。どうしたの?痛い事なんて、してないのに」
ワルキューレ「……!」
サキュバスA「なんちゃって。ちゃんと分かっているから安心してくださいな」
ワルキューレ「…ふ、ん……淫魔といっても……大した事、ない……じゃないか」
サキュバスA「楽しい事言ってくれるじゃない。……『淫魔らしい事』をするのは、これからよ?」
ワルキューレ「…何、を……ん、ぶぅ…!」
怖気に似た快感の余韻が抜け切っていない状態で、何かが彼女の口を塞いだ。
何か、としか認識できてはいない。
暖かく、唇にぴったりと張り付き、ときおり甘い空気を口内に直接送り込む「何か」。
仮に、最高位の魔族が魔力を注ぎ込んで果実を育てたら、こういう香りになるのだろうか。
香りだけではなく、舌先にほのかな甘みすら届ける空気。
彼女は、目を限界まで見開いてようやく気付いた。
「淫魔」に唇を奪われている最中、という事に。

21 : ◆1UOAiS.xYWtC :2012/03/26(月) 05:27:38.53 ID:5OyPL7Mao
ワルキューレ「ひ、ゃっ……やめ……へ……」
間の抜けた舌足らずな懇願は、水音高くもつれあう唇のノイズにかき消された。
一種の甲殻類の交尾のように、二つの唇が絡み合う。
力を入れて、無理やりに奪っているわけではない。
彼女の背中に腕を回し、片手で後頭部に手を添えてはいるが、力は入れていない。
思い切り頭を振れば、逃れられるというのに。
傍目にはそれすらも試みていないように見える。
口内を満たす、危険なほどに甘い吐息。
頭蓋に反響して跳ね回る、一方的に唇を貪られる水音。
拘束された状態による異常なまでの被虐の興奮が、それらを「快感」へと昇華させてしまっている。
だが、彼女は認めたがりはしない。
「ワルキューレ」としてより、生来の彼女の性格がそうさせる。
淫魔の国の、それもたかだか一人の淫魔に遅れを取っている。
それを、彼女は許せない。
恐らく、単純な腕力なら彼女の方が上だろう。
従来の力さえあれば手枷を引きちぎり、眼前の淫魔を、たとえ素手のままでも縊り殺せるというのに。
しかし、力は奪われた。
戻るのかどうかすら定かではなく、体がずんと重くなるような倦怠感が、今も残っている。
そのハンデによって、今の彼女は人間の、それも非力な女性と同程度の力しかない。
手枷を千切る事など、夢のまた夢。
もしも淫魔が少し力を加えて彼女の腕を握り締めたなら、間違いなく骨が砕けてしまうだろう。
力を奪われてさえいなければ、その立場は逆になっていたはずなのに。
屈辱感と羞恥心に彩られた、唇への陵辱はなおも続く。
薄暗く湿った拷問部屋に、聞こえるのは二つの吐息と水音。
ワルキューレ自身も気付いてはいないだろうが、確実に、吐息のベクトルは変わってゆく。
唇をふさがれ、それでも酸素を取り込もうとするためではなく。
与えられる快感と淫靡な空気に酔い、艶めかしく蕩ける、切なく苦しげな息遣いへと。

22 : ◆1UOAiS.xYWtC :2012/03/26(月) 05:28:23.50 ID:5OyPL7Mao
不意に、サキュバスAが口を離す。
何本もの糸を引きながら、ゆっくりと離れる口は、まるで手を繋ぐ恋人達にも似ている。
ワルキューレの心には、複雑な感情がいくつも去来していた。
名残惜しげな当て処ない視線が虚空を泳ぎ、
反面、解放され、ようやく空気にありつける事を喜び、激しく息を吸い込む。
拍子に口内に泉のごとく湧いていた唾液を気管に吸い込んでしまい、咳き込む。
咳き込みながらも絶え絶えに息を吸い込む動作は、傍目にも苦しい。
涙を零しながら咳き込む姿は、嗜虐心を通り越して、むしろ萎えてしまいそうなほどだ。
―――ただし、それは、人間にとっての話だ。
両者とも、口元はどちらのものとも知れない唾液でぐっちょりと濡れていた。
揺らぐ灯に照らされ、ぬるりとした光沢が口元を覆う。
石造りの寒々しい空間に、ワルキューレの荒い呼吸が響き渡る中。
サキュバスAは、何処から取り出したハンカチで口元を拭う。
細やかなレースを縫いこんである純白のハンカチは、彼女のイメージに凡そ似つかわしくない。
彼女を知る者なら、そう答えるだろう。
しかし、レース付きのハンカチで口を拭う所作は、どこか高貴な印象を与えられる。
不思議なほどに、釣り合っていた。
ワルキューレ「っ…は……はぁ……はぁ……」
サキュバスA「ふふ、奪っちゃった。奪っちゃったぁ、あなたの……はじめてのキ・ス」
ワルキューレ「っ…殺…す……殺して……やる……!!」
サキュバスA「怖いわぁ。怖すぎて……手が滑っちゃったわ」
ワルキューレ「ひんっ!?」
悪ノリするような言葉とともに、「右手」が、再びワルキューレに秘所に滑り込んだ。

23 : ◆1UOAiS.xYWtC :2012/03/26(月) 05:29:17.19 ID:5OyPL7Mao
実の所、サキュバスAは、そうするよりも前に分かっていた。
キスの直後、口元を拭いていた時に見えていた。
目前の虜の太ももから垂れる、幾筋かの滴が。
ワルキューレ自身は呼吸に手一杯で気付かなかったろうが、それは、偽る事のできない真実。
サキュバスA「ちょっと……これは、酷いわ。私でさえこんなには濡れないのに」
裾から秘所をまさぐり、にちゃにちゃと殊更に音を立てて聞かせる。
内部でいかな愛撫が行われている事か、指先を蠢かすごとに全身が雷に打たれたように引き攣っている。
「淫魔の指」は、それだけで一つの完成された淫具だ。
古今に淫魔に襲われ、悩ましい肢体と性技に溺れた者は数知れない。
絡め取り、対象を内側から溶かして喰らう蜘蛛のように、彼女らは、哀れな獲物を内側から「溶かす」。
人界で夜に現れる蜘蛛を殺す風習は、彼女らへの忌避から語り継がれるようになったのかもしれない。
サキュバスA「聞こえてるかしら?……お返事は?」
耳元にゆっくりと口を近づけ、耳朶を甘く、唇で挟み込む。
ワルキューレ「うあぁぁぁっ!!」
瞬間、暴れ狂うかのように体が跳ねた。
絶叫でもなく、尾を引くような嬌声。
震えた体は鎖を激しく揺らし、地下室中に響くような金属音を立てる。
そのあまりの反応の大きさに、さしもの淫魔も手を休め、驚きの表情を浮かべた。
サキュバスA「ちょっ……びっくりするじゃないの。何なの?一体」
ワルキューレ「あっ……ぅ……はぁ……」
驚いた拍子に、右手も彼女の秘所を離れていた。
もう、彼女を刺激するものは何も無い。
にも関わらず、彼女は小さく、波打つように震えていた。
長く息をつきながら、何度も、何度も。
開いたままの口からは、唾液が垂れ流しになっている。

24 : ◆1UOAiS.xYWtC :2012/03/26(月) 05:29:46.01 ID:5OyPL7Mao
サキュバスA「……あ、なるほど?」
ワルキューレ「ふ、うぅ……あ……」
サキュバスA「うふふ、良い事知っちゃったわね。……今日は、これくらいにしておきましょうか」
ワルキューレ「……」
サキュバスA「さてさて、いつまで耐えられる事やら。楽しくなりそうね」
壁面の装置を操作し、彼女の体を下ろし、手枷につけられていたフックを外す。
現状抵抗は無意味だが、それでも用心して手枷は外さない。
ぐったりと脱力したワルキューレの体を担ぎ、独房へと運ぶ。
自らより体格の勝っている彼女の体を、軽々と。
独房の扉を押し開け、石畳の上に粗末に敷かれた寝藁へ、彼女を寝かせる。
ベッドなどありはせず、用を足すための穴が申し訳程度に部屋の隅に開けられた、狭く粗末な独房。
暗く寒く、惨めな気分を煽り立てるような、絶望の空間だ。
家畜を飼う檻ですら、もう少しマシなはずだ。
気を失っているのは、彼女にとっては幸運だろうか。
サキュバスA「おやすみなさい。良い淫夢(ゆめ)を」
最後に彼女の頬を撫でてから、独房を出る。
ワルキューレが薄れる意識の中で聴いたのは、独房の鉄格子が閉まる、硬く軋む音。
――そして、頑強な錠をかけられる、変に澄み渡った金属音。

26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) :2012/03/26(月) 06:55:54.08 ID:BhBy3DTOo
やっと来た!
乙でした

27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) :2012/03/26(月) 07:37:05.73 ID:Xyt3bNF7o
ずっと待ってたぜ
やっと堕女神さんのイチャイチャが見れる

45 : ◆1UOAiS.xYWtC :2012/03/27(火) 02:38:15.62 ID:h7sEMOtHo
ワルキューレ捕縛二日目
堕女神「首尾はどうですか?」
サキュバスA「………それが、大変な事が分かってしまいましたの」
勇者「大変な事?」
堕女神「……何でしょうか」
サキュバスA「あのワルキューレは……」
堕女神「はい」
勇者「あのワルキューレは?」
サキュバスA「…………お耳を刺激されるのに弱いようですわ」
勇者「おい」
堕女神「よくやりました」
勇者「お前も何真顔で言ってんの!?」
堕女神「?」
サキュバスA「え?……ご不満でも?」

46 : ◆1UOAiS.xYWtC :2012/03/27(火) 02:39:12.52 ID:h7sEMOtHo
勇者「マジメにやってんのかよ」
サキュバスA「もちろん、淫魔として極めてマジメにやりましたわ」
勇者「わかった、それは俺の言葉のあやだった。……堕女神、お前はどうなんだ」
堕女神「何か、おかしな所が?」
勇者「性感帯とか聞きてーんじゃねぇんですよ。何が手柄なんだよ」
堕女神「お言葉ですが、陛下」
勇者「んん?」
堕女神「『弱みを握った』と解釈していただけないでしょうか。
    人質を取るより、命との天秤を迫るより、これは効果的です」
勇者「ほほう」
堕女神「まして、彼女は拷問にも夜伽にも長けた淫魔。その彼女に性感帯を知られたという事は、つまり」
勇者「…………『堕落』狙いか?」
サキュバスA「ええ。……あの頑固な『ワルキューレ』の翼を赤黒く染め上げてご覧に入れますわ」クスクス
堕女神「拷問を加えるより効果的でしょう。……身も心も、我が淫魔の国の一員へと変えてみせましょう」クスクス
勇者「あれ、俺達ってひょっとして悪役じゃね」

47 : ◆1UOAiS.xYWtC :2012/03/27(火) 02:39:41.32 ID:h7sEMOtHo
勇者「という訳で、見に来ましたよ」
ワルキューレ「……貴様!私をここから出せ!」
勇者「いや、出せと言われて出すわけないじゃないか。……それと」
ワルキューレ「?」
勇者「裾、めくれてる。見えてる」
ワルキューレ「き、貴様らがこんな小さいのを着せるから!///」
勇者「……それで、お前は何をしに来たんだ?」
ワルキューレ「言うものか」
勇者「なら、こっちで勝手に判断していいのか」
ワルキューレ「…ふん、勝手にしろ」
勇者「えっと……そうだな。呆気なく投獄されて、サキュバスから責め苦を受ける為、か?」
ワルキューレ「貴様……愚弄するつもりか」
勇者「現状そうだろ。挙句に性感帯まで知られちまったんだぞ」
ワルキューレ「な、何を言い出すんだ!?///」
勇者「いや、詰みだよ。抵抗する力も術もなくて、弱みまで握られて。もうムリじゃん」
ワルキューレ「……」
勇者「殺しはしないさ。……ところで、さっきから気配を感じないか?」
ワルキューレ「何?」

48 : ◆1UOAiS.xYWtC :2012/03/27(火) 02:40:12.47 ID:h7sEMOtHo
勇者「……紹介しよう。俺のペットだ」
ローパー「…………」グネグネ
ワルキューレ「な、何だそれはぁっ!?」
勇者「名前は『ポチ』だ、よろしく。……こいつメチャクチャ頭良くてさ、しかも魔法まで使えるんだぜ」
ワルキューレ「や……やめろ……近寄るなぁ……」
勇者「得意技は『乳首責め』だ。もちろん触手から分泌する液には媚薬効果があるし、その気になれば尻から口まで貫通できるぞ」
ポチ「…………」ジー
勇者「……何?気に入った?……ダメダメ、明日まで我慢しろ」
ポチ「…………」シュン
ワルキューレ「明日、だとっ!?」
勇者「ああ。……明日、お前にはこいつの相手をしてもらう。こいつはすごいぞ。
    隣国の淫魔でさえ新○エルばりのアヘ顔を晒して、ついでに二日間は体力が尽きて寝込むぐらいだ」
ワルキューレ「…………っ」
勇者「そういう訳だ。楽しみにしているといい。……淫魔の国の捕虜になるというのは、こういう事なんだ」
ワルキューレ「……貴様」
勇者「さて、それでは今夜も頑張れ。……ポチ、戻るぞ」
ポチ「…………」トボトボ

i-mobile
information
QRコード
友達に教える
このサイトについて
お問い合わせ
[0]TOP

(C)2009 llike.net/2ch/